Net Assets
Show in header
Net Assets
¥ {{ balance.net_assets.jpy | number: 1 | cut_decimal_zero }}

Available

In Use

{{cur}} {{ cur.toUpperCase() }}
¥ {{ balance.coincheck.available[cur] | cut_decimal_zero }}
¥ {{ balance.coincheck.in_use[cur] | cut_decimal_zero }}
Leveraged trading
JPY
BTC
Margin deposit
{{ balance.leverage.leverage.jpy | fraction:0 }}
{{ balance.leverage.leverage.btc }}
Available margin
{{ balance.leverage.leverage_sendable.jpy | fraction:0 }}
{{ balance.leverage.leverage_sendable.btc }}
(Avail)
{{ balance.leverage.leverage_avail.jpy | fraction:0 }} {{ balance.leverage.leverage_avail.btc }}
(Debt)
{{ balance.leverage.leverage_debt.jpy | fraction:0 }} {{ balance.leverage.leverage_debt.btc }}
Leverage
{{ current_account.lending_leverage }}
Stop out level
{{ balance.leverage.margin_level * 100 | number:1}} % N/A
Net Assets
Show in header
Net Assets
¥ {{ balance.net_assets.jpy | number: 1 | cut_decimal_zero }}

Available

In Use

{{cur}} {{ cur.toUpperCase() }}
¥ {{ balance.coincheck.available[cur] | cut_decimal_zero }}
¥ {{ balance.coincheck.in_use[cur] | cut_decimal_zero }}
Leveraged trading
JPY
BTC
Margin deposit
{{ balance.leverage.leverage.jpy | fraction:0 }}
{{ balance.leverage.leverage.btc }}
Available margin
{{ balance.leverage.leverage_sendable.jpy | fraction:0 }}
{{ balance.leverage.leverage_sendable.btc }}
(Avail)
{{ balance.leverage.leverage_avail.jpy | fraction:0 }} {{ balance.leverage.leverage_avail.btc }}
(Debt)
{{ balance.leverage.leverage_debt.jpy | fraction:0 }} {{ balance.leverage.leverage_debt.btc }}
Leverage
{{ current_account.lending_leverage }}
Stop out level
{{ balance.leverage.margin_level * 100 | number:1}} % N/A

Coincheck Column
コインチェックコラム

2019-07-11ファクトム(FCT)

仮想通貨ファクトム(FCT)とは、「ビットコイン2.0」と呼ばれる次世代通貨として注目を集めています。 ファクトム(FCT)はどのような特徴を持っているのか、ファクトム(FCT)の今後の将来性なども含めて、わかりやすく解説していきます。 ファクトム(FCT)取引の口座開設から購入方法を解説はこちら ファクトム(Factom/FCT)は仮想通貨ではなくプラットフォーム まず、ファクトム(FCT)はビットコイン(BTC)のような仮想通貨そのものではなく、大量のデータを分散管理するためのプラットフォームです。 ドキュメント管理に重きを置いており、ブロックチェーン上に「あるデータがある時刻に存在した」ことを証明できる機能を持っています。 このプラットフォーム上で用いられる仮想通貨は「Factoid(FCT)」と呼ばれますが、一般には仮想通貨そのものを指して「ファクトム(FCT)」と呼んでも問題はありません。 なお、Factoidは、およそ900万枚が発行済みとされていますが、発行上限枚数は決められていません。 ファクトム(Factom/FCT)による2つのプロジェクト ビットコイン(BTC)などの仮想通貨は通常、「誰から誰へ、いくら送金した」という、取引情報が記録されますが、ファクトム(FCT)が扱うのは個人情報に類するドキュメントです。 例えば、土地や建物の登記簿、健康保険証や生命保険証書、金融機関からの借入記録。これら個人の情報を記載したドキュメントをブロックチェーンに書き込み、管理できるのがファクトム(FCT)です。 一つひとつは重要な個人情報なのですが、ブロックチェーン上で管理することで改ざんや漏洩のリスクは限りなく低くできますし、必要なときに素早く情報を取り出すことができます。 ファクトム(FCT)の特性を活かして多くのプロジェクトが展開されていますが、中でもメジャーなものを2つ、ご紹介します。 1. ファクトムハーモニー アメリカで進行中の「ファクトムハーモニー」は、住宅ローン関連の情報をすべてファクトム(FCT)で管理するというプロジェクトです。住宅ローンでは土地建物といった不動産の登記情報に加えて借入情報など、多くのデータが扱われます。 これまで紙ベースで管理していたそれらの情報を、すべてファクトム(FCT)で管理したらどうでしょう?安全で手間もかからず、各種手数料をグッと安くすることができます。もちろん、データの改ざんや漏洩のリスクも低くできます。 2. DLOC もうひとつのプロジェクトは「DLOC」です。これは、医療データの管理・共有を目的としたもので、患者さんのカルテをはじめとする医療情報をひとまとめにしてブロックチェーン上に記録し、医療機関で共有します。 必要なときに必要な情報を、どこからでも取り出すことができますから、患者さんが出張先で急病にかかったという場合でも、万全の医療を提供することができるようになります。 ファクトム(Factom/FCT)独自の特徴とは? ファクトム(FCT)は、ほかの仮想通貨とは異なる特徴を持っています。そのうちの、おもなものをご紹介します。 管理者が存在する ファクトム(FCT)には、管理者が存在します。 仮想通貨はもともと「非中央集権的であること」を目指して生まれたもので、運営グループはいても介入する管理者はいない、というケースがほとんどです。しかし、ファクトム(FCT)は、Factom Inc.という企業が開発・管理を行っています。 データが軽く、速さと安さを実現 ブロックチェーンに書き込むデータは、その量が大きくなるほどマイニングに時間がかかり、その分マイナーへの手数料もアップしてしまいます。そのため、大量のデータを直接ブロックに書き込むのには限界があり、効率的とはいえません。 ファクトム(FCT)では、記録するデータをカテゴリごとに分類・整理して、まずFactom Inc.が管理するサーバー上で暗号化します。その上でブロックチェーンに記録するという方法をとって、取引データ量をコントロールしています。 これにより、取引スピードが速くなり、手数料も安くなります。 ファクトム(Factom/FCT)の将来性は? ファクトム(FCT)は、公開から3年で8億円以上の出資を引き出しました。 また、前述した「ファクトムハーモニー」が発表されたときには、その将来性を見込んで大量の買い注文が入りました。 日本でも、「ファクトムジャパン」によって、投資家向けの情報発信なども行われていますので、今後もファクトム(FCT)から目が離せません。

