Net Assets
Show in header
Net Assets
¥ {{ balance.net_assets.jpy | number: 1 | cut_decimal_zero }}

Available

In Use

{{cur}} {{ cur.toUpperCase() }}
¥ {{ balance.coincheck.available[cur] | cut_decimal_zero }}
¥ {{ balance.coincheck.in_use[cur] | cut_decimal_zero }}
Leveraged trading
JPY
BTC
Margin deposit
{{ balance.leverage.leverage.jpy | fraction:0 }}
{{ balance.leverage.leverage.btc }}
Available margin
{{ balance.leverage.leverage_sendable.jpy | fraction:0 }}
{{ balance.leverage.leverage_sendable.btc }}
(Avail)
{{ balance.leverage.leverage_avail.jpy | fraction:0 }} {{ balance.leverage.leverage_avail.btc }}
(Debt)
{{ balance.leverage.leverage_debt.jpy | fraction:0 }} {{ balance.leverage.leverage_debt.btc }}
Leverage
{{ current_account.lending_leverage }}
Stop out level
{{ balance.leverage.margin_level * 100 | number:1}} % N/A
Net Assets
Show in header
Net Assets
¥ {{ balance.net_assets.jpy | number: 1 | cut_decimal_zero }}

Available

In Use

{{cur}} {{ cur.toUpperCase() }}
¥ {{ balance.coincheck.available[cur] | cut_decimal_zero }}
¥ {{ balance.coincheck.in_use[cur] | cut_decimal_zero }}
Leveraged trading
JPY
BTC
Margin deposit
{{ balance.leverage.leverage.jpy | fraction:0 }}
{{ balance.leverage.leverage.btc }}
Available margin
{{ balance.leverage.leverage_sendable.jpy | fraction:0 }}
{{ balance.leverage.leverage_sendable.btc }}
(Avail)
{{ balance.leverage.leverage_avail.jpy | fraction:0 }} {{ balance.leverage.leverage_avail.btc }}
(Debt)
{{ balance.leverage.leverage_debt.jpy | fraction:0 }} {{ balance.leverage.leverage_debt.btc }}
Leverage
{{ current_account.lending_leverage }}
Stop out level
{{ balance.leverage.margin_level * 100 | number:1}} % N/A

Coincheck Column
コインチェックコラム

2019-02-05仮想通貨の決済

日本でも仮想通貨決済できるお店が増えています。こちらのページでは神戸(兵庫県)周辺エリアで、ビットコインが使えるお店(仮想通貨決済ができるお店)をご紹介します。 現在ビットコイン決済を導入できるCoincheck Paymentは一時停止中です。 神戸シャンパンバー「SHINY HOUR」 ※2017年7月時点情報になります。 2017年7月から、兵庫県神戸市「シャンパンバー SHINY HOUR」にてビットコイン決済が可能になりました。 【SHINY HOUR】に来ることで、人生においてキラキラした思い出を作ってほしい、というコンセプトから名付けられたという店名。HOURには、シャンパンからあふれ出る泡(アワ)の意味も含まれているそうです。 WEBサイトでは、時期に合わせたおすすめのシャンパンを紹介。店舗ではスタイリッシュでラグジュアリーな空間の中、ゆっくりと贅沢なシャンパンを楽しむことができます。 品揃えの豊富なSHINY HOURなら、今まで出会ったことのないシャンパンに出会えるかもしれません。自分へのご褒美に、こだわり抜かれたシャンパンはいかがでしょうか。 ■「神戸シャンパンバー SHINY HOUR」店舗情報 住所:神戸市中央区加納町4-7-8 ERC北野坂ビル(旧ロイヤル北野坂ビル)5階 電話番号:078-392-4121 HP:SHINY HOUR 「神戸六甲アイランド ホテルプラザ神戸」 ※2017年7月時点情報になります。 2017年7月より、兵庫県神戸市にあります「神戸六甲アイランド ホテルプラザ神戸」にてビットコイン決済が可能になりました。 神戸ベイサイドの絶景を一望できる贅沢 神戸のベイサイド絶景を最大限に味わえる立地にあるホテルプラザ神戸。139室ある客室はすべて12階以上にあり、どの部屋にご宿泊されても高層階からの眺めを堪能することができます。ライトアップされた港や神戸の街並みはまさに「絶景」の一言です。 厳選された見目麗しい料理 ホテル内でいただける料理の数々は、どれも美しく味わい深いものばかり。神戸の街並みを堪能しながらゆっくりと過ごすことができます。 アクセスも、六甲ライナーアイランドセンター駅から徒歩3分と抜群。ビットコイン決済はご宿泊代、レストランの両方でご利用が可能です。 ■「神戸六甲アイランド ホテルプラザ神戸」店舗情報 - 住所:兵庫県神戸市東灘区向洋町中2丁目9番1号 - 電話番号:078-846-5400 - HP:神戸六甲アイランド ホテルプラザ神戸 ヘアサロン「Calm hair」 ※2016年9月時点情報になります。 2016年9月より、兵庫県神崎郡のヘアサロン「Calm hair」さんにてビットコイン決済が可能になりました。髪の傷み、パサつきを根本から解消し、Calm hairは満足度地域No.1の美容室を目指しています。 Calm hairの自慢は、 - ツヤ - 潤い - 手触りが違う!と評判のトリートメント - 丁寧なカウンセリングで髪質に合ったスタイルを提案 - 確かな技術と豊富な経験で髪の悩みを解決 - 福崎駅より徒歩7分、駐車場あり - 18時半まで受付、無料電話相談あり、当日予約可 などなど、お客様の満足度を1番に考えたお店です。 秋にぴったりのヘアカラーもツヤツヤな仕上がり!《ツヤ×潤い×手触り》全てに妥協しない、思わず触れたくなるようなカラーが自慢のサロンです。 毛先まで潤う極上の仕上がりの秘訣は、お客様の髪質に合わせた十数種類のたんぱく質、脂質、繊維質等を浸透させるので、信じられないほどつややかで潤いのある髪に修復します。 もちろんカットやパーマなど、いろんなご要望にしっかりとお応えしてもらえます。毎月のお得なキャンペーンはもちろん、初回クーポンや福袋イベントなどもあります! 手書きのメニューも好評で、カームヘアーはちょっと分かりにくい場所にあるにもかかわらず、お客様のご紹介がとても多く、口コミでご来店される方がたくさん!お客様1人1人としっかり向き合い、納得いくまでカウンセリングしてもらえます。 髪質や希望に応じて、プロのこだわりを持ってヘアスタイルご提案してもらえるお店です。 ■「Calm hair」店舗情報 - 住所:兵庫県神崎郡福崎町福崎新208 - アクセス:福崎駅より徒歩7分 - 電話番号:0798-22-8491 - 営業時間:9:00~18:30 - 定休日:月曜日、第2・3火曜日 - HP:Calm hair 『居酒屋新』&『炭火焼肉新日本』 ※2016年6月時点情報になります。 2016年6月から、神戸市内の居酒屋さん『居酒屋新』と、その姉妹店の『炭火焼肉新日本』にて、ビットコイン決済が利用できるようになりました。 居酒屋新 居酒屋新は、美味しいこだわりの和牛と種類が豊富な地酒が自慢のお店です。オススメは、何と言っても、黒毛和牛塊肉です!こだわりは、仕入れでの素材選び、熟成保存、仕込み、最終調理時の芯温・・・と最高のお肉が堪能できます! また、ドリンクもお店の自慢で、種類が豊富な地酒や、希少焼酎などもあります!宴会のコースも充実しており、ランチから宴会まで楽しむことができます。 炭火焼肉新日本 炭火焼肉新日本は、「居酒屋新」の姉妹店の焼肉店です。 神戸ビーフを中心に厳選した、A4〜A5ランクの黒毛和牛をお手頃価格でお楽しみ頂けます!また、普段滅多に味わうことのできない、幻の部位も・・・! 炭火焼肉新日本は、生食用食肉取扱営業許可証取得店であるため、今ではほとんどのお店で取り扱っていない、和牛生ユッケを食べることができます。 一品モノから、コース料理、飲み放題がついた宴会コースもお楽しみ頂けます。神戸に行った際は、是非ここでしか味わえない、極上の黒毛和牛をご堪能ください! ■「居酒屋新」店舗情報 - 住所:神戸市中央区元町通3−2−17 - 電話番号:078-335-8620 - 営業時間:火~土 ランチ11:30~14:00、月~土 居酒屋タイム 17:00~24:00 (L.O.23:00、ドリンクL.O.23:30) - HP:居酒屋新 ■「炭火焼肉新日本」店舗情報 - 住所:神戸市兵庫区上沢通2−5−10 - 電話番号:078-576-2181 - 営業時間:火〜土 ランチ11:30~14:00、居酒屋タイム 17:00~23:00(L.O.22:00) 関西のマリンスポーツ体験施設『Club Sea Dream』 ※2016年5月時点情報になります。 2016年5月から、関西でマリンスポーツを体験できる施設『Club Sea Dream』にて、ビットコイン決済が利用できるようになりました。 大阪・神戸から20分、兵庫県芦屋市にあるマリンスポーツ体験施設で、『関西夏Warlker』にも掲載された、話題のスポットです! 水圧で空を飛べる「ホバーボード」が体験できたり、ほかにもウェイクボードやジェットスキー、6歳から遊べて4人乗りができるチューブなど、家族でもマリンスポーツを楽しんでいただけます!ただし、事前予約が必要で、ご予約はお電話もしくはWebで可能です。 また、芦屋浜総合公園がすぐ近くにあり、BBQも楽しめます!近くに駅まで送迎してくれるスーパー銭湯があるのも魅力的です。 BBQでたくさん食べて、マリンスポーツで身体を動かした後に銭湯で一休み。充実な1日を過ごせること間違いなしです! ちなみに芦屋は閑静な高級住宅街であり、グルメや夜景なんかも人気のスポットです。半沢直樹のロケ地でも知られる夜景の名所「東六甲展望台」は、阪急芦屋駅から車で15分。さらにそこから有馬温泉まで約10分です。 観光もしっかり楽しめる芦屋のリゾート地で、今年の夏の思い出作りをしませんか? ■「マリンスポーツ体験Club Sea Dream」店舗情報 - 住所:兵庫県芦屋市涼風町芦屋浜 - 電話番号:0798-78-3434 - 営業時間:9:30~17:00(3日前までの完全予約制) - アクセス:阪神高速「南芦屋浜」出口より5分

