Net Assets
Show in header
Net Assets
¥ {{ balance.net_assets.jpy | number: 1 | cut_decimal_zero }}

Available

In Use

{{cur}} {{ cur.toUpperCase() }}
¥ {{ balance.coincheck.available[cur] | cut_decimal_zero }}
¥ {{ balance.coincheck.in_use[cur] | cut_decimal_zero }}
Leveraged trading
JPY
BTC
Margin deposit
{{ balance.leverage.leverage.jpy | fraction:0 }}
{{ balance.leverage.leverage.btc }}
Available margin
{{ balance.leverage.leverage_sendable.jpy | fraction:0 }}
{{ balance.leverage.leverage_sendable.btc }}
(Avail)
{{ balance.leverage.leverage_avail.jpy | fraction:0 }} {{ balance.leverage.leverage_avail.btc }}
(Debt)
{{ balance.leverage.leverage_debt.jpy | fraction:0 }} {{ balance.leverage.leverage_debt.btc }}
Leverage
{{ current_account.lending_leverage }}
Stop out level
{{ balance.leverage.margin_level * 100 | number:1}} % N/A
Net Assets
Show in header
Net Assets
¥ {{ balance.net_assets.jpy | number: 1 | cut_decimal_zero }}

Available

In Use

{{cur}} {{ cur.toUpperCase() }}
¥ {{ balance.coincheck.available[cur] | cut_decimal_zero }}
¥ {{ balance.coincheck.in_use[cur] | cut_decimal_zero }}
Leveraged trading
JPY
BTC
Margin deposit
{{ balance.leverage.leverage.jpy | fraction:0 }}
{{ balance.leverage.leverage.btc }}
Available margin
{{ balance.leverage.leverage_sendable.jpy | fraction:0 }}
{{ balance.leverage.leverage_sendable.btc }}
(Avail)
{{ balance.leverage.leverage_avail.jpy | fraction:0 }} {{ balance.leverage.leverage_avail.btc }}
(Debt)
{{ balance.leverage.leverage_debt.jpy | fraction:0 }} {{ balance.leverage.leverage_debt.btc }}
Leverage
{{ current_account.lending_leverage }}
Stop out level
{{ balance.leverage.margin_level * 100 | number:1}} % N/A

ビットコインウォレットの種類とは?取引所との違いや選ぶポイントを解説

新たな時代の通貨として、投資対象としても注目を集めているビットコイン(Bitcoin/BTC)。

そんなビットコインの保有方法にはいくつかありますが、中でも一般的といえるのが「ビットコインウォレット」です。まだビットコインを持ったばかりの人の中には、仮想通貨取引所のウォレットに保管している人や、ビットコインウォレットをよく知らないという人も多いことでしょう。

そこで今回は、ビットコインウォレットの特徴やウォレットの種類をご紹介します。

ビットコインウォレットの概要を解説

ウォレットとは
どこのビットコインウォレットを作成するのが良いかに触れる前に、まずはビットコインウォレットの概要について紹介します。

ビットコインウォレットがどういうものなのか、取引所に預ける場合とどう違うのかなど、初心者は押さえておきましょう。

ビットコインウォレットとは

ビットコインウォレットとは、仮想通貨ウォレットや単純にウォレットとも呼ばれ、ビットコインを始めとする仮想通貨を保管しておくための財布のようなものです。

仮想通貨の送金に必要となる秘密鍵を持つビットコインアドレスを一つにまとめたもので、複数のアドレスをウォレットにて管理することができます。

ビットコインウォレットは、それぞれの事業者が提供しているため細かい特徴は異なるものの、一般的な特徴としては「複数の仮想通貨を一つにまとめて管理できる」「他のウォレットに送金できる」「セキュリティを維持できる」などが挙げられます。

仮想通貨取引所の保管との違いは

複数の仮想通貨を保管するのに優れるビットコインウォレットですが、仮想通貨取引所での保管と何が違うのでしょうか。

そもそも仮想通貨取引所とは、投資家が仮想通貨を自由に売買できる場所のことを指します。インターネット上に存在する証券会社のようなもので、取引所で購入した仮想通貨はその取引所のビットコインウォレットに自動で保管される仕組みとなっています。

ですから、自分のビットコインウォレットを持っていなくても、取引所で売買を行うと自動的に取引所内にウォレットを持つことになります。

取引所とビットコインウォレットの違いを挙げるとするならば、取引所は仮想通貨の売買をする場所であり、ビットコインウォレットは自分自身で仮想通貨を管理する場所、といえるでしょう。

仮想通貨の取引所・販売所で口座開設するまでの流れはこちら

なぜビットコインウォレットが必要なのか

ウォレットの必要性
取引所でも仮想通貨を保管できるのに、自身のビットコインウォレットで保管する必要性はあるのでしょうか。

その理由の一つが「セキュリティ面」です。仮想通貨はネットに存在する性質上、ハッキングなどを受けると全ての資産を消失する危険性があります。

もし、持っている仮想通貨を全て取引所に保管していた場合、中にはホットウォレットと呼ばれるネットにつながれた状態で保管している取引所もあり、資産を盗まれる可能性も考えられます。過去には、実際にハッキングされて倒産してしまった取引所もあります。

