Net Assets
Show in header
Net Assets
¥ {{ balance.net_assets.jpy | number: 1 | cut_decimal_zero }}

Available

In Use

{{cur}} {{cur}} {{ cur.toUpperCase() }}
¥ {{ balance.coincheck.available[cur] | cut_decimal_zero }}
¥ {{ balance.coincheck.in_use[cur] | cut_decimal_zero }}
Leveraged trading
JPY
BTC
Margin deposit
{{ balance.leverage.leverage.jpy | fraction:0 }}
{{ balance.leverage.leverage.btc }}
Available margin
{{ balance.leverage.leverage_sendable.jpy | fraction:0 }}
{{ balance.leverage.leverage_sendable.btc }}
(Avail)
{{ balance.leverage.leverage_avail.jpy | fraction:0 }} {{ balance.leverage.leverage_avail.btc }}
(Debt)
{{ balance.leverage.leverage_debt.jpy | fraction:0 }} {{ balance.leverage.leverage_debt.btc }}
Leverage
{{ current_account.lending_leverage }}
Stop out level
{{ balance.leverage.margin_level * 100 | number:1}} % N/A
Net Assets
Show in header
Net Assets
¥ {{ balance.net_assets.jpy | number: 1 | cut_decimal_zero }}

Available

In Use

{{cur}} {{cur}} {{ cur.toUpperCase() }}
¥ {{ balance.coincheck.available[cur] | cut_decimal_zero }}
¥ {{ balance.coincheck.in_use[cur] | cut_decimal_zero }}
Leveraged trading
JPY
BTC
Margin deposit
{{ balance.leverage.leverage.jpy | fraction:0 }}
{{ balance.leverage.leverage.btc }}
Available margin
{{ balance.leverage.leverage_sendable.jpy | fraction:0 }}
{{ balance.leverage.leverage_sendable.btc }}
(Avail)
{{ balance.leverage.leverage_avail.jpy | fraction:0 }} {{ balance.leverage.leverage_avail.btc }}
(Debt)
{{ balance.leverage.leverage_debt.jpy | fraction:0 }} {{ balance.leverage.leverage_debt.btc }}
Leverage
{{ current_account.lending_leverage }}
Stop out level
{{ balance.leverage.margin_level * 100 | number:1}} % N/A

Coincheck Column
コインチェックコラム

2019-05-08Coincheck Tips

初心者でも利用しやすいため、多くのユーザーに利用されている仮想通貨の取引所Coincheckは、手数料が高いといわれることもあります。 この記事で実際のCoincheckの手数料や利用方法をみていくことで、そうしたウワサの真偽を確かめてみましょう。 Coincheck(コインチェック)の手数料の種類 Coincheckで仮想通貨の取引をするためには、主に「入金手数料」「出金手数料」「仮想通貨入金手数料」「仮想通貨送金手数料」「取引手数料」がかかります。 それぞれの手数料の詳細については、以下でみていきましょう。 Coincheck(コインチェック)の入金手数料 Coincheckで仮想通貨を購入するには、Coincheckの口座にあらかじめ日本円が入金されている必要があります。口座に入金する際にかかるのが入金手数料です。 入金手数料は入金方法によっても異なりますので、詳しく説明していきます。 銀行振込 1つ目の入金方法は銀行振込です。 銀行振込の際にかかる入金手数料は無料となっています。ただし、銀行口座からの振込手数料はユーザー負担である点に注意してください。 コンビニ入金 2つ目の入金方法はコンビニ入金です。 コンビニから入金する場合、3万円未満なら756円、3万円以上30万円以下なら1000円の入金手数料がかかります。 クイック入金 3つ目はクイック入金です。 コンビニ入金と同じく3万円未満なら756円、3万円以上50万円未満は1000円、50万円以上の場合は、入金金額×0.108%+486円となっています。 2018年10月から一部の銀行で24時間365日即時振込が可能に これまで銀行振込は、営業時間の制約などの関係で入金が反映されるまでに時間がかかるといわれていました。 ですが、全国銀行協会(全銀協)は、2018年10月から24時間365日いつでも他行口座にお金を即時に振り込める新システムを稼働させることを発表し、これによって着金の問題は大幅に改善されました。 新システムには一部の銀行はまだ参加していませんが、三菱UFJ銀行や三井住友銀行、Coincheckの振込先口座である住信SBIネット銀行やりそな銀行など、全銀協に加盟する全国の金融機関の約500行が参加しています。 今回の新システムは、LINE Payなど新しいサービスの24時間送金サービスに対する危機感が背景にあるといわれています。夜間や休日に振り込むためには送金元と振込先の双方の銀行が新システムに対応していることが条件となるものの、他行への振り込みは午後3時までという制約がなくなりました。 今後は平日午後6時に、ネットバンキングで振込をしてもその日のうちに処理されるようになります。その結果、日中仕事などで送金手続きができないユーザーの利便性は大きく向上したといえそうです。 Coincheck(コインチェック)の出金手数料 仮想通貨を利益確定した後に、日本円に交換してCoincheckの口座から自分の銀行口座に出金する際には「出金手数料」がかかります。 出金の上限額は1回あたり5000万円で、出金手数料は一律400円ほどかかります。なお、海外への送金につきましては、2018年7月13日15:00申請分までとなり、それ以降は廃止となりました。 Coincheck(コインチェック)の仮想通貨入金手数料 他の仮想通貨取引所の口座やウォレットから仮想通貨を送金する際にかかる手数料は「仮想通貨入金手数料」です。 仮想通貨での入金手数料は通常は無料です。 普段は入金までにそれほど時間はかかりませんが、仮想通貨によってはトランザクションが混雑すると、送金に時間がかかる場合もあります ただし、それは仮想通貨取引所のサービスではなく、仮想通貨の性質によるものであるため、取引所を変えても入金スピードは変わりません。 Coincheck(コインチェック)の仮想通貨送金手数料 Coincheckの口座から、他の取引所の口座やウォレットに仮想通貨を送金する際にかかるのが「仮想通貨送金手数料」です。 その際にかかる手数料は仮想通貨の種類によって異なり、各手数料は以下のとおりです。 ビットコイン(BTC):0.001 BTC イーサリアム(ETH):0.01 ETH イーサリアムクラシック(ETC):0.01 ETC リスク(LSK):0.1 LSK ファクトム(FCT):0.1 FCT リップル(XRP):0.15 XRP ネム(XEM):0.5 XEM ライトコイン(LTC):0.001 LTC ビットコインキャッシュ(BCH):0.001 BCH なお、Coincheckユーザー間の送金手数料は無料となっています。 Coincheck(コインチェック)の売買手数料 Coincheckには仮想通貨の取引をする方法がいくつかあります。 例えばCoincheckとユーザーが直接取り引きする販売所での取引、ユーザー同士が取引する取引所での取引、そしてレバレッジ取引です。 なお、取引所で取引ができるのはビットコイン(BTC)のみとなっています。 販売所手数料 販売所はCoincheckとユーザーとの間で取引をする場です。 Coincheckの提示する価格に問題がなければすぐに取引できます。操作が簡単でわかりやすいため、注文ミスなどをする可能性が低いです。 また、販売所にはビットコイン以外にも、リップル(XRP)やネム(XEM)などアルトコインの取扱いもあり、日本円から直接購入することができます。 Coincheckは国内の仮想通貨取引所の中でも仮想通貨の取扱種類が多い取引所なので、様々な仮想通貨を購入したい人にとっては使い勝手がよいでしょう。 取引所手数料 2つ目はビットコイン取引所と呼ばれる取引所です。取引所での取引にかかる手数料は無料です。 取引所では、ユーザー同士が直接やりとりすることができます。 取引所での板取引は販売所での取引に比べると複雑で、売買したい価格ですぐに取引できるとも限らない点には注意が必要です。 ただし、ビットコイン(BTC)の取引を頻繁にしたいトレーダーなどにとっては、指値注文や逆指値注文などを利用できるため便利と言えるでしょう。 レバレッジ取引手数料 3つ目はレバレッジ取引です。 ※現在、Coincheckのレバレッジ取引は一時停止中です。 レバレッジ取引とは、証拠金を預け入れることで、その証拠金の数倍以上の金額の取引が可能になる取引のことをいいます。 Coincheckでは最大5倍のビットコイン(BTC)のレバレッジ取引ができるため、たとえば1万円の証拠金を入金すると、最大5万円分の取引ができます。 また、安いときに買って高く売るロング・ポジションだけでなく、高いときに売って安く買い戻すショート・ポジションの取引も可能なため、相場が下がった時にも利益を出すことができます。 なお、ポジションとは株式などの金融商品で、未決済の契約を抱えることを意味する言葉です。 Coincheckのロングの手数料は「取引約定金額(円)×0.04%」、ショートは「取引約定数量(BTC)× 0.05%」となっています。 Coincheckのレバレッジ取引では現在のポジションの取得価格や約定数量、含み益や含み損の金額を確認できるため、あまり投資の経験のない人でも画面を確認しながら取引をすることができます。 レバレッジ取引の注意点 ただし、レバレッジ取引にはいくつかの注意点があります。 その1つは、レバレッジの倍率が高くなるほど大きな取引ができ、大きな利益が期待できる反面、相場が予想とはずれてしまった場合は、損失も大きくなるリスクを抱えていることです。 また、レバレッジ取引には一定の損失が出た時点で強制的に決済されてしまう、ロスカットという仕組みがあります。Coincheckにもこのロスカット(強制決済)の仕組みが存在しています。 仮想通貨の取引所での取引には、流動性リスクのほかシステムリスクなどもあるため、初心者にとってレバレッジ取引は少しハードルの高い取引とも言えるでしょう。 Coincheck(コインチェック)の手数料は本当に高いの? Coincheckの手数料は高いと言われることもありますが、取引所や販売所の手数料が無料であるなど、他の取引所と比べて高いとは言い切れません。 また、ビットコイン取引所の取引手数料は無料なので、何度もビットコイン(BTC)を売買したい人にとっては余分な取引手数料がかからないというメリットがあります。 むしろ、ビットコイン(BTC)の板取引については、Coincheckはお得な取引所であるといえるでしょう。 手数料以外のCoincheck(コインチェック)のメリット 手数料以外にCoincheckを利用するメリットには、一体どのようなものがあるのでしょうか。 1. 初心者でも使いやすい 1つ目のメリットは、取引画面が見やすく、初心者にとっても操作が容易であることです。 2. 仮想通貨の種類が豊富 2つ目は、仮想通貨の取り扱い数が多いことが挙げられます。 2017年にはCoincheckが取り扱っていた仮想通貨は軒並み上昇し、大きな利益をあげた人も少なくないと言われています。 3. 日本円から仮想通貨を購入できる 3つ目は、取扱通貨のすべてを日本円から直接購入できることです。仮想通貨の取引所の中には、仮想通貨の種類によっては、ビットコイン(BTC)でしか購入できないこともあります。 例えばビットコイン(BTC)でしかアルトコインを購入できないと、日本円からビットコイン(BTC)を購入する際とビットコイン(BTC)からアルトコインに購入する際の2回手数料が発生し、必要のない取引手数料を払うことになってしまいます。 その点、Coincheckならすべての通貨を日本円あるいはビットコイン(BTC)で直接購入することができるため、手間を省いてすぐに購入できる使い勝手の良さがあります。 4. 最大年率5%の貸仮想通貨サービスがある 4つ目は、最大年率5%の貸仮想通貨サービスがあることです。 貸し仮想通貨サービスは、ユーザーの保有している仮想通貨を一定の期間Coincheckに貸し出すことで、契約期間満了後に貸し出した仮想通貨と同量、同等の仮想通貨とともに利用料がプラスされて返却されます。 仮想通貨は寝かせているだけでは増えませんが、長期保有を考えているユーザーからは、賢く運用できるサービスとして好評を得ています。 5. スマホアプリが使いやすい Coincheckのスマホアプリでは、資産状況の確認だけでなく日本円の入出金、仮想通貨の購入・売却、仮想通貨の受け取りと送金も可能です。 また、総資産画面やチャート画面が見やすく、ウィジェット機能やプッシュ通知機能もあるため、簡単な操作で知りたい情報を手早く得ることができます。 特にウィジェット機能を利用することで、スマホからいつでもどこでもリアルタイムで仮想通貨の価格や変動率を即座に確認することが可能です。 Coincheck(コインチェック)での口座開設がおすすめな人 Coincheckで口座開設するのに適した人は、例えば以下のような方が挙げられます。 1. 仮想通貨の取引が初めての人 1つ目は仮想通貨の取引が初めての人です。Coincheckは初心者でも操作がわかりやすく使いやすいとの定評があるからです。 2. スマホアプリで取引を完結したい人 2つ目はスマホアプリで取引を完結したいと考えている人です。Coincheckのスマホアプリでは、チャートの確認だけでなく実際の取引も可能です。 アプリでは取引できない取引方法もいくつか存在するものの、スマートフォンで取引ができるとタイミングを逃さず売買できるため、アプリで取引できるメリットは大きいでしょう。 3. さまざまな仮想通貨を購入したい人 3つ目はさまざまな仮想通貨を購入したい人です。Coincheckは国内の仮想通貨取引所の中でも、仮想通貨の取り扱い数が多いことで知られています。 2018年に匿名性の高いコインなどが取り扱いが停止になりましたが、依然としてCoincheckの仮想通貨の取り扱い数は国内取引所の中ではトップクラスとなっています。 4. ビットコイン(BTC)のトレードをしたい人 4つ目はビットコイン(BTC)のトレードをしたい人です。 Coincheckのビットコイン取引所は取引手数料が無料なため、頻繁にビットコイン(BTC)の売買をしたいユーザーには使い勝手のよい取引所であるといえるでしょう。 5. 仮想通貨の長期保有を検討している人 5つ目は、長期保有を考えている人です。Coincheckには、Coincheckに保有通貨を貸し出して、利用料を得られる貸仮想通貨サービスがあります。 利益を出すためには売買を繰り返す必要があり、保有しているだけでは増やすことができません。他方、貸仮想通貨サービスでは最大年率5%で仮想通貨を運用することができます。 このサービスはCoincheckの口座を持っている人であれば、煩わしい手続きをする必要なくすぐ始められます。 長期でじっくり値上がり益を待ちたいと考えているユーザーにとって、Coincheckの貸仮想通貨サービスは喜ばれるサービスとなっています。 初心者なら迷わずCoincheck(コインチェック) Coincheckの手数料は高いといわれることがありますが、実際には使い方次第であるとも言えそうです。 特にこれから仮想通貨を始めたいと考える初心者にとっては、使い勝手や操作性もポイントとなります。その点、Coincheckはユーザー登録から口座開設まで簡単にできるうえ、見やすい画面で操作に迷う心配がありません。 また、値動きの激しい仮想通貨はタイミングを逃さずに取引をすることが大切なので、スマートフォンで取引が完結する点も重要です。 さらに、ビットコイン(BTC)の取引をメインに考えている人なら、Coincheckのビットコイン取引所を上手に活用すれば他の取引所を利用するよりもお得に取引ができます。 2018年にマネックスグループ入りしてより使いやすくなったCoincheckで、口座開設をしてみてはいかがでしょうか。