ライトコイン(Litecoin/LTC)とは、ビットコイン(BTC)のスケーラビリティ問題を解決するべく開発されました。 仮想通貨という概念が生まれてから、さらに実用性を高めたともいえる歴史あるコインです。ライトコイン(LTC)の特徴や仕組み、今後の将来性について解説します。 ライトコイン(Litecoin/LTC)はビットコインに次ぐ歴史を持つ仮想通貨 2011年に誕生したライトコイン(LTC)は、ビットコイン(BTC)を原型とし、その欠点を補うべく生まれ、「ビットコイン(BTC)は金、ライトコイン(LTC)は銀」ともいわれています。そのため、多くの点でビットコイン(BTC)の仕様や機能を踏襲しています。 ライトコイン(LTC)は元々、ビットコイン(BTC)の抱えるスケーラビリティ問題(ブロックサイズの不足)を解決するために生まれた仮想通貨です。ビットコイン(BTC)が仮想通貨という概念を具現化したものとするなら、ライトコイン(LTC)はさらに実用性を高めたもの、と見ることができます。 なお、日本での人気はあまり高くはありませんが、海外では盛んに取引されており、特にアメリカでの人気が高いようです。 ライトコイン(Litecoin/LTC)取引の口座開設から購入方法はこちら ライトコイン(Litecoin/LTC)の特徴は? ライトコイン(LTC)は、ビットコイン(BTC)よりも高い実用性を備えています。ライトコイン(LTC)の特徴についてご紹介します。 ブロックの生成スピードが速い ビットコイン(BTC)の場合、ブロック1つが生成されるのに、およそ10分かかります。当初の設計では問題とされなかったものの、この生成速度では取引量の増大についていけず、処理が滞ってしまったり手数料が高騰していったりと、さまざまな弊害が現れてしまいます。 そのため、ライトコイン(LTC)では、「Segwit(セグウィット)」というデータ圧縮技術を実装することで、「1ブロックあたり約2.5分」という生成速度を実現しています。 Segwitは、簡単にいえば「ブロック内の特定のデータを別の場所に格納して、取引データを軽くする」技術のことです。特定のデータとは、取引の送金元と送金先、それぞれの情報です。 これを別領域に保存しておけば、処理すべきデータ量が削減でき、処理時間の短縮にも貢献するというわけです。 ライトニングネットワークにも対応可能 Segwitを実装すると、ブロックチェーン外での処理を扱うことができ、これによって「ライトニングネットワーク」の導入が可能になります。 ライトニングネットワークとは、ブロックとブロックをつなげる鎖のようなメインチェーンの外側に、バイパスのようなチェーンを作り、高速送金を実現する技術のことです。 試験的ではありますが、ライトニングネットワークを利用して、個人同士での通貨の送受信にも成功しています。ライトニングネットワークにより、コインの取引が一瞬で行われ、手数料はほとんどゼロに近く、しかも高い安全性を持つとされています。 このような、ネットワーク上で行われた取引の結果だけを、本来のブロックチェーンに書き込むようにすれば、速さと安全性と低コストを同時に実現することができます。 ライトニングネットワークが本格的に導入されれば、ライトコイン(LTC)による少額の支払いが今まで以上にスムーズになることでしょう。 ライトコイン(Litecoin/LTC)の今後の将来性は? ライトコイン(LTC)は、目新しさという点ではほかの新しい仮想通貨に劣るものの、仮想通貨としての歴史の長さは高い信頼感につながっています。 ライトニングネットワークという新たな技術も導入される可能性があるため、有効に機能すれば、ライトコイン(LTC)はその実用性を存分に発揮することができるようになるでしょう。

2019-07-11ネム(XEM)

仮想通貨ネム(NEM/XEM)は、2015年に誕生した比較的新しい仮想通貨で、PoIやハーベスティングといった独自のしくみを採用しています。 ネム(NEM/XEM)の特徴や仕組み、今後の将来性について初心者にもわかりやすく解説します。 2015年に誕生した仮想通貨ネム(NEM/XEM)  ネム(XEM)という名称は「New Economy Movement」の頭文字から取られています。 つまり、「国や政府、中央銀行といった既存の枠組みを離れた、新しい経済のしくみを目指す」ことを目標として生まれました。多くの仮想通貨も同じ理念のもとに作られてきましたが、それをあえて通貨の名称にするあたりに、開発グループの意思が感じられます。 ネム(XEM)は、まだ新しい通貨なのですが、その仕様や機能の点で特徴的なポイントを持っています。 ネム(XEM)取引の口座開設から購入方法はこちら ネム(NEM/XEM)の特徴について ネム(XEM)の仕様や機能の数々は、ほかの仮想通貨と共通するものもあれば、独特なものもあります。そのいくつかをご紹介します。 承認報酬が偏らない「PoI」を採用 例えば、ビットコイン(BTC)では、取引データを承認する作業を「マイニング」と呼び、そのマイニング作業に対して報酬が支払われます。これがProof of Work (PoW)、つまり「作業量に見合った報酬を支払う」というやり方です。 しかし、マイニングで多くの利益を得るためには、高価で大がかりな設備と大電力が必要になります。これでは、資金力を持つマイナーばかりが報酬を独占してしまうことになります。 そこで、ネム(XEM)ではProof of Importance(PoI)という独自のしくみを採用しました。これは、ネム(XEM)専用のウォレット「Nano Wallet」にある、ネム(XEM)の「保有量」「保有期間」などから得られるスコアによって、ネットワーク運営にどれだけ貢献したかを評価するというものです。 Nano Walletにネム(XEM)を保有しておくと、1日ごとにスコアが加算されていきます。このスコアが一定の数値を超えた時点で、報酬を得る資格を持つことができるのです。 マイニングではなく「ハーベスティング」と呼ぶ理由は? ネム(XEM)では、報酬を得ることを「ハーベスティング」と表現します。マイニングは「採掘」、ハーベスティングは「収穫」です。 ビットコイン(BTC)などで採用されている「PoW」では、ローカルマシンの計算能力を使ってブロックのデータを承認していく作業が必要です。つまり、自力で働いた分の報酬を得る、という感覚です。 しかし、ネム(XEM)で採用されている「PoI」では、アカウントの重要度によって報酬が支払われます。もちろん、貢献度が反映されてNano Walletの残額が10,000XEMを超えれば、データの承認作業に参加することはできますが、それをしなくても重要度に見合った報酬を得ることができるのです。 自然に生まれた恵みをそのままいただくといった意味合いから、ハーベスティングという名称がつけられました。 詳しくはこちら:ネム(NEM/XEM)のハーベストとは?方法やマイニングとの違いを解説 処理が速く、スピーディーな取引が可能 データの処理速度は、そのまま取引のスピードに直結します。処理速度は仮想通貨にとっては非常に大切なところで、スピードが遅くなればなるほど、通貨としてはマイナスに作用します。 その点、ネム(XEM)は「処理の速さ」には定評があります。ブロック1つあたりの生成スピードがビットコイン(BTC)では10分かかるところが、ネム(XEM)はわずか1分です。 高額の送金では送金先に着金するまで非常に気にかかるところではありますので、このスピード感は大きな信頼につながります。 通貨の供給量が増えることがない ネム(XEM)は、公開当初に約90億XEMが配布され、それ以降は、新たなコインの発行をしていません。多くの仮想通貨はマイニングによって新規コインを発行していますので、市場に出回るコインの総量は年々増え続けています。 しかし、ネム(XEM)の場合、今以上に供給量が増えることがないのです。これは、「市場に流通するコインが増えすぎて、インフレを起こす」不安を軽減させます。 ネム(NEM/XEM)の将来性は? ネム(XEM)は、ネム(XEM)の機能を大幅に向上させると言われている、ブロックチェーン技術「カタパルト」の導入がすでに決まっています。 カタパルトの導入により、複数の取引を同時に処理することが可能となり、ハッキングに対するセキュリティを高めることができます。カタパルトが実装されることで、取引スピードはさらに向上し、プライベートチェーン環境では1秒あたり4,000件を処理できるとされています。 そのためこのカタパルトの実装に注目が集まっていますが、実装時期は2018年以降に予定されており、すでにβ版の運用が行われている状況です。