まだ法整備が完全とはいえない状況で、こうしたリスクから自分の資産を守るために、自身でビットコインウォレットを作って、仮想通貨を分散して保管する方法があるのです。

そんなビットコインウォレットには、大きく分けて「ホットウォレット」と「コールドウォレット」があります。

セキュリティに関わる部分でもあるので、仮想通貨を保有するのであれば違いを正しく押さえておく必要があります。それぞれの特徴を見ていきましょう。

ホットウォレットとは

ホットウォレット
ホットウォレットとは、常にネットに接続された状態にあるウォレットを指します。スマホアプリやブラウザ上のウォレットなどがホットウォレットに該当します。

ホットウォレットの大きなメリットは、「送金が簡単にできること」です。ネットに常時つながれているので、たとえばQRコードを読み取るだけでもすぐに送受信が完了します。

一方でデメリットは、「ハッキングのリスクがあること」です。

ネットにつながれているので、不正アクセスなどのリスクに常にさらされていることにもなり、資産消失の危険性が高いといえます。そのため、ホットウォレットには、取引をするのに必要な金額など少額を保管するのが良いでしょう。

なお、ホットウォレットに当たるものには、オンライオンウォレット・モバイルウォレット・デスクトップウォレットなどがあります。

オンラインウォレット

オンラインウォレットは、ホットウォレットに分類される代表的なウォレットです。ウェブウォレットとも呼ばれ、文字通り取引所のサイト上など、ネット上につながれた状態で仮想通貨を保管するタイプのウォレットです。

メリットとしては「どの端末でもアクセスできる点」と「初心者でも気軽に使える点」が挙げられます。IDとパスワードを把握しておけば、どの端末でもアクセスができ、管理が複雑ではないのが特徴です。

取引所がセキュリティ対策を行っているため、初心者でも管理がしやすいといえるでしょう。一方、デメリットとしては「不正アクセスのリスクが高い点」です。

取引所での不正アクセスはこれまで何度も起こっており、完璧に安全とは言い切れません。取引所によっても強度が異なるので、万が一不正アクセスに遭った場合には資産を失う危険性があることは認識しておきましょう。

モバイルウォレット

ホットウォレット
モバイルウォレットは、オンラインウォレットと同じくホットウォレットの一種ですが、特に携帯端末に対応したウォレットをそう呼びます。

携帯端末に対応していることで、カメラと連動したQRコードの読み取りや仮想通貨決済などにも優れています。メリットとしては、秘密鍵を用いて携帯端末内で保管することになるので、オンラインウォレットよりもセキュリティ面でやや強固といえます。

一方でデメリットは、万が一携帯端末が故障したり盗難されたりすると、仮想通貨を失うリスクがあることと、アルトコインなどの新規のコインに対応しているウォレットが少ないことなどが挙げられます。

デスクトップウォレット

デスクトップウォレットとは、オンラインウォレットやモバイルウォレットと同じくホットウォレットの一種です。

モバイルウォレットが携帯端末で保管をするのに対し、デスクトップウォレットはパソコンで保管をするウォレットということになります。

パソコンにインストールして使うことになりますが、デスクトップウォレットは、容量が大きい「フルノード型」と、容量が小さい「軽量型」に分けられます。容量が大きいほど取引記録は参照しやすいという違いがあります。

デスクトップウォレットのメリットは、「操作がシンプルな点」と「取引所に依存しない点」が挙げられます。パソコン上で操作し、複雑な操作なしにすぐウォレットを作成することができます。

また、取引所から離して自身のパソコン上に保管できるので、万が一取引所が倒産したりハッキングを受けたりしても資産を守ることができます。

一方で、デメリットとしては「自身のパソコンの影響を受ける点」が挙げられます。パソコン自体がウイルス感染したり不正アクセスをされたりすると、結果として仮想通貨を失うことにもなりかねません。

秘密鍵やパスワードなどをバックアップして保存しておくのが理想です。

コールドウォレットとは

コールドウォレット
コールドウォレットとは、インターネットと切り離したところで仮想通貨を保管するウォレットのことです。

コールドウォレットの大きな魅力は、なんといってもハッキングリスクを抑えられる点です。ネットに繋がれているホットウォレットとは異なり、コールドウォレットはネットに繋がない限りハッキングの危険性を極めて低く抑えられます。

一方で注意点としては、急な決済に向いていないことなどが挙げられます。ネットと切り離しての保管なので、決済などを行う場合にはその都度パソコンに繋がなくてはなりません。

また、仮想通貨を保管しているコールドウォレットを物理的に紛失したり盗難されたりすると、資産をそのまま失ってしまうことにもなるので注意が必要です。コールドウォレットには大きく分けて、ハードウェアウォレットとペーパーウォレットがあります。

ハードウェアウォレット

ハードウォレット
ハードウェアウォレットとは、ネットと切り離された端末に仮想通貨を保管するコールドウォレットの一種です。

ハードウェアウォレットのメリットとしては、「高いセキュリティ性」と「持ち運びが容易であること」などが挙げられます。ネットに繋がない限りは不正アクセスなどのリスクから資産を守ることができます。