数ある仮想通貨の中でもリップル(XRP)は、世界的な金融機関や日本の大手金融グループとも提携してきており、その可能性と将来性の高さが評価されている主要な仮想通貨の一つです。 リップル(XRP)に興味があるものの、Coincheck(コインチェック)では買えないと考えている方に、簡単な手続きですぐに購入できる点について解説していきます。 リップル(Ripple/XRP)とはどんな仮想通貨なのか? リップルとは、カナダのウェブ開発者であるRyan Fuggerにより2004年に考案された、主に国際送金のための次世代決済ネットワークシステムのことです。 この決済システムは米国のリップル社(Ripple Inc.)によって運営され、リップル・トランザクション・プロトコル(RTXP)という送金ルールをベースとした、Ripple Net(リップル・ネット)と呼ばれる世界共通の送金ネットワークを指します。 そしてこのネットワークシステム上で利用される通貨が、XRPという単位になります。リップルとは本来この決済システムのことを指し、通貨を示す場合にはシステムとの違いを明らかにするために「リップルコイン」と呼ばれる場合があります。 リップル(XRP)は、簡単で低コストかつリアルタイムの送金を実現すべく開発された決済システムです。 これまでは国際送金に時間もコストもかかっていた これまで世界中の金融機関から利用されてきたSWIFT(スイフト)に代表される国際決済システムでは、国際送金に2~3営業日かかるのが当たり前となっています。 特に送金先あるいは送金元の銀行が、SWIFTシステムに加入していなければ一般に「コルレス銀行」と呼ばれる中継銀行をいくつも経由することになり、それ以上に時間とコストがかかってしまいます。 リップル(XRP)はこのような従来の決済システムに取って代わるべく、相手先へダイレクトに低コストで送金できるような仕組みとなっています。 処理スピードが早く、低コストで24時間送金が可能 その処理スピードは毎秒1,500件の取引を処理できるとされており、決済機関の営業時間や休日に関係なく、いつでも送金できます。 また、システムでは送金コストや処理時間を短縮するために、IOU(I OWN YOU)と呼ばれる送金元が送金先に対して発行する非公式の借用証明書を利用します。 リップル(XRP)はこのような高い処理能力と送金コスト面での優位性を持っているがために、世界中の大手銀行やクレジットカード会社など金融業界を中心にグローバルで各業界から高く評価され、相次いで提携関係を築いてきました。 リップル(XRP)のシステムを利用したプロジェクトも数多く実施されてきており、日本でも大手金融グループがリップルと提携し、これまでにも多くのプロジェクトを手がけてきました。 リップル(Ripple/XRP)が提供可能なサービスの特徴は? リップル(XRP)が提供可能なサービスの特徴を簡単にまとめると、例えば以下の点が挙げられます。 リアルタイムで低コストな国際送金サービスの実現 世界各国の銀行を中心とした金融機関向けに構築されたxCurrentというネットワークシステムを通じて、国際送金の即時決済を実現するサービスを提供しています。 システム上ではMessenger(メッセンジャー)という送金金額など送金内容を指図するための送金メッセージが発せられ、送金の可否はValidator(バリデイター)を実行して確認されます。 送金メッセージ発信後はインタレッジャー・プロトコルと呼ばれる補助台帳を介して様々な金融機関の帳簿に接続され、送金が実行されます。一連の送金プロセスは全て可視化されており、取引の透明性が確保されています。 発展途上国の人にも便利な送金システムを提供 リップル社は主に開発途上国での低コストな送金を可能にするために、送金業者向けにxRapidというネットワークシステムを提供しています。 仮想通貨としてのリップル(XRP)には、異なる通貨どうしで国際送金される際にブリッジ通貨としての役割があります。 ブリッジ通貨とは、送金元の銀行の通貨をXRPに変換してから相手国の銀行に送金し、送金先の銀行が受け取ったXRPを現地通貨に換金する仕組みとなっています。 これによって銀行口座を持つことが難しい発展途上国の人どうしの送金や、発展途上国と先進国の間では非常に手間のかかった送金を、リアルタイムかつ低コストで実現させます。 中小の金融機関や一般事業会社も利用可能なリアルタイム国際送金サービス リップル社はRipple Netに参加していない中小の金融機関や一般事業会社にも、リップル(XRP)の送金サービスが利用できるようなサービスを提供しています。 xViaというアプリケーション・プログラミング・インターフェイス、通称APIを通じて、特別なソフトウェアをインストールせずにRipple Netに繋がり、Ripple Netに参加していない外部企業もリアルタイムで送金可能になります。 また、支払いから着金までに関する全ての情報はリアルタイムで追跡できると同時に、送金時には請求書の情報も一緒に添付して送信できます。 Coincheckでリップル(Ripple/XRP)は買えない? このように国際送金システムとしては非常に期待度の高いリップル(XRP)ですが、Coincheckでも簡単な手続きですぐに購入することができます。 しかも、Coincheckなら最低購入額が日本円で500円から可能ですので、余剰資金やお小遣い程度で購入できます。 Coincheckはさまざまな仮想通貨を取り扱い また、Coincheckは国内の大手仮想通貨取引所の一つであり、購入可能な仮想通貨は10種類にも及びます(2019年6月時点)。 その10種類には、「ビットコイン(BTC)」を始め、今回ご紹介している「リップル(XRP)」の他、「イーサリアム(ETH)」「イーサリアムクラシック(ETC)」「リスク(LSK)」「ファクトム(FCT)」「ネム(XEM)」「ライトコイン(LTC)」「ビットコインキャッシュ(BCH)」「モナコイン(MONA)」があります。 リップル(XRP)は日本円とビットコイン(BTC)から購入可能 また、Coincheckで扱われている上記の10種類の仮想通貨は日本円だけでなく、ビットコイン(BTC)でも購入できます。ビットコイン(BTC)で購入の場合、最低購入額は「0.001BTC」からとなっています。 さらに仮想通貨を売却して日本円に換える場合も、最低売却額は500円からになっています。日本円ではなく、ビットコイン(BTC)に替える場合の最低売却額は購入時と同様に「0.001BTC」からです。 Coincheckでリップル(Ripple/XRP)を購入するまでの流れは簡単 Coincheckでリップル(XRP)を購入するにはまず口座開設をする必要があります。口座開設はとてもシンプルで、それほど難しい手続きではありません。 1. アカウント登録 最初にアカウント登録ページを開いて、メールアドレスとパスワードを入力します。 Coincheckのアカウント登録はこちら 入力後に「アカウント作成ボタン」をクリックすると、登録済みのメールアドレスに登録完了用のためのリンクが貼られたメールが送信されます。そのリンクをクリックするだけでアカウント登録は完了します。 2. SMS認証 アカウント登録が完了したら、携帯電話のSMS(ショートメッセージサービス)から本人確認のためのSMS認証をおこないます。 アカウント上に登録した携帯電話宛てにメッセージが送信されてきますので、そのメッセージに記載のある6桁の認証コードをCoincheckのサイト上に入力すると、SMS認証が完了します。 3. 本人確認書類のアップロード SMS認証が完了したら次は本人確認書類のアップロードをおこないます。 Coincheckのサイトに入ってご自分の氏名や住所、電話番号といった基本情報を登録します。次に運転免許証やパスポートなどの本人確認書類の画像データを、サイト内でアップロードします。 4. IDセルフィーのアップロード 次に画像データ上の本人確認書類を手にもって顔写真を撮影し、画像データ(IDセルフィー)をアップロードします。IDセルフィーが済めば、Coincheckから本人受け取り限定のハガキが送付されます。 5. ハガキの受け取り そのハガキを受領することで、取引開始に必要なすべての手続きが完了します。 ご自身の取引銀行からアカウント宛てに銀行振込で入金することなどによって、仮想通貨を購入する準備が整います。 Coincheckでリップル(Ripple/XRP)を購入する方法 それでは実際にリップル(XRP)を購入する場合の流れについて解説していきます。 ウォレット画面から入金 上記の手続きを経て新規開設したアカウントには、専用の「ウォレット」が作成されています。そこで購入に必要な金額を、Coincheckの指定銀行口座宛てに銀行振込をおこないます。 振込完了後はアカウント上に入金された金額が表示されますので、その状態になれば、いつでも購入可能な状態となります。 コインを買う ウォレットページのメニューに「コインを買う」のボタンがありますのでクリックし、さらにリップル(XRP)を選択します。 購入したい数量を指定すれば、必要な購入金額が表示されます。金額を確認したら「購入する」ボタンをクリックすると、購入完了となります。 ビットコイン(BTC)で購入する場合 日本円ではなく、ビットコイン(BTC)で購入する場合には「交換する通貨」のところで「BTC」を選択すると購入金額が表示されます。 金額を確認し問題なければ「購入する」をクリックして購入が完了します。 コインチェックアプリで購入する場合 コインチェックアプリでリップル(XRP)を購入するためには、トップのチャート画面から、リップル(XRP)を選択します。 その後、チャート画面の下部にある「購入」の表示をタップすると、購入画面に移動します。購入したい金額を入力し、「JPYでXRPを購入」ボタンをクリックすれば、購入完了になります。 購入できたかどうかは、タブの「総資産」を選択すれば確認できます。 リップル(Ripple/XRP)購入時に知っておきたい点 Coincheckでリップル(XRP)を購入する場合には所定の手数料が発生します。そこで予め知っておきたい手数料について以下にご紹介していきます。 入金手数料 自分のウォレットに日本円を入金して購入する場合の方法として「銀行振込」、「コンビニ入金」、「クイック入金」の3種類があります。 銀行振込にすると入金手数料自体は無料となりますが、振込手数料はユーザー負担となっています。 コンビニ入金だと30,000円未満の入金で1回につき756円の手数料がかかります。また、30,000円以上30万円以下の入金には、1回につき1,000円がかかります。 さらにクイック入金の場合には、1回あたり30,000円未満の入金で手数料が756円かかります。入金額を30,000円以上50万円未満の範囲にすると、手数料は1,000円かかります。 入金額が50万円以上になると手数料は「入金額×0.108%+486円」の分だけかかります。 送金手数料 自分のアカウントからCoincheck以外の他のアカウントに送金する際には、0.15XRPの送金手数料がかかります。ただし、Coincheckのユーザー間で送金する際には送金手数料は無料となっています。 出金手数料 自分のアカウントから仮想通貨を日本円として出金する場合には出金手数料が発生します。Coincheckでは出金時の手数料は一律400円となっています。 ※手数料は、2019年9月17日時点の金額です。 リップル(Ripple/XRP)はCoincheck(コインチェック)で簡単に購入可能 Coincheckならリップル(XRP)が、スマホアプリからも簡単に購入ができます。500円などの少額から始めることもできますので、初心者にとっても始めやすいと言えるでしょう。 また、取引できる仮想通貨の種類も多いCoincheckなら、複数の仮想通貨に分散して投資することもできます。是非一度Coincheckでの口座開設を検討してみてくだい。

ビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCH)は、2017年にビットコイン(BTC)から分岐した仮想通貨です。ビットコイン(BTC)とは異なった特徴を持っており、将来性のある仮想通貨の1つとして注目されています。 今回は、現在多くの投資家から注目を集めているビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCH)について、特徴や将来性などを詳しくご紹介していきたいと思います。 ビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCH)の誕生の経緯とその特徴 ビットコイン(BTC)の取引処理速度は、ネットワーク状況にもよりますが、毎秒7件ほどと言われています。 対して、クレジットカードは毎秒数千件の取引を処理しており、ビットコイン(BTC)の実用化を検討する上で、取引処理速度が圧倒的に不十分な水準であることが問題視されてきました。 加えて、ビットコイン(BTC)価格の高騰に伴い取引量が増加し、ネットワークが混雑し取引処理速度がさらに遅くなるという事態も発生しました。 そのようなことから当時のビットコイン(BTC)の仕様に疑問を持つ人が増え、ビットコイン(BTC)の取引処理速度を向上させるために、仕様のアップデートを行う機運が高まりました。 2017年8月にビットコイン(BTC)から分岐 そして、2017年にビットコイン(BTC)コミュニティは、そのアップデート方法を巡って内部で対立することになります。 結果、取引処理速度の改善を図るために、取引容量を圧縮するビットコイン(BTC)と、取引を記録するブロック容量を拡大するビットコインキャッシュ(BCH)とに同年8月に分裂しました。 ビットコインSV(BSV)の誕生 この時に誕生したビットコインキャッシュ(BCH)コミュニティは、2018年11月に同じく仕様の変更内容を巡って対立が生じ、Bitcoin ABCというチームを中心としたビットコインキャッシュ(BCH)とビットコインSV(BSV)とに分裂しました。 一時期「ハッシュ戦争」と言われるまで混乱が起こりましたが、現在では両者の対立も落ち着いています。 ビットコイン(BTC)とビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCH)の違いは? ビットコイン(BTC)とビットコインキャッシュ(BCH)の主な違いには何があるのでしょうか。その主な違いについて、いくつかご紹介します。 1. スケーラビティ問題の解決 ビットコインキャッシュ(BCH)はビットコイン(BTC)の欠点を改善するために誕生しました。その大きな欠点の1つが「スケーラビリティ問題」です。 スケーラビリティ問題を一言で説明すると、「取引処理能力の問題」のことになります。ビットコイン(BTC)を使用する人が増えれば増えるほど、取引処理が追いつかず送金時間が長くなり、手数料も高騰するなどの多くの問題が生じます。 ビットコインキャッシュ(BCH)は、ビットコイン(BTC)では1MBだったブロック容量を2018年時点では32MBに拡大することで、ビットコイン(BTC)が抱えていたスケーラビティ問題を改善しました。 そのため、ビットコインキャッシュ(BCH)は取引処理速度を維持しやすく、商業決済分野などで強みを発揮していると言われています。 2. マイニング難易度調整システムを導入 ビットコインキャッシュ(BCH)を含む多くの仮想通貨では、取引を確定させるためにマイニング作業が必須になっており、安定的な取引を行うためマイニングの難易度を調整する仕組みを取り入れています。 ビットコイン(BTC)では約2週間に1度のペースで、マイニングの難易度調整が行われます。一方で、ビットコインキャッシュ(BCH)では10分に1度と短い間隔で行われるため、急激なハッシュレートの変化にも対応することができます。 3. 送金手数料が安い ビットコインキャッシュ(BCH)は、ビットコイン(BTC)に比べて送金手数料が安く抑えられるのが特徴です。 ビットコイン(BTC)では、ネットワークの混雑により手数料が高騰し、一時期は一度の送金で数千円かかることもありました。 しかし、ビットコインキャッシュ(BCH)はネットワークの平均的な送金手数料が1円以下に抑えられており、日常的な決済に使いやすい仮想通貨となっています。 ビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCH)取り扱いの取引所 ビットコインキャッシュ(BCH)は、送金手数料が安く送金速度も速いことなどから、注目を集めている仮想通貨です。時価総額も仮想通貨の上位に位置するなど、主要な仮想通貨の1つと言うことが出来ます。 そんな、ビットコインキャッシュ(BCH)を購入する場合、基本的には仮想通貨の取引所から購入を行います。 Coincheckがおすすめな理由 国内大手取引所の一つであるCoincheckは、2018年11月のハードフォークにより一時停止していたビットコインキャッシュ(BCH)の売買と入出金を、同月27日に再開しました。 Coincheckは、サイトが分かりやすいデザインになっていることが特徴です。また、ビットコインキャッシュ(BCH)だけでなく、様々なアルトコインを初心者でも簡単に売買をすることができます。 価格の上下を示すチャートも見やすい作りになっているので、仮想通貨の取引に慣れていない方でも、安心してCoincheckから取引を始めることができます。 Coincheckの口座開設はこちら ビットコインキャッシュ(BCH)取引の口座開設から購入方法はこちら ビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCH)の将来性は? ビットコインキャッシュ(BCH)は、ビットコイン(BTC)の欠点だった決済スピードの遅さを改善し、より多くの人が日常的に決済することができる仮想通貨を目指しています。 決済スピードが早く取引手数料が安いことは、ビットコインキャッシュ(BCH)の強みとなっています。 ビットコイン(BTC)が抱えていた問題を一つのアプローチから改善を試みていることから、今後さらにビットコインキャッシュ(BCH)への注目が集まる可能性があります。 決済サービスでも利用されている また、Amazonの商品を暗号通貨で購入することで数%の割引も得ることが可能な「Purse」と呼ばれる決済サービスでも、ビットコインキャッシュ(BCH)は利用することができるようになっています。 このPurseは、例えばAmazon商品券を持っていても使い道がない方と、ビットコインキャッシュ(BCH)を持っていてAmazonでの買い物を検討している方がつながることができ、それぞれのニーズを満たすことができるマッチングサービスにもなっています。 機能のアップデートを繰り返している さらに、ビットコインキャッシュ(BCH)は臨機応変にアップデートを繰り返しているため、今後さらに実用的な通貨となることが期待されています。 実際に店舗やサービスなどでもビットコインキャッシュ(BCH)の取り扱いが始まっていることなどからも、ビットコインキャッシュ(BCH)が今後さらに普及することで、価格が上昇していく可能性もあるでしょう。

2019-09-17Coincheck Tipsネム(XEM)

ネム(XEM)は仮想通貨の時価総額ランキングでも比較的高い順位にいることが多い、主要な通貨の一つです。 日本では特に人気のある仮想通貨で、独自のブロックチェーン技術を用いています。興味がある方も少なくなく、ポテンシャルの高い通貨と見なされています。 そこでCoincheck(コインチェック)においてネムの取り扱いや購入方法はどうなっているのかについて、ネムの特徴とともにご紹介します。 ネム(NEM/XEM)とはどんな仮想通貨なのか? ネム(XEM)は国や政府に縛られることのない新たな経済の仕組みを構築するため、「New Economy Movement(新たな経済運動)」という理念をベースに開発された仮想通貨で、2015年3月に公開されました。 ネムはこの頭文字を取った呼称であり、仮想通貨単位は「ゼム(XEM)」と表記されます。ネムは自らの理念を忠実に守るべく、特定のマイニンググループ(採掘グループ)に報酬が偏らないようにするための仕組みを採用しました。 Proof of Importance(プルーフ・オブ・インポータンス) その仕組みは「Proof of Importance(プルーフ・オブ・インポータンス)」、通称POIと呼ばれるものです。 このPOIによってネムをたくさん保有しているユーザーだけでなく、積極的に利用しているユーザーにも報酬が発生する仕組みとなっています。 ビットコイン(BTC)のマイニングの仕組みとは 通常、ビットコイン(BTC)など他の仮想通貨では、ブロックチェーン上で新たなブロックを繋げるための鍵を探す作業を通じて、鍵を発見したグループやユーザーが承認されて報酬を受け取る仕組みとなっています。 この作業はマイニングと呼ばれ、高性能なコンピューターを使用しながら膨大な量の計算作業を成功させて報酬を得ています。 しかし、マイニングは膨大なコストと手間がかかるために、その作業をすることができる特定のグループに報酬が独占されてしまう傾向にあります。 ネム(XEM)はハーベストの仕組みを採用 ネムはマイニングではなく、「ハーベスト」という仕組みを用いています。 ハーベストは「収穫」を意味する言葉で、ビットコイン(BTC)のマイニングと同様に承認作業を意味しています。このハーベストはマイニングと異なり、10,000XEM以上の通貨を保有していれば、誰でもおこなうことができます。 ネムの利用者から徴収している手数料をハーベストして承認すると、支払われるような仕組みになっています。このおかげで特定のグループに報酬が偏るのを防ぎ、より多くのユーザーに報酬が行き渡るようにされた通貨といえます。 また、ネムにはハーベストよりも条件面でハードルが高くなるものの、より多くの報酬が得られる「スーパーノード」と呼ばれる仕組みもあります。 Coincheckでネム(NEM/XEM)は買えないのか? このような独自の仕組みをもっているネムは海外だけでなく、日本でも人気のある通貨の一つですが、Coincheckでも購入することができます。 Coincheckのアカウント登録はこちら Coincheckの場合、最低購入額が日本円で500円からと買いやすくなっています。お小遣いやちょっとした資金があれば購入できる金額のため、仮想通貨が初めてという方でも手が出しやすいといえるでしょう。 また、Coincheckで購入する場合、パソコンからだけでなく、スマホアプリからもとても簡単な手続きですぐに購入できます。 合計10種類の仮想通貨を取り扱い Coincheckは日本国内でも大きなシェアをもつ仮想通貨取引所であり、合計10種類もの仮想通貨を購入することができます(2019年6月時点)。 その10種類とは、仮想通貨の代名詞ともいえる「ビットコイン(BTC)」や今回ご紹介している「ネム(XEM)の他に、「リップル(XRP)」「イーサリアム(ETH)」「イーサリアムクラシック(ETC)」「リスク(LSK)」「ファクトム(FCT)」「ライトコイン(LTC)」「ビットコインキャッシュ(BCH)」「モナコイン(MONA)」と幅広く取扱われています。 日本円とビットコイン(BTC)から購入可能 さらにCoincheckで扱われている上記の10種類の仮想通貨は、日本円とビットコイン(BTC)のいずれでも購入可能です。ビットコイン(BTC)で購入する場合の最低購入額は「0.001BTC」からです。 なお、お手持ちの仮想通貨を売却して日本円に換える場合ですが、最低売却額は500円からになっています。日本円ではなく、ビットコイン(BTC)に替える場合の最低売却額は、購入時同様に「0.001BTC」からとなっています。 Coincheckでネム(NEM/XEM)を購入するまでの流れは簡単 Coincheckで実際にネムを購入する場合の流れですが、まずは口座開設からスタートします。口座開設はとてもシンプルで、それほど難しい手続きではありません。 1. アカウント登録 最初にアカウント登録ページを開いて、メールアドレスとパスワードを入力します。 Coincheckのアカウント登録はこちら 入力後に「アカウント作成ボタン」をクリックすると、登録済みのメールアドレスに登録完了用のためのリンクが貼られたメールが送信されます。そのリンクをクリックするだけでアカウント登録は完了します。 2. SMS認証 アカウント登録が完了したら、携帯電話のSMS(ショートメッセージサービス)から本人確認のためのSMS認証をおこないます。 アカウント上に登録した携帯電話宛てにメッセージが送信されてきますので、そのメッセージに記載のある6桁の認証コードをCoincheckのサイト上に入力すると、SMS認証が完了します。 3. 本人確認書類のアップロード SMS認証が完了したら次は本人確認書類のアップロードをおこないます。 Coincheckのサイトに入ってご自分の氏名や住所、電話番号といった基本情報を登録します。次に運転免許証やパスポートなどの本人確認書類の画像データを、サイト内でアップロードします。 4. IDセルフィーのアップロード 次に画像データ上の本人確認書類を手にもって顔写真を撮影し、画像データ(IDセルフィー)をアップロードします。IDセルフィーが済めば、Coincheckから本人受け取り限定のハガキが送付されます。 5. ハガキの受け取り そのハガキを受領することで、取引開始に必要なすべての手続きが完了します。 ご自身の取引銀行からアカウント宛てに銀行振込で入金することなどによって、仮想通貨を購入する準備が整います。 Coincheckでネム(NEM/XEM)を購入する方法 それでは実際にネムを購入する場合の流れについて解説していきます。 ウォレット画面から入金 上記の手続きを経て新規開設したアカウントには、専用の「ウォレット」が作成されています。そこで購入に必要な金額を、Coincheckの指定銀行口座宛てに銀行振込をおこないます。 振込完了後はアカウント上に入金された金額が表示されますので、その状態になれば、いつでも購入可能な状態となります。 コインを買う ウォレットページのメニューに「コインを買う」のボタンがありますのでクリックし、さらにネムを選択します。 購入したい数量を指定すれば、必要な購入金額が表示されます。金額を確認したら「購入する」ボタンをクリックすると、購入完了となります。 ビットコイン(BTC)で購入する場合 日本円ではなく、ビットコイン(BTC)で購入する場合には「交換する通貨」のところで「BTC」を選択すると購入金額が表示されます。 金額を確認し問題なければ「購入する」をクリックして購入が完了します。 コインチェックアプリで購入する場合 コインチェックアプリでネムを購入するためには、トップのチャート画面から、ネム(XEM)を選択します。 その後、チャート画面の下部にある「購入」の表示をタップすると、購入画面に移動します。購入したい金額を入力し、「JPYでXEMを購入」ボタンをクリックすれば、購入完了になります。 購入できたかどうかは、タブの「総資産」を選択すれば確認できます。 ネム(NEM/XEM)購入時に知っておきたい点 Coincheckでネムを購入する場合に知っておきたい点としては、手数料が発生することです。購入時に発生する手数料にはどんなものがあるのかについてご紹介します。 入金手数料 自分のウォレットに日本円を入金して購入する場合の方法として「銀行振込」、「コンビニ入金」、「クイック入金」の3種類があります。 銀行振込にすると入金手数料自体は無料となりますが、振込手数料はユーザー負担となっています。 コンビニ入金だと30,000円未満の入金で1回につき756円の手数料がかかります。また、30,000円以上30万円以下の入金には、1回につき1,000円がかかります。 さらにクイック入金の場合には、1回あたり30,000円未満の入金で手数料が756円かかります。入金額を30,000円以上50万円未満の範囲にすると、手数料は1,000円かかります。 入金額が50万円以上になると手数料は「入金額×0.108%+486円」の分だけかかります。 送金手数料 手持ちのネムを別のユーザーに送金したりする場合の送金手数料ですが、Coincheck以外の外部のアカウントに送金する際には、0.5XEMの手数料が発生します。 ただし、Coincheckのユーザー同士で送金する場合、送金手数料は無料です。 出金手数料 自分の保有する仮想通貨を日本円にして出金する場合にかかる手数料が、出金手数料です。Coincheckでは出金時の手数料は、一律400円となっています。 ※手数料は、2019年9月17日時点の金額です。 ネム(NEM/XEM)はCoincheck(コインチェック)で簡単に購入可能 ネムに興味のある方は、Coincheckを通じて簡単な手続きでアカウントを開設して購入することができます。取引できる仮想通貨の種類も多いCoincheckなら、複数の仮想通貨に分散して投資することもできます。 また、保有した仮想通貨をCoincheckに貸し出すことで、利用料をもらうことができる貸仮想通貨サービスを利用することもできます。是非一度Coincheckでのアカウント開設を検討してみてくだい。