2019-07-24リスク(LSK)

仮想通貨リスク(Lisk/LSK)とは、分散型のアプリケーションプラットフォームで機能する仮想通貨で、2016年5月に誕生しました。 ほかの仮想通貨とは異なるリスク(LSK)の特徴や仕組み、今後の将来性などについて、わかりやすく解説していきます。 ほかの仮想通貨とは異なるリスク(Lisk/LSK)の特徴について リスク(LSK)は、分散型のアプリケーションプラットフォームで機能する仮想通貨で、2016年5月に誕生しました。 分散型アプリケーションとは、中央の管理者が存在しなくても自律的に動くアプリケーションのことです。 リスク(LSK)は、ほかの仮想通貨とは異なる特徴をいくつも持っていますので、わかりやすく解説していきます。 リスク(Lisk/LSK)は分散型アプリケーションプラットフォーム 厳密にいうとリスク(LSK)は、分散型アプリケーションプラットフォームを指します。そこで使われる仮想通貨が「リスク(LSK)」というわけです。 リスク(LSK)は、アップデートに関するロードマップに沿って、フェーズを積み上げてきました。機能的な面での柔軟性が高く、開発の自由度が大きいということも、リスク(LSK)が支持を集める要因になっています。 その結果、リスク(LSK)が公開されてから2年少々のあいだに、リスク(LSK)の価値は大きく上がりました。 リスク(Lisk/LSK)取引の口座開設から購入方法についてはこちら リスク(Lisk/LSK)の特徴は?スマートコントラクトを実装 リスク(LSK)は、スマートコントラクトや整えられた開発環境など、さまざまな特徴を持っています。それぞれ詳しくご紹介します。 リスク(LSK)は、イーサリアム(ETH)などと同様、分散型アプリケーションプラットフォームとして機能します。そのため、チェーンにつながれたブロックの中に、取引記録だけでなく契約情報も記録することが可能です。 契約の内容とそれを実行するための条件をあらかじめプログラムしておけば、条件が整ったタイミングで自動的に契約が実行されるのです。この「スマートコントラクト」の機能を使えば、各種の契約をよりシンプルに行うことができます。 例えば、不動産売買などの高額取引では、買い手の代金支払いと売り手の権利譲渡が公正に行われる必要があります。これまでは不動産業者などの善意の第三者が仲介していました。 しかし、スマートコントラクトを使えば、仲介者なしに安全・公正な契約を自動的に行うことができます。 リスク(Lisk/LSK)は開発環境にJavaScriptを使用 仮想通貨では、開発環境が重要になってきます。不具合や欠点を修正し、機能を強化し、使い勝手を良くしていけば、それだけ多くの人々が使うようになるからです。 リスク(LSK)では、スマートコントラクトを記述する言語として、JavaScriptを採用しています。JavaScriptはすでにウェブの世界ではメジャーな言語であり、扱えるエンジニアは世界中に数多く存在します。 そのためエンジニアにとっては開発しやすい環境となっています。 リスク(Lisk/LSK)はサイドチェーンを設置可能 ビットコイン(BTC)では、取引の情報を記録する方法として、「ブロックチェーン」の技術が使われています。ブロックチェーンは、いくつかの取引情報をひとまとめにしたブロックを、鎖のようにつなげた形状をしています。 ハードフォークの場合を除けば、ブロックチェーンが枝分かれするということは基本的にありません。しかし、リスク(LSK)では、メインとなるチェーンのほかに、サイドチェーンと呼ばれる枝を伸ばすことができるようになると言われています。 この仕様は、アプリケーションの処理能力やトラブルからの復帰に役立ちます。リスク(LSK)では、ブロックにプログラムを組み込むことができますが、チェーンが1本しかない場合、必要なプログラムをすべてそのチェーン上に並べていかなければなりません。 そのため動作が重くなり、処理能力が落ちてしまいます。そこで複数のサイドチェーンそれぞれにプログラムを組み込み、別々に動作させれば、処理能力は格段にアップします。 万が一、何らかのトラブルが起こったとしても、サイドチェーンを操作することで元の状態に容易に復帰することが可能です。また、サイドチェーンなら、新たな機能を実装したり、改善を施したりする際に、メインチェーンに手をつけずに行えるというメリットもあります。 リスク(Lisk/LSK)は独特の承認システム「DPoS」を採用 ビットコイン(BTC)などの多くの仮想通貨では、取引の承認のために「マイニング」が必要でした。 これは、暗号化されたブロックの情報を解析し、最も早く解答を得た者が取引を承認して報酬を得るしくみです。リスク(LSK)では承認作業において、「DPoS(Delegated Proof of Stake)」というしくみを採用しています。 DPoSは、リスク(LSK)の保有量に応じて投票権が与えられ、投票によって承認者を決めておくという方法をとります。あらかじめ決められた承認者が、決められた順番に沿ってブロックを承認していきます。 承認者には、取引手数料に加えて、新規に発行されるリスク(LSK)が報酬として与えられます。この作業を、マイニングに対して「フォージング(鋳造)」と呼びます。 リスク(Lisk/LSK)は発行上限が設定されていない リスク(LSK)では、通貨の発行枚数に上限が設定されていません。 2018年10月時点での発行枚数は約1億2,600万枚ですが、今後もフォージングによって新規通貨が発行されていきます。 その数は1ブロック生成ごとに5LSKとなっています。ただし300万ブロックごとに1LSKずつ減っていき、最終的には1LSKになることが決められています。 リスク(Lisk/LSK)の今後の将来性は? リスク(LSK)は、プラットフォームとして完成されたものにはなっていません。これは、裏を返せば、今後の開発次第で大きな伸びが期待できるということです。 スマートコントラクト、サイドチェーンなどの機能に加え、開発しやすいJava Script環境ということもあって、本来の実力を発揮するのはこれからという見方もできます。