また、USB端末のような小型のものも多く、持ち運びも便利で、使いたいときにはパソコンに差し込むだけで管理ができるのも便利です。

一方で、デメリットとしては、「対応通貨が共通ではないこと」と「物理的な保管が課題となること」が挙げられます。さまざまなメーカーがハードウェアウォレットを発売しているので、対応通貨が共通でない点は注意すべきところです。

また、端末自体を紛失したり破損したりしてしまうと、中に入っているデータが消失してしまう恐れもあるので物理的な管理はとても重要になります。

ペーパーウォレット

ペーパーウォレットは、文字通り紙の形をしたウォレットで、仮想通貨のアドレスや秘密鍵と呼ばれるものを紙に印字して保管するタイプのウォレットを指します。

ペーパーウォレットに保管している状態ではすぐに取引することができないので、長期で保管したい場合などに向いているウォレットです。完全にネットから切り離されているので、不正アクセスやハッキングを受けないのが大きな利点といえます。

その一方で、紙に保管することになるので水濡れや破損などに弱いことや、無くしやすいという点はデメリットといえるでしょう。

自分に合う仮想通貨のウォレットを決めるポイントとは

ウォレットを決めるポイント
たくさんある種類の中から、自分に合ったウォレットを見つけるためには、まず仮想通貨を保有する目的を明確にすると良いでしょう。

大きく分けて、「日常使い用」なのか「投資用」なのか、はたまた「貯金用」なのかで変わってきます。たとえば、買い物など日常使いを頻繁にするようなケースなら、すぐに送金ができるオンラインウォレットが向いていますし、投資用として売買を行いたいなら取引所に預けておくのも一つの選択肢です。

貯金用で長期に渡って使わないというのであれば、ハードウェアウォレットやペーパーウォレットでネットから切り離して保管するというのも良いでしょう。もし、どのウォレットを作れば良いか悩んでいる場合には、ひとまず取引にも使いやすいオンラインウォレットを作ってみるのも良いでしょう。

次の段落で、オンラインウォレットの作り方について紹介します。

ビットコインウォレットを作ってみよう

ウォレット
国内大手の金融庁登録済の仮想通貨取引所であるCoincheckでは、ビットコインウォレットを簡単に作成することができます。

ここでは、Coincheckにおけるビットコインウォレットの作成方法を簡単に紹介していきます。初心者でまだウォレットが無いという人は参考にしてみてください。

Coincheckのウォレットとは

Coincheckのウォレットは、国内でも有数の取引量を誇る仮想通貨取引所であるCoincheckが提供しているオンラインウォレットのことです。

取引所のウォレットなので、仮想通貨の売買がすぐにできるのはもちろんのこと、送受金も簡単な操作で行えるのが特徴です。日本円での入金や出金にも対応しています。

Coincheckのウォレットは、操作が分かりやすく、初心者にもおすすめのウォレットといえます。

ウォレットの作成手順

Coincheckのウォレットは、仮想通貨取引所Coincheckの口座開設を行うことで、自動的に口座開設者用のウォレットが作成されます。

口座登録の手順を踏めば、あとは自動的に作成されるので面倒な手続きが必要ありません。口座開設自体も、簡単な入力だけですぐにできますので、仮想通貨を取引したいと思ったら、とりあえず作っておくのも良いかも知れません。

以下の手順で口座開設を行います。

Coincheckの口座開設の手順

Coincheckの公式サイトから口座開設ができますので、まずはCoincheckの公式サイトに移動します。

1. アカウント登録

その後、アカウント登録ページでメールアドレスとパスワードを入力します。

2. SMS認証と本人確認書類を提出

アカウント作成後、SMS認証と本人確認書類の画像を提出します。

本人確認書類には運転免許証などが必要ですが、写真を貼り付けて提出できるのでネット上で完了します。また、本人確認書類の画像と合わせてIDセルフィーも提出します。

3. 本人確認の審査

本人確認の審査が完了すると、仮想通貨の購入や日本円での入金などの一部のサービスが使えるようになります。

本人確認が認証されれば、仮想通貨の取引を始めることができます。ウォレットはこの時点で自動的に作成され、売買をしたときには保有した仮想通貨がウォレットに保管されます。

4. はがきの受取

本人確認の審査が完了すると、後日自宅に郵便はがきが届きます。こちらのはがきを受け取ると口座開設が完了し、日本円での出金や仮想通貨の送金ができるようになります。

Coincheckの口座開設方法と手順の詳細はこちら

ビットコインウォレットは仮想通貨の取引には必需品

ビットコインウォレットは大きく分けて、ホットウォレットとコールドウォレットに分類され、さらに細かくさまざまなウォレットが存在します。

それぞれに向き不向きやメリットデメリットがあるので、自分のスタイルに合わせたものを選択するのが良いでしょう。

仮想通貨の取引が初めての場合は、アカウント作成だけでオンラインウォレットが作れるCoincheckからビットコインウォレットを作成してみてはいかがでしょうか。

日本語で表示しますか?

はい いいえ もう表示しない

Show in English?

Yes No Never