総資産
ヘッダーに表示
総資産
¥ {{ balance.net_assets.jpy | number: 1 | cut_decimal_zero }}

残高

利用中

{{cur}} {{ cur.toUpperCase() }}
¥ {{ balance.coincheck.available[cur] | cut_decimal_zero }}
¥ {{ balance.coincheck.in_use[cur] | cut_decimal_zero }}
レバレッジ取引
JPY
BTC
証拠金
{{ balance.leverage.leverage.jpy | fraction:0 }}
{{ balance.leverage.leverage.btc }}
利用可能証拠金
{{ balance.leverage.leverage_sendable.jpy | fraction:0 }}
{{ balance.leverage.leverage_sendable.btc }}
(Avail)
{{ balance.leverage.leverage_avail.jpy | fraction:0 }} {{ balance.leverage.leverage_avail.btc }}
(Debt)
{{ balance.leverage.leverage_debt.jpy | fraction:0 }} {{ balance.leverage.leverage_debt.btc }}
レバレッジ倍率
{{ current_account.lending_leverage }}
証拠金維持率
{{ balance.leverage.margin_level * 100 | number:1}} % N/A
総資産
ヘッダーに表示
総資産
¥ {{ balance.net_assets.jpy | number: 1 | cut_decimal_zero }}

残高

利用中

{{cur}} {{ cur.toUpperCase() }}
¥ {{ balance.coincheck.available[cur] | cut_decimal_zero }}
¥ {{ balance.coincheck.in_use[cur] | cut_decimal_zero }}
レバレッジ取引
JPY
BTC
証拠金
{{ balance.leverage.leverage.jpy | fraction:0 }}
{{ balance.leverage.leverage.btc }}
利用可能証拠金
{{ balance.leverage.leverage_sendable.jpy | fraction:0 }}
{{ balance.leverage.leverage_sendable.btc }}
(Avail)
{{ balance.leverage.leverage_avail.jpy | fraction:0 }} {{ balance.leverage.leverage_avail.btc }}
(Debt)
{{ balance.leverage.leverage_debt.jpy | fraction:0 }} {{ balance.leverage.leverage_debt.btc }}
レバレッジ倍率
{{ current_account.lending_leverage }}
証拠金維持率
{{ balance.leverage.margin_level * 100 | number:1}} % N/A

リップル(Ripple/XRP)はいくらから買える?最低購入額と手数料を紹介

リップル(XRP)はビットコイン(BTC)よりも歴史がある仮想通貨で、安価で迅速な海外送金を可能にするプラットフォームとして注目を集めています。

Coincheck(コインチェック)での最低購入額や最低注文量、各種手数料について、具体例を上げてわかりやすく解説します。

リップル(Ripple/XRP)とは?

リップル(XRP)
リップル(XRP)とは、現在の仮想通貨界で、最も注目されている銘柄のひとつで、通貨単位はXRPです。リップル(XRP)は、ビットコイン(BTC)が誕生するより以前、2005年頃から実用化されています。

リップルとは、仮想通貨のみを指す言葉ではありません。リップル(XRP)は、リップル社(Ripple Inc.)が運営する決済システムのことも意味し、「リップル・トランザクション・プロトコル」が正式名称となります(略称はRTXP)。

高速送金ネットワーク

リップル(XRP)は、消費者が通貨として決済手段に使うというより、世界中の金融機関を結び付ける、高速送金ネットワークとして将来的に用いられることが期待されています。現在の国際送金では、為替によって帳簿上の貸し借りを処理する「コルレス銀行」を経由しなければならないため、時間も手数料も多く費やします。

しかし、リップル(XRP)は「ブリッジ機能」を備えているため、円や米ドル、ユーロといった法定通貨だけではなく、ビットコイン(BTC)などの仮想通貨とも交換することが可能です。これにより、送金や両替もスピーディーとなり、手数料が大幅に削減できます。

そのため、インターネットで世界の情報交換が爆発的に加速したのと同様、リップル(XRP)の普及によって、世界のそこかしこで価値の交換が盛り上がっていくものと予想されています。

総発行枚数は1,000億XRP

リップル(XRP)の総発行枚数は1,000億XRPと定められており、すでに全1,000億XRPが発行済みとなっています。これ以上増やすことはできないため、今後、リップル(XRP)を必要とする金融機関が世界で増えれば増えるほど、希少価値が増す可能性があります。

ただし、リップル社が500億から600億XRPを保有しており、あまりにも高騰すればXRPを放出してインフレを抑えるコントロールを実行すると考えられます。よって、中長期的な将来には、XRPの価値は安定に向かうものと見られています。

詳しくはこちら:リップル(Ripple/XRP)の特徴とは?

Coincheckでは500円からリップル(Ripple/XRP)を購入可能

Coincheckの取り扱い仮想通貨
Coincheckでは、どの仮想通貨であろうと、最低購入額は日本円で500円となります。

Coincheckの口座開設はこちら

また、Coincheckでは、日本円のほか、ビットコイン(BTC)でもリップル(XRP)を購入することができます。その場合は、「0.001BTC」が最低購入額となります。

Coincheckでリップル(XRP)を売却する場合も同様です。日本円に替える場合は、すべて「500円」が最低売却額となります。リップル(XRP)をビットコイン(BTC)に替える場合も「0.001BTC」からになります。

Coincheckにおけるリップル(XRP)の最低注文量について、具体的な数値を出しながら確認してみます。

例えば、2018年10月31日のCoincheckでのリップル(XRP)の終値は、1XRP=49.404円となっていました。その際のリップル(XRP)の最低注文量は、500円=10.120638XRPとなります。

詳しくはこちら:リップル(Ripple/XRP)の口座開設・購入方法までの流れ

仮想通貨取引の手数料について

リップル(XRP)
リップル(XRP)を扱う上で、各種手数料についても理解しておきましょう。Coincheckでリップル(XRP)を購入するには、まずはCoincheckにあるウォレットに日本円を入金する必要があります。

ウォレットに銀行振込で入金するための手数料は無料です(ただし、振込手数料はお客様負担となります)。

コンビニ入金

また、コンビニ入金では、30,000円未満の場合は手数料が756円、30,000円以上の場合は手数料が1,000円となります。なお、コンビニ入金の1回あたりの入金上限額は30万円となります。

クイック入金

クイック入金では、30,000円未満の場合は手数料が756円。30,000円以上50万円未満の場合、手数料は1,000円となります。さらに、日本円の入金額が50万円以上の場合、「入金額×0.108%+486円」が手数料となります。

送金手数料

また、リップル(XRP)をCoincheckのユーザー間で送金するときは、送金にかかる手数料は無料です。

ただし、Coincheckではない別のウォレットに送金する場合には、0.15XRPの送金手数料を要します。

※手数料は、2019年12月1日時点の金額です。

リップル(XRP)を購入してみよう

リップル(XRP)はグローバルに資産をやりとりすることを目指しており、目的が明確となっています。

リップル(XRP)について最低購入額や手数料を把握し、Coincheckでの購入を検討してみてください。

日本語で表示しますか?

はい いいえ もう表示しない

Show in English?

Yes No Never