2019-06-19Coincheck Tips

資産運用の選択肢の一つとして選ばれることのある仮想通貨ですが、どの取引所を選んだらよいか迷ってしまう人も多いのではないでしょうか。 この記事では初心者でも操作がわかりやすいと評価の高い、仮想通貨の取引所Coincheckの特徴や評判をご紹介します。 Coincheck(コインチェック)の特徴 コインチェック株式会社(以降、Coincheck)は2014年8月に誕生した日本の仮想通貨の取引所です。Coincheckはアルトコインの取扱いの多いことが魅力の1つで、設立以降、順調にユーザー数、取引高ともに伸ばして来ました。 2018年4月には顧客保護の観点から適切かつ確実な業務運営の確保を目的として、マネックスグループにグループ入りました。これにより、Coincheckはマネックスグループの全面的な支援を受けて新しい経営体制を構築することとなりました。 Coincheck(コインチェック)の評判 Coincheckの評判にはどのようなものがあるのでしょうか。例えば下記のようなメリットが挙げられます。 メリット1:初心者でも使いやすい Coincheckは、初心者でも使いやすい仮想通貨取引所との高い評価を得ています。初心者でも使いやすい理由の1つは、チャート画面や取引画面が見やすいことでしょう。 以前より「日本で一番簡単にビットコイン(BTC)を買える取引所」を掲げていたこともあり、操作方法がわからないはじめての人でも容易に操作できるデザインになっています。 また、経営陣がSNSを通じてユーザーからのリクエストに応えて機能を追加したこともありました。 メリット2:仮想通貨の種類が多い Coincheckは国内の取引所の中でも仮想通貨の取り扱い種類が多いのが特徴です。 代表的なビットコイン(BTC)のほか、イーサリアム(ETH)、イーサリアムクラッシック(ETC)、リップル(XRP)、ネム(XEM)、ライトコイン(LTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)、モナコイン(MONA)などの10種類の取り扱いがあります(2019年6月時点)。 中にはリスク(LSK)やファクトム(FCT) のようにマイナーなアルトコインも含まれていますので、取引量の少ない仮想通貨に注目している人にも適した取引所ともいえるでしょう。 メリット3:スマホアプリが便利 Coincheckは使いやすいスマホアプリを提供しています。アプリではチャートや時価評価額の確認だけでなく、日本円の入出金、仮想通貨の購入や売却、受け取りと送金ができます。 スマホがあれば一通りCoincheckの機能を利用することができます。また、総資産画面やチャート画面が見やすく、ウィジェット機能やプッシュ通知機能があるため、いつでもどこでもタイミングを逃すことなく仮想通貨の取引が可能な点も魅力となっています。 メリット4:最大年率5%の貸仮想通貨サービス Coincheckには保有している仮想通貨を、Coincheckに貸し出すことのできる貸仮想通貨サービスがあります。 貸仮想通貨サービスでは、Coincheckにコインを預け、一定の期間が満了すると利用料が付いて戻ってきます。貸出期間は14日間、30日間、90日間、360日間の中から選ぶことができます。 貸仮想通貨サービスで10種類の仮想通貨を貸し出すことができ、4種類の貸出期間を選ぶことができるのは、日本国内の取引所ではCoincheckのみです。貸仮想通貨サービスは、仮想通貨の長期保有を考えているユーザーから選ばれているサービスです(2019年6月時点)。 メリット5:日本円から仮想通貨を直接購入できる 取扱通貨のすべてを日本円から直接購入できるのは、Coincheckを利用するメリットの一つです。仮想通貨の取引所の中には、仮想通貨の種類によっては、ビットコイン(BTC)でしか購入できないこともあります。 例えばビットコイン(BTC)でしかアルトコインを購入できないと、日本円からビットコイン(BTC)を購入する際とビットコイン(BTC)からアルトコインに購入する際の2回手数料が発生し、必要のない取引手数料を払うことになってしまいます。 その点、Coincheckならすべての通貨を日本円あるいはビットコイン(BTC)で直接購入することができるため、手間を省いてすぐに購入できる使い勝手の良さがあります。 メリット6:電気代をお得にできる Coincheckでんきには、電気代をビットコインで(BTC)支払うことのできる「ビットコイン決済」と、ビットコイン(BTC)をもらえる「ビットコイン付与」の2つのプランがあります。 ビットコイン決済プランは、既存の電力サービスより1〜7%電気料金がお得になり、ビットコイン付与プランは、電気料金の1〜7%がビットコイン(BTC)として貯まります。 そのためCoincheckでんきは、電気代をお得にできるサービスであるといえるでしょう。なお、Coincheckでんきの供給エリアは北陸、四国、沖縄、離島以外の日本全国で、供給エリアは順次拡大を続けています。 Coincheck(コインチェック)の口座開設の方法 Coincheckに口座開設すると、これまでに紹介したサービスを利用できるようになります。Coincheckで口座開設する方法を見ていきましょう。 最初にアカウントの登録を行います。公式サイトのアカウント登録ページでメールアドレスとパスワードの入力をします。 Coincheckのアカウント登録はこちら 入力が済んだら「アカウント作成」ボタンをクリックしましょう。しばらくすると入力したメールアドレスにメールが届き、そのメールに記載されているURLをクリックすると、アカウント登録が完了します。 Facebookのアカウントを持っている人なら「Facebookで10秒で登録」をクリックしてもアカウントを作成できます。 SMS認証(電話番号認証) 続いて、本人確認として携帯電話の認証確認を行います。アカウントにログイン後、緑色のボタン「本人確認書類を提出する」をクリックします。 表示される欄に携帯電話の番号を入力しましょう。「SMSを送信する」ボタンをクリックすると携帯電宛に6桁の「認証カード」が記載されたショートメッセージが届きます。 Coincheckのサイトに戻って「送信された認証コード」に入力すると、SMS認証は完了です。 本人確認書類の画像をアップロード 次に本人確認書類をアップロードします。 SMS認証が終わったら氏名、性別、生年月日、自宅住所などの情報を登録して、本人確認書類のアップロードを行いましょう。 運転免許証やパスポートなどの顔写真が付いている本人確認書類を準備してください。裏面のある本人確認書類は、裏面も忘れずにアップロードしましょう。 IDセルフィーをアップロード その後、アップロードした本人確認書類を手に持って、自分の顔を撮ったIDセルフィーを作成します。本人確認書類に続いてこのIDセルフィーもアップロードします。 アップロードする写真はピントがずれていたり、暗くて不鮮明になっていたりすると再提出を求められることがあります。明るい場所で写真撮影をするようにしましょう。 はがきを受け取る 後日Coincheckから登録住所に送られる住所確認のためのはがきを受け取ると、Coincheckのすべての機能が利用できるようになります。 Coincheck(コインチェック)への日本円入金方法 仮想通貨の購入には、あらかじめCoincheckの口座に日本円を入金しておく必要があります。Coincheck口座への入金は、例えば銀行振込があります。 Coincheckにログインしたら「日本円を入金する」を選んで、Coincheckの振込先の口座情報を確認しましょう。その後、確認した口座に振込を行います。 しばらくしてCoincheckのサイト上で入金を確認できるようになったら、仮想通貨の購入ができるようになります。 Coincheck(コインチェック)で仮想通貨を購入する方法 Coincheckで仮想通貨を購入するには大きく2つの方法があります。1つは販売所を利用する方法で、もう1つは取引所を利用する方法です。 販売所で購入する方法 販売所はCoincheckとユーザーが取引をする場所で、Coincheckの提示する価格に問題がなければすぐに取引ができます。 取引の相手を待つ必要がないため、すぐに確実に売買が可能です。販売所では、ビットコイン(BTC)のほかすべてのコインの売買ができます。 それでは販売所で仮想通貨を購入する方法を見てみましょう。 Coincheckの取引画面で「購入」をクリックすると、購入できる仮想通貨の種類が表示されます。デフォルトではビットコイン(BTC)になっていますので、購入する仮想通貨を選択し、数量を入力して「購入する」ボタンを押すと仮想通貨を購入できます。 取引所で購入する方法 一方、取引所とはユーザー同士が仮想通貨を売買できる場です。Coincheckの取引所ではビットコイン(BTC)のみの取り扱いとなります。 板と呼ばれる売買のレートと注文量が書かれた情報を確認して、他のユーザーと仮想通貨の問引きを行います。板に表示されている価格と数量に応じた取引を行うことになるので、必ずしも自分の希望する価格と数量を購入できるとは限りません。 それでは、取引所でビットコイン(BTC)の売買をする方法をみてみましょう。まずは、取引の画面から「トレードビュー」を選択します。 すると、チャートが表示されている画面に遷移します。ここでは取引所の3つの注文方法を押さえておきましょう。 成行注文 1つは成行注文です。 成行注文とは、その時点での通貨の価格で売買の取引をすることで、注文の際は通貨の注文量だけを指定することになります。 成行注文では金額の指定を行なわないのですぐに売買できるというメリットがある反面、相場が大きく動いたときには予想外の値段で注文をしてしまうリスクもあります。 指値注文 2つ目は指値注文です。 指値注文は、価格を指定して売買の注文を出すことです。買い注文を出すときには希望する価格よりも安くなったら購入し、売り注文を出すときには希望価格よりも高くなったら売却するという設定があらかじめできます。 仮想通貨の取引に慣れてきたら活用したい注文方法といえるでしょう。 逆指値注文 3つ目の逆指値注文も、価格を指定して売買する注文方法である点では指値注文と似ています。しかし、逆指値は名前のとおり指値とは反対の動きをするのが特徴です。 売り注文で指値を活用するのは利益を確定したいとき、逆指値は損切りしたいときです。他方、買い注文で指値を活用するのは相場が下降局面のとき、逆指値は相場が上昇局面のときに活用するといえるでしょう。 仮想通貨の取引に慣れている人の中には、指値と逆指値はセットで利用する人もいることでしょう。 現物取引とレバレッジ取引 仮想通貨では注文方法のほか、取引の方法を押さえておきましょう。Coincheckでは現物取引とレバレッジ取引の2種類の取引方法があります。 ※現在、Coincheckのレバレッジ取引は一時停止中です。 現物取引とは、自分が持っている仮想通貨の範囲内で取引を行うことです。一方、レバレッジ取引とは手持ちの資金を証拠金として預けて、実際に持っている通貨の評価額以上の取引を行います。 たとえば、手持ち通貨の時価が10万円だとしましょう。Coincheckでは最大5倍までのレバレッジ取引ができますので、50万円までの取引をすることができます。 手持ち資金よりも大きな取引ができるため大きな利益が見込める反面、予想外の動きをした場合には大きな損失を出してしまうリスクもある点は留意しておきましょう。 初心者にはCoincheck(コインチェック) CoincheckはPC版、アプリともに見やすいデザインが採用されているため、初心者でも容易に操作ができ、使いやすい取引所です。 これから仮想通貨の取引をしてみたいと考えている人は、まずはCoincheckに口座を開設するところから始めてみてはいかがでしょうか。