2017年に仮想通貨の価格が暴騰したことで、世界各国では多くの億万長者が誕生しました。 日本でも、仮想通貨投資によって儲けたと公に口にする人が多く、SNSやニュースなどで「億り人」という言葉が一時期大変話題となりました。 このように仮想通貨でお金持ちになった人の話を聞いて、「自分も仮想通貨でお金持ちになりたい!」と願っている方も多いのではないでしょうか。 今回は、仮想通貨を購入することで、お金持ちになれる可能性がいったいどれほどあるのかを徹底検証してみたいと思います。 仮想通貨はビットコイン(BTC)だけではない! 仮想通貨といえば、ビットコイン(BTC)を思い浮かべる方が多いと思います。 ですが、イニシャル・コイン・オファリング(ICO)という、コインを発行することで資金を調達する新しい資金調達手法の流行により、今ではその他にもアルトコインと呼ばれる、約1,000種類以上もの仮想通貨が世の中には存在します。 アルトコインの代表格といえば、イーサリアム(ETH)やリップル(XRP)などが挙げられます。 通貨ごとの時価総額を見れば、他通貨の誕生によってビットコイン(BTC)の仮想通貨市場全体に占めるドミナンスは年々低下してきています。 ですが、時価総額については、ビットコイン(BTC)が後続するリップル(XRP)とイーサリアム(ETH)に大きな差をつけて依然1 位であることがわかります。 ビットコイン(BTC)取引の口座開設から購入方法についてはこちら アルトコインに将来性はある? しかし、ビットコイン(BTC)の1単位あたりの価格は、約40万円(2019年1月末時点)と、他通貨に比べて大きく、果たしてこれ以上伸びるのかと疑問に思う人も多いでしょう。 今から一攫千金を狙うのであれば、比較的投資妙味が低いと感じるかもしれません。その点、ビットコイン(BTC)以外のアルトコインは、1単位あたり数円から数万円のレベルで購入することができます。 今からアルトコインを購入することで、将来的に資産が何倍にも脹れ上がる可能性も、ゼロではないでしょう。ただし、アルトコインの中には今後成長の見込みがない仮想通貨も多く存在するとも言われています。 しかし、中には将来有望なコインもあるはずですので、その点を見極めて投資をすることが、資産を大きく増やすためのポイントとなります。 仮想通貨の保有者数はまだまだ少ない状況 そして、仮想通貨の投資人口は少しずつ増えてはいるものの、株や債券といった従来の金融商品に比べれば、その数はまだまだ少ないです。 そのため、今から仮想通貨の投資に参入していけば、仮想通貨市場の拡大とともに、先々お金持ちになれるかもしれません。 しかし、仮想通貨投資で利益を上げようと思えば、やはり投資、そして投資先に関する最低限の知識を持つことが重要になります。 一攫千金を狙うあまり、実態のよくわからないアルトコインばかりに投資をしては、大損を食らうことになりかねません。アルトコインへの投資を検討する際には、事前の情報収集を大切にしましょう。 仮想通貨の億り人とは? 2017年に入った頃から、仮想通貨の市場規模は数十倍もの成長を遂げました。 この時期に、ビットコイン(BTC)が10万円にも満たない業界初期の頃から投資を始めて億万長者になった、「億り人」と呼ばれる方たちが世界中で現れました。 アメリカの経済雑誌「Forbes(フォーブス)」が2018年に公表した「世界の仮想通貨長者ランキング」によると、1位はリップル(XRP)共同創業者のクリス・ラーセンで資産額は75~80億米ドル(日本円で8039億円から8574億円)とされています。 日本でも、このように仮想通貨で億万長者になった人が、2017年だけでおよそ300人以上いると言われています。 しかし、この数字はあくまでも税金の申告をした人の人数のため、申告が正確にできていない方も含めると、もっと多いかもしれません。 このように億り人になった方は日本にも数多く存在しており、もしかするとその数は2018年にはさらに増えているかもしれません。 ビットコイン(BTC)の価格はこれまでに大きく上昇 実際に、ビットコイン(BTC)の価格は、2010年から2017年の約7年間で約2万4千倍になっています。 これは100円が240万円になるというウソみたいな話ですが、仮想通貨の世界では現実に起こっているのです。 ビットコイン(BTC)だけでこれほどの上昇があったということは、アルトコインを含めれば、この数年間で大金を稼いだ方がたくさんいると言えるでしょう。 この先の数年間で、同様に仮想通貨市場全体が高騰するという可能性も、完全に否定することはできません。 本当に仮想通貨でお金持ちになれるのか? こんなにも仮想通貨で億万長者になった億り人がいるなら、「自分にもチャンスがあるのでは?」と期待する人も多いでしょう。 先ほどもご紹介したとおり、ビットコイン(BTC)のリリース時に1万円分のビットコイン(BTC)を購入していたら、現在60億円から120億円もの大金になっています。 そして、イーサリアム(ETH)もリリースから1年程度で価格が約90倍にも跳ね上がり、日本の投資家たちがこれによって資産を増大させたことは、ニュースでも取り上げられていました。 これから先、仮想通貨業界の発展とともに、さらに多くのアルトコインが誕生するでしょう。新しいアルトコインの中で将来有望なものを安いときに購入することができれば、気づいたときに暴騰してお金持ちになれる可能性も、ゼロではないでしょう。 仮想通貨の取引をするにあたって重要なこと 仮想通貨の投資の際に重要なことの一つに、「メンタルの強さ」が挙げられます。 仮想通貨のチャートは、まるでジェットコースターのように激しく変動します。メンタルが弱い方だと、チャートが下がったときに耐えられずにすぐに売ってしまう傾向にあるため、損をする確率が高くなります。 価格が少し下がったぐらいで変に損切りをせず、長期間保有していたら後から何十倍にもなったということは、仮想通貨の世界ではよくあることです。 これまで億り人になった人々には、仮想通貨の可能性を信じて長期間保有することができたメンタルの強さがあったとも言えるでしょう。 今後の仮想通貨の可能性について 近年、仮想通貨の根幹となるブロックチェーン技術は、世界の大手金融機関やIT企業など多くの企業によって研究され、様々な業界での活用が検討されています。 世界の名だたる企業がブロックチェーン技術の実用化を目指し、金融や食品、物流などの他の業界の企業と協力して、数多くの実証実験を行なっています。 日本でも仮想通貨交換業者の数は近年増加しており、様々な仮想通貨やブロックチェーン関連のニュースは増え続けています。 このように、仮想通貨やブロックチェーン技術に世界的な注目が集まっていることは、間違いありません。 今後、ビットコイン(BTC)規模の価格暴騰はなかなか起きないかもしれませんが、仮想通貨市場の拡大が進む中で、一部の仮想通貨の価格が大きく上昇することはあるでしょう。 今後上昇見込みのあるアルトコインを見極めることができれば、仮想通貨によってお金持ちになれる可能性もあるかもしれません。

2019-09-17Coincheck Tipsネム(XEM)

