The Sandbox(ザ・サンドボックス)とは?話題のブロックチェーンゲームの始め方や覚えておきたい用語を解説

話題のブロックチェーンゲームといえば『The Sandbox』。ですがブロックチェーンゲームをプレイしたことない方は、以下のようなお悩みを抱えているのではないでしょうか?

「ブロックチェーンゲームってそもそもなに?」
「The Sandboxを始めたいけどやり方が分からない」
「The Sandboxに出てくる用語が難しすぎる」

そこで今回はThe Sandboxの始め方や魅力だけではなく、基礎的な用語や遊び方も徹底解説していきます。

初めてブロックチェーンゲームをするという方にも分かりやすくまとめているので、ぜひこれを機にThe Sandboxを始めてみましょう!

執筆Coincheck Column編集部

Coincheck Column編集部は仮想通貨の取引経験者やブロックチェーンの知見に深いメンバーで構成されています。これから仮想通貨を始める方々に「仮想通貨について正しく理解していただき安心して取引できる」ことを目的に執筆しています。/ 運営元:コインチェック株式会社

そもそもブロックチェーンゲームとは?

ブロックチェーンゲームとは、仮想通貨(暗号資産)の基盤であるブロックチェーンの技術を活用したデジタルなゲームのことです。

ブロックチェーンゲームの特徴としては、以下の3つが挙げられます。

  • ①ゲーム内取引の不正や改ざんがしにくい
  • ②取得したアイテムやキャラクターが自分の資産になる
  • ③取得したアイテムを自由に売買することができる

ブロックチェーン技術が介入されることにより、実質改ざんや不正が不可能になります。
これは全てのトランザクション(取引)をユーザー同士で監視することにより、万が一ゲーム内の誰かがコードやデータなどを書き変えたとしても、他のユーザーのデータと比較することによって不正が判明するためです。

また、NFT(Non-Fungible Tokenを用いることによって、ゲーム内で使用したアイテムやキャラクターをトークン化することが可能になります。

トークン化したアイテムやキャラクターはマーケットプレイスなどを経由することによって、自由に売買することができる他、複数の対象となるゲーム内で使用することが可能となります。

上記のことから、ブロックチェーンゲームは取引の不正や改ざんがしにくく、ユーザー同士が自由に売買することができるため、ゲームの透明性が担保されやすいという特徴があります。

The Sandbox(ザ・サンドボックス)とは?

The Sandbox

では次に今回の本題である、The Sandbox(ザ・サンドボックス)について解説していきます。

『The Sandbox(ザ・サンドボックス)』とはイーサリアムのブロックチェーン技術を基盤とした「ユーザー主導のゲームプラットフォーム」です。

ユーザーはMetaverse(メタバース)と呼ばれる仮想空間上にLAND(土地)を購入.レンタルをすることで、オリジナルのゲームやアイテム、キャラクター、サービスを作成することができます。マインクラフトなどのシュミレーションゲームが好きなゲーマーには、とても親しみを感じられるゲームプラットフォームでしょう。

さらにユーザーは所有するLANDやアイテム、キャラクターをEthereumブロックチェーンによる代替不可トークン(NFT:Non-Fungible Token)としてプラットフォーム上に自由に売買することが可能です。

ダウンロード数は4,000万回、月間アクティブユーザー数はピーク時には100万人を超え、シリーズ最新作は世界で最も期待されているブロックチェーンゲームトップ50の13位に選出されました。

2020年3月にはスクウェア・エニックスなどから201万ドル(約2億2千万)の出資を受けるなど、日本での今後の発展が期待されています。

The Sandbox(ザ・サンドボックス)の魅力とは?4つの楽しみ方を伝授

The Sandboxでは以下のようなことができます。

  • ビルやアバターなどのボクセルアートの制作
  • ボクセルアートを売買して収益化
  • コーディングが不要な3Dゲームの制作
  • メタバース空間の探索

ここからは上記をどのように楽しむか、4つほど紹介していきます。

楽しみ方①ボクセルアート

ボクセルアート

参照:「初めてのThe Sandbox (ブロックチェーンゲーム)」

ユーザーは無料ツールのVoxEdit(ボックスエディット)を使い、ゲーム内で利用することができるオリジナルのアイテムやキャラクター、建物などを自作することができます。