独自の思想を持った仮想通貨イーサリアム(ETH)から派生したのがイーサリアムクラシック(ETC)です。 イーサリアム(ETH)とはどこが違い、どのような特徴を持っているのか。イーサリアムクラシック(ETC)の仕組みや今後の将来性などについてご紹介します。 イーサリアムクラシック(EthereumClassic/ETC)とは? イーサリアムクラシック(ETC)は、2016年、すでに流通していた仮想通貨イーサリアム(ETH)から分岐して生まれました。 イーサリアムクラシック(ETC)の特徴は、中央の管理者が存在しなくても自律的に動く「分散型アプリケーション」の総合プラットフォームとして機能すること、特定の条件やタイミングで契約を実行できる「スマートコントラクト」の機能を持っていることが挙げられます。 ただしこれらの特徴は、母体となったイーサリアム(ETH)が備えていたものです。そうなると、イーサリアム(ETH)とイーサリアムクラシック(ETC)には違いはない、ということになってしまいます。 ではなぜ、イーサリアム(ETH)から分岐する必要があったのでしょうか? イーサリアムクラシック(EthereumClassic/ETC)が誕生した経緯 イーサリアムクラシック(ETC)が誕生した経緯を知るには、「The DAO事件」にふれておかなければなりません。 The DAO事件がきっかけとなって、イーサリアム(ETH)は「ハードフォーク」というシステム仕様を変更して分岐させる方法を実行し、イーサリアムクラシック(ETC)が生まれることになったのです。 The DAO事件とは? 2016年当時、イーサリアム(ETH)はスマートコントラクト機能によって、さまざまな場面で活用されていました。ゲーム開発や各種の契約、また新規の仮想通貨を発行することで資金を調達するICOなど、多くのプロジェクトが、分散型アプリケーションの総合プラットフォームであるイーサリアム(ETH)上で動いていました。 その中のひとつで、投資ファンドを非中央集権で行うことを目的としたプロジェクト「The DAO」がサイバー攻撃を受け、60億円相当が盗まれてしまったのです。 事態を収拾するため、イーサリアム(ETH)の運営チームは、事件が起こる直前の状態にまで、取引記録であるブロックチェーンを巻き戻す、という決断をしました。その間に行われた取引は、サイバー攻撃による被害も含めて、すべて「なかったこと」にされたのです。 仮想通貨の存在意義が問われた事件 ブロックチェーンの記録を巻き戻すことで、不正による被害は回避されたものの、この処置は別の問題を引き起こしました。 そもそも仮想通貨は国家や銀行といった管理者を持たない、非中央集権的存在です。ところが、被害の救済のためとはいえ、運営チームが、事件が起こる直前まで巻き戻したことは明らかに中央による介入であり、仮想通貨の存在意義に関わる問題です。 そこで、このときの処置に反対する一部のグループは、より理想に近い仮想通貨を実現するため、ハードフォークによってイーサリアムクラシック(ETC)が生み出されたのです。 イーサリアムクラシック(EthereumClassic/ETC)取引の口座開設から購入方法を解説はこちら イーサリアムクラシック(EthereumClassic/ETC)の特徴は? イーサリアムクラシック(ETC)は、母体であるイーサリアム(ETH)とは、機能的な違いはほとんどありませんが、イーサリアムクラシック(ETC)ならではの特徴もあります。 より強化された非中央集権的志向 イーサリアムクラシック(ETC)の名称に追加された「クラシック」の語は、「古典的な」「格式のある」といった意味を持ちます。 この名称からも、イーサリアム(ETH)が誕生した当初の非中央集権を理想とし、より強くそれを志向するという意思が表れています。 イーサリアムクラシック(ETC)は、「Code is Law」という思想を重んじており、通貨の動きを決めるのは運営者ではなく、プログラムそのものであるという考え方を持っています。 イーサリアム(ETH)と同様の機能性を持っている イーサリアムクラシック(ETC)もイーサリアム(ETH)と同様、ブロックチェーンを利用した分散型アプリケーション作成のプラットフォームとして機能します。 分散型アプリケーションには、従来のアプリケーションとは異なり、中央の管理者が存在しません。開発者の同意のもとで、第三者が改善していくこともできます。 また、あらかじめ必要な条件を定義しておけば、特定の条件を満たしたタイミングで契約を実行するスマートコントラクトの機能を、イーサリアムクラシック(ETC)でも使うことができます。 これまで、不動産など高額な売買契約では、買い手の入金と物件の引き渡しがほぼ同時に、しかも公正に行われるよう、第三者である仲介者が必要でした。 しかし、入金と同時に権利移転が行われるようなプログラムをブロックチェーンに組み込めるスマートコントラクト機能を活用すれば、第三者の仲介は不要になります。 イーサリアムクラシック(EthereumClassic/ETC)の将来性は? 今後、イーサリアムクラシック(ETC)は、どのような展開を迎えるのでしょうか? The DAO事件をきっかけに誕生した経緯があり、イーサリアムクラシック(ETC)はセキュリティが強化されていることから、登場時から注目度が高い仮想通貨でした。 さらに、イーサリアムクラシック(ETC)では、ロードマップが公表されていて、どのようなインフラ整備を進めているのかが把握できることも、高い信頼性につながっているのです。

仮想通貨のビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCH)とは、ビットコイン(Bitcoin/BTC)から枝分かれした通貨になります。 ビットコイン(BTC)との違いを解説しながら、ビットコインキャッシュ(BCH)の特徴や仕組み、今後の将来性などについてご紹介します。 ビットコイン(BTC)から派生したビットコインキャッシュ(BCH) ビットコインキャッシュ(BCH)は2017年8月、ビットコイン(BTC)のバージョンアップに伴い「ハードフォーク」によって誕生しました。 ハードフォークとは、システム仕様を変更して分岐させる方法です。 ビットコインキャッシュ(BCH)の基本的なシステム仕様は、ビットコイン(BTC)をベースにしていますが、データ容量を大きくすることで、ビットコイン(BTC)が抱えていた問題点の解決を図ったことが最大の特徴です。 ビットコインキャッシュ(BCH)は、膨大な種類がある仮想通貨の中で、常に上位の時価総額を誇る有力なコインになっています。 ビットコイン(BTC)とビットコインキャッシュ(BCH)の違い ビットコインキャッシュ(BCH)はビットコイン(BTC)の欠点を改善するために誕生しました。 それがビットコインキャッシュ(BCH)の特徴にもなっています。では、ビットコイン(BTC)の欠点とは何でしょうか? ビットコインキャッシュ(BCH)誕生の経緯も含めて解説します。 処理速度が遅くなるスケーラビリティ問題とは ビットコイン(BTC)には、スケーラビリティ問題が起こっていました。スケーラビリティ問題を説明する前にビットコイン(BTC)のしくみから説明しておきます。 ビットコイン(BTC)には、ブロックチェーンという技術が使われています。ブロックチェーンは、通貨の取引内容などの情報を納めた「ブロック」という塊をチェーン状につないでいくもので、ブロック内の暗号化された情報を解析・処理することで、取引が成立するしくみになっています。 マイニングとは この解析・処理作業のことを「マイニング」といいます。マイニングに対する報酬として、新たにビットコイン(BTC)が発行されることで、ビットコイン(BTC)は取引を維持しています。 ビットコイン(BTC)ではブロックひとつに1MBの容量があてがわれていました。ところが、ビットコイン(BTC)の取引量が増えると、ブロック容量に対して取引データ量が多くなりすぎ、処理スピードが低下します。 すると、取引や送金がスムーズに行われず、使い勝手が悪くなってしまいます。これがスケーラビリティ問題です。 ビットコインのスケーラビリティ問題を解決するための2つの方法 スケーラビリティ問題は、ビットコイン(BTC)が避けて通れない課題といえます。 仮想通貨はどこの国家にも属さず、純粋に需要と供給のバランスによって価値が決められていきます。ですから、通貨への信頼や人気が増して取引量が多くなれば、それだけ価値も上がっていくのです。 しかし、取引量が多くなりすぎるとマイニングにも時間がかかり「取引の処理が遅い」「送金完了まで時間がかかる」ということになってしまいます。特に、海外送金について手数料が安く、スピーディーなのが仮想通貨のメリットであるにも関わらず、これでは本末転倒です。 そこで考えられる対策は、2つあります。 1. ブロックに書き込むデータを圧縮して容量を軽くする 1つは、ブロックに書き込むデータを圧縮して、容量を軽くすること。この方法ならば、それまでのビットコイン(BTC)との互換性を保ったまま、バージョンアップすることができます。 2. ブロックの容量そのものを拡大する もう1つは、ブロックの容量そのものを拡大して、より多くのデータを書き込めるように作り変えること。これがハードフォークといわれる方法です。 ただし、ハードフォークを行うと、互換性を保つことができません。それまでひとつながりで続いてきたビットコイン(BTC)のブロックチェーンが枝分かれして、新たなチェーンとして存続していくことになります。 この2つの方法のどちらを採用すべきか見解が分かれ、後者の方法を選択して生まれたのが、ビットコインキャッシュ(BCH)なのです。ビットコインキャッシュ(BCH)は、ビットコイン(BTC)とたもとを分かつ方法を選びました。 ビットコインキャッシュ(BCH)の特徴とは? ビットコイン(BTC)からさらに発展したしくみを備えているビットコインキャッシュ(BCH)について、その特徴を改めて整理します。 ブロック容量を拡大してスケーラビリティ問題を解決を図る ビットコイン(BTC)では1MBだったブロック容量を、ビットコインキャッシュ(BCH)は8MBに拡大。これにより、ビットコイン(BTC)が抱えていたスケーラビリティ問題を解決しました。 そのため、取引スピードが落ちる心配もなく、海外送金などで強みを発揮します。2018年5月には、ブロックチェーンの仕様をアップデーデートしたハードフォークを行い、32MBに容量が拡大されています。 新たなマイニング難易度調整システムを導入 ビットコインキャッシュ(BCH)では、取引を確定させるためにマイニング作業が必要で、スムーズな取引のためにマイニングの難度を調整するしくみが採り入れられています。 ビットコインキャッシュ(BCH)では、新たな調整システム「EDA(Emergency Difficulty Adjustment)」を導入しています。EDAでは、取引数とマイナーと呼ばれるマイニングをする人たちが適正になるように、難度を上げ下げしながら調整するシステムです。 ビットコインキャッシュ(BCH)は、安定したマイニングを実現することで、スムーズな取引ができるよう設計されています。 ビットコインキャッシュ(BCH)取引の口座開設から購入方法はこちら ビットコインキャッシュ(BCH)の今後や将来について ビットコイン(BTC)から派生したのは、実はビットコインキャッシュ(BCH)だけではありません。ビットコインゴールド(BTG)やビットコインダイヤモンド(BCD)といった新たな仮想通貨が生まれていますが、セキュリティ面などの懸念点があり、市場での流通は抑えられています。 一方、ビットコインキャッシュ(BCH)は、登場して数ヵ月のうちに時価総額の上位にまで躍り出て、その後も上位を維持しています。 ビットコイン(BTC)が抱えていた問題をクリアしていることからも、今後さらにビットコインキャッシュ(BCH)への注目が集まる可能性があります。