ネム(NEM/XEM)は、独自の思想や技術が反映され、ほかの仮想通貨とは一線を画す存在です。 ネム(NEM)(通貨単位:XEM)の特徴を解説しながら、Coincheckでの口座開設の流れと、購入方法・手数料についてご紹介します。 ネム(XEM)は仮想通貨の販売所ならすぐに買える 販売所とは? 販売所は、仮想通貨取引所が所有しているネム(XEM)をユーザーが購入するところです。 日本円などの法定通貨から、直接希望の量のネム(XEM)を、すぐに簡単に買うことができます。 取引所とは? 取引所は、口座を開設しているユーザー同士のリップルの売買の場を提供するところです。 売り手と買い手がうまくマッチングすれば取引が成立となりますが、成立するまで時間がかかることもあります。最悪の場合、不成立となると売買ができません。 販売所と取引所の違い 初心者の方には、簡単にすぐにネム(XEM)が購入できる販売所での取引が便利です。 取引所での取引は、需要と供給がマッチングすれば、販売所よりも安く購入することも可能です。ただし、取引が成立しなければ購入できないこともあります。 そしてその間にネム(XEM)の価格が高騰してしまうと、結局購入価格が割高になってしまうこともあります。また、大量の売買をしようと思った際にも、相手方がいないと取引が成立しないため、希望の価格で購入できない場合もあります。 一度に大量のネム(XEM)を同じ価格で購入したい時なども、販売所の利用は便利と言えるでしょう。 ネム(XEM)販売所としてのCoincheckのポイント Coincheckはサイトデザインの見やすさや、スマホアプリの使いやすさで、ユーザーから高い評価を得ています。 初めての人でも簡単に取引ができる コインチェックアプリを使えば、スマートフォンからチャートの確認をはじめ多彩な機能を利用することができます。 初めてネム(XEM)を購入される方でも、迷うことなくらくらくと取引することができます。 24時間いつでも手軽に購入 また、仮想通貨は24時間365日、リアルタイムで取引できます。外出している時や、移動中などでも、スマートフォンから簡単にネム(XEM)が購入できます。 貸仮想通貨サービスがある Coincheckは、仮想通貨を一定期間Coincheckに貸し出すことで、利用料がもらえる、貸仮想通貨サービスを提供しています。 ネム(XEM)を購入して長期間保有するつもりの方などは、貸仮想通貨サービスを利用することで、新しい収益を得ることができます。 Coincheck(コインチェック)販売所でのネム(XEM)購入方法 Coincheck販売所でのネム(XEM)を購入する手順を紹介します。 Coincheck(コインチェック)に口座開設をする まず、Coincheckに口座のない方は口座を開設します。 Coincheckの口座開設はこちら 仮想通貨の取引所・販売所で口座開設するまでの流れはこちら コインチェックアプリから購入する場合 続いて、コインチェックアプリをダウンロードして、アプリを立ち上げます。 タブ画面から「入出金」→「銀行口座から入金」をクリックし、Coincheckの指定口座に日本円を入金します トップ画面から「ネム(XEM)」を選択し、「購入」ボタンをクリックします 購入したい金額を入力します 購入したい仮想通貨か、数量に間違いはないかを確認します 「JPYでXEMを購入」ボタンをタップすれば、購入完了です Coincheckのウェブ画面から購入する場合 「ウォレット」画面のメニューから「日本円を入金する」をクリックし、Coincheckの指定口座に日本円を入金します 「ウォレット」画面のメニューから「コインを買う」をクリックします Coincheckで買える仮想通貨の種類が表示されますので、ネム(XEM)を選んでクリックします 「数量」欄に購入したいネム(XEM)の数量を入力します 合計欄にはその時点での購入レートにもとづいた合計金額が表示されますので、確認します 内容に問題がなければ「購入する」ボタンをタップすれば、購入完了です 詳しくはこちら:ネム(XEM)取引の口座開設から購入方法について 取引する上でより高度なセキュリティ対策を行うには? 続いて、ネム(XEM)などの仮想通貨を安全に管理するために、行っておくと良いことをご紹介します。 2段階認証設定 2段階認証とは、Coincheckの口座にログインする場合などに、パソコンとスマートフォンなど2つの端末で認証しなければ操作できない、セキュリティの設定方法です。 2段階認証を設定しておけば、もしアカウントのIDとパスワードが流失しても、スマートフォンでの認証が必要ですので、他者はログインできません。Coincheckに口座を開設したら、この2段階認証を必ず設定しておきましょう。 コールドウォレットに分散管理 ウォレットとは、財布のことです。仮想通貨を管理する場所がウォレットです。 ウォレットには常時ネットに接続しているホットウォレットと、ネットから切り離されたコールドウォレットがあります。ホットウォレットは便利ですが、万一の場合ハッキングされるなどのリスクがあります。 より安全に自分の仮想通貨を保管するには、コールドウォレットなどのウォレットを併用して、様々なウォレットに分散管理することも重要です。 ネム(XEM)の特徴は? そもそもネム(XEM)とは、どのような特徴を持つ仮想通貨なのでしょうか。 2015年に誕生した仮想通貨 ネム(NEM)は、新しい経済圏の創出を目的に2015年に誕生した仮想通貨です。 ネム(NEM)とは、New Economy Movementの略称で、新しい経済プラットホームを目指すプロジェクト名でもあります。ネム(NEM)の仮想通貨の単位は、ゼム(XEM)となっています。 取引の承認が迅速 ネム(NEM)の特徴の一つに、ブロック作成時間が早いということがあります。 ビットコイン(BTC)が約10分かかるのに対して、ネム(NEM)のブロック作成時間は1分となっています。ブロック作成とは取引データを記録することで、ブロック作成に時間がかかれれば、その分、取引の承認も遅くなります。 そのため、ネム(NEM)はスピーディーな取引ができる仮想通貨となっています。 独自のブロックチェーン 他にも、ネム(XEM)は独自のブロックチェーンを用いており、PoI(プルーフ・オブ・インポータンス)による合意形成メカニズムを採用していたりと、他の仮想通貨とは一線を画す特徴を有しています。 詳しくはこちら:仮想通貨ネム(XEM)とは?特徴を初心者にもわかりやすく解説 Coincheckでネム(XEM)を取引する際にかかる手数料 Coincheckでネム(XEM)を取引する際には、取引手数料に加えて下記の手数料などがかかります。 日本円の入金手数料 まず、Coincheckでネム(XEM)を購入する場合、Coincheckの指定口座へ銀行振込などで日本円を入金します。 銀行振込で日本円を入金する場合、手数料は無料です。ただし、振込手数料はユーザー負担となります。 また、コンビニ入金では、30,000円未満の場合は手数料が756円、30,000円以上30万円以下の場合は手数料が1,000円となります。コンビニ入金の1回あたりの入金上限額は30万円となります。 クイック入金では、30,000円未満の場合は手数料が756円。30,000円以上50万円未満の場合、手数料は1,000円となります。さらに日本円の入金額が50万円以上の場合、「入金額×0.108%+486円」が手数料となります。 仮想通貨の送金手数料 ネム(NEM)をCoincheckのユーザー間で送金する場合、送金手数料は無料です。Coincheckユーザー以外に送金する場合には、0.5XEMの送金手数料がかかります。 日本円の出金手数料 Coincheckでネム(NEM)を売却して日本円に換金し、その日本円を出金する場合、出金手数料は金額に関係なく400円です。 ※手数料は、2019年9月17日時点の金額です。 ネム(NEM)の最低購入額・最低売却額 最低購入額 ネム(NEM)を購入する場合、最低購入額は500円(JPY)。ビットコイン(BTC)での最低購入額は0.001ビットコイン(BTC)です。 最低売却額 ネム(NEM)を売却する場合、最低売却額は500円(JPY)。ビットコイン(BTC)での最低売却額は0.001ビットコイン(BTC)です。 仮想通貨の取引で得た利益が年間で20万円を超えると税金がかかる ネム(NEM)の取引で年間の利益が20万円以下は原則非課税 会社員(給与所得者)に関しては、1月1日から12月31日まで得た年間の利益が20万円以下の場合は、原則非課税で、確定申告は不要です。 ネム(NEM)の取引で年間の利益が20万円以上は確定申告が必要 会社員(給与所得者)に関しては、ネム(NEM)など仮想通貨の取引で年間の利益が20万円以上は原則確定申告が必要です。 ネム(NEM)など仮想通貨の取引で得た利益は、雑所得扱いになります。利益は給与所得と合算して課税されます。翌年の2月16日から3月15日の間に確定申告を行い、所得税を納めます。 仮想通貨の税率 課税の対象となる所得金額と税率は下表を参照ください。仮想通貨の利益に対する税額を知ることができます。 <所得税の税率と控除額> 課税対象の所得金額(利益) 税率 控除額 195万円以下 5% 0円 195万円超330万円以下 10% 97,500円 330万円超695万円以下 20% 42万7,500円 695万円超900万円以下 23% 63万6,000円 900万円超1,800万円以下 33% 153万6,000円 1,800万円超4,000万円以下 40% 279万6,000円 4,000万円超 45% 479万6,000円 他に住民税も加算されます。住民税は給与所得がある場合は給与所得×10%+雑所得×10%で算出されます。 ※確定申告等の詳細につきましては管轄の税務署や税理士等にお訊ねいただくか、または国税庁タックスアンサーをご参照ください。 Coincheckが選ばれる理由 Coincheckは、アカウント登録から口座開設までがシンプルでわかりやすいので、仮想通貨の取引をすぐに始めることができます。取扱通貨は、ネム(XEM)だけでなく、イーサリアム(ETH)やリップル(XRP)など、選択肢が豊富です。 さらに、チャートや取引画面が見やすいコインチェックアプリなら、移動中などでも簡単に仮想通貨の取引ができます。仮想通貨の取引には、Coincheckの利用をぜひ検討してみてください。