2019-06-19Coincheck Tips

資産運用の方法として注目を集めている仮想通貨ですが、初めての人は何かと不安に感じることも多いのではないでしょうか。 この記事では国内の大手仮想通貨の取引所の一つであるCoincheckの特徴や、Coincheckでの口座開設や仮想通貨の購入、取引の方法についてみていきましょう。 Coincheck(コインチェック)とは? コインチェック株式会社は2014年8月に設立された、日本の大手仮想通貨の取引所です。国内では仮想通貨の取扱種類が多く、初めての人でも利用しやすい取引所として人気を集めてきました。 2018年4月には、顧客保護の観点から適正かつ確実な業務を運営することを目的として、マネックスにグループ入りしました。その後、マネックスグループの全面的な支援を受け、経営体制やセキュリティ体制などが強化されました。 以前より経営陣がSNSなどで積極的に情報を発信していたことから、Coincheckは経営者の顔が見えて安心感があると言われることもありました。 ツイッターでCoincheckに要望をリクエストするとすぐにアプリに反映してくれたなど、ユーザーとの双方向性を大切にする取引所として知られていました。 また、Bitcoin日本語情報サイトが調べた情報によると2017年5~8月の日本の月間BTC現物取引高で、第1位を記録しています。また、2017年9月時点のアップルのユーザー調査によると、アプリ利用者数が第1位になるなどの実績を持っています。 特徴1:初心者でも使いやすい Coincheckは初心者でも使いやすい取引所です。 「日本で一番簡単にビットコイン(BTC)を買える取引所」として、ユーザーの使いやすさを重視して感覚的に使いやすいデザインを採用しています。 Coincheckはスマートフォン用の専用アプリも提供しています。専用アプリのコインチェックアプリでは、わずかなステップでビットコイン(BTC)を購入できます。 そのほかにも、簡単に現在価格や価格の変化などを表すチャートを確認でき、仮想通貨の送金や受け取りも可能です。また、複数の仮想通貨を持っているユーザーでも、ひと目で総資産を確認できたりと、利便性が高いアプリとなっています。 特徴2:仮想通貨の種類が多い Coincheckは、仮想通貨の取扱種類が多い取引所としても知られています。 取扱通貨は、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、イーサリアムクラシック(ETC)、リスク(LSK)、ファクトム(FCT)、リップル(XRP)、ネム(XEM)、ライトコイン(LTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)、モナコイン(MONA)となっています。 以前はモネロ(XMR)、オーガー(REP)、ダッシュ(DASH)、ジーキャッシュ(ZEC)の取扱いもしていましたが、匿名性の高い仮想通貨などの取扱いは廃止になりました。 しかし、日本国内の取引所は取扱い仮想通貨の数が少ない業者が多く、仮想通貨の種類の豊富さは、いまだに他社にはない魅力であるといえるでしょう。 特徴3:日本円からアルトコインを購入できる Coincheckでは、日本円から直接アルトコインを購入できるのもメリットです。 他の取引所でアルトコインを購入する場合、一度日本円でビットコインを購入し、そのビットコインでアルトコインを購入するという手順を踏む場合もあります。 間に必ずビットコイン(BTC)を挟まなければならないので、ステップが多いだけでなく、交換手数料もかかってしまいます。また、アルトコイン購入までに時間がかかる分、買い時のタイミングを逃してしまうこともあるかもしれません。 その点、Coincheckでは直接日本円からアルトコインを購入できるため、アルトコインを購入するハードルが低いのが特徴です。 特徴4:最大年率5%の貸仮想通貨サービス Coincheckには、最大年率5%の貸仮想通貨サービスがあります。 こちらのサービスは、ユーザーがCoincheckに対して一定の期間、保有している仮想通貨を貸し出し、貸出期間が満了すると貸出通貨に利用料がプラスされて返って来るというものです。 10種類の仮想通貨を貸し出すことができ、なおかつ貸出期間を14日間・30日間・90日間・365日間から選べる国内の取引所は、Coincheckのみです(2019年6月時点)。 長期保有を考えている銘柄は、手元に置いておくだけでは増やすことができませんので、仮想通貨を賢く運用したいというユーザーから人気を得ています。 ただし、貸仮想通貨サービスが利用できるのはウェブ画面からです。スマホアプリからは利用できない点に留意しておきましょう。 特徴5:スマホアプリが使いやすい 上述したように、コインチェックのスマホアプリは使い勝手がよいことで知られています。スマホアプリでは、資産状況の確認だけでなく日本円の入出金、仮想通貨の購入・売却、仮想通貨の受け取りと送金も可能です。 また、総資産画面やチャート画面が見やすく、ウィジェット機能やプッシュ通知機能もあるため、簡単な操作で知りたい情報を手早く得ることができます。 特にウィジェット機能を利用することで、スマホからいつでもどこでもリアルタイムで仮想通貨の価格や変動率を即座に確認することが可能です。 Coincheck(コインチェック)で口座を開設する方法 Coincheckで口座を開設するには、まずはアカウントを登録します。公式サイトからメールアドレスとパスワードを入力して登録しましょう。 Coincheckのアカウント登録はこちら アカウントを作成すると、登録したメールアドレスにメールが送信されます。メールに記載されたリンク先に遷移するとメールアドレスが正しいことがチェックされ、アカウント登録が完了します。 Facebookユーザーであれば、Facebookのアカウントを使ってのユーザー登録も可能です。Facebookにログインしたままの状態で、Coincheckの公式サイトの「Facebookで10秒で登録」をクリックしましょう。 SMS認証(電話番号認証) その後、本人確認のためにSMS認証の手続きに移ります。 Coincheckにログインすると「本人確認書類を提出する」という緑色のボタンが表示されますので、そのボタンをクリックして携帯電話の番号を入力します。 次に「SMSを送信する」を押して携帯電話に届いた「認証コード6桁」を、Coincheckのサイトにある「送信された認証コード」に入力するとSMS認証は完了です。 本人確認書類の画像のアップロード 続いて、本人確認書類の画像のアップロードを行います。なお、アップロードの前には、氏名、性別、生年月日などの個人情報を登録します。 IDセルフィーをアップロード 次に、運転免許証などの顔写真が載っている本人確認書類を手に持って、自分の顔を写真に撮る「IDセルフィー」を準備し、IDセルフィーもアップロードします。 アップロードする写真はピントがずれていたり、暗くて不鮮明になっていたりすると再提出を求められることがあります。明るい場所で写真撮影をするようにしましょう。 はがきを受け取る 本人確認の審査完了後、後日登録した住所に送られてくるはがきを受け取ると、Coincheckのすべての機能が利用できるようになります。 全ての機能を利用するためには本人確認が必要 本人確認をしなくても仮想通貨の取引をすることはできますが、日本円の出金や仮想通貨の送金などができません。 すべての機能を利用するために、本人確認の手続きは早めに済ませておくとよいでしょう。 二段階認証設定を忘れずに 登録の際にはハッキングの被害を防止するため、必ず二段階認証をしておきましょう。Coincheckの2段階認証は難しいものではありません。 ログインしてメニュー画面を開いたら「設定」をクリックします。画面の上のほうにある「二段階認証」のタブをクリックして、スマホの種類を選択しましょう。 iOSかAndroidのいずれかを選んだら、Googleの認証アプリを取得します。iPhoneの人は「Google Authenticator」、Android端末の人は「Google認証システム」というアプリをダウンロードしてください。 次に、認証アプリでバーコードを読み取ります。生成される6桁の認証コードを空欄に入力するとCoincheck側の二段階認証の設定は完了です。その後、スマホアプリに二段階認証の設定をします。 認証アプリで生成される認証コードは一度きりのパスワードです。一定の時間が経つと別のコードに変わりますので、すばやく入力するようにしましょう。 Coincheck(コインチェック)に入金する方法 Coincheckでビットコインなどの仮想通貨を購入するには、あらかじめ口座に日本円を入金しておくことが必要です。 銀行振込の場合 銀行振込の場合、Coincheckの取引画面で「日本円の入金」をタップして入金方法を選択する画面を表示します。ここで「銀行振込」を選択すると振込先の口座情報が表示されますので、指定口座に振込みましょう。 Coincheckの振込先口座は、住信SBIネット銀行やりそな銀行などがあるため、同じ銀行で口座を作っておくと振込手数料が無料になることもあります。 もちろん住信SBIネット銀行とりそな銀行以外の銀行からも振込手続きを行うことはできますが、手数料が割高になります。 *※現在、Coincheckにおけるりそな銀行お客様専用指定口座の新規発行は停止中です。 * アカウントIDの入力が必須 銀行振込は手数料を安く抑えることのできる入金方法ですが、1つ注意点があります。住信SBIネット銀行を利用するときは、振込人名義人の欄に必ずアカウントIDを入力しなければならないということです。 アカウントIDの入力を忘れると、振り込んだお金が口座に反映されません。そのため、銀行振込の際はアカウントIDのつけ忘れがないか注意しましょう。 コンビニ入金の場合 コンビニ入金の場合は、入金方法で「コンビニ入金」を選択し、入金する金額を入金します。次に利用するコンビニを選択し、選択したコンビニで表示された受付番号をレジで提示して支払いを行います。 Coincheck(コインチェック)で仮想通貨を購入する方法 入金ができたら、さっそく仮想通貨を購入してみましょう。 ここではコインチェックアプリで購入する方法をみていきます。なお、コインチェックアプリで仮想通貨を購入するには、あらかじめアプリのインストールが必要です。 コインチェックアプリ(iOS)で購入する場合 アプリをダウンロードして立ち上げたら、左メニューから「チャート」を選択し、購入したいコインを選択した上で、チャート画面下部の「購入」を選択します。 続いて、円貨で購入数量を指定し、購入ボタンを押し確認画面で実行することで購入できます。 コインチェックアプリ(Android)で購入する場合 アプリをダウンロードして立ち上げたら、左メニューの「コイン購入」をタップします。そして、表示されたコインの中から、購入したいコインを選びます。 続いて購入する数量を入力し、購入金額を確認しましょう。最後に「購入する」ボタンをタップして購入手続きは完了です。 ビットコイン取引所でビットコイン(BTC)を購入する方法 Coincheckには「ビットコイン取引所」というものがあります。 販売所は、ユーザーとコインチェックの間で仮想通貨を売買するため、シンプルな操作で売買ができます。それに対して、ビットコイン取引所ではユーザー同士で直接取引をします。 ビットコイン取引所はビットコイン(BTC)の板取引ができる場所であるため、ビットコイン以外のアルトコインを売買することはできません。ビットコイン以外のコインを購入したい人はビットコイン取引所ではなく、販売所で購入することになります。 画面にはビットコイン(BTC)の買い注文の一覧と売り注文の一覧が並んでおり、現在の取引レートや注文量を把握することができます。板に表示されている情報を参考に、レートと注文量を指定すればビットコイン(BTC)を購入できます。 板取引は初心者にとっては操作がやや難しいのが難点ですが、手数料が安いため頻繁に売買をする予定がある人はこのやり方を覚えておいて損はありません。 Coincheck(コインチェック)で仮想通貨を送金する方法 仮想通貨の扱いに慣れてくると、他の取引所やウォレットに送金したり、個人間の取引などを行うようになります。そのときのために、仮想通貨の送金方法を把握しておくとスムーズです。 送金には、送金先の「入金用アドレス」が必要なのであらかじめ準備しておきます。次にCoincheckの画面で「コインを送る」を選択します。送金する仮想通貨の種類を選んだら、「送金先リストを編集」をタップしましょう。 リストの編集では、新規ラベルに取引所の名前を入力し、新規宛先に用意しておいた「入金用アドレス」を入力します。そして、送金金額を入力し、内容をよく確認してから「送金する」をタップします。 Coincheck(コインチェック)で日本円を出金する方法 利益確定したら、取引所の口座に入っている日本円を出金したいタイミングです。Coincheckから自分の銀行口座などに日本円を出金する方法を説明します。 出金には、振込先となる銀行口座の登録が必要です。Coincheckの場合、日本円の出金手数料はどの銀行でも一律400円となっています ただし、金融機関や条件によって現金を引き出す際に手数料がかかるところもありますので、普段よく使っている金融機関など手数料のお得なところを確認して出金手続きをするようにしましょう。 金融機関を登録したら出金金額を入力し、表示された画面の内容を確認して「出金申請」をタップすれば完了です。 Coincheck(コインチェック)の手数料 Coincheckの利用にかかる手数料を確認しましょう。 入金手数料 まずは入金手数料です。入金方法には銀行振込やコンビニ入金などがあります。 銀行からの振込は無料となっていますが、送金元である銀行の振込手数料はユーザー負担であることに注意しましょう。コンビニ入金の場合は、3万円未満なら756円、3万円以上30万円以下なら1,000円となっています。 出金手数料 次に出金手数料です。上述したように、出金手数料は日本円で一律400円となっています。 送金手数料 仮想通貨の送金手数料は、以下のとおりです。 ビットコイン(BTC):0.001 BTC イーサリアム(ETH):0.01 ETH イーサリアムクラシック(ETC):0.01 ETC リスク(LSK):0.1 LSK ファクトム(FCT):0.1 FCT リップル(XRP):0.15 XRP ネム(XEM):0.5 XEM ライトコイン(LTC):0.001 LTC ビットコインキャッシュ(BCH):0.001 BCH モナコイン(MONA):0.001 MONA 送金手数料は日本円ではなく、単位が仮想通貨となっているため、手数料も日本円に換算すると変動する点に注意しましょう。なお、Coincheckのユーザー間の送金手数料は無料です。 初めての取引所にCoincheck(コインチェック) CoincheckはPC、アプリともに見やすいデザインを採用しているため、初心者でも容易に操作ができ、迷うことなく取引ができる取引所です。 これから仮想通貨の取引を始めようと考えている人には、まずはCoincheckで口座を開設してみてはいかがでしょうか。

2019-05-08Coincheck Tipsネム(XEM)