2019-06-19Coincheck Tips

Coincheckのアプリは、投資の初心者でも使いやすいことで知られています。特に各通貨のチャートは、見やすいことで初心者から上級者まで多くの人に定評があります。 Coincheckアプリのチャートの特徴は大きく3つありますので、それぞれの違いを理解しましょう。 Coincheckのチャートの特徴や見方 1. 線チャートとローソク足の2種類がある 1つ目が「線チャートとローソク足の2種類がある」点です。 線チャートは、価格の変動を線で結んだ初心者にも見やすいチャートです。一方ローソク足は、株式投資やFXなどでも利用されている一般的なチャートです。 Coincheckのアプリでは、好きなチャートを選択して表示することができ、自分なりにカスタマイズできるのが魅力です。 2. 細かい時間帯表示ができる 2つ目が「細かい時間帯表示ができる」点です。 線チャートでは、1時間・1日・1週間・1月・1年の単位で表示できます。ローソク足では、5分・15分・1時間・4時間・1日の単位で表示できます。 こちらもCoincheckのアプリでは、自分の投資スタイルに合わせた表示の仕方を選ぶことができます。 3. JPY建てとBTC建ての表示ができる 3つ目が「JPY建てとBTC建ての表示ができる」点です。 日本円建てでのチャート表示はもちろんのこと、ビットコイン建てでの表示もできます。そのためアルトコインをビットコイン(BTC)で購入する場合など、仮想通貨を頻繁に取引する人には便利と言えます。 Coincheckのウィジェット機能とは? ウィジェット機能とはアプリを起動しなくても、スマホのホーム画面で見ることのできる機能です。ホーム画面もしくはロック画面を右にスワイプして見ることができる、ニュースや天気予報などもウィジェット機能の一例です。 Coincheckのウィジェット機能を利用することで、アプリを開かなくても各仮想通貨の価格を確認することができます。Coincheckで取り扱っている銘柄のレートの確認が可能なので、アプリを開かなくても一目で価格を確認することができます。アプリを起動する時間を短縮できるため、いつでも手軽に価格を確認できます。 仮想通貨は価格の激しい投資対象として知られているので、リアルタイムで価格変動が表示されますので、忙しい朝の時間や仕事の休憩時間などふとしたときの価格チェックに便利です。 Coincheckのウィジェット機能の見方 Coincheckアプリのウィジェット機能は、一度設定してしまえばあとは常にホーム画面から左にスワイプするだけで確認することができます。 見方はいたってシンプルで、価格の変動はリアルタイムで表示され前日比でプラスの場合には緑色、マイナスの場合には赤色で表示されます。 ただし、その時間でのレート表示のみとなっていますので、詳しいチャートを見たい場合は、各銘柄をタップしてアプリを起動しましょう。 Coincheckで取り扱いのある銘柄は、全部で以下の10種類(2019年6月現在)です。 BTC→Bitcoin(ビットコイン) ETH→Ethereum(イーサリアム) ETC→Ethereum Classic(イーサリアムクラシック) LISK→Lisk(リスク) FCT→Factom(ファクトム) XRP→Ripple(リップル) XEM→NEM(ネム) LTC→Litecoin(ライトコイン) BCH→Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ) MONA→Monacoin(モナコイン) これら10種類の価格はすべてウィジェット機能で表示されます。 詳しくはこちら:Coincheck(コインチェック)の取扱通貨・銘柄は?各仮想通貨の特徴を徹底解説 Coincheckのウィジェットを設定する方法 Coincheckのウィジェット機能の設定方法は、いたってシンプルです。 まずCoincheckのアプリをダウンロードしたら、ホーム画面もしくはロック画面を右にスワイプします。スワイプするとニュースや予定、リマインダーなど様々な項目が出てきます。ここで下までスワイプすると「編集」というボタンがあるのでタップします。 編集ボタンをタップすると、「ウィジェットを追加」というウィジェットの設定画面になりますので、ここから「Coincheck」のアプリを探します。アプリを見つけたら左側についている「+」ボタンをタップすることで、設定が完了します。 設定が完了すると、ニュースや予定などの項目とともに、Coincheckの仮想通貨銘柄の価格情報が表示されるようになります。項目の表示される順番も同じく編集からカスタマイズできるので、自分の使いやすいように設定すると良いでしょう。 なお、Coincheckアプリのウィジェット機能を利用するだけでしたらログインは必要ありません。頻繁に取引はしなくともCoincheckのウィジェット機能は利用している、という人も少なくないようです。 iOS端末でもAndroid端末でもウィジェット機能は使える Coincheckアプリは、iOSアプリでもAndroidアプリでもウィジェット機能を使用できます。当初はiOSアプリのみの対応でしたが、現在はAndroidアプリでも利用ができるようになっています。 Androidアプリではスマホの機種により若干異なりますが、基本的にはホーム画面から設定することでウィジェット機能を活用できます。どちらにも共通していることは、ホーム画面からアプリにログインせずに一目で価格を確認できる点です。 スマホを持っている人であればCoincheckアプリは十分に活用できますので、仮想通貨取引に役立ててみてください。 Coincheckアプリのその他の機能 分かりやすいチャート機能や価格変動を確認できるウィジェット機能以外にも、Coincheckアプリには便利な機能があります。 取引所アプリとして「日本円の入出金」「仮想通貨の購入・売却」「仮想通貨の入出金」だけでなく、通貨の売買がシンプルな操作でできるため、初心者にも向いています。 総資産の表示 また「総資産の表示」機能があります。 総資産とは、Coincheckで保有している資産の詳細を表したものです。各通貨のウェイトはもちろんのこと、資産の推移も確認できますので、自分の保有している資産が一目瞭然でわかります。 チャット機能 他には「チャット機能」もあります。 チャット機能とは、コインチェックアプリのユーザー同士で情報交換ができる機能です。リアルタイムでユーザー同士でやり取りができるため、利用している人も多くいます。 プッシュ通知機能 それから「プッシュ通知機能」も便利な機能のひとつです。 プッシュ通知とは、アプリを開いていないときでも情報をお知らせしてくれる機能です。事前の設定が必要ですが、特定の通貨の価格変動を通知してくれるため、日々の取引に役立ちます。 特に仮想通貨は価格変動が激しいため、通知機能を設定しておくことで価格変動のアラート機能としても役に立ちます。 Coincheckの様々な機能の見方のまとめ Coincheckのアプリは様々な種類のチャートやプッシュ通知など、投資スタイルに合わせた機能が多くあります。そのため初心者から上級者まで多くの人に利用される取引所のひとつでもあります。 そんなCoincheckのアプリをより賢く使うためには、まずはウィジェット機能を設定すると良いでしょう。ウィジェット機能を利用すれば、アプリを起動せずに通貨のチャートを一目で確認することができます。 Coincheckで取り扱いのある通貨はすべて確認することができ、緑と赤のカラーも一目で分かりやすくなっています。設定も簡単ですのでスピーディに仮想通貨取引を行うためにも、ウィジェット機能を活用してみましょう。 これからCoincheckに口座を開設しようと考えている人や利便性の高い仮想通貨のウィジェット機能を探している人はぜひ参考にしてみてください。