仮想通貨は、仮想通貨の取引所や販売所で買うことができます。 アルトコインのリップル(XRP)の取引をスタートさせたい方は、確実に早く購入できるCoincheckの販売所を活用すると良いでしょう。 この記事ではCoincheckの販売所の利点、販売所でのリップル(XRP)の購入方法などを解説します。 リップル(Ripple/XRP)は販売所ならほしい時に買える 販売所とは? 販売所は、仮想通貨取引所が所有しているリップル(XRP)をユーザーが購入するところです。 日本円などの法定通貨から、直接希望の量のリップル(XRP)を、すぐに簡単に買うことができます。 取引所とは? 取引所は、口座を開設しているユーザー同士のリップルの売買の場を提供するところです。 売り手と買い手がうまくマッチングすれば取引が成立となりますが、成立するまで時間がかかることもあります。最悪の場合、不成立となると売買ができません。 販売所と取引所の違い 初心者の方には、簡単にすぐにリップル(XRP)が購入できる販売所での取引が便利です。 取引所での取引は、需要と供給がマッチングすれば、販売所よりも安く購入することも可能です。ただし、取引が成立しなければ購入できないこともあります。 そしてその間にリップル(XRP)の価格が高騰してしまうと、結局購入価格が割高になってしまうこともあります。また、大量の売買をしようと思った際にも、相手方がいないと取引が成立しないため、希望の価格で購入できない場合もあります。 一度に大量のリップル(XRP)を同じ価格で購入したい時なども、販売所の利用は便利と言えるでしょう。 リップル(Ripple/XRP)販売所としてのCoincheckのポイント Coincheckはサイトデザインの見やすさや、スマホアプリの使いやすさで、ユーザーから高い評価を得ています。 初めての人でも簡単に取引ができる コインチェックアプリを使えば、スマートフォンからチャートの確認をはじめ多彩な機能を利用することができます。 初めてリップル(XRP)を購入される方でも、迷うことなくらくらくと取引することができます。 24時間いつでも手軽に購入 また、仮想通貨は24時間365日、リアルタイムで取引できます。外出している時や、移動中などでも、スマートフォンから簡単にリップル(XRP)が購入できます。 貸仮想通貨サービスがある Coincheckは、仮想通貨を一定期間Coincheckに貸し出すことで、利用料がもらえる、貸仮想通貨サービスを提供しています。 リップル(XRP)を購入して長期間保有するつもりの方などは、貸仮想通貨サービスを利用することで、新しい収益を得ることができます。 Coincheck販売所でのリップル(Ripple/XRP)購入方法 Coincheck販売所でのリップル(XRP)を購入する手順を紹介します。 Coincheckに口座開設をする まず、Coincheckに口座のない方は口座を開設します。 Coincheckの口座開設はこちら 仮想通貨の取引所・販売所で口座開設するまでの流れはこちら 次に、コインチェックアプリから購入する場合と、ウェブ画面から購入する場合を解説します。 コインチェックアプリから購入する場合 まずはコインチェックアプリをダウンロードして、アプリを立ち上げます。 タブ画面から「入出金」→「銀行口座から入金」をクリックし、Coincheckの指定口座に日本円を入金します トップ画面から「リップル(XRP)」を選択し、「購入」ボタンをクリックします 購入したい金額を入力します 購入したい仮想通貨か、数量に間違いはないかを確認します 5.「JPYでXRPを購入」ボタンをタップすれば、購入完了です Coincheckのウェブ画面から購入する場合 「ウォレット」画面のメニューから「日本円を入金する」をクリックし、Coincheckの指定口座に日本円を入金します 「ウォレット」画面のメニューから「コインを買う」をクリックします Coincheckで買える仮想通貨の種類が表示されますので、リップル(XRP)を選んでクリックします 「数量」欄に購入したいリップル(XRP)の数量を入力します 合計欄にはその時点での購入レートにもとづいた合計金額が表示されますので、確認します 内容に問題がなければ「購入する」ボタンをタップすれば、購入完了です リップル(Ripple/XRP)の口座開設・購入方法までの流れはこちら 取引する上でより高度なセキュリティ対策を行うには? 続いて、リップル(XRP)などの仮想通貨を安全に管理するために、行っておくと良いことをご紹介します。 2段階認証設定 2段階認証とは、Coincheckの口座にログインする場合などに、パソコンとスマートフォンなど2つの端末で認証しなければ操作できない、セキュリティの設定方法です。 2段階認証を設定しておけば、もしアカウントのIDとパスワードが流失しても、スマートフォンでの認証が必要ですので、他者はログインできません。Coincheckに口座を開設したら、この2段階認証を必ず設定しておきましょう。 コールドウォレットに分散管理 ウォレットとは、財布のことです。仮想通貨を管理する場所がウォレットです。 ウォレットには常時ネットに接続しているホットウォレットと、ネットから切り離されたコールドウォレットがあります。ホットウォレットは便利ですが、万一の場合ハッキングされるなどのリスクがあります。 より安全に自分の仮想通貨を保管するには、コールドウォレットなどのウォレットを併用して、様々なウォレットに分散管理することも重要です。 リップル(Ripple/XRP)の特徴は? そもそもリップル(XRP)とは、どのような特徴を持つ仮想通貨なのでしょうか。 国際送金の高スピード化と低コスト化を目指す決済システム ビットコイン(BTC)が個人同士の決済がメインであるのに対して、リップル(XRP)は企業間取引や国際間取引の決済も目的に開発されました。 国際送金のインフラとして期待されており、世界中の名だたる金融機関や、日本の大手銀行とも提携しています。 ブリッジ通貨の代表 ブリッジ通貨とは、日本円や米ドル、ユーロなどの法定通貨を仲介する仮想通貨のことです。 現在日本円から米ドルを両替すると高額な手数料がかかりますが、リップル(XRP)を経由すれば手数料を安価にすることができます。 時価総額第2位の仮想通貨(2019年1月末時点) リップル(XRP)は時価総額では、ビットコイン(BTC)に次ぐ仮想通貨で、日本でも人気のあるアルトコインの一つです。 詳しくはこちら:リップル(Ripple/XRP)の特徴とは? Coincheckでリップル(Ripple/XRP)を取引する際にかかる手数料 Coincheckでリップル(XRP)を取引する際には、取引手数料に加えて下記の手数料などがかかります。 銀行振込 まず、Coincheckでリップル(XRP)を購入する場合、Coincheckの指定口座へ銀行振込などで日本円を入金します。 銀行振込で日本円を入金する場合、手数料は無料です。ただし、振込手数料はユーザー負担となります。 コンビニ入金・クイック入金 コンビニ入金では、30,000円未満の場合は手数料が756円、30,000円以上30万円以下の場合は手数料が1,000円となります。コンビニ入金の1回あたりの入金上限額は30万円となります。 クイック入金では、30,000円未満の場合は手数料が756円。30,000円以上50万円未満の場合、手数料は1,000円となります。さらに日本円の入金額が50万円以上の場合、「入金額×0.108%+486円」が手数料となります。 送金手数料 リップル(XRP)をCoincheckのユーザー間で送金する場合、送金手数料は無料です。Coincheckユーザー以外に送金する場合には、0.15XRPの送金手数料がかかります。 日本円での出金手数料 Coincheckから日本円を出金する場合、出金手数料は一律400円です。 ※手数料は、2019年9月17日時点の金額です。 Coincheckでのリップル(Ripple/XRP)の最低購入額・最低売却額 最低購入額 リップル(XRP)を購入する場合、最低購入額は500円(JPY)。ビットコイン(BTC)でも購入できますが、最低購入額は0.001ビットコイン(BTC)です。 最低売却額 リップル(XRP)を売却する場合も最低売却額は 500円(JPY)。ビットコイン(BTC)での最低売却額は0.001ビットコイン(BTC)です。 リップル(Ripple/XRP)の売却時には税金がかかる場合も リップル(XRP)の取引で年間の利益が20万円以下は原則非課税 リップル(XRP)など仮想通貨の取引で得た利益は、雑所得扱いになります。 1月1日から12月31日までで年間の利益が20万円以下の場合は非課税となり、原則確定申告は不要です。 リップル(XRP)の取引で年間の利益が20万円以上は確定申告が必要 リップル(XRP)など仮想通貨の取引で年間の利益が20万円以上の場合は、原則確定申告が必要です。翌年の2月16日から3月15日の間に行い、所得税を納めます。 所得税と住民税の税率 雑所得にはどの程度の所得税がかかるかは、以下の表の通りとなります。 <所得税の税率と控除額> 課税対象の所得金額(利益) 税率 控除額 195万円以下 5% 0円 195万円超330万円以下 10% 97,500円 330万円超695万円以下 20% 42万7,500円 695万円超900万円以下 23% 63万6,000円 900万円超1,800万円以下 33% 153万6,000円 1,800万円超4,000万円以下 40% 279万6,000円 4,000万円超 45% 479万6,000円 この他に住民税も付加されます。住民税は給与所得がある場合は、給与所得×10%+雑所得×10%で算出されます。 ※確定申告等の詳細につきましては管轄の税務署や税理士等にお訊ねいただくか、または国税庁タックスアンサーをご参照ください。 Coincheckが選ばれる理由 Coincheckは、アカウント登録から口座開設までがシンプルでわかりやすいので、仮想通貨の取引をすぐに始めることができます。取扱通貨は、リップル(XRP)だけでなく、イーサリアム(ETH)やネム(XEM)など、選択肢が豊富です。 さらに、チャートや取引画面が見やすいコインチェックアプリなら、移動中などでも簡単に仮想通貨の取引ができます。仮想通貨の取引には、Coincheckの利用をぜひ検討してみてください。