2017年後半から2018年の年初にかけて大きく値上がりして話題になった仮想通貨の一つに、ネム(XEM)があります。 ネム(XEM)を購入できる仮想通貨の取引所は世界中に何カ所かありますが、この記事ではCoincheckをおすすめする理由や、ネム(XEM)を購入する手順についてみていきましょう。 仮想通貨ネム(XEM)とは? ブロックチェーンを使って、新しいプラットフォームの開発を目的に作られたプロジェクトより生まれた仮想通貨が「ネム(XEM)」です。「新しい経済圏(New Economy Movement)」の頭文字をとって名付けられました。 ネム(XEM)というのは元々プラットフォームの名前で、プラットフォームで経済的な自由や平等、富の分散化を実現させようという目的を持って開発されました。XEMはプラットフォーム・ネムの中で流通している通貨の単位です。 下記で仮想通貨ネムの特徴を詳しく見ていきましょう。 ネム(XEM)の特徴1:承認スピードが速い ネム(XEM)は、取引の承認にかかる時間が短いのが特徴です。承認時間の長さは、ブロックを生成するまでにかかる時間の長さによって決まります。 ネム(XEM)がブロックを生成するまでにかかる時間は、約1分と言われています。ビットコイン(BTC)は新しいブロックが生成されるまでに最短で10分ほどかかることと比べると、その10分の1ほどであるネム(XEM)のブロック生成時間は圧倒的に短いことがわかります。 ネム(XEM)の特徴2:ハーベストによる承認作業 仮想通貨の代表格であるビットコインではマイニングによって、ブロックチェーン上の新たなブロックを生成しています。マイニングは、最も早く計算を解いた人だけがマイニングの報酬を受け取ることができる、勝者総取りのレースです。 このレースに勝つためには、高性能なコンピュータと冷却設備、そしてコンピュータを動かすための膨大な電力が必要になります。その点ネム(XEM)は、独自の承認作業であるハーベストを行っています。 コンセンサスアルゴリズムについて ビットコイン(BTC)のマイニングが採用しているコンセンサスアルゴリズムはProof of Work(プルーフ・オブ・ワーク)です。 一方、ネム(XEM)の採用しているProof of Importance(プルーフ・オブ・インポータンス)では、参加者の重要度に応じて、一定の条件を満たした人全員にランダムで報酬が与えられる仕組みとなっています。 PoI(プルーフ・オブ・インポータンス)について PoI(プルーフ・オブ・インポータンス)は、ネム(XEM)のネットワークを積極的に利用する人が利益を得られる仕組みになっているのが特徴です。具体的にはすでに保有している通貨の残高だけでなく、これまでに取引をした金額や取引した相手も考慮して重要度が決められています。 つまり、ハーベストでは勝者総取りのマイニングとは異なり、報酬を獲得できる確率が高いという特徴があるのです。そのため、必ずしもハイスペックなコンピュータやたくさんの電力を必要とすることなく承認作業に参加できます。 ネム(XEM)の特徴3:独自のブロックチェーンを利用している ネム(XEM)はハードフォークして誕生した仮想通貨ではなく、独自のブロックチェーンを利用して誕生したという特徴があります。 例えばビットコインキャッシュ(BCH)は、ビットコイン(BTC)のハードフォークで生まれたもので、イーサリアムクラシック(ETC)はイーサリアム(ETH)のハードフォークで誕生したものです。 その点、ネム(XEM)は独自のブロックチェーンと承認方法を持つ仮想通貨であると言えるでしょう。 ネム(XEM)の特徴4:コミュニティ活動が活発 ネムはコミュニティ活動がさかんな仮想通貨です。 特に日本では、ネム(XEM)は人気のある仮想通貨の一つとなっており、2017年には東京にnem barが誕生しました。このようにネム(XEM)を決済通貨として支払いができる店舗が存在していることも、ネム(XEM)の人気ぶりを表しているといえるでしょう。 また、ネム(XEM)のロゴは許可なしに商用目的で使用したりアレンジしたりすることができます。そのため、ロゴをアレンジもせずに使ったり、ロゴをイメージしたグッズを独自で作成して販売するようなユーザーもたくさんいます。 他にも、ネム(XEM)はコミュニティイベントなども活発です。 ネム(XEM)購入にCoincheck(コインチェック)がおすすめの理由 ネム(XEM)を取引できる仮想通貨の取引所は世界中にありますが、仮想通貨の初心者には国内大手取引所の一つであるCoincheckがおすすめです。理由は次の3つです。 初心者でも簡単に口座開設が可能 1つ目は、初心者でも簡単に口座開設ができることが挙げられます。メールアドレスまたはFacebookのアカウントで、すぐに会員登録が可能です。 Coincheckのアカウント登録はこちら 取り扱い仮想通貨の種類が豊富 2つ目は、Coincheckはネム以外にもビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)などの取り扱いがあり、取引できる仮想通貨の種類が多いことです。 通貨ごとに使う取引所を分けるという考え方もありますが、1カ所でいろいろな通貨の取引ができるとポートフォリオの組み換えが簡単にできるため、便利に感じる人は多いでしょう。 取引画面が見やすい 3つ目はパソコン、スマホアプリともに初心者の人にも取引の画面が見やすく、わかりやすくできているということが挙げられます。 口座開設から購入までの手順が簡単なため、初心者でも操作ミスをすることなく購入しやすくなっています。 Coincheck(コインチェック)の口座開設方法 Coincheckでネム(XEM)を購入するためには、まず取引用の口座を開設しその口座に入金することになります。Coincheckで口座を開設するには、事前にアカウントの登録作業をすることになります。 Coincheckのアカウント登録はこちら アカウント登録 まずは公式サイトからメールアドレスとパスワードを入力して登録しましょう。 アカウントを作成すると、登録したメールアドレスにメールが送信されます。メールに記載されたリンク先に遷移するとメールアドレスが正しいことがチェックされ、アカウント登録が完了します。 Facebookユーザーであれば、Facebookのアカウントを使ってのユーザー登録も可能です。Facebookにログインしたままの状態で、Coincheckの公式サイトの「Facebookで10秒で登録」をクリックしましょう。 SMS認証(電話番号認証) その後、本人確認のためにSMS認証の手続きに移ります。 Coincheckにログインすると「本人確認書類を提出する」という緑色のボタンが表示されますので、そのボタンをクリックして携帯電話の番号を入力します。 次に「SMSを送信する」を押して携帯電話に届いた「認証コード6桁」を、Coincheckのサイトにある「送信された認証コード」に入力するとSMS認証は完了です。 本人確認書類の画像のアップロード 続いて、本人確認書類の画像のアップロードを行います。なお、アップロードの前には、氏名、性別、生年月日などの個人情報を登録します。 IDセルフィーをアップロード 次に、運転免許証などの顔写真が載っている本人確認書類を手に持って、自分の顔を写真に撮る「IDセルフィー」を準備します。CoincheckではこのIDセルフィーをアップロードします。 はがきを受け取る 本人確認の審査完了後、後日登録した住所に送られてくるはがきを受け取ると、Coincheckのすべての機能が利用できるようになります。 全ての機能を利用するためには本人確認が必要 本人確認をしなくても仮想通貨の取引をすることはできますが、日本円の出金や仮想通貨の送金などができません。 本人確認は、資金が犯罪などに利用されることを防止するために金融機関に義務付けられている手続きです。すべての機能を利用するために、本人確認の手続きは早めに済ませておくとよいでしょう。 次に、入金画面からCoincheckの振込先口座を確認して、指定された口座に銀行振込などで入金すると、いよいよ取引が始められます。 コインチェックアプリでのネム(XEM)の購入方法 Coincheckでは、専用アプリを使えば簡単にネム(XEM)が購入できます。ここではスマホでネム(XEM)を購入する手順を見てみましょう。 コインチェックアプリで仮想通貨を購入するには、あらかじめアプリのインストールが必要です。 コインチェックアプリ(iOS)で購入する場合 アプリをダウンロードして立ち上げたら、左メニューから「チャート」を選択し、ネム(XEM)を選択した上で、チャート画面下部の「購入」を選択します。 続いて、円貨で購入数量を指定し、購入ボタンを押し確認画面で実行することで購入できます。 コインチェックアプリ(Android)で購入する場合 アプリをダウンロードして立ち上げたら、左メニューの「コイン購入」をタップします。そして、表示されたコインの中から、ネム(XEM)を選びます。 続いて購入する数量を入力し、購入金額を確認しましょう。最後に「購入する」ボタンをタップして購入手続きは完了です。 ウェブ画面でのネム(XEM)の購入方法 続いて、ウェブ画面でネム(XEM)を購入する方法を確認しておきましょう。 まずは、Coincheckにログインして画面にある「ウォレット」を選択します。続いてウォレットページの「コインを買う」をクリックしてネム(XEM)を選択しましょう。 そして、購入するネム(XEM)の数量を指定します。算出される購入金額をよく確認して「OK」をクリックすれば購入完了です。 詳しくはこちら:ネム(XEM)取引の口座開設から購入方法についてはこちら ネム(XEM)の購入や送金にかかる手数料 Coincheckでネム(XEM)を取引する時の手数料にはどのようなものがあるのでしょうか。 入金手数料 最初にかかる手数料には入金手数料があります。 入金手数料とは、Coincheckの指定口座へ、仮想通貨を購入するための資金を入金する際にかかる手数料のことです。 入金を銀行振込で行う場合の手数料は無料です。ただし、銀行からCoincheckの口座に振り込む際の振込手数料はユーザーの負担となる点に注意しましょう。 送金手数料 ネム(XEM)の取引に慣れてくると、Coincheckの口座から他の取引所の口座やウォレットなどに送金をするケースも出て来ることでしょう。 そのような場合にかかるのは送金手数料です。ネム(XEM)を他の口座などに送金するときにかかる手数料は0.5XEMとなっています。ただし、コインチェックユーザー同士の送金には手数料はかかりません。 出金手数料 利益確定して日本円として出金するときにかかる手数料を、出金手数料といいます。Coincheckの出金手数料は一律400円となっています。 どの金融機関に出金しても送金手数料は変わりませんが、送金先の口座から現金を引き出すときに手数料がかからないよう、利用している金融機関の手数料をチェックして、できるだけトータルでかかるコストを抑える工夫も大切です。 ネム(XEM)の過去チャートや今後の将来性について ネム(XEM)は2017年の春先から値上がりを始め、2017年末にかけて100円台を超える値上がりを見せました。ところが、2018年には値上がり前の水準に戻ってしまっています。 日本ではビットコイン(BTC)の知名度が高いため、他の仮想通貨はそこまで目立たない存在かもしれません。 しかし実はネム(XEM)はセキュリティが高く、優れた決済システムを持つ仮想通貨の一つです。サイバーセキュリティに関する調査では、ビットコイン(BTC)などの主要仮想通貨の中でも、ネム(XEM)が高い安全性を持っていることが評価されたこともありました。 カタパルトへの期待 また、今後予定されているカタパルトという機能が実装されると、決済スピードに関してもビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)を圧倒する水準になると言われています。 他にも、例えば決済手段としての価値は、セキュリティとスピードだけではなく、コスト面も重要な点です。その点、ネム(XEM)の送金手数料はビットコイン(BTC)の50分の1といわれています。 さらに、ネム(XEM)はすべての取引を追跡できる透明性も有しているため、実用的な決済システムとしての大きな可能性を秘めているともいえるでしょう。 実際に、ネム(XEM)で決済できる店舗やサービスは以前よりも確実に増えています。通貨として利用できる場所が増えれば、自然にネムの価値も高まっていくと考えられます。 コミュニティ活動が活発 上述したように、ネム(XEM)は組織だけでなくコミュニティ活動が活発な仮想通貨です。ネム(XEM)の有志による活動は、東南アジア、オーストラリア、インドネシア、ニュージーランドなど世界的な広がりをみせています。 日本では2018年11月にネム・ジャパンという非営利組織が設立されました。この組織は、ネム財団の日本法人として設立されたもので、ネム(XEM)のブロックチェーンテクノロジーを普及推進するという目的を持っています。 ネム(XEM)を採用している企業のサポートや、ブロックチェーン技術の採用を検討している企業に対して、ネム技術の情報提供をしていく予定です。 さらに、ネム(XEM)の取り扱いを希望する仮想通貨交換事業者に、安全に通貨の取り扱いができるようなサポート環境を提供していきます。 ネム・ジャパンと近畿大学の協力 また、2018年12月にはネム・ジャパンと近畿大学の協力が発表されました。 近畿大学は仮想通貨とブロックチェーンに積極的な大学で、過去には政治分野にブロックチェーンを活用したトークイベントを開催するなどの実績があります。 日本はブロックチェーン技術の認識や技術者の養成などの面で、世界に遅れをとっていると言われることもあります。それもあってか、ネム・ジャパンと近畿大学の協力などによって、ブロックチェーン業界が発展することも期待されています。 一時期に比べるとネム(XEM)は価格を下げていますが、こうした状況を踏まえると、ネム(XEM)は十分な実用性と将来性のある仮想通貨であるとも考えられるでしょう。 まずはCoincheck(コインチェック)に口座開設しよう ネムを購入するなら、誰でも簡単に始めやすく、アルトコインの取り扱い数も豊富なCoincheckがおすすめです。 Coincheckは口座開設が簡単にでき、初心者から上級者までたくさんのユーザーから使い勝手がよいと評価されています。 この機会に仮想通貨の取引したくなったら、すぐにでも始められるCoicnheckでまずは口座開設をしてみてはいかがでしょうか。

