Net Assets
Show in header
Net Assets
¥ {{ balance.net_assets.jpy | number: 1 | cut_decimal_zero }}

Available

In Use

{{cur}} {{ cur.toUpperCase() }}
¥ {{ balance.coincheck.available[cur] | cut_decimal_zero }}
¥ {{ balance.coincheck.in_use[cur] | cut_decimal_zero }}
Leveraged trading
JPY
BTC
Margin deposit
{{ balance.leverage.leverage.jpy | fraction:0 }}
{{ balance.leverage.leverage.btc }}
Available margin
{{ balance.leverage.leverage_sendable.jpy | fraction:0 }}
{{ balance.leverage.leverage_sendable.btc }}
(Avail)
{{ balance.leverage.leverage_avail.jpy | fraction:0 }} {{ balance.leverage.leverage_avail.btc }}
(Debt)
{{ balance.leverage.leverage_debt.jpy | fraction:0 }} {{ balance.leverage.leverage_debt.btc }}
Leverage
{{ current_account.lending_leverage }}
Stop out level
{{ balance.leverage.margin_level * 100 | number:1}} % N/A
Net Assets
Show in header
Net Assets
¥ {{ balance.net_assets.jpy | number: 1 | cut_decimal_zero }}

Available

In Use

{{cur}} {{ cur.toUpperCase() }}
¥ {{ balance.coincheck.available[cur] | cut_decimal_zero }}
¥ {{ balance.coincheck.in_use[cur] | cut_decimal_zero }}
Leveraged trading
JPY
BTC
Margin deposit
{{ balance.leverage.leverage.jpy | fraction:0 }}
{{ balance.leverage.leverage.btc }}
Available margin
{{ balance.leverage.leverage_sendable.jpy | fraction:0 }}
{{ balance.leverage.leverage_sendable.btc }}
(Avail)
{{ balance.leverage.leverage_avail.jpy | fraction:0 }} {{ balance.leverage.leverage_avail.btc }}
(Debt)
{{ balance.leverage.leverage_debt.jpy | fraction:0 }} {{ balance.leverage.leverage_debt.btc }}
Leverage
{{ current_account.lending_leverage }}
Stop out level
{{ balance.leverage.margin_level * 100 | number:1}} % N/A

ビットコイン(BTC)は即日購入・取引できる?仮想通貨をすぐ取引する方法

ビットコイン(BTC)を思い立ったその日に購入してすぐに取引したい人は、それが可能なのかどうか知りたいでしょう。また、仮想通貨取引を始めたいけども、始め方がわからないという人もいるかもしれません。

スムーズに仮想通貨取引を始めるためには、ビットコイン(BTC)を取り扱っている仮想通貨取引所でのアカウント作成と口座開設が必要です。そこで、金融庁登録済の仮想通貨取引所Coincheckのアカウント作成方法や口座開設方法、準備すべき書類などについて解説します。

ビットコイン(BTC)は即日購入・取引可能?

ビットコイン(BTC)
ビットコイン(BTC)の即日購入・取引が可能かどうかを知りたい場合、通貨の特徴を把握しておくことも欠かせません。

ビットコイン(BTC)は、ブロックチェーン技術を利用している仮想通貨の元祖です。ブロックチェーンとは、過去からの取引が格納されているブロックが連なったものをいいます。

ビットコイン(BTC)には、円やドルなどの法定通貨のように通貨管理を行う中央銀行のような存在はありません。その代わりに取引履歴である記録台帳を、世界中に分散して管理していることが特徴になっています。

分散管理によって、悪意あるユーザーによる取引履歴の改ざんを困難にする仕組みです。そんなビットコイン(BTC)の取引を行う場合には、仮想通貨取引所への登録と口座開設が必要になります。

一般的な目安としては、口座開設に数日程度かかると認識しておきましょう。ただし、金融庁登録済の仮想通貨取引所Coincheckでは、本人確認が完了すればビットコイン(BTC)の購入が可能です。

