Net Assets
Show in header
Net Assets
¥ {{ balance.net_assets.jpy | number: 1 | cut_decimal_zero }}

Available

In Use

{{cur}} {{ cur.toUpperCase() }}
¥ {{ balance.coincheck.available[cur] | cut_decimal_zero }}
¥ {{ balance.coincheck.in_use[cur] | cut_decimal_zero }}
Pengungkit perdagangan
JPY
BTC
Batas deposito
{{ balance.leverage.leverage.jpy | fraction:0 }}
{{ balance.leverage.leverage.btc }}
Batas tersedia
{{ balance.leverage.leverage_sendable.jpy | fraction:0 }}
{{ balance.leverage.leverage_sendable.btc }}
(Avail)
{{ balance.leverage.leverage_avail.jpy | fraction:0 }} {{ balance.leverage.leverage_avail.btc }}
(Debt)
{{ balance.leverage.leverage_debt.jpy | fraction:0 }} {{ balance.leverage.leverage_debt.btc }}
Pengungkit
{{ current_account.lending_leverage }}
Stop out level
{{ balance.leverage.margin_level * 100 | number:1}} % N/A
Net Assets
Show in header
Net Assets
¥ {{ balance.net_assets.jpy | number: 1 | cut_decimal_zero }}

Available

In Use

{{cur}} {{ cur.toUpperCase() }}
¥ {{ balance.coincheck.available[cur] | cut_decimal_zero }}
¥ {{ balance.coincheck.in_use[cur] | cut_decimal_zero }}
Pengungkit perdagangan
JPY
BTC
Batas deposito
{{ balance.leverage.leverage.jpy | fraction:0 }}
{{ balance.leverage.leverage.btc }}
Batas tersedia
{{ balance.leverage.leverage_sendable.jpy | fraction:0 }}
{{ balance.leverage.leverage_sendable.btc }}
(Avail)
{{ balance.leverage.leverage_avail.jpy | fraction:0 }} {{ balance.leverage.leverage_avail.btc }}
(Debt)
{{ balance.leverage.leverage_debt.jpy | fraction:0 }} {{ balance.leverage.leverage_debt.btc }}
Pengungkit
{{ current_account.lending_leverage }}
Stop out level
{{ balance.leverage.margin_level * 100 | number:1}} % N/A

リップル(Ripple/XRP)はどこで買うのがおすすめ?取引所の選び方から始め方までを解説

仮想通貨で多くの方に知られているのがビットコイン(BTC)です。

ですが、現在世の中には沢山の仮想通貨が発行されており、ビットコイン(BTC)以外にも数多くの仮想通貨が日本でも取引されています。

そこで今回は、時価総額が上位である仮想通貨のリップル(XRP)についてご紹介するとともに、購入するのにおすすめの取引所の選び方などを解説していきます。

多数の仮想通貨の取引所で扱われるリップル(Ripple/XRP)はどこで買うべき?

リップル(XRP)
リップル(XRP)は、多くのユーザーや企業から注目を浴びている通貨です。そのため、世界中にある仮想通貨の取引所で取り扱われています。

それでは、一体どうやって利用する取引所を選んだら良いのでしょうか。

仮想通貨の取引所を選ぶ際には取引量に注意

まず、リップル(XRP)を取扱う取引所であっても、選んだ取引所によっては、リップル(XRP)の取引量が少ない場合もあります。

その場合、希望の価格で購入に繋がらない時もあるでしょう。そのため、仮想通貨の取引所を選ぶ際は、基本的には取引量が多い取引所を選ぶことがポイントです。

あまりにも取引量が少ない場合、いざリップル(XRP)を購入しようとしても、購入できない場合があるためです。

取引の簡単さや手数料もポイント

次に、取引所を選ぶポイントとして、取引の簡単さや手数料があります。

海外の取引所の中には取引手数料が安い業者もありますが、日本円から直接購入することができないことがほとんどです。そのため、まずは日本の仮想通貨の取引所で仮想通貨を購入し、その仮想通貨を海外に送金して、購入する必要があります。