ビットコインなどの仮想通貨を送金したら、すぐにでも送金取引は有効になると考えている方もいるかもしれません。しかし、実際には取引が有効になるまでにタイムラグがあります。 そこで、タイムラグが生じる理由について解説します。 取引と送金時間にラグがあるのはなぜ? 仮想通貨を別のアカウントに送金した場合、受け取った側ですぐに使える状態にはならないのが一般的です。送金処理と取引が有効になるまでにはタイムラグがあります。 タイムラグが生じる理由は、取引の正当性についてチェックが行われるしくみになっているからです。正当性のチェックがなければタイムラグは生じませんが、チェックしなければ仮想通貨のシステムの信頼性が低下してしまいます。 仮想通貨のシステムは、取引の正当性を確認して承認するという行為によって、不正な取引が排除されるしくみになっているため、信頼性が高いという評価を得ています。 取引の正当性が確認されると取引が承認されますが、仮想通貨の取引量が増加すると、その承認に要する時間も長くなってしまいます。承認までの時間が長くなることで、送金のタイムラグも長くなってしまうのです。 ビットコイン(BTC)は送金に時間がかかりやすい? 仮想通貨の代表格であるビットコインも、送金に一定の時間がかかります。ビットコインは、多くの人が取引を行っている仮想通貨です。そのため、取引量が多くなります。 送金取引はマイニングによって検証 行われた送金取引は、マイニングと呼ばれる行為によって検証されます。さらに、マイニングの結果が正しいかどうかの検証も行われ、正しいことが確認されると承認され、取引が有効になるしくみです。 ビットコインの場合、約10分ごとの取引がブロックに格納され、検証・承認が行われる仕様になっています。承認されたブロックは時系列でつながり、チェーン上に連なります。これがブロックチェーンです。 ビットコイン(BTC)の一般的なタイムラグは約10分 マイニングが遅れなければ約10分で承認まで終了し、送金取引は有効になります。つまり、ビットコインの場合は一般的なタイムラグは約10分です。 しかし、取引量が増加すると、マイニングが遅れて時間がかかり、10分以上になることもありえます。ビットコインでは、過去にもマイニングの遅れは発生しています。そのため、ビットコインの送金時には、10分以上のタイムラグが生じる可能性があることを認識しておきましょう。 ビットコイン(BTC)取引の口座開設から購入方法についてはこちら Coincheckの口座開設はこちら ビットコイン(BTC)の送金手数料は以前よりも増加 ビットコインを送金する場合、手数料がかかるのが一般的です。 取引手数料は、ビットコイン誕生当初と比較すると高くなっています。需要増加により取引量が多くなり、マイニングの難易度が上がったことが理由です。 不正取引ではないことを確認するマイニングは誰でも参加できます。 マイニングでは報酬を得ることができる また、マイニングは無報酬ではなく、報酬が得ることが可能です。 ただし、報酬が得られるのは、最初にマイニングを完了した人だけとされています。大量の計算を行って取引の正当性を確認し、誰よりも早く検証できれば報酬を得られるというしくみです。 取引検証行為は、鉱物の採掘にも似た行為であるため、採掘を意味するマイニングという用語が使われています。 マイナーの報酬はビットコインと手数料で構成されている マイニングを行う人は、マイナーと呼ばれます。 マイナーの報酬は、ビットコインシステムから無償で提供されるビットコインと手数料で構成されています。マイニングで付与されることによって、ビットコインが新規発行される仕様です。 ビットコイン誕生当初は、マイニング成功で付与されるビットコインの量が多かったのですが、時の経過とともに付与されるビットコインの量が減少するしくみになっています。 一方で、手数料は、ビットコインの需要増加に応じて高くなる傾向があります。 送金時間が早いのが良いわけではない? タイムラグが短く、送金が素早く完了すればよいと感じる人もいるかもしれません。 短いタイムラグで送金処理が有効となれば、受け取った人はすぐに仮想通貨を使える状態になります。しかし、タイムラグが短ければ短いほどよいというわけでもありません。 送金時間は、各仮想通貨が採用しているマイニングの仕組みだけでなく、利用する取引所によっても変わってくることがあります。短いタイムラグで送金取引が有効になることを強みにしている取引所もありますが、注意が必要です。 タイムラグが短いということは、取引検証や承認が甘くなっている可能性があり、承認の甘さは、不正取引を許すことにもつながりかねません。 他の取引所と比較して突出してタイムラグが短いことをアピールしている取引所を利用する場合は、安全性に問題がないかどうかを慎重に確認することも大切です。 仮想通貨の送金スピードを高めることはできる? 仮想通貨の送金スピードは、取引量の増加などによって左右されてしまうという現実があります。 しかし、利用者側で対策を講じることによって、送金スピードを上げることも可能です。主な方法は3つあります。 1. 送金手数料を高く設定する 1つ目は、送金手数料を高く設定することです。 取引所やウォレットによっては、仮想通貨の送金手数料に幅を持たせ、一定の範囲で自由に手数料を設定できるようにしている取引所もあります。 平均的な手数料では送金に時間がかかりそうな場合には、手数料を高く設定することが有効です。なぜなら、高い手数料はマイナーの報酬増加に直結するため、マイニングの優先順位が上がりやすいからです。 取引量が多い場合でも高い手数料が設定された取引が含まれるブロックは、優先的にマイニングが行われる可能性が高くなります。その結果、取引検証と承認が早く完了し、送金スピードが上がることもあるでしょう。 2. 別の仮想通貨で送金する 2つ目は、送金のタイムラグが短い仮想通貨を選んで送金することです。 ビットコインの場合は、標準的な送金タイムラグは約10分ですが、標準的なタイムラグが10分よりも短い通貨もあります。たとえば、リップル(XRP)の標準的な送金タイムラグは数秒です。 リップルは、ビットコインとは異なるマイニングの方法が採用されています。そのため、短い時間で送金処理を完了されることができるのです。 詳しくはこちら:リップル(XRP)の特徴とは? リップル(XRP)の口座開設・購入方法までの流れはこちら 3. 送金時期を選ぶ 3つ目は、送金時期を選ぶことです。 取引量が多くなると、マイニングが遅れる可能性が高くなります。そこで送金スピードを上げたい場合は、取引量が少ない時期を選んで送金処理を行うことも有効です。 取引量が多い状態から通常の状態になるまで待って送金すれば、標準的なタイムラグで送金を完了できる可能性が高くなります。 仮想通貨の送金には時間がかかることもある 仮想通貨の送金は、銀行での海外送金などと比較すると素早く送金できることが魅力です。 ただし、仮想通貨送金といえども、仮想通貨の種類によっては、送金処理が有効になるまでには一定のタイムラグがあることを認識しておく必要があります。 なお、送金処理の検証が完了し、有効になったかどうかを確認することは可能です。具体的には、Blockchain infoなど、インターネット上で確認することができます。送金がなかなか有効にならないからといって不安になる必要はありません。 ただし、仮想通貨ごとの標準的なタイムラグよりも時間がかかることもあります。そういった状態のときは、取引量が減少するタイミングで送金処理を行う、タイムラグが短い通貨を選択するなどの工夫も必要です。