世界の大手銀行がネットワークに参加することで話題になった仮想通貨のリップル(XRP)。 リップル(XRP)はビットコイン(BTC)の送金時間や手数料の問題を解消するコインとして、注目を集めているコインです。この記事ではリップル(XRP)の特徴やCoincheckでの購入手順についてみていきましょう。 仮想通貨リップル(XRP)とは? リップル(XRP)は、2012年にアメリカのRipple Inc.によって開発された送金・決済システムです。リップル(XRP)のシステム内で使われている基軸通貨も、同じリップル(XRP)という名前がつけられています。 リップル(XRP)は仮想通貨間だけでなく、各国の通貨と両替できるのが特徴です。リップル(XRP)はあらゆる場所に「価値=お金」を届けることのできる世界を目指して開発された仮想通貨といえます。 ブリッジ通貨としての役割 他の仮想通貨にないリップル(XRP)だけが持つ特徴は、通貨同士の媒介をするブリッジ通貨としての役割を持っていることです。 たとえば、日本からアメリカに送金をする場合のことを考えてみましょう。従来の国際送金システムを利用して銀行間で送金する場合は、最初に日本円から米ドルに両替する必要があります。 加えて、国際送金の際には他の銀行を中継するため、その都度手数料が発生することになります。また、各国の営業時間の都合や確認作業のため、相当の時間がかかるのが一般的です。 国際送金の手数料や時間の問題を解決 一方、リップル(XRP)のブリッジ通貨機能を活用すると、こうした手数料と時間の問題の大部分を解消できます。また、円やドルなどのメジャーな通貨以外にも、バーツやペソなどの通貨ペアの変換も想定されています。 現在の国際送金では、米ドルがブリッジ通貨としての役割を担っていますが、リップル(XRP)を使えば米ドルをあらかじめたくさん蓄えておく必要がなくなるため、コストの抑制につながると期待されているのです。 このように、リップル(XRP)がブリッジ通貨として銀行間のネットワークで利用できるようになると、グローバル化の進んだ現代で重宝する企業も多いと考えられています。 銀行口座を持っていない人の存在 私たち日本人は銀行口座を持っていることは当たり前のことですが、世界で見ると銀行の口座を持っている人は決して多くはありません。世界人口の約半数の人は金融機関の口座を持っていないというデータからも、既存のシステムでは限界があることがわかります。 そのため、リップル(XRP)は携帯電話のショートメールを活用して送金できるような世界を目指して作られました。携帯電話は発展途上国でも保有率が高く、一人で何台も保有している人も存在します。世界はそのような状況にありますので、リップル(XRP)は大きな可能性を持っているといえるでしょう。 リップル(XRP)の特徴1:送金のスピードが早い リップル(XRP)の特徴の1つは、送金スピードの速さです。 リップル(XRP)の公式サイトによると、毎秒1000件の取引を処理できる能力があるリップルの送金は4秒で完了すると言われています。取引に1時間以上かかるビットコイン(BTC)と比べると、リップル(XRP)の送金スピードが群を抜いていることがわかるでしょう。 リップル(XRP)の特徴2:発行枚数が減っていく 特徴の2つ目は、取引が行なわれるごとに発行枚数が減っていく仕組みであることです。最初の仮想通貨であるビットコイン(BTC)は発行枚数が2100万枚に設定されており、マイニングによって流通枚数が増える仕組みになっています。 一方、リップル(XRP)は公開当初に1000億枚すべてが発行されており、今後発行枚数が増えることはありません。ネットワーク上で取引が行なわれるたびにリップル(XRP)が減る仕組みになっていることから、取引がされればされるほどリップル(XRP)の価値が上がっていくようにできています。 時間が経つほどにリップル(XRP)の希少性が高まるため、価値も上昇していくと考えられているのです。 リップル(XRP)の特徴3:送金手数料が安い リップル(XRP)の送金システムを利用して送金する場合、既存の国際送金よりも大幅に手数料を抑えられるようになります。 たとえば、日本円から米ドルに両替する場合は高い手数料がかかります。現金の流通には偽札が混入するリスクや盗難リスクなどがあるため、輸送・流通コストがかかります。 その点、日本円からリップル(XRP)、リップル(XRP)から米ドルに両替すればかなりのコストを抑えることが可能です。リップル(XRP)は銀行間の送金システムとして活用されるだけでなく、今後は企業や個人の決済手段として活用される可能性もあるでしょう。 リップル(XRP)の特徴4:取引履歴を確認できる ビットコイン(BTC)などと同じように、リップル(XRP)にもブロックチェーン技術が応用されています。ブロックチェーンとは、送金や入金などの取引記録を入れたブロックを時系列に鎖のようにつなげて管理する仕組みのことです。 ブロックチェーン上での取引はすべて公開されており、インターネット上で誰でも確認できるようになっています。また、ブロックチェーンはネットワーク内の参加者が所有権の記録を分散して管理できるようになるため、不正な取引や二重使用などを防止できるようになっています。 取引履歴を分散して記録していることから、障害が発生しづらくシステムダウンがしにくくなっていることも特徴です。ただし、リップル(XRP)のアドレスは、一部を除いて個人情報とアドレスが紐付いていないので、匿名性が保たれています。 リップル(XRP)を購入するならCoincheck(コインチェック) 2018年12月末時点にて、リップル(XRP)はビットコイン(BTC)に次いで時価総額が大きな仮想通貨であるため、多くの仮想通貨の取引所で取り扱いがあります。 ただし、初めてリップル(XRP)などの仮想通貨を購入するなら、Coincheckが便利です。 初心者でも簡単に口座開設が可能 理由の1つ目は、Coincheckは初心者でも簡単に口座開設ができることが挙げられます。仮想通貨を始めるときにCoincheckで口座を開設した人なら、新たに口座を開設する手間なくすぐにリップル(XRP)を購入することができます。 取り扱い仮想通貨の種類が豊富 Coincheckは、ビットコイン(BTC)はもちろん、リップル(XRP)、イーサリアム(ETH)、ネム(XEM)など取引できる仮想通貨の種類が多いため、今後保有するコインの種類を増やしたいときにも気軽に購入できます。 取引画面が見やすい また、Coincheckは操作性にも優れています。PC、スマホアプリともに取引画面が見やすいデザインになっており、誰でも容易に操作することができます。 まずCoincheck(コインチェック)で口座開設 Coincheckでリップル(XRP)を購入するには、まずは取引口座の開設が必要です。その後に、口座へ入金します。その手順を詳しくみていきましょう。 Coincheckで口座を開設するには、事前にアカウントの登録作業をすることになります。公式サイトからメールアドレスとパスワードを入力して登録しましょう。 Coincheckのアカウント登録はこちら アカウントを作成すると、登録したメールアドレスにメールが送信されます。メールに記載されたリンク先に遷移するとメールアドレスが正しいことがチェックされ、アカウント登録が完了します。 Facebookユーザーであれば、Facebookのアカウントを使ってのユーザー登録も可能です。Facebookにログインしたままの状態で、Coincheckの公式サイトの「Facebookで10秒で登録」をクリックしましょう。 SMS認証(電話番号認証) その後、本人確認のためにSMS認証の手続きに移ります。 Coincheckにログインすると「本人確認書類を提出する」という緑色のボタンが表示されますので、そのボタンをクリックして携帯電話の番号を入力します。 次に「SMSを送信する」を押して携帯電話に届いた「認証コード6桁」を、Coincheckのサイトにある「送信された認証コード」に入力するとSMS認証は完了です。 本人確認書類の画像のアップロード 最後に本人確認書類の画像のアップロードを行います。なお、アップロードの前には、氏名、性別、生年月日などの個人情報を登録します。 IDセルフィーをアップロード 次に、運転免許証などの顔写真が載っている本人確認書類を手に持って、自分の顔を写真に撮る「IDセルフィー」を準備します。CoincheckではこのIDセルフィーをアップロードします。 はがきを受け取る 本人確認の審査完了後、後日登録した住所に送られてくるはがきを受け取ると、Coincheckのすべての機能が利用できるようになります。 全ての機能を利用するためには本人確認が必要 本人確認をしなくても仮想通貨の取引をすることはできますが、日本円の出金や仮想通貨の送金などができません。 本人確認は、資金が犯罪などに利用されることを防止するために金融機関に義務付けられている手続きです。すべての機能を利用するために、本人確認の手続きは早めに済ませておくとよいでしょう。 次に、入金画面からCoincheckの振込先口座を確認して、指定された口座に銀行振込などで入金すると、いよいよ取引が始められます。 コインチェックアプリでのリップル(XRP)購入方法 コインチェックアプリでリップル(XRP)を購入する方法をみていきましょう。 コインチェックアプリ(iOS)で購入する場合 アプリをダウンロードして立ち上げたら、左メニューから「チャート」を選択し、リップル(XRP)を選択した上で、チャート画面下部の「購入」を選択します。 続いて、円貨で購入数量を指定し、購入ボタンを押し確認画面で実行することで購入できます。 コインチェックアプリ(Android)で購入する場合 アプリをダウンロードして立ち上げたら、左メニューの「コイン購入」をタップします。そして、表示されたコインの中から、リップル(XRP)を選びます。 続いて購入する数量を入力し、購入金額を確認しましょう。最後に「購入する」ボタンをタップして購入手続きは完了です。 ウェブ画面でのリップル(XRP)の購入方法 次に、ウェブ画面でリップル(XRP)を購入する方法を確認しておきましょう。 まずは、Coincheckにログインして画面にある「ウォレット」を選択します。続いてウォレットページの「コインを買う」をクリックしてリップルを選択しましょう。 その後、購入数量を指定して購入金額を確認し、「OK」をクリックすれば購入手続きが完了します。 リップル(XRP)の購入や送金にかかる手数料 Coincheckでリップル(XRP)の取引をする際にはどのような手数料がかかるのでしょうか。 手数料の種類には「入出金手数料」「送金手数料」「出金手数料」などがあります。それぞれを詳しくみていきましょう。 入金手数料 最初にチェックしておく手数料は入金手数料です。Coincheckの口座への入金を銀行振込で行う場合、Coincheck側の手数料は無料となっています。ただし、銀行の振込手数料はユーザー負担となっている点に注意してください。 送金手数料 次に押さえておきたいのは、送金手数料です。リップル(XRP)を送金する際にかかる手数料は、0.15XRPとなっています。ただし、Coincheckのユーザー同士で送金する場合には無料です。 出金手数料 最後に、利益確定をした後にCoincheckの口座から銀行口座などに出金する際にかかる出金手数料をみてみましょう。こちらは、一律400円となっています。 日本円を引き出す側の銀行口座などは利用条件を確認し、できるだけ手数料のかからないところを選ぶようにすると、全体でかかるコストを最小限に抑えることができます。 リップル(XRP)の過去チャートについて 2012年に公開されたリップル(XRP)は、どのような値動きをしてきたのでしょうか。公開から20014年頃まで、リップルは1XRP=1円未満でした。 ところが、仮想通貨元年といわれた2017年には急上昇し、1XPR=45円台を記録しています。 その後、2018年1月には1XRP=350円にまで上昇しましたが、同年11月時点に値上がり前の水準に戻り、12月時点では1XRP=40円台前半を推移しています。 リップル(XRP)の将来性について リップル(XRP)を開発したリップル社は世界中の銀行などの金融機関にリップル(XRP)を採用してもらうことを目指して、大規模なプロジェクトを進行中です。 進行中のプロジェクトはいくつかありますが、先頭に立っているのが「リップル・プロジェクト」と呼ばれるプロジェクトです。 このプロジェクトは銀行間を分散型台帳のネットワークで結び、そうすることで国際送金を安くて早いものにしようと目指しています。 プロジェクトには大手銀行も参加 当初、このプロジェクトには中小の銀行しか参加していませんでしたが、2016年からは大手有力行が続々と参加を表明していることで注目を集めました。日本からも、メガバンクである三菱UFJ銀行やみずほ銀行などがすでに参加しています。 2018年5月には、三菱UFJフィナンシャル・グループと三菱商事は日本で初めてとなるリップルの海外送金実験を行いました。実験の結果、わずか数秒で送金が完了したことが確認されています。 内外為替一元化コンソーシアム リップル・プロジェクトがグローバルに展開しているのと並行して、日本でもリップルの仕組みを利用した海外送金や国内送金を行う動きが活発になっています。 「内外為替一元化コンソーシアム」と呼ばれるこのプロジェクトは、リップル社とSBIホールディングスの合弁会社であるSBI Ripple Asia株式会社が事務局を務めています。 ブロックチェーン技術に対する地域銀行などの関心が高まったことで、2017年8月時点には61行の金融機関が参加するコンソーシアムとなりました。 このコンソーシアム内でも送金の実証実験が成功していることから、今後は実用化に向けての発展が期待されています。 リップル(XRP)の今後の動きに注目しよう リップル・プロジェクトは世界の大手銀行がネットワークの導入を表明しているため、今後リップルが世界の経済インフラを支える役割を担う可能性が秘めています。 リップル(XRP)は仮想通貨の中では実用面での導入が進んでいることから、将来性を期待されている通貨の1つであるといえるでしょう。 リップル(XRP)の価格上昇にそれらのプロジェクトが直接的に貢献するとは言い切れませんが、リップル(XRP)の長期的な値上がりに期待している方は、引き続きリップル(XRP)に関するニュースについては注視しておくのが良いでしょう。 これからリップル(XRP)を購入しようと考えている人には、簡単に口座開設ができるCoincheckを利用されてみてはいかがでしょうか。

