Oasis KYOTOとは?Decentralandのメタバース上に建設される近未来都市の特徴

『Oasis KYOTO』は、コインチェックが『Decentraland』のLANDに建設中(2022年に一般公開を予定)のメタバース都市です。”2035年の近未来都市”をコンセプトにした「メタバース×NFT」のコミュニティ拠点で、神社仏閣など日本の古都を連想させる街並みになっています。*

Decentralandのユーザーは、Oasis KYOTO内に設置されている寺院や商業施設などのイベント施設を散策したり、音楽やアートなどさまざまな分野のアーティストと交流をしたりして楽しむことができます。

この記事では、注目のメタバース都市『Oasis KYOTO』の概要や魅力について解説していきます。

この記事でわかること

  • Oasis KYOTOとは
  • 利用できる施設・アトラクション
  • ブランドやアーティストとのコラボ情報
  • Coincheck NFT(β版)で「LAND」を購入する方法

【パートナーを募集中】
コインチェックでは、NFTやメタバースの活用を考えている企業・団体を募集しています。
https://forms.gle/LgmP9GjQgke8RYHn6

Oasis KYOTOとは?

Oasis KYOTO

コインチェック株式会社は、コインチェックが保有するDecentraland』上の土地「LAND」に、2035年の近未来都市『Oasis KYOTO』を制作するプロジェクトを開始しました。

この取り組みは、すでに制作を進めている『Oasis TOKYO』に続き、メタバース上での活動を体験する機会を提供することや『Decentraland』上でのコミュニティ活動の活性化を目的とし、2022年に一般公開を予定しています。

今回建設する『Oasis KYOTO』は、”2035年の近未来都市”をコンセプトにした「メタバース×NFT」のコミュニティ拠点で、神社仏閣など日本の古都を連想させる街並みになっています。

『Oasis KYOTO』ではファッションや音楽、アートを中心に多彩なイベント施設を設置し、さまざまな分野のアーティストとファンとの交流や企業のコミュニティ育成の場として活用してもらうことを目指しています。

Decentraland(ディセントラランド)について

Decentraland

『Decentraland』は、2015年に創設された「イーサリアム(Ethereum)」ブロックチェーンをベースとしたバーチャルリアリティプラットフォームです。『Decentraland』内の仮想空間でゲームをしたり、アイテムやコンテンツを作成し、売買することが可能です。

また、自身のコンテンツを構築するための仮想土地「LAND」を購入することも可能です。LANDの所有者は、LAND内にオリジナルゲームやランドマークなどのコンテンツを作り、集客することで入場料を得ることができます。

Oasis KYOTOで利用できる施設

Oasis KYOTO

Oasis KYOTOには、神社仏閣や出店など京都の街並みを連想させる多彩なイベント施設があり、一人で散策したり、世界中のユーザーと交流したりして楽しむことができます。

ここでは、Oasis KYOTOで利用できる施設の一部をご紹介します。

(※)画像は開発段階のものです。サービスリリース時にはデザインが変更になる場合があります。

清水寺

清水寺

出店

出店

鳥居

鳥居

ルーフトップバー

ルーフトップバー

さまざまなブランド&アーティストとコラボ決定!

Oasis KYOTO

Oasis KYOTOでは、さまざまなアーティストやファッションブランドとのコラボレーション企画を予定しています。

2022年6月の時点で決定しているコラボ企画は、以下の通りです。

  • 小嶋陽菜プロデュース『Her lip to』
  • MIYAVI
  • ANREALAGE
  • 水原希子
  • 太田雄貴
  • NEO TOKYO PUNKS

どのような内容なのか、ひとつずつご紹介していきます。

小嶋陽菜プロデュース『Her lip to』

小嶋陽菜

コインチェックが製作を進める『Oasis TOKYO』及び『Oasis KYOTO』では、元AKB48の小嶋陽菜さんがプロデュースするアパレルブランド『Her lip to』とのコラボレーション企画を実施することを決定しました。

今後、『Oasis TOKYO』及び『Oasis KYOTO』でファッションショーや展示会などを実施する予定です。

小嶋陽菜氏について

生年月日:1988年4月19日

出身地:埼玉県

2005年にAKB48の第1期メンバーとして活動を開始

2017年4月19日AKB48を卒業

2018年6月20日 プロデュースブランド「Her lip to」オープン

プレスリリース:メタバース都市『Oasis TOKYO』、 小嶋陽菜氏プロデュースの『Her lip to』とコラボ決定!