イーサリアム(ETH)といえば、数ある仮想通貨の中でも第二のビットコイン(BTC)と呼ばれることもあるほど、人気の高い通貨です。 そんな、人気のイーサリアム(ETH)から分岐して誕生したのが、イーサリアムクラシック(ETC)です。 今回は、イーサリアムクラシック(ETC)の誕生の経緯や特徴、今後の将来性などについて焦点を当てて詳しくご紹介していきたいと思います。 イーサリアムクラシック(EthereumClassic/ETC)誕生の経緯 2016年に、イーサリアム上に作られた「The Dao」というサービスが、ハッキングにより約360万ETH(当時65億円相当)もの資金を盗まれる事件が起きました。 この時の被害額は同サービスがイニシャル・コイン・オファリング(ICO)で調達した総額約150億円の1/3以上に当たります。 この事件発生を受けて、イーサリアム(ETH)の開発チームは「ハードフォークによって不正送金が行われる前の状態に戻す」という手段で解決を図りました。 イーサリアム(ETH)がハードフォーク この解決案は、イーサリアム(ETH)のデータをハッキング前の状態に戻すことによって、ハッキング自体をなかったことにする仕様変更のことで、「ハードフォーク案」と呼ばれています。 最終的にハードフォーク案が実行されたことで、The Dao事件は解決したかのように見えました。しかしながら、イーサリアム(ETH)の開発チームによる介入が非中央集権的な仮想通貨の理念に反するとして、一部のコミュニティが反発を示しました。 これによりイーサリアム(ETH)コミュニティは、ハードフォーク案を主張したイーサリアム(ETH)と、非中央集権性を重視し何もしないことを主張したイーサリアムクラシック(ETC)に分岐しました。 イーサリアムクラシック(ETC)が誕生 このように、The Dao事件をきっかけに、本家イーサリアム(ETH)の性質をそのまま受け継いだ新しい仮想通貨として、イーサリアムクラシック(ETC)が誕生したのです。 イーサリアムクラシック(ETC)は、分裂以降独自の機能がどんどん付け加えられてきており、将来有望な仮想通貨としても注目されています。 イーサリアムクラシック(EthereumClassic/ETC)の主な特徴 それでは、本家イーサリアム(ETH)とイーサリアムクラシック(ETC)はどのような違いがあるのかをご説明したいと思います。 1. 非中央集権が元になっている TheDAO事件の解決案を巡っては、全体のおよそ1割程度が「ハッキングされたデータは残しておくべき」と主張しました。 そして、彼らイーサリアムクラシック(ETC)コミュニティの理念は「code is low」、直訳すると「プログラムコードこそが法律である」となります。 つまり、ブロックチェーン上で最も支配権があるのは「プログラムコードである」という考え方になります。 そのため、イーサリアムクラシック(ETC)のブロックチェーン上には、非中央集権的な前提を壊さないように、現在でもハッキングデータが改善されずに残っています。 2. イーサリアム(ETH)と異なる利用用途 イーサリアム(ETH)はスマートコントラクトという技術を導入した、自律分散型アプリケーション開発プラットフォームの提供を目指して開発を進めています。 一方で、イーサリアムクラシック(ETC)は、イーサリアム(ETH)と同様にスマートコントラクト機能は備えていますが、IoT(Internet of Things)プラットフォームとしての役割として開発を進めています。 現に、自律分散型アプリケーションの開発にはイーサリアム(ETH)を利用することが主流で、イーサリアムクラシック(ETC)は、イーサリアム(ETH)とは別の利用用途を目指すことで差別化を図っています。 3. 発行上限がある イーサリアム(ETH)は、通貨の発行上限を定めていないことが特徴として上げられます。一方、イーサリアムクラシック(ETC)は、約2億1000万ETCから約2億3000万ETCが発行上限として定められていることも特徴です。 一般的に発行上限がない通貨は市場の供給量が増えると価値が下がり、発行上限のある通貨は市場の供給量が減り続けると価値が上がります。 イーサリアムクラシック(EthereumClassic/ETC)を購入するには? イーサリアムクラシック(ETC)を購入するには、まずは仮想通貨の取引所に口座開設が必要です。 国内大手の取引所の1つであるCoincheckでは、イーサリアムクラシック(ETC)を含めて、様々な仮想通貨を取り扱っています。 仮想通貨を初めて購入する場合、簡単な手続きで安心して取引できることが重要になりますが、Coincheckはとにかくシンプルで、初心者であっても使いやすいのが特徴です。 また、見やすいチャートや取引画面があったり、操作性の高いアプリがあったりするため、スマホからでも簡単に仮想通貨の購入が可能です。 Coincheckのアカウント登録はこちら イーサリアムクラシック(EthereumClassic/ETC)取引の口座開設から購入方法を解説はこちら イーサリアムクラシック(EthereumClassic/ETC)の今後の将来性について イーサリアムクラシック(ETC)は、イーサリアム(ETH)のスマートコントラクトを利用しつつ、スケーラビリティ問題に対応することで、IoT(Internet of Things)分野での活用に焦点をあてた開発が進められています。 スマートコントラクトにおける分野では、完全にイーサリアム(ETH)が権力を握っているとも言えます。そのため、イーサリアムクラシック(ETC)が同じ特性でイーサリアム(ETH)と張り合っても勝ち目は薄いと言えるでしょう。 そのようなことから、イーサリアムクラシック(ETC)はIoT(Internet of Things)分野という新しい分野へ、方向転換を行ったようです。 IoT分野について IoT(Internet of Things)分野では多様なセンサーを接続して膨大な量のデータを処理することから、接続するセンサーの数が多くなってもデータの処理能力が悪化しないような性能が必要になります。 また、イーサリアムクラシック(ETC)では、The DAO事件の経験からセキュリティが非常に高くなっています。セキュリティを高くするとIoT(Internet of Things)との相性が良くなると言われています。 このように、イーサリアムクラシック(ETC)では、ブロックチェーン技術とIoT技術とを融合させたシステムの構築が進められています。 サイドチェーン 加えて、イーサリアムクラシック(ETC)では、サイドチェーンの実装を目指しています。サイドチェーンとは、メインチェーンとは別のブロックチェーンを利用することで様々な機能を実現しようとする技術です。 サイドチェーンが実装されれば、これまで以上にスマートコントラクトをスムーズに使用することができます。このようなことから、イーサリアムクラシック(ETC)は将来性の高い仮想通貨と言われています。 2017年12月の仮想通貨ブームがピークに達したときには、イーサリアムクラシック(ETC)は高値を更新し、分裂当初の価格から40倍以上にまで価格が高騰しました。 イーサリアムクラシック(EthereumClassic/ETC)についてのまとめ イーサリアムクラシック(ETC)の特徴をまとめると、主に下記が挙げられます。 イーサリアム(ETH)から分裂した仮想通貨 イーサリアム(ETH)と同じスマートコントラクトに対応 IoT(Internet of Things)分野へ進出することでイーサリアム(ETH)と差別化 今後、サイドチェーンの実装や分散型アプリケーション開発などプラットフォームとしても期待ができる仮想通貨となっています。 一時は、イーサリアム(ETH)と分裂したことで将来性はほとんどないとされていましたが、イーサリアム(ETH)との差別化を図ることで、再び注目される仮想通貨となっていると言えるでしょう。

ここ数年の仮想通貨の価格上昇をきっかけに、仮想通貨の取引を始めた人も多いのではないでしょうか。 投機的な側面が盛り上がりを見せている一方で、技術面に関して精通している人はそこまで多くないというのが現状です。 こちらの記事ではそんな仮想通貨の便利な側面や、メリット・デメリットなどをお伝えします。 仮想通貨と法定通貨の違い 仮想通貨の成り立ちを考えたとき、仮想通貨は法定通貨の概念を覆す技術革新として注目を集めていました。 法定通貨はその国の信用の上に成り立つ存在であるため、その価値は国の信用に左右されます。例えば、仮に日本政府が不正を働いて通貨の量を勝手に増やしたり減らしたりすると、通貨の価値は暴落してしまいます。 逆に言うと、法定通貨は一部の管理者の都合で、通貨の価値をコントロールできてしまう構図になっているということです。 一方で、仮想通貨の世界では、こういった管理者が存在しない通貨が数多く存在します。固有の管理者を定めず、参加者全員で管理をしていこうという非中央集権的なシステムが成り立っているのです。 仮想通貨の根幹の技術であるブロックチェーン 仮想通貨の特徴は、その根幹の技術であるブロックチェーンの仕組みを紐解いていくと理解しやすいです。ここでは代表的な仮想通貨であるビットコイン(BTC)のブロックチェーンについて、簡単に見ていきます。 ここでいうブロックチェーンとは、簡単にお伝えすると、共有された公開台帳のことです。過去の取引履歴の全てが、このブロックチェーン上に記録されており、誰でもその履歴を見ることができます。 取引履歴や時刻などの情報は一つのブロックという形で保存され、このブロックが時系列順につながって台帳を形成するため、ブロックチェーンと呼ばれています。 誰でも履歴を参照できるということは、その分書き換えられるリスクもありますが、この取引履歴を簡単に書き換えられないようにするプロセスを、マイニングと言います。 詳しくはこちら:ブロックチェーンとは?基礎知識やメリット・デメリットをわかりやすく解説 マイニングとは分散型の合意システム マイニングは分散型の合意システムであり、このプロセスを成立させないと、新たな取引履歴を追加することはできません。 マイニング自体はランダムなくじのようなもので、無数にある数字の中から膨大な計算作業によって答えを導き出します。これにより、ブロックチェーンの一部を置き換えることが実質的に不可能となっています。ブロックチェーンの中身を変え、支払いを無効にする、などといった不正ができないようになっています。 この計算作業を行う人たちをマイナーと呼び、一番に正解を出したマイナーには報酬として定額のビットコイン(BTC)が支払われます。 詳しくはこちら:ビットコインのマイニングとは?仕組みとやり方は? 仮想通貨はこういう時に便利! 仮想通貨は法定通貨に比べ、いくつかの利点があります。 国際送金 その一つは国際送金です。一般的に国際送金を行うとなると、違った国同士の銀行がやりとりを行う必要があります。 そのため、国内送金に比べ手数料が高く、着金するまでにも時間がかかることが課題とされてきました。しかし、仮想通貨を使えば、銀行を介さずに国際送金することが技術的に可能です。 つまり、時間や手数料の面でメリットがあります。 両替の必要がない また、仮想通貨は世界共通となっているため、両替の必要がありません。 法定通貨を送金する場合は、自国通貨と相手国通貨を為替市場で両替する必要があるため、送金手数料に加え、両替手数料も無視できないコストとなります。 為替コストを気にせず、同じ通貨単位でやりとりできるというのは一つの利点と言えるでしょう。 国の政治や経済情勢に影響を受けづらい さらに法定通貨はその通貨が使用されているエリアの政治崩壊や経済破綻の影響を直接的に受けるため、一瞬にして紙屑になる可能性があります。 過去にはジンバブエやベネズエラなどで、実際に法定通貨の価値が暴落するという現象が起きました。一方で、仮想通貨は一国の政治や経済情勢に影響を受けづらいです。 そのため、ハイパーインフレが頻繁に起こるような国では、自国通貨の代わりに金融資産として仮想通貨を所持し続けている人も多いです。 仮想通貨の取引所・販売所で口座開設するまでの流れはこちら 仮想通貨のデメリットとは? 一方で、そんな仮想通貨にもデメリットは存在します。 仮想通貨はハイリスクハイリターンとも言われているため、注意しなければ思わぬ落とし穴にはまってしまう可能性もあります。 価格の変動が激しい 仮想通貨を投資対象と見たときに価格の高騰と下落の幅が非常に大きいため、あっという間に資産を失ってしまう可能性があります。もちろん、逆に考えると一気に自分の資産を増やせる可能性もありますが、賭けの要素が強くなってきます。 もし、仮想通貨で儲けたいのであればしっかりと情報収集を行なって、タイミングを見計らって取引を行う必要があります。 インターネット上のトラブルには注意 また、仮想通貨はインターネット上で管理された通貨となっています。そのため、インターネット上のトラブルに影響されやすいというのもデメリットの一つでしょう。 インターネット上で自分たちの資産を扱っているということは、ハッキングなどの被害にも遭う可能性があるということです。したがって、仮想通貨を運用していく上では自分の資産をいかに守っていくかが重要なポイントとなってきます。 仮想通貨は分散して管理する そのための一つの方法が分散管理です。仮想通貨を保管する場所をウォレットと言いますが、ウォレットは複数所持することができます。 そのため、ウォレットを複数所持して資産を複数に分散しておくことで、ハッキング被害のダメージを軽減することができます。 また、仮想通貨をインターネットから切り離して管理するという方法もあります。ウォレットの中でも「ハードウェアウォレット」を活用することで仮想通貨をオフラインで管理することができ、セキュリティを強化できます。 仮想通貨を使える場所は今のところは限られている 他にも仮想通貨のデメリットとして、実際に活用できる場所がほとんどないということが挙げられます。世界中で徐々に増えてはいるものの、今のところ仮想通貨は大部分が投資対象としてしか活用されていません。 もちろん、投資対象としては魅力的なものではありますが、決済などで仮想通貨を使用できる場所は限られており、そこまで実用性が高いわけではありません。 仮想通貨の普及にはまだまだ時間がかかりそうですが、仮想通貨の実用性が高まってくれば、価格もさらに上がってくることが予想されるため、金融資産としても期待できるようになるかもしれません。 仮想通貨の利便性についてのまとめ 仮想通貨は投機の側面が注目されることが多く、ほとんどの人はその仕組みを知らないまま投資を行っていました。 しかし、2018年になって技術面にも少しずつスポットライトがあたりはじめ、今後どんどんと実用化が進んでくると期待されています。 仮想通貨の技術が発達していけば、送金や決済などの金融分野以外でも様々な分野で活躍してくる可能性もあります。世界共通で扱える通貨でもあるため、世界的な問題の解決にも関わってくる可能性は十分あると言えます。 どのようにして仮想通貨が成長していくのか、今後の仮想通貨業界のニュースにも注目です。