後日自宅に届くはがきを受け取ると、仮想通貨の購入だけでなく日本円の出金や仮想通貨の送金など、全てのCoincheckの機能を利用することができるようになります。

Coincheckの口座開設はこちら

Coincheck登録方法から使い方までの初心者向けマニュアルはこちら

ビットコイン(BTC)は「販売所」と「取引所」で取引可能

BTC購入
ビットコイン(BTC)を売買したい場合は、「販売所」と「取引所」と呼ばれるネット上の場所のどちらかで取引を行うことが必要です。

Coincheckでは、アカウント登録を行ったうえで口座開設すれば、取引所と販売所の両方を利用できます。ここでは、取引所と販売所それぞれのメリット・デメリットを紹介します。

「販売所」のメリットとデメリット

販売所のメリットとデメリット
まず、販売所のメリットとデメリットです。

販売所とは、仮想通貨取引所がすでに所有しているビットコイン(BTC)を、ユーザーに対して販売もしくは買取りを行っている場所のことをいいます。販売所の主なメリットは2つあります。

注文すればすぐに約定する

1つは、取引所とは異なり、注文が通らず購入できないケースがないことです。注文すればすぐに約定するため、スムーズに売買できます。

初心者にも操作が簡単

もう1つは、一般的なショッピングの場合と同じような感覚で、簡単に操作して仮想通貨売買ができることです。難しい操作を覚える必要がないため、初心者でも戸惑うことはないでしょう。

指値注文ができない

一方、デメリットは、販売会社が仲介して売買を行うことになるため、指定された価格で購入することになる点です。

取引所のように、価格を指定して注文を出す指値注文を行うことができない点がデメリットだといえます。

「取引所」のメリットとデメリット

取引所のメリットとデメリット
続いて、取引所を利用するメリットとデメリットです。取引所とは、取引に参加しているユーザー同士で仮想通貨を売買する場所のことをいいます。

指値注文ができる

主なメリットは、指定価格に達したときだけ購入できる指値注文が使えることです。また、買値と売値の差額のことをスプレッドといいますが、取引所はこのスプレッドが狭くなる傾向にあります。

注文が通らない可能性がある

一方、デメリットもあります。主なデメリットは、自ら指定した価格で取引してくれる相手方がいないと、注文が通らない可能性があることです。指値注文で購入する場合は、購入したいときに必ず購入できるわけではないと、認識しておく必要があります。

初心者には操作が難しい

また、初心者には操作が難しく注文ミスをしてしまう可能性があります。そのため、これから仮想通貨を始める予定の方は、まずは販売所の取引に慣れてから取引所を利用されるのが良いでしょう。

ビットコイン(BTC)の取引所を選ぶ際のポイントは?

BTCアプリ
ビットコイン(BTC)に代表される仮想通貨を扱う取引所は、国内外に数多く存在しています。スムーズに取引を行うためには、取引所選びが重要です。

そこで、取引所選びで大切になるポイントをいくつか紹介します。

1. セキュリティレベルが高いか

セキュリティ
1つ目のポイントは、セキュリティレベルの高さです。仮想通貨取引を行う場合、仮想通貨取引所に自らの資金を預けることになります。

そのため、きちんとしたセキュリティ対策が行われているかどうかは重要なポイントです。セキュリティレベルの高さを判断する場合、2つの点に注目するとよいでしょう。

顧客資産の分別管理

1つは、顧客資産の分別管理が行われているかどうかです。分別管理とは、顧客からの預り金である顧客資産と、取引所運営会社の経営資金である会社資産とを分けて管理することをいいます。

コールドウォレットの管理体制

もう1つは、コールドウォレットの管理体制があるかどうかです。ウォレットとは、仮想通貨を保管する電子財布のことをいいます。

各種ウォレットのうち、ネット環境から完全に切り離すタイプがコールドウォレットです。コールドウォレットで資産を保管することで、ハッキングの脅威から顧客資産を守れるようになります。

Coincheckでは、顧客資産の分別管理とコールドウォレットでの管理を行っていることが特徴です。また、2段階認証や国内外のセキュリティ企業によるシステム監査により、安全性を高めています。