MIYAVI

MIYAVI

『Oasis TOKYO』及び『Oasis KYOTO』では、常に世界に向けて挑戦を続ける“サムライ・ギタリスト”であるMIYAVIとのコラボレーション企画を実施することが決定しました。

今後、『Oasis TOKYO』及び『Oasis KYOTO』において、ライブなどの音楽イベントの開催を検討していきます。

MIYAVIについて

エレクトリックギターをピックを使わずに全て指で弾くという独自の“スラップ奏法”でギタリストとして世界中から注目を集め、これまでに約30カ国350公演以上のライブと共に、8度のワールドツアーを成功させている。また、アンジェリーナ・ジョリー監督映画「Unbroken」(2016年日本公開)では俳優としてハリウッドデビューも果たした。ジョリーとの縁から2017年には日本人として初めてUNHCR(国連難民高等弁務官事務所)の親善大使に就任。実際に世界各国の難民キャンプ(レバノン、バングラデシュなど)を訪問。ニューヨークの国連本部にてアフガニスタン難民の女性ラッパーとの共演や、2020年の「世界難民の日」に日本で行われた音楽イベントでメインパーソナリティを務めるなど精力的に活動している。2020年6月、GUCCIがグローバルに展開するコレクション「Gucci Off The Grid collection」の広告に起用される。GUCCIの広告に日本人の著名人が起用されるのは初の快挙。常に世界に向けて挑戦を続ける“サムライ・ギタリストMIYAVI”。今後も彼の活動は止まる事はなく、最も期待のおける日本人アーティストの一人である。

http://myv382tokyo.com

https://miyavi.com

プレスリリース:メタバース都市『Oasis TOKYO』、MIYAVIとのコラボが決定!

ANREALAGE

ANREALAGE

『Oasis TOKYO』及び『Oasis KYOTO』では、日本のファッションブランドで、2021年に公開された映画『竜とそばかすの姫』の主人公ベルの衣装デザインを手がけた『ANREALAGE(アンリアレイジ)』とのコラボレーション企画を実施することが決定しました。

今後、『Oasis TOKYO』及び『Oasis KYOTO』において、ファションショーなどのイベントを開催することを検討していきます。

ANREALAGE(アンリアレイジ)

デザイナー森永邦彦。1980年、東京都国立市生まれ。早稲田大学社会科学部卒業。大学在学中にバンタンデザイン研究所に通い服づくりをはじめる。2003年「アンリアレイジ」として活動を開始。ANREALAGEとは、A REAL-日常、UN REAL-非日常、AGE-時代、を意味する。2005年東京タワーを会場に東京コレクションデビュー、同年ニューヨークの新人デザイナーコンテスト「GEN ART 2005」でアバンギャルド大賞を受賞。東京コレクションで10年活動を続け、2014年よりパリコレクションへ進出。2015年フランスの「ANDAM FASHION AWARD」のファイナリストに選出される。2017年パリコレ以降の作品を展示した「A LIGHT UN LIGHT」展を国内で開催し、LA及びサンパウロのJAPAN HOUSEにて巡回展を開催、また、ポンピドゥー・センター・メッスやロスチャイルド館、森美術館での展覧会へも参加している。2019年フランスの「LVMH PRIZE」のファイナリストに選出。2019年度第37回毎日ファッション大賞受賞。2020年 伊・FENDIとの協業をミラノコレクションにて発表。2021年ドバイ万博日本館の公式ユニフォームを担当。2021年に公開された映画『竜とそばかすの姫』の主人公ベルの衣装デザインを手がける。同10月に開催された、アンリアレイジ2022年春夏パリコレクション「DIMENSION」では、『竜とそばかすの姫』とコラボしたデジタルコレクションを発表、NFTとして販売した。

ANREALAGEコレクション
https://www.anrealage.com/collection/100001

竜とそばかすの姫 X ANREALAGE
https://www.anrealage.com/work/detail/100007/3589

プレスリリース:メタバース都市『Oasis TOKYO』、ANREALAGEとのコラボが決定!