数ある仮想通貨の中で、ビットコイン(BTC)と並んで知名度の高いのがイーサリアム(ETH)です。アルトコインの中でも人気の高い通貨で、今後の発展が期待できる通貨の一つでもあります。 イーサリアムクラシックなど、イーサリアム(ETH)から派生したものや、イーサリアム(ETH)が基礎となっている通貨も多くあります。そんなイーサリアム(ETH)について理解しておくことは、仮想通貨を取引する上でも役立つでしょう。 そこで今回は、そんな魅力の高いイーサリアム(ETH)について、ビットコイン(BTC)との違いとその特徴を紹介します。 イーサリアム(ETH)ってどんな仮想通貨? イーサリアム(ETH)とは、仮想通貨のうちアルトコインに分類される通貨の一つです。 アルトコインは、ビットコイン(BTC)を除く仮想通貨すべてを指します。このアルトコインの中でもイーサリアム(ETH)は、リップル(XRP)などと並んで知名度が高い通貨の一つです。 イーサリアム(ETH)が、アルトコインの中でも知名度が高い理由の一つに、時価総額が上位である点が挙げられます。 イーサリアム(ETH)の時価総額は、2018年12月末時点において約1.5兆円となっており、時価総額ランキングでは、ビットコイン(BTC)やリップル(XRP)に並んで上位に入っています。 また、国内外問わず、多くの仮想通貨の取引所がイーサリアム(ETH)の取り扱いを行っているのも、人気を集める理由の一つといえるでしょう。 イーサリアム(ETH)の特徴は? ほかにもイーサリアム(ETH)の特徴として、例えば2つ挙げられます。 1. プラットフォームである 1つ目が「プラットフォームである」点です。 プラットフォームとは、さまざまなサービスを動かすための基盤となるもののことをいいます。イーサリアム(ETH)というプラットフォームをもとにして、さまざまな通貨やサービスを形成できるのが、イーサリアム(ETH)の魅力の一つといえます。 実際にイーサリアム(ETH)をベースとした仮想通貨や、イーサリアム(ETH)をベースとしたゲームなどのサービスは続々と誕生しています。 2. ICOによく利用される 2つ目が「ICO(イニシャルコインオファリング)によく利用される」点です。 仮想通貨を使って資金を集めるICOには、イーサリアム(ETH)が用いられることが多いです。多くのICOが行われた2017年には、イーサリアム(ETH)の需要も高まり、価格も高騰しました。 イーサリアム(ETH)でできることは? イーサリアム(ETH)でできることには、例えば以下の2つが挙げられます。 1. 独自トークンを発行できる 1つ目が「独自トークンを発行できる」点です。プラットフォームであるイーサリアム上では、独自のトークンを発行することができます。 トークンはブロックチェーン上で発行された独自コインのようなもので、個人でもイーサリアム(ETH)を利用して発行することができます。 2. 契約を自動で執行できる 2つ目が「契約を自動で執行できる」点です。イーサリアム(ETH)は、ビットコイン(BTC)と同様にブロックチェーン技術をもとにしている仮想通貨です。 ブロックチェーン技術は、第三者による改ざんが不可能で、不正がしにくいという側面を持ちます。ブロックチェーン技術のもとでは、取引履歴をさかのぼって偽造したり改ざんしたりすることができません。 このブロックチェーン技術に加えて、イーサリアム(ETH)は「スマートコントラクト」という技術を利用しており、契約を自動で執行することができます。 イーサリアム(ETH)のスマートコントラクトとは? スマートコントラクトとは、送金情報だけでなく、さまざまな情報を追加して記録できる機能のことです。ブロックチェーン上で契約をプログラム化できるのが、大きな利点となっています。 通常、契約には第三者が介在し、お互いの信頼がないと成立しません。しかし、イーサリアム(ETH)のスマートコントラクトを使うと、第三者不在で自動的に契約をプログラム化できるのです。 中央機関を介さずに契約内容を自動執行できる点が、イーサリアム(ETH)の大きな特徴です。ビットコイン(BTC)の場合、ブロックチェーン上ですべての取引記録を管理していますが、イーサリアム(ETH)は取引を行うと同時に、契約内容まで管理することができるのです。 イーサリアム(ETH)のスマートコントラクトが応用できる場面は多く考えられていますが、例えば不動産の登記なども考えられます。不動産の登記は、専門的な知識が必要になり、必要な書類なども複雑になっている現状があります。 そこでスマートコントラクトを活用し、面倒な手続きを自動化することでコスト削減をしようという動きがあるのです。このようにスマートコントラクトは、契約を簡素化したい、不動産業界や保険業界での活用が期待されています。 ビットコイン(BTC)との違いは何がある? イーサリアムがビットコイン(BTC)と違う点は、例えば3つ挙げられます。 1. 用途の違い 1つ目が「用途の違い」です。 ビットコイン(BTC)は、決済用仮想通貨や価値の保存媒体として知られている一方で、イーサリアム(ETH)は開発するためのプラットフォームとして知られています。 イーサリアム(ETH)は、誰もが使用できるような、多くの通貨やサービスの基盤となることを目的としているのです。 2. 運用開始時期の違い 2つ目が「運用開始時期の違い」です。 ビットコイン(BTC)の運用開始時期が2009年なのに対して、イーサリアム(ETH)の運用開始時期は2014年です。ビットコイン(BTC)の方が5年も早く誕生したことになります。 ビットコイン(BTC)の考案者は、サトシ・ナカモトという匿名の人で知られています。一方、イーサリアム(ETH)の考案者はVitalik Buterinというロシア系カナダ人のプログラマです。 3. ブロック生成時間の違い 3つ目が「ブロック生成時間の違い」です。 ビットコイン(BTC)のブロック生成時間が平均して10分程度なのに対して、イーサリアム(ETH)は約15秒程度と短くなっています。 イーサリアム独自のマイニング方法を採用することで、セキュリティを高めつつ、ブロック生成時間の短縮を実現しています。ブロック生成時間が短いと、送金時間が短いなど、ユーザーの利便性が向上します。 イーサリアムクラシック(ETC)との違いは? アルトコインの中に、イーサリアムクラシック(ETC)と呼ばれる仮想通貨があります。 イーサリアムクラシック(ETC)は、イーサリアム(ETH)から分岐して生まれた通貨です。仮想通貨の分岐のことを、「ハードフォーク」と呼びます。 ハードフォークとは ハードフォークとは、それまでの旧仕様を無視して、新仕様を採用する方法のことです。 仮想通貨はブロックチェーン技術を採用しているため、さかのぼって仕様を変更することができません。そのため、何らかの欠点が生じた際に変更するためには新しい通貨を生み出すほかないのです。 そこで新しい通貨が生まれることをハードフォークといいます。 目的の違いとは ハードフォークによって生まれたイーサリアムクラシック(ETC)が、イーサリアム(ETH)と異なる大きな点は、「目的の違い」です。すでに説明した通り、イーサリアム(ETH)は分散型アプリケーションを形成するためのプラットフォームです。 それに対して、イーサリアムクラシック(ETC)は、IOT(インターネットオブシングス)への活用などを目的としています。 IOTとは、様々なモノがインターネットに接続される仕組みのことです。例えばIOTを利用することで、利用者はモノの遠隔操作ができたりもします。 イーサリアム(ETH)の通貨発行量上限は? イーサリアム(ETH)の通貨発行量上限は、決められていません。 ビットコイン(BTC)には2100万BTCという上限、イーサリアムクラシック(ETC)には2億1000万枚〜2億3000万枚という上限がそれぞれ決められています。 ただし、上限の決まっていない通貨も多くあるので、イーサリアム(ETH)だけが特別というわけではありません。 発行量の上限がない仮想通貨については、例えば事前に考えておきたいポイントとして以下の2つが挙げられます。 1. 稀少性が下がる可能性がある 1つ目が「希少性が下がる可能性がある」点です。発行量が決まっていないと、1枚あたりの価値は次第に下がってしまう可能性が考えられます。 2. 今後、上限が決まる可能性もある 2つ目が「今後、上限が決まる可能性もある」点です。 イーサリアム(ETH)は、アップデートを繰り返している通貨であるため、今の所可能性は低そうですが、今後上限が決まる可能性もゼロとは言い切れません。 スマートコントラクトの強化や安全性の向上を目指してアップデートが行われる中で、発行量の上限が定められることもあるかもしれませんので、日々のイーサリアム(ETH)のニュースなどの動向に注視しておくのが良いでしょう。 トークンの作りやすさもイーサリアム(ETH)の魅力 イーサリアム(ETH)の大きな魅力として挙げられるのが、「トークンの作りやすさ」です。 イーサリアム(ETH)は拡張性が高く、多くの人に開かれている仮想通貨のため、さまざまな開発にも利用されています。イーサリアムが基盤となっているトークンは、400種類以上あると言われています。 イーサリアム上で発行するトークンには共通規格があり、代表的なものにERC20(Ethereum Request for Comments:Token Standard#20)が挙げられます。 ERC20を使ってトークンを発行することで、イーサリアム(ETH)の基本的な機能を利用できたり、対応しているウォレットで一元管理できたりするなどのメリットがあります。 イーサリアム(ETH)のマイニングについて イーサリアム(ETH)のマイニングには、例えば下記の3つのポイントがあります。 1. PoW(プルーフ・オブ・ワーク) 1つ目が「マイニング方式はProof of Work(プルーフ・オブ・ワーク)である」点です。 Proof of Workはビットコイン(BTC)と同じマイニング方式で、簡単にいうと一番最初に難しい計算を解いた人に対して報酬が支払われる方式です。 2. Casperに変更を予定 2つ目が「今後、Proof of WorkからCasper(キャスパー)に変更を予定している」点です。 Casperとは、Proof of Stake(プルーフオブステーク)というマイニング方式のことで、仮想通貨の保有量などによって有利になる方式です。Proof of Workの課題をクリアする方式として期待されています。 3. マイニング競争は激しい 3つ目が「イーサリアム(ETH)のマイニング競争は激しい」点。 マイニングの難易度は、参加者の多さによるため、知名度の高いイーサリアム(ETH)やビットコイン(BTC)は競争が激しいといえます。 今後、優秀なコンピュータを保有している人に有利なProof of Workから、保有量に応じて有利になるCasperへと移行されることで、競争はより激化するかもしれません。 マイニングで起こりうる問題点とは? イーサリアム(ETH)に限りませんが、仮想通貨のマイニングに関してはいくつか問題点もあります。 1. 無駄な作業が発生する 1つが「無駄な作業が発生する」点です。 マイニングは多くの人が一斉に参加しますが、初めに成功した人以外の作業は無駄になってしまいます。不採用になるブロックが数多く出てしまうため、無駄な作業や電力、費用などが発生することになります。 2. マイニングが集中化する可能性がある もう1つが「マイニングが集中化する可能性がある」点です。 今のところはそのような問題はおきてませんが、今後特定のマイナーによって、イーサリアム(ETH)のすべてのマイニングが支配されてしまう可能性もゼロとは言い切れません。 イーサリアム(ETH)を購入するには? イーサリアム(ETH)を購入する場合、イーサリアム(ETH)の取り扱いを行っている取引所を利用するのが一般的な方法といえます。 国内外問わず、イーサリアム(ETH)はビットコインと並んで知名度の高い通貨なので、取り扱っているところも多いです。 国内大手の取引所であるCoincheckも、イーサリアム(ETH)を取り扱っている取引所の一つです。Coincheckは簡単な手続きで口座を開設することができ、すぐにイーサリアム(ETH)を購入することができます。 Coincheckの口座開設はこちら 詳しくはこちら:イーサリアム(ETH)取引の口座開設から購入方法を解説はこちら Coincheckは、アプリの見やすさや使いやすさに定評があり、初心者から投資に慣れた上級者まで使いやすいのが魅力です。 イーサリアム(ETH)を始めとして、取り扱い通貨が多いため、様々な仮想通貨に分散投資をすることもできます。仮想通貨を売買する際には、投資スタイルや取引所の使いやすさなど、自分に合ったところを選ぶようにしましょう。 イーサリアム(ETH)を購入してみよう イーサリアム(ETH)は、多くのトークンやサービスに活用されている仮想通貨です。 アルトコインの中でも特徴が分かりやすく、イーサリアム(ETH)を土台としたトークンやサービスが増えるほど、今後ともイーサリアム(ETH)へのニーズが高まっていく可能性もあるでしょう。 また、数ある仮想通貨の中でも、時価総額の高いイーサリアム(ETH)は、今後も知名度を上げていくものと予想されています。イーサリアム(ETH)に興味がある方は、イーサリアム(ETH)の取り扱いのあるCoincheck口座を開設して購入してみてはいかがでしょうか。

仮想通貨初心者にとって、必要証拠金や証拠金維持率という言葉が耳慣れない人もいるでしょう。必要証拠金について知るためには、証拠金維持率を理解することが大切です。 大きな負債を抱えないためにも、仮想通貨を取引する前に必要証拠金や証拠金維持率の意味を理解しておくようにしましょう。 また、マージンコールやロスカットなども、取引をする際には気を付ける必要があるポイントだといえます。この記事では、証拠金維持率の意味やどのように計算すれば良いのかについてわかりやすく解説します。 証拠金維持率って何?証拠金との関係は? 仮想通貨のレバレッジ取引をする際に、まず必要となるのは証拠金です。 証拠金維持率は、実際に取引に使用している証拠金に対する現状の証拠金残高の割合のことを指します。つまり、証拠金維持率は、「証拠金の残高 ÷ 取引に必要な証拠金 × 100」で算出することができます。 この計算式で割り出すと、証拠金維持率と証拠金残高は、常に反比例の関係になります。例えば、含み益が生じた場合は、証拠金維持率は100%を上回ります。 短期的なトレードでは、例えば証拠金維持率が300%であれば安全だといわれることもありますが、仮想通貨は相場の変動が激しいため、証拠金維持率がどのくらいあれば絶対に安全ということは言い切れません。 また、利益を得ているベテランのトレーダーでも、例えば700%以上の高水準の証拠金維持率を保つケースもあります。過去に大規模な変動幅を記録したのが、リーマンショックです。リーマンショックでは、300%が安全圏といわれたこともあるため、参考にしても良いでしょう。 証拠金維持率とレバレッジにはどんな関係がある? 仮想通貨取引におけるレバレッジとは、自身が預け入れた証拠金に対してどれだけの金額で取引可能なのかという倍率のことを指します。 レバレッジが10倍の場合では、証拠金が20万円なら200万円で仮想通貨の取引をすることが可能です。レバレッジ取引は差金決済取引とも呼ばれ、仮想通貨を売買した後に決済する際、その差額の損益部分が受け渡しされます。 仮想通貨では、証拠金やレバレッジはレバレッジ取引の際に関わり、現物取引では関係がありません。レバレッジの倍率を増やすことで証拠金維持率は減少し、証拠金維持率とレバレッジは反比例で動くことが特徴的だといえます。 仮想通貨のレバレッジ取引は、実際に仮想通貨を保有することがないため、決済や送金などには使えないということを覚えておきましょう。 また、ハイリスク・ハイリターンな取引であるため、仮想通貨初心者は大きなリスクを避けるためにも、通常の現物取引に慣れてから利用すると良いでしょう。 証拠金維持率を把握しておくべき理由とは? 証拠金維持率が、取引に利用している取引所が定めた一定の水準よりも下回ってしまった場合は、ロスカットやマージンコールの対象となるため注意が必要です。 そのため、証拠金維持率は常に定められた水準を上回るようにキープすることが大切です。そうすることで、ロスカットやマージンコールなどを未然に防ぐことができます。 また、証拠金維持率は自身の資金力と投資が見合っているかを把握するための指標となります。 仮想通貨初心者がレバレッジ取引を行う際には、証拠金維持率を取引時にチェックする習慣をつけることで、自ずと資金力がわかるようになり、無理な取引を予防することができるでしょう。 マージンコールの対象になるとどうなるの? マージンコールとは、担保として預け入れた証拠金の金額が、現在の含み損(現在のレートで決済した場合に発生する損失)を差し引くと、大きくマイナスになる状況になった場合に行われる警告のことを指します。 例えば仮想通貨の取引の場合は、利用している取引所から、マージンコールに関するお知らせのメールが届きます。 マージンコールを受けると、解消するためには追証と呼ばれる証拠金を追加で預け入れる必要があるため、注意しましょう。一般的には50~70%程度といわれていますが、マージンコールの基準は取引所によって異なるものです。 マージンコールは警告ではありますが、拘束力や強制力は持ちません。しかし、いつロスカットになってもおかしくない状況であるということは、理解しておくことが大切です。 マージンコールを受けた際には、すぐに現ポジションを転換するか、追加分の証拠金を預け入れた方が良いでしょう。 ロスカットの対象になってしまうとどうなる? ロスカットは、取引所から行われる強制決済措置のことをいいます。現レートにおける含み損が大きくなり過ぎた際に、ロスカットは発生します。 マージンコールの場合は警告で済みますが、ロスカットは条件に当てはまると取引所によっては強制的に実行されてしまうものであり、トレーダーの意思には左右されません。 トレーダーが莫大な金額の負債を背負うことを防ぐため、ロスカットは行われます。取引所によって異なりますが、一般的には証拠金維持率が20~30%を下回ることがロスカットの基準とされています。 また、一部の取引所では、マージンコール後にトレーダーから証拠金の追加が行われなかった場合、証拠金維持率を下回らなくてもロスカットされることもあるため注意しましょう。 しかし、ロスカットはトレーダーを確実に負債から守ってくれるものではありません。取引所のサーバーエラーや急激な値動きがあった場合、ロスカットが正常に行われないこともあります。その際には、発生した分の負債はトレーダーが支払う必要があります。 ロスカットを防ぐための対策方法は? マージンコールは警告で済みますが、ロスカットは強制決済措置であるため、取引するうえでロスカットを防ぐ必要があります。 売買約定した仮想通貨の一部の決済を行うか、証拠金を追加で入金することでロスカットを防ぐことができます。仮想通貨の一部を決済することで、証拠金維持率を上げることが可能です。口座の純資産額を増やし証拠維持率を上げるためには、証拠金を追加で入金するようにしましょう。 また、お知らせメールに追証の期限が記載されていることもあるため、確認後は速やかに対処することが大切です。他にも、最初から少額で取引をすることも、ロスカットを未然に防ぐ手立てとなります。 ロスカットは、取引経験が少ない仮想通貨初心者に起こるケースが多い傾向にあります。証拠金残高が高いほどロスカットされにくいため、十分な証拠金を入れておくようにしましょう。 仮想通貨の証拠金維持率を計算する簡単な方法とは? 証拠金維持率を取引の度に計算することは時間を要し、手間もかかってしまいます。 そこで証拠金維持率を正確に素早く計算するためには、証拠金維持率を自動で算出してくれる計算ツールなどを使用するのも良いでしょう。 エクセルなどの計算ツールを利用することで、資産や購入価格、レバレッジなどを入力するだけで、証拠金維持率は割り出されます。これによって、自身の資金に見合った取引ができているかがわかるようになるでしょう。 また、計算ツールなどを利用する際には、ショートポジションでは購入価格よりも高い任意の価格を入力し、ロングポジションでは購入価格よりも低い任意の価格を入力することがポイントです。 エクセルであれば入力するだけの簡単な操作であるため、仮想通貨初心者でも気軽に利用することが可能です。 仮想通貨の証拠金維持率を把握しておこう 仮想通貨でレバレッジ取引を行う際は、マージンコールやロスカットになるのを防ぐようにしましょう。そのためには、余剰資金で余裕を持たせた取引をすることが重要です。 仮想通貨取引は、他の投資よりも相場の変動が激しいことが特徴です。取引を始める前に自身の資金力を正確に把握しておくことで、ロスカットにならないポジションが保てる可能性が高まるでしょう。 また、取引所の状況によっては、マージンコールやロスカットが正常に作動しないケースがあるため、大きな負債を抱えるケースがあることも念頭に置く必要があるでしょう。仮想通貨のレバレッジ取引を行う際には、こまめに証拠金維持率をチェックし、相場の状況などを把握する習慣を付けておくようにしましょう。

ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)といった仮想通貨は購入金額が高くて購入しづらいイメージを持っている人も少なくありません。 しかし、Coincheckならとても購入しやすくてハードルの低さを感じることができるでしょう。そこで今回はイーサリアム(ETH)を取り上げ、その概要や最低購入額、手数料など購入に関する条件についてお伝えしていきます。 Coincheckなら500円からイーサリアム(ETH)を購入できる Coincheckでイーサリアムを購入する場合、最低購入額は日本円により500円から可能です。 Coincheckは日本国内で大きなシェアを有する仮想通貨取引所であり、2019年6月現在は以下の10種類の通貨の売買が可能です。しかも、これら10種類の通貨はすべて500円という最低取引額で購入できます。 ビットコイン(BTC) リップル(XRP) イーサリアム(ETH) ※通貨単位の読みは「イーサ」 イーサリアムクラシック(ETC) ※通貨単位の読みは「イーサクラシック」 リスク(LSK) ファクトム(FCT) ネム(XEM) ※通貨単位の読みは「ゼム」 ライトコイン(LTC) ビットコインキャッシュ(BCH) モナコイン(MONA) 尚、Coincheckで取り扱っている上記の全通貨は日本円以外にもビットコイン(BTC)で購入することもできます。ビットコイン(BTC)で購入する場合の最低購入額は「0.001BTC」からとなっております。 一方でお持ちの仮想通貨を売却して日本円に換える場合も同様に最低売却額は500円からとなっております。仮想通貨を売却してビットコイン(BTC)に換える場合も最低売却額は「0.001BTC」となります。 次にCoincheckでのイーサリアム(ETH)の最低注文量を具体的な数値に当てはめてご紹介していきます。仮にイーサリアム(ETH)を1ETH=13,500円として計算した場合、イーサリアム(ETH)の最低注文量は、500円=0.037037ETHとなります。 Coincheckでの購入手続きはとてもカンタン Coincheckでイーサリアム(ETH)を購入する手続きはとてもカンタンです。購入の流れについて順を追ってご説明していきましょう。 Coincheckにアカウント登録 まず、仮想通貨取引用の口座開設のために、Coincheckのトップページからメールアドレスとパスワードを入力し、新規登録ボタンをクリックします。 Coincheckのアカウント登録はこちら そうすると、登録したメールアドレス宛てにCoincheckからメールが送信されます。 届いたメールにはURLが貼り付けられていますので、そのURLをクリックすればアカウント登録が完了します。 SMS認証(電話番号認証) アカウント登録が完了すると、アカウント上で登録した携帯電話宛てにショートメッセージ(SMS)が送信されます。 送られてきた6桁の「認証コード」をCoincheckのログイン画面上で入力し、SMS認証を完了させます。 SMS認証が完了すると今度は住所・氏名などのご自分の基本情報を入力していきます。 本人確認書類の画像データをアップロード 基本情報の入力後は、運転免許証やパスポートなどの本人確認書類の画像データをアップロードします。 IDセルフィーをアップロード 続いて、画像データとしてアップロードした本人確認書類を手に持って自撮りする写真(IDセルフィーと呼びます)を用意し、アップロードします。 はがきを受け取る IDセルフィーが完了すると、Coincheckから登録住所宛てに簡易書留のはがきが送付されます。そちらのはがきを受け取ると、本人確認が完了します。 日本円を入金する 口座開設が完了すると、ご利用中の金融機関から、購入したい分の金額をCoincheckに銀行振込などで入金すれば、いつでも購入可能になります。 ウェブ画面から購入する方法 購入までの流れですが、ログイン後に「ウォレット」から「コインを買う」をクリックし、イーサリアム(ETH)を選びます。 購入数量を指定すれば必要な購入金額が日本円で算出されるので確認し、「購入する」をクリックすれば購入できます。 尚、日本円ではなくお手持ちの仮想通貨と交換する場合も同様にウォレットページ内で手続き可能です。交換したい通貨を選択し、支払額が表示されますので確認して交換することができます。 コインチェックアプリ(iOS)で購入する場合 アプリをダウンロードして立ち上げたら、左メニューから「チャート」を選択し、イーサリアム(ETH)を選択した上で、チャート画面下部の「購入」を選択します。 続いて、円貨で購入数量を指定し、購入ボタンを押し確認画面で実行することで購入できます。 コインチェックアプリ(Android)で購入する場合 アプリをダウンロードして立ち上げたら、左メニューの「コイン購入」をタップします。そして、表示されたコインの中から、イーサリアム(ETH)を選びます。 続いて購入する数量を入力し、購入金額を確認しましょう。最後に「購入する」ボタンをタップして購入手続きは完了です。 詳しくはこちら:イーサリアム(ETH)取引の口座開設から購入方法を解説はこちら イーサリアム(ETH)を購入する場合の手数料は? イーサリアム(ETH)を購入する場合にかかる手数料についてご紹介していきます。 まず、イーサリアム(ETH)を購入する場合、Coincheckで開設済みの口座へ日本円の入金が必要になります。ウォレットと呼ばれるCoincheck内のアカウントに入金する方法ですが、銀行振込の他にコンビニ入金、クイック入金が選べます。 銀行振込の場合 銀行振込の場合、振込手数料はお客様のご負担となりますが、手数料そのものは無料です。 コンビニ入金の場合 コンビニ入金ですが、1回の入金が30,000円未満の場合なら756円の手数料が、30,000円以上30万円以下の場合では1,000円の手数料が発生します。 尚、コンビニ入金の場合1回の入金金額の上限は30万円となっています。 クイック入金の場合 次にクイック入金の場合、1回の入金が30,000円未満なら手数料は756円かかります。また、30,000円以上50万円未満の入金なら手数料は1,000円が発生します。 入金額が50万円以上になる場合の手数料は「入金額×0.108%+486円」です。 送金手数料について 尚、イーサリアム(ETH)をCoincheckのユーザーどうしで送金する際に発生する送金手数料については無料となっています。ただし、Coincheckではない別のウォレットに送金する際には、0.15ETHの送金手数料がかかります。 イーサリアム(ETH)とは? イーサリアム(ETH)の最低購入額などをお伝えしたあとは、イーサリアム(ETH)誕生の経緯や特徴などについてもお伝えします。 イーサリアム(ETH)はこれまでビットコインなどと同様、常に市場の中では上位の時価総額を誇っており、契約の締結やその実行などにも使える仮想通貨です。 Vitalik Buterinによって考案 イーサリアム(ETH)は開発当時、弱冠19歳だったロシア系カナダ人Vitalik Buterinによって考案され、2013年に誕生しました。 その最大の特徴は「分散型アプリケーション」(DApps)の構築と「スマートコントラクト」と呼ばれる新たな機能が追加されている点にあります。 分散型アプリケーションとは 分散型アプリケーションとは、国家や金融機関といった中央の管理者が存在しなくても自立的に動くアプリケーションになります。 様々なアプリケーションを開発する際にイーサリアム(ETH)をその基盤として利用することができ、アプリケーション上で様々な取引や契約などがおこなえることを想定しています。 スマートコントラクトとは また、イーサリアム(ETH)に実装されたスマートコントラクトという機能は、ブロックチェーン上で契約に関する詳細情報と契約上の条件が書き込めるような仕組みになっています。 このブロックチェーンの技術自体はビットコイン(BTC)ですでに採用されている技術で、一定数の取引データをひとかたまり(ブロック)として管理し、そのブロックが1本の鎖(チェーン)のように記録される技術です。 契約内容の実行まで自動で可能 イーサリアム(ETH)ではさらに一歩進んで取引の詳細な情報と契約実行のための条件を、あらかじめプログラミングしておくことができます。そして、契約実行のための条件がすべて整った段階で、自動的に契約内容が実行されるようになります。 このようにイーサリアム(ETH)は、詳細な取引や契約内容についての情報を詳細な記録・管理、契約内容取引などの実行までを自動で可能にしています。 例えば、不動産取引のような高額な契約内容でもイーサリアム(ETH)なら取引条件さえ整えば、不動産仲介業者を介さずに早くて安全かつ低コストで自動的に処理できる仕組みになっています。取引情報しか記録できなかったビットコイン(BTC)からは、大きく進歩した仕組みを持っているともいえるでしょう。 詳しくはこちら:イーサリアム(ETH)とは何か? イーサリアム(ETH)の購入についてのまとめ 何となく仮想通貨は高そうなイメージを持たれていた方も、今回ご紹介した内容から、少額から購入できることがおわかりいただけたのではないでしょうか。 Coincheckでは購入だけでなく、売却も日本円なら500円からお取引可能で、お手持ちの仮想通貨との交換でも0.001BTCからとなっています。 仮想通貨取引に興味があるものの、購入に踏み込めなかった方はこの機会に是非、仮想通貨の世界に踏み出してみてはいかがでしょうか。

2019-06-19リスク(LSK)