このような手続きが必要になるため、別途送金手数料がかかったり、取引に慣れていない初心者には難しい場合があります。

したがって、仮想通貨の初心者の場合は、まずは日本国内の金融庁登録済の仮想通貨交換業者から、直接日本円で購入するのが安全で簡単と言えるでしょう。

取引の際の通貨や引き出し限度額

また、海外の仮想通貨の取引所は、そもそも日本在住の場合は利用できないこともあり、さらには日本円(JPY)に対応していないものがほとんどです。

日本円だけでなく、ドルなどの法定通貨に対応していない場合には、仮想通貨のビットコイン(BTC)との交換など、仮想通貨同士の交換しかできないこともあります。

加えて、引き出し限度額が決められている取引所もあったりと、大きな金額を一度に引き出せないことがよくあります。

取り扱い通貨の種類

また、取引所によって取扱い通貨の種類も違います。

今後リップル(XRP)の購入はもちろん、その他の通貨の購入を考えている場合は、取扱いの通貨数が多い取引所を利用されるのが良いでしょう。

セキュリティー面

最後に、仮想通貨を購入する上で、セキュリティーは非常に重要です。現在ではログインの際に「2段階認証」を推奨している取引所がほとんどです。

不正に第三者にログインをされて、お金や仮想通貨を盗まれてしまったら悲しいですよね。ですので、取引所のセキュリティーがどのようになっているかを知ることも重要です。

このセキュリティーによって、ユーザーが安全に守られているかどうかを知ることができます。このような取引所ごとの違いを事前に理解しているのと知らないのとでは、大きな差が生まれるでしょう。

日本ではCoincheckでリップル(Ripple/XRP)が簡単に購入可能

コインチェック
ここまでで、仮想通貨の取引所を利用してリップル(XRP)の取引をする場合に、事前に知っておきたいポイントなどについて紹介しました。

もちろん、日本国内の取引所でもリップル(XRP)の取引が可能ですので、ここでは国内大手取引所の1つであるCoincheckについてご紹介します。

Coincheckでは日本語の対応はもちろんのこと、日本円でも購入ができるという利点があります。

高いデザイン性と操作性

また、初めて仮想通貨の取引を行う人でも簡単に操作ができるため、使い勝手が良いと言われています。使い勝手が良いと言われる理由として、Coincheckの高いデザイン性が挙げられます。

Coincheckのサービスはデザインがシンプルで、取引をする際にもわかりやすくなっています。チャート画面も見やすいため、初めて仮想通貨の取引所を利用する人から高い評価を得ています。

取引の操作も容易で、スマートフォンのアプリでも簡単に取引を行うことができます。さらに、仮想通貨が初めての人には、わかりやすくどのように仮想通貨を買うのかが動画で紹介されているので安心です。

Coincheckのアカウント登録はこちら

仮想通貨の取扱いの種類が豊富

Coincheckは国内取引所の中でも、取扱い仮想通貨の数では国内トップクラスです。もちろん、リップル(XRP)の取引も行うことができます。

最大年率5%の貸仮想通貨サービス

さらに、購入した仮想通貨をCoincheckに貸し出すことで利用料がもらえる、貸仮想通貨サービスも提供しています。

最大年率5%で、貸出期間は14日間・30日間・90日間・365日間から選ぶことができます。

価格アラート機能がある

他にも、仮想通貨の価格のアラート機能があります。

価格アラートとは、仮想通貨の価格が指定した数値よりも大きく変化した時にメール等で知らせてくれるサービスです。実際にこの機能がある仮想通貨の取引所は、多くありません。

仮想通貨は価格の変動が激しいため、ちょっと目を話した時に大きく値段が変わっていることもよくあります。そのために、常に価格を見ていないと不安で、精神的に疲れてしまう人もいるかもしれません。

そんな時に、価格アラート機能を設定しておけば、普段の価格変動を気にしなくて良いため助かります。

Coincheckの運営会社について

Coincheckは2014年のサービス開始から、これまでは独自で経営を行っていました。しかし、2018年4月にマネックスグループにグループ入りしました。

マネックスグループはマネックス証券を子会社に持つ会社ですので、今後はマネックスの経験やノウハウがCoincheckに活かされることが期待されています。

Coincheckでのリップル(Ripple/XRP)の取引の始め方

リップル(XRP)の取引を行うためには、まずはCoincheckに口座開設が必要です。

Coincheckの場合、口座開設の申請はネット上で簡単に可能ですので、証券会社などの口座開設よりもスムーズになっています。

SMS認証や運転免許証等による本人確認書類の画像などの提出後、後日自宅に届いたはがきを受け取ることで口座開設は完了します。

リップル(Ripple/XRP)の口座開設・購入方法までの流れはこちら

販売所と取引所の違い

なお、「仮想通貨の取引所」とは言いますが、実は仮想通貨を買うことが出来る場所は、販売所と取引所に区別されます。

販売所は、個人が販売所に対して仮想通貨を売買できる場所で、例えばCoincheckが提示する価格で仮想通貨を売買することができます。

対して、取引所は個人間で仮想通貨の売買を行う場所となっています。取引所では、通常オーダーブックと呼ばれる「板」に注文を書き込む形で、個人間のやり取りができるようになっています。

Coincheckでは、販売所のサービスに加えて、ビットコイン(BTC)の取引所のサービスも提供しています。

リップル(Ripple/XRP)の今後の将来性は?