2019-07-18仮想通貨の購入

仮想通貨の取引はパソコンの画面からでもできますが、アプリがあればさらに簡単に購入することができます。 アプリには仮想通貨の取引所が提供しているもの以外にも、取引に役立つさまざまな機能をもつものがあります。この記事では、どのような仮想通貨のアプリがあるのかや、アプリから仮想通貨を購入する方法をご紹介します。 仮想通貨に関するアプリの種類 仮想通貨の取引に役立つアプリには、例えば次のようなものがあります。 取引所アプリ セキュリティ対策アプリ ポートフォリオ管理アプリ ウォレットアプリ 価格比較アプリ チャートアプリ 情報収集アプリ 取引所のアプリのなかには、さまざまな仮想通貨の価格やチャートを確認できる充実した機能を持つものもあります。 ですが、一つの機能専用のアプリを使うことによって、より便利な機能を使えるようになったり、細かい情報収集ができるようになったりもします。 取引所アプリを使って仮想通貨を購入する方法 仮想通貨を購入するにはいくつかの方法がありますが、仮想通貨の取引所から購入する方法が簡単です。 ここでは、仮想通貨の取引所Coincheckのアプリからの購入方法をご紹介します。Coincheckのアプリから仮想通貨を購入するためには、まずはCoincheckに口座開設をする必要があります。 Coincheckの口座開設はこちら 日本円を入金 口座開設が完了したら、Coincheckのアカウントに日本円を入金します。 Coincheckのアカウントには、銀行口座振込で入金することができます。振込が完了し、仮想通貨を購入すると、購入した金額分の仮想通貨がアプリに反映されます。 仮想通貨の購入 Coincheckの場合、購入したい仮想通貨を選択し、数量を入力するだけで購入できる機能がありますので、誰でも簡単に仮想通貨を購入することができます。 詳しくはこちら:コインチェックアプリの使い方(iOS・Android) セキュリティ対策アプリのインストールは必須 仮想通貨はオンラインでの取引が基本になります。 安全に取引をするためには、2段階認証のセキュリティ対策アプリをインストールしておく必要があります。セキュリティ対策アプリとして最も有名なのは、Google Authenticatorです。 Google Authenticator Google Authenticatorとは、Googleが開発したアプリで、アプリにログインするときに必要な数字コードを提供するアプリです。ログインに必要なIDとパスワードに加えて数字コードの入力を求めることで、ログインのハードルが高くなります。 こうしたセキュリティ対策アプリを利用しておくと、仮にIDやログインパスワードが情報漏えいしてしまっても、悪意ある第三者のログインを未然に防ぐことができます。なお、Google AuthenticatorはGoogleがサービスを提供していますが、AndroidだけでなくiPhoneやBlackBerryにも対応しています。 ハードウェアウォレットとは セキュリティ対策アプリとともに、よく合わせて活用されているのがハードウェアウォレットです。 仮想通貨の送金や受け取りには仮想通貨のアドレスと秘密鍵の両方が必要ですが、ハードウェアウォレットでは、仮想通貨のデータにアクセスできる秘密鍵を物理的にインターネットから切り離して管理します。 ハードウェアウォレットを活用することで、ハッキングなどによって仮想通貨を盗まれるリスクを減らすことができます。 ポートフォリオ管理アプリの種類とは 資産運用のシーンで必ず登場するのが、ポートフォリオという言葉です。 ポートフォリオとは保有している資産の状況のことで、仮想通貨の場合は投資家が保有している仮想通貨の一覧や組み合わせの内容などのことを指しています。 仮想通貨をポートフォリオの一部に加えることを検討している場合、複数の取引所やウォレットに仮想通貨を分散して保有しておくことが、リスクヘッジにつながります。 ただし、資産を分散して保有しておくと、一つひとつを管理していく手間や時間がかかるのが難点です。そのようなとき、ポートフォリオ管理アプリが役立ちます。 ポートフォリオ管理アプリでは、異なる取引所に保有している仮想通貨の状況を、1カ所にまとめて表示することができます。 例えば、有名なポートフォリオ管理アプリには「ブロックフォリオ」などがあります。ブロックフォリオは、様々なアルトコインの価格やチャートを確認するのに便利なアプリです。国内外の取引所の情報を同期でき、日本語にも対応しています。 このほかにもポートフォリオ管理アプリにはさまざまなものがありますので、実際にいくつかダウンロードして、自分に合ったアプリを使ってみましょう。 ウォレットアプリの種類 ウォレットアプリには、ホットウォレットとコールドウォレットがあります。 インターネットに接続された環境で資産管理を行うのがホットウォレット方式で、インターネットに接続しない方法で資産管理を行うのがコールドウォレット方式です。 一般的に、ホットウォレット方式は利便性が高い反面、常時インターネットに接続されているためハッキングリスクが高く、コールドウォレット方式はホットウォレットよりも利便性は劣るものの、資産流出のリスクは低いとされています。 ウォレットアプリに関しては、このようなメリット・デメリットを踏まえて利用するウォレットを選ぶことが大切です。 チャートアプリの特徴とタイプ チャートアプリとは、仮想通貨のチャートを確認するためのアプリです。具体的には、次の3種類があります。 仮想通貨取引所が提供しているチャートアプリ サードパーティ製のチャートアプリ 個人が提供しているチャートアプリ この3つはそれぞれ用途が異なるため、目的に合ったものをダウンロードするようにしましょう。 まず、仮想通貨取引所が提供しているチャートアプリは、レートやチャートの信頼性が高いという特徴があります。 サードパーティ製のアプリとは、ソフトウェア開発会社がリリースしているアプリのことです。世界中の代表的な仮想通貨取引所のレートやチャートを、横断的に比較することができるという特徴があります。 3つ目の個人が提供しているチャートアプリは、仮想通貨やアプリの開発に詳しい個人が提供しているものです。ユーザー目線で作られていたり、独自の機能が搭載されていることなどもあります。 仮想通貨の情報収集に活かせるアプリ 仮想通貨は世界中でニュースが発生したり、値動きも激しかったりする場合があるため、日々の情報収集が欠かせません。 そんな中で仮想通貨の投資家が最新情報を収集するために活用しているのが、仮想通貨の情報収集アプリです。仮想通貨の話題のニュースを厳選して配信してくれるため、自分で複数のサイトを確認するよりも手間が省けます。 例えばスマートフォン向けのアプリでは、スマートフォンの特性を生かして最新の情報がプッシュで配信されるため、ニュースを見逃す心配もありません。 仮想通貨の取引を始めるなら必要なアプリについて知ろう 仮想通貨の取引を行うときは、この記事で紹介したようなアプリを活用すると便利です。 仮想通貨の価格やチャートを確認するだけでなく、仮想通貨の最新情報の入手やセキュリティ対策に有効なアプリもあります。 ぜひ自分に合ったさまざまなアプリやツールを活用しながら、仮想通貨を効率よく安全に取引していきましょう。