数ある仮想通貨の中でも、リスク(LSK)はビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)など他の仮想通貨に無い特徴を持っています。 しかし、せっかく購入に興味があっても価格が高そうだからと躊躇している方もいるかもしれません。このリスク(LSK)はCoincheckならとても購入しやすい金額になっています。 今回はCoincheckで取り扱われているリスク(LSK)を取り上げ、その概要や最低購入額、手数料など購入に関する条件についてお伝えしていきます。 Coincheck(コインチェック)なら500円からリスク(LSK)を購入できる リスク(LSK)を購入する場合、Coincheckなら最低購入額は日本円で500円から可能です。 Coincheckは日本国内で大きなシェアを有する仮想通貨取引所であり、2019年6月時点では、以下の10種類の通貨の売買が可能です。これら10種類のすべての通貨が500円という最低取引額から購入できます。 ビットコイン(BTC) リップル(XRP) イーサリアム(ETH) ※通貨単位の読みは「イーサ」 イーサリアムクラシック(ETC) ※通貨単位の読みは「イーサクラシック」 リスク(LSK) ファクトム(FCT) ネム(XEM) ※通貨単位の読みは「ゼム」 ライトコイン(LTC) ビットコインキャッシュ(BCH) モナコイン(MONA) 尚、Coincheckで取り扱っている上記の通貨はすべて日本円以外にビットコイン(BTC)で購入することもできます。リスク(LSK)をビットコイン(BTC)で購入する場合、最低購入額は「0.001BTC」からとなります。 また、保有している仮想通貨を売却して日本円に換える場合も、最低売却額は500円からとなっています。仮想通貨を売却してビットコイン(BTC)に換える場合も購入時と同様に最低売却額は「0.001BTC」となります。 次にCoincheckでのリスク(LSK)の最低注文量の具体的例をご紹介します。仮にリスク(LSK)を1LSKあたり160円とした場合、リスク(LSK)の最低注文量は、500円=3.125LSKとなります。 Coincheckでの購入手続きはとてもカンタン Coincheckでリスク(LSK)を購入する手続きについて説明していきます。 まず、仮想通貨取引用の口座開設のために、Coincheckのトップページからメールアドレスとパスワードを入力し、新規登録ボタンをクリックします。 Coincheckのアカウント登録はこちら そうすると、登録したメールアドレス宛てにCoincheckからメールが送信されます。届いたメールにはURLが貼り付けられていますので、そのURLをクリックすればアカウント登録が完了します。 SMS認証(電話番号認証) アカウント登録が完了すると、アカウント上で登録した携帯電話宛てにショートメッセージ(SMS)が送信されます。 送られてきた6桁の「認証コード」をCoincheckのログイン画面上で入力し、SMS認証を完了させます。 SMS認証が完了すると今度は住所・氏名などのご自分の基本情報を入力していきます。 本人確認書類の画像データをアップロード 基本情報の入力後は、運転免許証やパスポートなどの本人確認書類の画像データをアップロードします。 IDセルフィーをアップロード 続いて、画像データとしてアップロードした本人確認書類を手に持って自撮りする写真(IDセルフィーと呼びます)を用意し、アップロードします。 はがきを受け取る IDセルフィーが完了すると、Coincheckから登録住所宛てに簡易書留のはがきが送付されます。そちらのはがきを受け取ると、本人確認が完了します。 日本円を入金する 口座開設が完了すると、ご利用中の金融機関から、購入したい分の金額をCoincheckに銀行振込などで入金すれば、いつでも購入可能になります。 ウェブ画面から購入する方法 購入までの流れですが、ログイン後に「ウォレット」から「コインを買う」をクリックし、リスク(LSK)を選びます。 購入数量を指定すれば必要な購入金額が日本円で算出されるので確認し、「購入する」をクリックすれば購入できます。 尚、日本円ではなくお手持ちの仮想通貨と交換する場合も同様にウォレットページ内で手続き可能です。交換したい通貨を選択し、支払額が表示されますので確認して交換することができます。 コインチェックアプリ(iOS)で購入する場合 アプリをダウンロードして立ち上げたら、左メニューから「チャート」を選択し、リスク(LSK)を選択した上で、チャート画面下部の「購入」を選択します。 続いて、円貨で購入数量を指定し、購入ボタンを押し確認画面で実行することで購入できます。 コインチェックアプリ(Android)で購入する場合 アプリをダウンロードして立ち上げたら、左メニューの「コイン購入」をタップします。そして、表示されたコインの中から、リスク(LSK)を選びます。 続いて購入する数量を入力し、購入金額を確認しましょう。最後に「購入する」ボタンをタップして購入手続きは完了です 詳しくはこちら:リスク(LSK)取引の口座開設から購入方法を解説 リスク(LSK)を購入する場合の手数料は? リスク(LSK)を購入する場合にかかる手数料はどうなっているでしょうか。 Coincheckでリスク(LSK)を購入する場合、開設済み口座へ日本円を入金します。ウォレットと呼ばれるCoincheck内のアカウントへの入金方法は、銀行振込の他にコンビニ入金、クイック入金が選べます。 銀行振込の場合 銀行振込の場合、振込手数料はお客様のご負担となりますが、手数料そのものは無料です。 コンビニ入金の場合 コンビニ入金ですが、1回の入金が30,000円未満の場合なら756円の手数料が、30,000円以上30万円以下の場合では1,000円の手数料が発生します。 尚、コンビニ入金の場合1回の入金金額の上限は30万円となっています。 クイック入金の場合 次にクイック入金の場合、1回の入金が30,000円未満なら手数料は756円かかります。また、30,000円以上50万円未満の入金なら手数料は1,000円が発生します。 入金額が50万円以上になる場合の手数料は「入金額×0.108%+486円」です。 送金手数料について 尚、Coincheckのユーザーどうしでリスク(LSK)を送金する際にかかる送金手数料は無料となっています。 ただし、Coincheckではない別のウォレットに送金する際には、0.1LSKの送金手数料が発生します。 リスク(LSK)とは? リスク(LSK)の最低購入額などをお伝えした後に、リスク(LSK)の特徴などについてお伝えしていきましょう。 リスク(LSK)の特徴をひと言でいえば、ビットコインなどで使われているブロックチェーン技術の欠点を補い、より速いスピードで処理できるサイドチェーン技術を活用している仮想通貨であるという点です。 リスク(LSK)はビットコインやイーサリアム同様に分散型アプリケーションを基盤としており、国や金融機関などによる中央集権を排し、自立して動くアプリケーションとなっています。 開発言語にJavaScript(ジャバスクリプト) また、開発言語にパソコンやスマホのプログラミング言語であるJavaScript(ジャバスクリプト)が使われています。 世界中のプログラマーの間で使われているJavaScript(ジャバスクリプト)が開発言語となっていることから、他の仮想通貨に比べるとアップデートなども容易に進めやすいメリットがあります。 サイドチェーンを使用している リスク(LSK)がブロックチェーン技術を基盤とする他の仮想通貨と大きく異なるのは、メインチェーンの上に枝葉のように伸びている「サイドチェーン」と呼ばれる技術を使用している点です。 サイドチェーンのメリットは、メインとなるチェーンを変更せずにハードフォーク(仕様変更に伴って実施される互換性の無い新しい仕様への分岐アップデート)できる点にあります。 通常、ブロックチェーンは一定数の取引データや契約情報などをひとかたまり(ブロック)として管理し、そのブロックがメインとなる1本の鎖(チェーン)のように記録することで不正防止などに対処する技術です。 一方のサイドチェーンでは、そのメインのチェーンの上に枝葉のように伸びるサイドチェーン上で情報を持たせています。そのためハッキングなど何か不測の事態があっても、ハードフォークがとても容易です。 また、このサイドチェーン技術の採用により、処理スピードが大きく向上しています。承認作業に要する時間はビットコインが約10分かかるのに対して、リスク(LSK)はたったの10秒ほどで処理できます。 発行枚数に制限が無い リスク(LSK)の別の特徴としては発行枚数に制限が無い点です。 ビットコインなどは2,100万BTCという発行枚数の制限を設けており、そうすることで通貨枚数が無制限に増やされ、インフレになるのを防いでいます。 しかし、リスク(LSK)の場合、毎年マイニング可能な量を減らしていく「フォージング」とも呼ばれるルールの採用により、発行枚数に一定の制限が加えられています。 詳しくはこちら:仮想通貨リスク(LSK)とは?特徴を初心者にもわかりやすく解説 リスク(LSK)の購入についてのまとめ リスク(LSK)に興味があるものの、仮想通貨の購入金額が高そうだというイメージを持っている方でも、低い金額で購入できることがおわかりいただけたのではないでしょうか。 Coincheckの場合、購入も売却も日本円なら500円からお取引可能で、お手持ちの仮想通貨との交換でも0.001BTCからと低い単位になっています。 仮想通貨取引に興味があるものの、購入に踏み込めなかった方はCoincheckで仮想通貨を購入してみてはいかがでしょうか。

2019-06-19ファクトム(FCT)

数ある仮想通貨の中でも、ファクトム(FCT)は次世代型ブロックチェーン上で第三者を介することなく、住宅ローンや医療関連のデータの低コストで安全な管理を可能にするプラットフォームとして期待されています。 このファクトム(FCT)はCoincheckならとても購入しやすい金額になっています。今回はCoincheckで取り扱われているファクトム(FCT)を取り上げ、その概要やいくらから買えるのか、その最低購入額、手数料などについてお伝えしていきます。 Coincheckなら500円からファクトム(FCT)を購入できる ファクトム(FCT)を購入する場合の最低購入額ですが、Coincheckなら500円から購入することができます。 Coincheckでは2019年6月時点にて、以下の10種類の仮想通貨が売買可能です。どの通貨もすべてが500円という最低取引額から購入できます。 ビットコイン(BTC) リップル(XRP) イーサリアム(ETH) ※通貨単位の読みは「イーサ」 イーサリアムクラシック(ETC) ※通貨単位の読みは「イーサクラシック」 リスク(LSK) ファクトム(FCT) ネム(XEM) ※通貨単位の読みは「ゼム」 ライトコイン(LTC) ビットコインキャッシュ(BCH) モナコイン(MONA) 尚、Coincheckで取り扱っている上記の通貨は、すべて日本円以外にビットコイン(BTC)で購入することもできます。 ファクトム(FCT)をビットコイン(BTC)で購入する場合、最低購入額は「0.001BTC」からとなります。 また、保有している仮想通貨を売却して日本円に換える場合も、最低売却額は500円からになります。仮想通貨を売却しビットコイン(BTC)に換える場合も、購入する場合と同様に最低売却額は「0.001BTC」です。 Coincheckでのファクトム(FCT)の最低注文量の具体的例をご紹介しますと、仮に「1FCT」あたり1,000円とした場合、ファクトム(FCT)の最低注文量は、「500円=0.50FCT」となります。 Coincheckでの購入手続きはとてもカンタン Coincheckでファクトム(FCT)を購入する手続きについて説明していきます。 まず、仮想通貨取引用の口座開設のために、Coincheckのトップページからメールアドレスとパスワードを入力し、新規登録ボタンをクリックします。 Coincheckのアカウント登録はこちら アカウント登録 そうすると、登録したメールアドレス宛てにCoincheckからメールが送信されます。 届いたメールにはURLが貼り付けられていますので、そのURLをクリックすればアカウント登録が完了します。 SMS認証(電話番号認証) アカウント登録が完了すると、アカウント上で登録した携帯電話宛てにショートメッセージ(SMS)が送信されます。 送られてきた6桁の「認証コード」をCoincheckのログイン画面上で入力し、SMS認証を完了させます。 SMS認証が完了すると今度は住所・氏名などのご自分の基本情報を入力していきます。 本人確認書類の画像データをアップロード 基本情報の入力後は、運転免許証やパスポートなどの本人確認書類の画像データをアップロードします。 IDセルフィーをアップロード 続いて、画像データとしてアップロードした本人確認書類を手に持って自撮りする写真(IDセルフィーと呼びます)を用意し、アップロードします。 はがきを受け取る IDセルフィーが完了すると、Coincheckから登録住所宛てに簡易書留のはがきが送付されます。そちらのはがきを受け取ると、本人確認が完了します。 日本円を入金する 口座開設が完了すると、ご利用中の金融機関から、購入したい分の金額をCoincheckに銀行振込などで入金すれば、いつでも購入可能になります。 ウェブ画面から購入する方法 銀行振込などでの入金が済んだら、ログインして「ウォレット」から「コインを買う」をクリックし、ファクトム(FCT)を選びます。 購入数量を指定すれば必要な購入金額が日本円で算出されます。金額の確認をして「購入する」をクリックすればすぐに購入となります。 尚、日本円ではなく保有している仮想通貨でファクトム(FCT)を購入する場合も上記と同様の手続きで購入可能です。 取引アカウントの画面上で交換したい通貨を選択し、支払額が表示されますので確認して交換することができます。 コインチェックアプリ(iOS)で購入する場合 アプリをダウンロードして立ち上げたら、左メニューから「チャート」を選択し、ファクトム(FCT)を選択した上で、チャート画面下部の「購入」を選択します。 続いて、円貨で購入数量を指定し、購入ボタンを押し確認画面で実行することで購入できます。 コインチェックアプリ(Android)で購入する場合 アプリをダウンロードして立ち上げたら、左メニューの「コイン購入」をタップします。そして、表示されたコインの中から、ファクトム(FCT)を選びます。 続いて購入する数量を入力し、購入金額を確認しましょう。最後に「購入する」ボタンをタップして購入手続きは完了です 詳しくはこちら:ファクトム(FCT)取引の口座開設から購入方法を解説 ファクトム(FCT)を購入する場合の手数料は? ファクトム(FCT)を購入する場合にかかる手数料についても見ていきましょう。 Coincheckでファクトム(FCT)を購入する場合、すでに開設している口座へ日本円を入金します。 ウォレットと呼ばれるCoincheck内のアカウントへの入金方法としては、銀行振込の他にコンビニ入金、クイック入金があります。 銀行振込の場合 銀行振込の場合、振込手数料はお客様のご負担となりますが、手数料そのものは無料です。 コンビニ入金の場合 コンビニ入金ですが、1回の入金が30,000円未満の場合なら756円の手数料が、30,000円以上30万円以下の場合では1,000円の手数料が発生します。 尚、コンビニ入金の場合1回の入金金額の上限は30万円となっています。 クイック入金の場合 次にクイック入金の場合、1回の入金が30,000円未満なら手数料は756円かかります。また、30,000円以上50万円未満の入金なら手数料は1,000円が発生します。 入金額が50万円以上になる場合の手数料は「入金額×0.108%+486円」です。 送金手数料について 尚、ファクトム(FCT)を送金する場合、Coincheckのユーザーどうしなら送金手数料は無料になります。 Coincheckではない別のウォレットに送金する際には、0.1FCTの送金手数料が発生します。 ファクトム(FCT)とは? ファクトム(FCT)がいくらから購入可能なのかをお伝えしたあとは、ファクトム(FCT)の特徴などについてもお伝えしていきましょう。 ファクトム(FCT)は2015年に公開され、名前の由来はFact(事実)を語源としています。ビットコイン2.0とも呼ばれることもあり、次世代型ブロックチェーン上で住宅ローンや医療に関する様々なデータを低コストで安全な管理を可能にしてくれると期待されています。 プラットフォームとしてのファクトム(FCT) ファクトム(FCT)は仮想通貨ではなく、プラットフォームそのものを意味しています。このプラットフォームは契約書や不動産の登記簿謄本、証書などのドキュメント管理が主な目的となっています。 書面上のあらゆるデータを、公的機関といった第三者機関を介さずに証明できるようにしています。ファクトム(FCT)はそのようなデータを第三者が不正に改ざんや書き換えできないようにブロックチェーン上で管理・保存しています。 ファクトム(FCT)を利用するには、まずEntry Credit(エントリークレジット)で支払を済ませる必要があります。 Factoid(ファクトイド) そのために発行上限のないFactoid(ファクトイド)と呼ばれるトークンを仮想通貨の取引所で購入したりしなければなりません。 入手したトークンをFactoid(ファクトイド)チェーン上に送って、トークンの必要数とEntry Credit(エントリークレジット)の受取人の公開キーを指定することで、利用できるようになります。 中央集権型 ファクトム(FCT)の別の特徴としては、ファクトム(FCT)の開発や管理を行っているFactom Inc.(ファクトム・インク)による中央集権型である点です。 多くの仮想通貨が国や金融機関を介さずに管理・利用される非中央集権型であるのに対して、一企業に秘密鍵や資産の管理が委ねられています。 ファクトム(FTC)のプロジェクト ファクトム(FCT)を特徴づけるプロジェクトとしては「Factom Harmony(ファクトムハーモニー)」と「DLOC by SMARTRAC(ディーロックバイスマートロック)」があります。 Factom Harmony(ファクトムハーモニー) Factom Harmony(ファクトムハーモニー)はアメリカの住宅ローン業界で利用されることを目的とし、抵当権設定など不動産の登記に関する膨大なデータや情報を安全で低コストで管理できるようにします。 また、これまで大量の書類やデータの管理に多くのコストが費やされていましたが、このプロジェクトの推進によって大幅に削減できると期待されています。 DLOC by SMARTRAC(ディーロックバイスマートロック) DLOC by SMARTRAC(ディーロックバイスマートロック)は、医療データの管理・共有を目的とするプロジェクトです。個人のカルテなど、これまでは紙媒体で管理されてきた医療情報を、DLOCステッカーというデジタルステッカーに取り込みます。 このステッカー内の情報はいつでもどこからでも取り出せるため、患者が急病で入院するといった場合でも、病院はすぐに患者の過去の医療情報を知ることができます。しかも、このステッカー自体はブロックチェーン上で記録されるため、第三者によるデータ改ざんや不正が行えないようになっています。 ファクトム(FCT)の購入についてのまとめ ファクトム(FCT)の購入に興味があっても、購入金額が高そうで二の足を踏んでいた方は、今回お伝えした内容から購入しやすさをおわかりいただけたのではないでしょうか。 Coincheckなら購入も売却も日本円で500円からお取引可能で、お手持ちの仮想通貨との交換も0.001BTCから可能です。 ファクトム(FCT)の購入に躊躇していた方はCoincheckのホームページからアカウント登録し、購入してみてはいかがでしょうか。

日本語で表示しますか?

はい いいえ もう表示しない

Show in English?

Yes No Never