水原希子

水原希子

『Oasis TOKYO』及び『Oasis KYOTO』では、モデルや女優として活躍する傍ら、デザイナーとして自身のブランドを手がける水原希子氏とのコラボレーション企画を実施することが決定しました。

今後、『Oasis TOKYO』及び『Oasis KYOTO』上の一部の空間やアバターを、水原希子氏がプロデュースしていく予定です。

水原希子氏について

女優としてさまざまな映画やテレビ番組出演する傍ら、モデルやデザイナーとしてもマルチに活躍。

デザイナーとして手がけた OPENING CEREMONYとのコラボレーションライン「Kiko Mizuhara for OPENING CEREMONY」は、数シーズンに渡ってリリースされ、ビヨンセやリアーナも着用した。また、COACH×KIKO MIZUHARAのコラボレーションラインにも自ら発案し、クリエイティブに参加した。

自身のブランド『OK』はOffice Kikoの略で、2017年に水原希子が立ち上げたブランドでありクリエイティブスペースである。日本で突如生まれた"ギャルカルチャー"のエネルギーをインスピレーションに、誰しもが自由に自分らしく解放できるスタイルと場を様々なアプローチで追求する。そしてサステナブルな活動を目指している『OK』のオリジナルプロダクトは、全て再生素材や環境負荷の低い天然素材を使用している。

これまで『OK』は、OPENING CEREMONYやFruity bootyなどともコラボレーションラインも発表している。

公式サイト:https://kiko-mizuhara.com

プレスリリース:メタバース都市「Oasis TOKYO」「Oasis KYOTO」、水原希子とのコラボが決定!

太田雄貴

太田雄貴

『Oasis TOKYO』及び『Oasis KYOTO』では、国際オリンピック委員会(IOC) アスリート委員・国際フェンシング連盟 理事を務める太田雄貴氏とのコラボレーション企画を実施することが決定しました。

今後、太田雄貴氏とのコラボだけでなく、スポーツ分野においてもメタバースやNFTによる新たな顧客体験を提供すべく、『Oasis TOKYO』及び『Oasis KYOTO』上でのスポーツチームやイベントとの協業を共に推進していきます。

太田 雄貴氏について

小学3年生からフェンシングを始め、日本代表として多くの国際大会に出場し北京オリンピックでは日本フェンシング史上初となる銀メダルを獲得。

2012年のロンドンオリンピックにおいても、フルーレ団体で銀メダルを獲得した。
2016年現役引退後は、日本フェンシング協会の会長を4年間努め、フェンシングの普及やTechnologyを用いた大会演出などに注力する。

現在は国際オリンピック委員会 アスリート委員、国際フェンシング連盟 理事を務める。

プレスリリース:メタバース都市「Oasis TOKYO」「Oasis KYOTO」、 国際オリンピック委員を務めるフェンシングの五輪銀メダリストの太田雄貴氏とのコラボが決定!

NEO TOKYO PUNKS

NEO TOKYO PUNKS

『Oasis TOKYO』及び『Oasis KYOTO』では、サイバーパンクSFをテーマとしたジェネラティブNFTプロジェクト(※)『NEO TOKYO PUNKS(ネオトーキョーパンクス)』とのコラボレーション企画を実施することが決定しました。

今回のコラボでは、『Oasis TOKYO』と『Oasis KYOTO』内にジェネラティブNFTプロジェクト『NEO TOKYO PUNKS』の世界観を表現した展示エリアを制作し、サイバーパンクを思わせるガジェットを装着したオリジナルアバターの制作も予定しています。

(※)ジェネラティブNFT…アルゴリズムや数学的手法などから生まれる偶然性を取り入れ作られるアート作品のNFT。『NEO TOKYO PUNKS』では、クリエイターNIKO24氏が描いた画像をコンピュータープログラムでランダムに組み合わせて作品を自動生成している。

NEO TOKYO PUNKS(ネオトーキョーパンクス)について

NEO TOKYO PUNKS

「NEO TOKYO PUNKS」は、日本発のジェネラティブNFTプロジェクトです。メタバースが普及した2050年の東京で、富裕層や権力者が支配する仮想空間「ブレインバース」から、失われた東京を取り戻すというストーリー設定の元、サイバーパンクを思わせるガジェットを装着した横顔が描かれたアート作品のNFTを提供しています。

日本の伝統的なSF作品の系譜を想起させるストーリー設定や画風から、国内のみならず海外からも高く評価され、2022年3月26日から27日にかけて行われたプレセール及びパブリックセールでは、2,222体が2分で完売しました。

「NEO TOKYO PUNKS」では、今後メタバース上での3D展開やオーディオメタバース、AIにより自動生成されるジェネラティブ・ストーリーの導入など新たな取組みも予定しています。

公式サイト:https://www.neotokyopunks.com
Twitter:https://mobile.twitter.com/ntp_nftofficial

プレスリリース:メタバース都市「Oasis TOKYO」「Oasis KYOTO」、日本発のジェネラティブNFTプロジェクト「NEO TOKYO PUNKS」とのコラボが決定!