2019-04-09Coincheck Tips

Coincheckはビットコイン(BTC)だけでなく、アルトコインも豊富に取り扱っている仮想通貨の取引所です。 外国籍の方のなかには、Coincheckで仮想通貨の取引を行いたいと考えている人もいるでしょう。そこで今回は、外国人が新規登録する場合の手続きや注意点などについて解説します。 外国籍の方のCoincheckの登録方法 Coincheckには、日本在住の外国人でも登録することが可能です。外国籍の方の登録方法は、日本人の場合の登録方法と大きな違いはありませんが、一部異なる点があることには注意が必要です。 まずCoincheckで口座開設を行うためには、下記の3つのステップが必要になります。 1. Coincheckのアカウント登録 仮想通貨の取引所・販売所である「Coincheck」の口座開設には、アカウントの登録が必要です。 アカウントの登録ページはこちら アカウント登録の方法には、下記の2種類があります。 ・メールアドレス、パスワードの登録 Coincheckのサイトから、メールアドレス・パスワードを登録します。パスワードはセキュリティの関係上、半角英数字を交ぜて入力します。数字のみ、アルファベットのみでの設定はできません。 メールアドレスとパスワードを入力したら、画面内の「アカウント作成」ボタンを押してください。登録したメールアドレス宛に、メールが送信されます。 メールに記載されたリンクを押し、メールアドレスが正しいことが確認されたら、アカウント登録は完了となります。 ・Facebookアカウントで登録 Facebookアカウントを持っている場合は、そのアカウントを使って手軽にユーザー登録ができます。登録画面内の「Facebookで10秒で登録」を押すことで、アカウントが作成できます。作成時に使用したFacebookアカウントにログインしている状態であれば、Coincheckアカウントにログインが可能となります。 Facebookアカウントを使用する上での注意点としては、Facebookに登録したメールアドレスを変更した場合には、Coincheckの登録アドレスを手動で変更する必要があることです。 FacebookとCoincheckの登録メールアドレスは連動していないので、FacebookとCoincheckの2つのアカウントで同一のメールアドレスを使用しないと、Coincheckのログインができません。そのため、Coincheckのメールアドレスを変更するか、Facebookのメールアドレスを元に戻す必要があります。 2. SMS認証(電話番号認証)を行う Coincheckのアカウント登録後に、本人確認を行います。 本人確認を行わなくても、アカウントがあれば入金をして仮想通貨の購入・売買はできますが、日本円の出金・送金などができません。すべての機能を使用するために、本人確認の手続きをしておきましょう。 本人確認はまず、SMS認証(電話番号認証)を行います。SMSとは、ショートメッセージサービスのことで、電話番号を宛先に指定して、短いテキストメッセージを送受信するもの。SMS認証とは、このSMSを使って行う本人確認になります。 まずはCoincheckアカウントでログインすると表示される、「本人確認書類を提出する」と書かれた緑色のボタンを押してください。ここから電話番号認証の手続きに入ります。 まずは、登録者の携帯電話番号を入力します。その際、ハイフンの入力は不要です。そして、「SMSを送信する」を押すと、携帯電話にメッセージが届きます。SMSに送信された「認証コード6桁」の番号を、「送信された認証コード」欄に入力します。 6桁の番号を入力した後、「認証する」を押すとSMS認証が完了となります。 なお、「SMSを送信する」を押してから、15分以上経ってもメッセージが届かない場合は、もう一度「SMSを送信する」を押してください。なお、同一番号へのSMSの送信回数の上限は6回となります。 3. 本人確認書類を提出してはがきを受け取る SMS認証が完了すると、お客様情報の登録および本人確認書類の提出を行います。名前や性別、生年月日、住所といった基本情報を、間違いがないように注意して入力します。 次に、本人確認書類をアップロードしますが、使用できる書類は以下のいずれかとなります。Coincheckで書類を受領した時点で、作成日・発行日から6ヵ月以内、あるいは有効期限内の書類に限り有効です。 Coincheckの本人確認で外国籍の方が必要な書類 日本居住の外国籍の方がCoincheckで口座開設をする場合は、下記の本人確認書類のうちどれかが必要となります。 運転免許証(裏面もご提出ください) 在留カード(裏面もご提出ください) 特別永住者証明書(裏面もご提出ください) 運転経歴証明書(裏面もご提出ください。交付年月日が平成24年4月1日以降のもの) 住民基本台帳カード(裏面もご提出ください) 個人番号カード(裏面は提出不要です) ※「通知カード(写真なし)」は本人確認書類として利用できません 本人確認書類を提出する際には、必要書類を確認しておく必要があります。 Coincheckでは健康保険証は本人確認書類として利用できないことになっており、原則として顔写真付きの証明書が必要になります。 詳しくはこちら:仮想通貨の取引所・販売所で口座開設するまでの流れ 外国籍の方がコインチェックに登録する際の注意点 外国籍の方がCoincheckに登録する際の注意点は、2つあります。 1. 電話番号の登録 まず1つ目は電話番号の登録です。 携帯電話のSMSを利用して電話番号を認証します。SMS認証が行える端末での登録となりますので、ご自身の携帯電話がSMS認証できる端末かを確認する必要があります。 2. 本人確認書類 続いて2つ目は、本人確認書類になります。 外国籍の方の場合は、日本の運転免許証やマイナンバーカードをお持ちでない場合もあるかと思います。そのため、在留カード、特別永住者証明書など、代わりとなる本人確認書類をご準備ください。 日本の仮想通貨の取引所に口座開設をするためには、厳格な本人確認を行うことが法律で義務付けられています。本人確認手続きに不備があると何度もやり取りが発生する場合や、口座開設できない可能性があります。 Coincheckで口座開設を行う際には、必要書類を確認した上で登録作業を進めてください。

日本語で表示しますか?

はい いいえ もう表示しない

Show in English?

Yes No Never