ボクセルアートとは正方体を組み立てて作る作品のことを指し、積み木を楽しむ感覚で作ることができ、絵心の無い方でも比較的簡単に作成することができます。

このボクセルアートを制作するのが、The Sandboxの1つの楽しみ方といえるでしょう。

楽しみ方②Game Maker

Game Maker

参照:「初めてのThe Sandbox (ブロックチェーンゲーム)」

The Sandboxでは、VoxEditにて作られたボクセルモデルをゲームに利用することができます。

ユーザーはビジュアルスクリプトツールが搭載されているGame Makerを使うことで、メタバース上に無料で3Dゲームを作ることができます。

VoxEditで作られた何千とあるボクセルモデルをゲームに利用することができます。

楽しみ方③The Sandbox内のマーケットプレイス

The Sandbox内のマーケットプレイス<br>

マーケットプレイスとは、The Sandbox内にある「売り手と買い手が自由に参加できるインターネット上の取引市場」のことを指します。

身近でイメージしやすいのは、Amazonや楽天、メルカリなどでしょうか。

たとえばThe Sandbox内のマーケットプレイスを利用することで、Voxedit上で作成したASSETをインポートし、NFTとして販売することが可能です。

The Sandboxはブロックチェーンゲームなので、こういった自作品を売買できるという点に価値を置くユーザーは多くいます。

楽しみ方④メタバース空間

メタバース空間

ゲームの操作性や仕組みなどに注目されやすいThe Sandboxですが、メタバース空間もその要素の1つといっていいでしょう。

メタバース空間とは、現実世界の仮想化。現実世界を仮想空間にミラーリングしたものです。

メタバース空間では謎解きやアイテムの収集、タイムアタックなど様々なタイプのゲームを楽しむことができます。

メタバース内のソーシャルハブでは、ユーザー同士でチャットをしたり、会話を楽しむことができます。

「自分は一切動かずに、広い空間のなかで思うように動ける」という体験は未知な方も多く、The Sandboxはそれだけでも十分に楽しめます。

The Sandboxでよく使う用語

The Sandbox

仮想通貨もThe Sandboxもあまりよく知らないという方にとっては、単語の意味が分からず内容を理解することも一苦労でしょう。

そこでThe Sandboxでよく使う用語を3つ、詳しく解説します。

全体像を掴むために欠かすことのできない用語ですので、しっかりと覚えておいてください。

METAVERSE(メタバース)

METAVERSE(メタバース)とは、The Sandboxの仮想空間のことを指します。

166,464個のLAND(ランド)で構成されており、METAVERSEにて利用できる主要トークンはEthereum(イーサリアム)ブロックチェーン上で発行されたERC-20(SAND)です。

LAND(ランド)

LAND(ランド)とはMETAVERSE内における土地のことであり、166,464個が発行数の上限と決められています。

LAND上にプレイヤーがデジタルアセットを構築することができます。LANDはザ・サンドボックス内のマーケットプレイスやCoincheck NFT(β版)でも購入することが可能です。

LANDを所有していると、以下のようなことが可能になります。

  • The Sandboxのゲームへ参加
  • LANDでゲームや体験を主催
  • LANDでイベント開催
  • The Sandboxメタバースガバナンスへの参加

さらに、今後は自作ゲームを提供するだけでなく、LANDの貸し出しでSANDを稼ぐこともできるようになります。

Coincheck NFT(β版)ではCoincheckが購入したLANDの一部を4/5から発売します。気になる方はぜひ一度チェックしてみてください。

SAND(サンド)はEthereum(イーサリアム)ブロックチェーン上で発行されたERC-20トークンであり、The Sandbox上でのゲームコインを指します。

ESTATE(エステート)

ESTATE

ESTATE(エステート)とは、The Sandbox内における地域を指します。

1LANDは、96メートル(縦) x 96メートル(横) x 128メール(高さ)です。1アバターが1メートル x 1メートルですので、1LANDでも十分に広い空間です。ESTATEは、複数のLANDから構成された地域を指しています。最小サイズのESTATEは3x3、合計9LANDから構成されています。

The Sandbox(ザ・サンドボックス)の始め方

ここからはThe Sandboxの始め方について解説していきます。

順序ごとに進めるだけで簡単に始められるので、ぜひ一緒にアカウント制作から始めましょう。

サインアップ

The Sandbox

まずはじめに、サインアップしましょう。

アカウント作成に使えるウォレットは「Bitski」「Metamask」の2種類です。

普段からブロックチェーンゲームをしている方は「Metamask」で、メールアドレスとニックネームを入力して完了させてください。

エディターのダウンロード

つぎに、エディターをダウンロードします。

対応機種は以下の通り。

  • Windows(7以降)
  • Mac(OSX Mavericks以降)
  • Linux

エディターページTOPに「ダウンロード」という表記があるので、そこをクリックするだけです。対応機種にあったものをインストールしましょう。

ファイルを解凍後に「VoxEdit」を開けば、ダウンロードの完了です。

Coincheck NFT(β版)の使い方

Coincheck NFT(β版)では『The sandbox(ザ・サンドボックス)』のLandを売買することができます。ここでは出品方法と購入方法を紹介します。

以下の記事では画像付きでCoincheck NFT(β版)の使い方を詳しく紹介しているので、合わせてご覧ください。

出品方法

Coincheck NFT

出品する場合、まずは「マイページ」に移動します。

Coincheck NFT
次にマイページ内、出庫済みのNFTから、出品したい商品をクリックします。

Coincheck NFT

出品したい内容であるかを確認し「出品」をクリックします。

Coincheck NFT

最後に、購入された場合に「受け取る通貨」と出品金額を選択し「出品」をクリックすると完了です。

購入者は出品者が「受け取る通貨」で選択した通貨でのみ購入することができます。

購入方法

Coincheck NFT

まずはHome画面より購入したいNFTを選択します。Home画面には入庫した全てのNFTが表示されているため、画像左上に「出品中」と記載があるものだけを購入することができます。

Coincheck NFT

金額は出品者が選択した通貨が表示されています。
購入はCoincheckで取り扱っている通貨から選択することができます。

詳細の確認が完了したら「購入確認」「購入」をクリックすれば、購入は完了です。

The Sandbox(ザ・サンドボックス)のまとめ

今回は話題のブロックチェーンゲーム、The Sandboxについて詳しく解説しました。

本記事の要約

・The Sandboxは初心者でも始められる
・The Sandboxの用語解説

  • 1.SAND(サンド)
  • 2.METAVERSE(メタバース)
  • 3.LAND(ランド)
  • 4.ESTATE(エステート)

・The Sandboxの4つの楽しみ方

  • 1.ボクセルアート
  • 2.Game Maker
  • 3.マーケットプレイス
  • 4.メタバース空間

・アカウント作成やエディターのダウンロード方法

特にThe Sandboxからブロックチェーンゲームを始めたい方にとっては、システムや用語など分からないことばかりですよね。

ただ消費するだけだったゲームという存在が、投資に代わる可能性があるというのは、全世界のゲーマーにとって嬉しいことではないでしょうか?

これを機に、ぜひあなたもThe Sandboxを始めてみましょう!