Coincheck NFT(β版)でDecentralandの「LAND」を購入する方法

Coincheck NFT(β版)

『Decentraland』のユーザーは、メタバースの土地「LAND」を購入することで、『Oasis KYOTO』と同じようにオリジナルの施設やゲームを作成することができます。

また、そのようにして作成したコンテンツは、NFTとしてマーケットプレイスなどを通じて販売し収益化することも可能です。

ここでは「DecentralandのLANDを所有したい」という方に向けて、Coincheck NFT(β版)での購入方法をご紹介していきます。

(1)トップページ内「タイトル」から『Decentraland』を選択

Coincheck NFT

(2)購入したいLANDを選択

Coincheck NFT

画面には入庫した全てのNFTが表示されますが、画像左上に「出品中」と記載があるものだけを購入することができます。

(3)詳細を確認し、「購入確認」をクリック

Coincheck NFT

購入金額は出品者が選択した通貨の単位で表示されます。出品者が「受け取る通貨」として選択した通貨でのみ購入することができます。

詳細の確認が完了したら「購入確認」→「購入」をクリックすれば、NFTの購入は完了です。

Coincheck NFT(β版)で購入するメリット

Coincheck NFT

Coincheck NFT(β版)には、以下の3つのメリットがあります。

  • ネットワーク手数料不要
  • 簡単決済(複数の暗号資産で購入できる)
  • 簡単・安心・安全

ネットワーク手数料不要

通常、NFTマーケットプレイスでNFTを購入する際にはガス代と呼ばれるブロックチェーン上での取引手数料がかかりますが、Coincheck NFT(β版)では購入時のガス代は不要です。

簡単決済(複数の暗号資産で購入できる)

NFTマーケットプレイスには、決済にイーサリアム(ETH)しか使用できないところが多くあります。

その点、Coincheck NFT(β版)は暗号資産取引サービスを行うCoincheckと一体化しているため、ビットコイン(BTC)やイーサリアムの他、Coincheckで取り扱いのある10種類以上の通貨で売買をすることが可能です。

簡単・安心・安全

Coincheck NFT(β版)では、CoincheckのNFT専用ウォレットによって、お客様が秘密鍵の管理をすることなく安全にお取引いただくことができます。

Oasis KYOTOに関するFAQ

Q. Oasis KYOTOとはどのようなプロジェクトですか?

A.Oasis KYOTOは、コインチェックが『Decentraland』のLANDに建設中のメタバース都市です。

Decentralandのユーザーは、Oasis KYOTO内に設置されている寺院や商業施設などのイベント施設を散策したり、音楽やアートなどさまざまな分野のアーティストと交流をしたりして楽しむことができます。

詳しくはこちらをご覧ください。

Q. Oasis KYOTOではどのような施設を楽しめますか?

A.神社仏閣や出店など、日本の古都を連想させる建物や施設をご利用いただけます。

詳しくはこちらをご覧ください。

Q. Oasis TOKYOはどのようなブランド、アーティストとコラボしていますか?

A.2022年6月時点では、以下のブランド、アーティストとのコラボレーションが決定しています。

  • 小嶋陽菜プロデュース『Her lip to』
  • MIYAVI
  • ANREALAGE
  • 水原希子
  • 太田雄貴
  • NEO TOKYO PUNKS

詳しくはこちらをご覧ください。

【パートナーを募集中】
コインチェックでは、NFTやメタバースの活用を考えている企業・団体を募集しています。
https://forms.gle/LgmP9GjQgke8RYHn6

執筆柳田孝介

出版社でテレビ情報誌や映画雑誌の編集を経験した後、2019年からフリーライターとして活動。暗号資産の取引は2017年から開始。推し通貨はイーサリアム(ETH)。最近はNFTマーケットでデジタルアートの取引を始め、日々、審美眼磨きにいそしんでいる。