リップル(XRP)
これまでで、リップル(XRP)を購入することについてご紹介してきましたが、リップル(XRP)自体の紹介はありませんでしたので、簡単に特徴や将来性などについてご紹介します。

リップル(XRP)はどんな仮想通貨?

そもそもリップル(XRP)とは何かと思われる方も多いかもしれません。

まず、リップル(XRP)はアメリカのサンフランシスコ発のスタートアップから生まれた仮想通貨です。この通貨は、送金の際にかかるタイムロスや手数料などの摩擦を減らすことをミッションに掲げています。

背景として、他国に国際送金をするためには、複数の銀行を介して送金が行われています。送金をするための銀行、送金を中継するための銀行、受取人に支払うための銀行といった具合です。

さらに手続きが加わる場合もあり、多くの時間がかかってしまいます。また、複数の銀行を通すために手数料も二重三重にかかっています。

海外送金は、国内送金と違い、多くの問題があるのです。このような背景の元、送金の摩擦を減らすためにリップル(XRP)は誕生しました。

リップル(XRP)とビットコイン(BTC)の違い

リップル(XRP)の開発を行う米国のリップル社は、1,000億XRPの発行を既に行っており、新規発行を行わないと表明しています。

対してビットコイン(BTC)は、2,100万BTCの上限枚数はありますが、未だ全てのビットコイン(BTC)が発行されていません。マイニングと呼ばれる取引の承認作業を通して、日々通貨が発行されています。

また、リップル(XRP)の半分近くはリップル社の管理下に置かれています。ただし、リップル社が自由に使える訳ではなく、ロックを掛けて管理をしています。

そのロックも2018年1月から毎月10億XRPずつ市場に解放しています。そのため、今後はリップル(XRP)の流通が多くなることが考えられるでしょう。

リップル(XRP)は送金スピードが速くスケーラブル

リップル(XRP)は送金の無駄をなくすということを目標にしているだけに、送金スピードが非常に速いことが特徴です。

他の通貨に比べてもトップクラスに速く、また、1秒における取引処理件数も多いため、スケーラブルな仕様となっています。

詳しくはこちら:リップル(Ripple/XRP)の特徴とは?

リップル社の今後の取り組み

リップル(XRP)
リップル社は「RippleNet」という国際送金ネットワークを作ることを目指しています。このネットワークは、銀行を通さずにRippleNetに入っている企業や個人で送金を行う仕組みです。

仮想通貨や金融機関、クレジットカードなどの様々なネットワークを繋いで、異なる台帳間のお金の高速な送金の実現を目指しています。

実際に、このネットワークへ加入している銀行も世界中で増えてきています。実際に加入している日本の銀行も既にあるため、日本企業からの期待も高いと言えるでしょう。

リップル(Ripple/XRP)についてのまとめ

リップル(XRP)
リップル(XRP)は、海外でも国内でも多くの取引所で取扱われています。銀行業界や世界的な大企業からも、注目を浴びている仮想通貨です。

このように多くの場所で取扱われている実績や、企業との提携実績がありますので、比較的世の中に普及してきている仮想通貨と言えます。そして、今後も色々な企業などと提携していくことが期待されています。

また、リップル(XRP)は大きな銀行や企業と提携を結ぶことで、ニュースになることがあります。そのため、リップル(XRP)を保有する場合は、仮想通貨のニュースなどの情報に、常にアンテナを立てておくのが良いでしょう。

リップル(XRP)は、仮想通貨の中でも送金が早いということや、ネットワーク内で便利な送金が出来る点などに強みを持ちます。

そんなリップル(XRP)に興味を持った方は、まずはCoincheckにて口座を開設し、少額から取引を始めてみてはいかがでしょうか。

日本語で表示しますか?

はい いいえ もう表示しない

Show in English?

Yes No Never