仮想通貨が売買できるのは販売所と取引所があります。 これからビットコイン(BTC)取引を始めたい人には、ビットコイン(BTC)をすぐに買えるCoincheckの販売所が便利です。 仮想通貨の販売所の選び方や、ビットコイン(BTC)の購入方法、各種手数料や気になる税金などについてご紹介します。 ビットコイン(Bitcoin/BTC)は販売所ならすぐ買える 販売所とは? 販売所は仮想通貨取引所が所有しているビットコイン(BTC)を、ユーザーに販売するところです。 ユーザーはいつでも希望の量のビットコイン(BTC)を、日本円などの法定通貨から簡単に購入することができます。ただし、ユーザーは予め決められた価格で購入する形となります。 取引所とは? 一方、ビットコイン(BTC)の売買の場を提供するのが取引所です。売買を行うのはユーザー同士です。ユーザーは希望の価格で注文を出すことができます。 売り手と買い手がうまくマッチングすれば売買が成立します。ただし、不成立の場合は売買ができませんので、買いたいと思った時に買えない場合もあります。 販売所と取引所の違い 初心者の方には、すぐにビットコイン(BTC)が購入できる販売所での取引の方が簡単でしょう。 取引所では需要と供給がうまくマッチングすれば、販売所よりも安く購入することも可能ですが、取引が成立しなければまったく購入できないこともあります。 購入できない間に価格が上がっていってしまうこともありますので、すぐにビットコイン(BTC)を購入したい人には販売所が便利です。 Coincheckは販売所でも取引所でも取引ができます Coincheckはビットコイン(BTC)については、販売所と取引所、いずれの場所でも取引が行えます。 ビットコイン(BTC)販売所のポイントには、例えば下記が挙げられます。 初めての人でも簡単に取引ができる Coincheckは、ウェブサイトやアプリの使いやすさに定評があります。初めてビットコイン(BTC)を購入される方でも、容易に取引することができます。 24時間いつでも手軽に購入 24時間365日、いつでもリアルタイムで取引できます。 仕事が多忙なビジネスマンの方でも、夜間や休日に取引が可能です。空いた時間にスマートフォンから簡単にビットコイン(BTC)が購入できます。 ビットコイン取引所の取引手数料が無料 Coincheckのビットコイン取引所では、今のところ取引手数料が無料でビットコイン(BTC)の取引が行えます。 Coincheck販売所でのビットコイン(Bitcoin/BTC)購入方法 Coincheck販売所でビットコイン(BTC)を購入する手順を紹介します。 Coincheckに口座開設をする まず、Coincheckに口座のない方は口座を開設します。 Coincheckの口座開設はこちら 仮想通貨の取引所・販売所で口座開設するまでの流れはこちら 次に、コインチェックアプリから購入する場合と、ウェブ画面から購入する場合を解説します。 コインチェックアプリから購入する場合 まずはコインチェックアプリをダウンロードして、アプリを立ち上げます。 タブ画面から「入出金」→「銀行口座から入金」をクリックし、Coincheckの指定口座に日本円を入金します トップ画面から「ビットコイン(BTC)」を選択し、「購入」ボタンをクリックします 購入したい金額を入力します 購入したい仮想通貨か、数量に間違いはないかを確認します 「JPYでBTCを購入」ボタンをタップすれば、購入完了です Coincheckのウェブ画面から購入する場合 1. 「ウォレット」画面のメニューから「日本円を入金する」をクリックし、Coincheckの指定口座に日本円を入金します 2. 「ウォレット」画面のメニューから「コインを買う」をクリックします 3. Coincheckで買える仮想通貨の種類が表示されますので、ビットコイン(BTC)を選んでクリックします 4. 「数量」欄に購入したいビットコイン(BTC)の数量を入力します 5. 合計欄にはその時点での購入レートにもとづいた合計金額が表示されますので、確認します 6. 内容に問題がなければ「購入する」ボタンをタップすれば、購入完了です 詳しくはこちら:ビットコイン(BTC)取引の口座開設から購入方法を解説 取引する上でより高度なセキュリティ対策を行うには? 続いて、ビットコイン(BTC)などの仮想通貨を安全に管理するために、行っておくと良いことをご紹介します。 2段階認証設定 2段階認証とは、Coincheckの口座にログインする場合などに、パソコンとスマートフォンなど2つの端末で認証しなければ操作できない、セキュリティの設定方法です。 2段階認証を設定しておけば、もしアカウントのIDとパスワードが流失しても、スマートフォンでの認証が必要ですので、他者はログインできません。Coincheckに口座を開設したら、この2段階認証を必ず設定しておきましょう。 コールドウォレットに分散管理 ウォレットとは、財布のことです。仮想通貨を管理する場所がウォレットです。 ウォレットには常時ネットに接続しているホットウォレットと、ネットから切り離されたコールドウォレットがあります。ホットウォレットは便利ですが、万一の場合ハッキングされるなどのリスクがあります。 より安全に自分の仮想通貨を保管するには、コールドウォレットなどのウォレットを併用して、様々なウォレットに分散管理することも重要です。 ビットコイン(Bitcoin/BTC)の特徴は? そもそもビットコイン(BTC)とは、どのような特徴を持つ仮想通貨なのでしょうか。 世界初の仮想通貨 ビットコイン(BTC)は、2008年にサトシ・ナカモトと呼ばれる匿名の人物によって考案された、世界初の仮想通貨です。 ブロックチェーン技術 ビットコイン(BTC)は、ブロックチェーン技術と呼ばれるテクノロジーによって、システムの安全性が担保されています。 ブロックチェーンは、取引データをブロックという塊にして、ブロックをチェーンのようにつなげて記録していきます。 分散してデータを保存することで、一部のコンピューターが外部から攻撃されても、データが守られる高いセキュリティを実現しています。 管理者が存在せず、P2P(ピア・ツー・ピア)ネットワークで管理 従来の金融機関の取引データは、中央サーバや管理者が管理しています。 ところがビットコイン(BTC)には中央に管理者がおらず、P2Pネットワーク(世界中でつながったコンピュータ同士)で取引データを共有しています。このような仕組みを分散型管理システムと呼ぶこともあります。 また、ビットコイン(BTC)の取引はインターネット上で誰でも確認することができ、取引が改ざんされにくいという特徴があります。 詳しくはこちら:ビットコイン(BTC)とは何か?初心者にも分かりやすく解説 ビットコイン(Bitcoin/BTC)など仮想通貨を購入する時に発生する手数料 ビットコイン(BTC)など仮想通貨の取引には、日本円の入出金手数料や取引手数料などの手数料が発生します。 何回も取引するならば、手数料の安いところを選択するのがお得になります。 日本円の入出金手数料 ビットコイン(BTC)を購入する場合、Coincheckに口座を開設します。そして日本円を入金します。 この入金時にかかる手数料が入金手数料です。振込手数料はユーザー負担となりますが、入金手数料自体は無料です。 一方、Coincheckから日本円などの法定通貨の出金時にかかる手数料が、出金手数料です。Coincheckの場合、一律400円となっています。 取引手数料 取引手数料は、ビットコイン(BTC)の売買時にかかる手数料です。金額は販売所や取引所により異なります。 Coincheckのビットコイン取引所の取引手数料は、今のところ無料となっています。 ビットコイン(BTC)を何度も売買する時には、取引手数料などもチェックするようにしましょう。 仮想通貨の入出金手数料 ビットコイン(BTC)をはじめとした仮想通貨の売買や送金には、各種手数料がかかります。 新規の入金もしくは日本円で出金するための「入出金手数料」や、自分のウォレットからほかのユーザーのウォレットに仮想通貨を送る際にかかる「送金手数料」などがあります。 日本円の入金手数料 Coincheckでは、新規の入金を銀行振込で行う場合は、手数料が無料です(ただし、振込手数料はお客様負担となります)。 また、コンビニ入金では、30,000円未満の場合は手数料が756円、30,000円以上30万円以下の場合は手数料が1,000円となります。コンビニ入金の1回あたりの入金上限額は30万円となります。 クイック入金では、30,000円未満の場合は手数料が756円。30,000円以上50万円未満の場合、手数料は1,000円となります。さらに日本円の入金額が50万円以上の場合、「入金額×0.108%+486円」が手数料となります。 日本円の出金手数料 Coincheckの口座から日本円を出金するときの「出金手数料」は、1回につき400円となります。 日本円出金の上限は、1回あたり5,000万円ですが、手数料は出金額にかかわらず一律となっています。 仮想通貨の送金手数料 また、Coincheckの口座から、Coincheck以外の別の仮想通貨口座へ送金する際の「仮想通貨の送金手数料」は、仮想通貨の種類によって額が異なります。 ビットコイン(BTC)は0.001BTCの負担となります。なお、Coincheckユーザー間の送金手数料は無料です。 ※手数料は、2019年9月17日時点の金額です。 ビットコイン(Bitcoin/BTC)を売却時には税金がかかる場合がある ビットコイン(BTC)など仮想通貨は、売買で利益を生じた場合は課税対象となります。その目安は下記のとおりです。 課税対象となる場合 課税対象となる場合…給与所得があって仮想通貨の利益が20万円以上の方 課税対象とならない場合…給与所得があって仮想通貨の利益が20万円以下の方 所得税と住民税の税率について 仮想通貨で得た利益は「雑所得」扱いになります。雑所得にはどの程度の税率がかかるかを表にまとめました。利益に対する税額を知ることができます。 <所得税の税率と控除額> 課税対象の所得金額(利益) 税率 控除額 195万円以下 5% 0円 195万円超330万円以下 10% 9万7500円 330万円超695万円以下 20% 42万7500円 695万円超900万円以下 23% 63万6000円 900万円超1800万円以下 33% 153万6000円 1800万円超4000万円以下 40% 279万6000円 4000万円超 45% 479万6000円 <住民税の算出法> 課税対象の所得金額×10%=住民税 仮想通貨取引の利益への税金の算出例 2018年の給与所得が600万円、仮想通貨の利益が100万円の場合についてご紹介します。 所得税の算出 給与所得600万円+仮想通貨の利益100万円=所得金額700万円 所得税:所得金額700万円×税率23%-控除額63万6000円=97万4000円 給与所得のみの所得税:給与所得600万円×税率20%-控除額42万7500円=77万2500円 確定申告で所得税97万4000円と給与所得のみの所得税77万2500円の差額20万1500円を納税 住民税の算出 給与所得600万円×税率10%=60万円 仮想通貨利益100万円×税率10%=10万円 70万円(60万円+10万円)を納税 仮想通貨の利益への税金 20万1500円(所得税と給与所得のみの所得税の差額)+10万円(仮想通貨利益への住民税) =30万1500円 ビットコイン(BTC)の最低購入・売却単価 Coincheckのビットコイン(BTC)の最低購入単価・売却単価を紹介します。 ビットコイン(BTC)を購入する場合:最低購入単価:500円(JPY) 0.001ビットコイン(BTC) ビットコイン(BTC)を売却する場合:最低売却単価:500円(JPY) 0.001ビットコイン(BTC) Coincheckが選ばれる理由 Coincheckは、アカウント登録から口座開設までがシンプルでわかりやすいので、仮想通貨の取引をすぐに始めることができます。取扱通貨は、ビットコイン(BTC)以外にもイーサリアム(ETH)やリップル(XRP)など、選択肢が豊富です。 さらに、チャートや取引画面が見やすいコインチェックアプリなら、移動中などでも簡単に仮想通貨の取引ができます。仮想通貨の取引には、Coincheckの利用をぜひ検討してみてください。

日本語で表示しますか?

はい いいえ もう表示しない

Show in English?

Yes No Never