2. 流動性が高いか

2つ目のポイントは、高い流動性が確保されているかどうかです。流動性が高いとは、取引所に多数の参加者がいて、常に注文量や取引量が多い状態をいいます。

仮想通貨取引を行う場合は、自分が指定した価格で取引に応じてくれる相手方を見つけることが必要です。取引量が少なく流動性が低い取引所を利用してしまうと、売り手が少なく高値で買うことになってしまう可能性があります。

また、買い手が少ない場合は、いつまでも売ることができず、希望の価格では売りそこなうこともあるのです。そのため、できるだけ多くの利用者が参加している取引所を選んで口座開設することが重要になります。

3. 通貨の種類が豊富か

アルトコイン
3つ目のポイントは、取引所が取り扱う通貨の種類の豊富さです。

仮想通貨には、ビットコイン(BTC)だけでなくイーサリアム(ETH)やリップル(XRP)など「アルトコイン」と呼ばれる通貨が多数存在しています。

アルトコインのアルトは、日本語で「代替え」であり、ビットコイン(BTC)以外という意味です。取引所によって、どの通貨の取引ができるかは異なります。

取引できる通貨の種類が多ければ、取引の幅が広がります。そのため、多くの種類のアルトコインを扱っていることを基準に取引所を選ぶ人も多いです。

また、自分が取引したい通貨の取り扱いがあるかどうかを事前に確認することも大切になるでしょう。Coincheckは、合計10種類の仮想通貨を取り扱っています(2019年9月末時点)。

4. ツールが使いやすいか

コインチェックアプリ(iOS)
4つ目のポイントは、取引ツールが使いやすいかどうかです。取引ツールの使い勝手がよければ、取引のたびにストレスを感じることはなく、スムーズに取引を積み重ねていくことができます。

また、急激な価格変動に対応しなければならない場合でも、焦らず取引できることもポイントです。一方、ツールの使い勝手が悪ければ、常にストレスを抱えながら取引を行うことになり、いざという時にミスも発生しやすくなります。

ツールの使いやすさを確認するときは、パソコンだけでなくスマホアプリの使い勝手も確認することが必要です。主にパソコンで取引する場合でも、外出中にスマホで取引することもあります。

スマホアプリの使いやすさも重要視したほうがよいでしょう。Coincheckのアプリは、動作が軽いことが特徴です。
直感的に操作できる点も初心者にとってメリットになります。また、ログインしていない状態であっても、ウィジェット機能で価格チェックができる点も便利です。

詳しくはこちら:コインチェックアプリの使い方(iOS・Android)

5. 手数料が安いか

5つ目のポイントは、手数料です。ビットコイン(BTC)を取引するための仮想通貨取引所を選ぶときには、手数料に着目して比較する必要があります。

1回あたりの手数料の差は小さいと感じても、何度も取引を重ねていくと、小さな差が積みあがって大きなコスト差が生まれるからです。仮想通貨取引で効率的に利益を得ていくためには、できるだけコストが安い取引所を選ぶ必要があります。

手数料には、さまざまな種類があります。なかでも特に注目しておきたい大切な手数料は、取引手数料と入出金手数料の2つです。その理由は、売買取引と入出金は頻繁に行う可能性が高いという特徴にあります。

頻繁に行う取引に関する手数料が高いと、利益に与える悪影響が大きくなるからです。手数料も、取引所によってさまざまな体系がとられています。Coincheckでは、ビットコイン取引所の取引手数料が無料という点が注目ポイントです(2019年9月末時点)。

ビットコイン(BTC)取引の第一歩!取引所での口座開設の流れ

コインチェックの取り扱い通貨
仮想通貨取引を始めるためには、仮想通貨取引所での口座開設が必要です。その手順について、Coincheckを例に解説します。まず、Coincheckへの登録です。

アカウント登録

口座開設
公式サイトやアプリからメールアドレス登録を行い、メールで送られてくるURLにアクセスして顧客情報を登録します。

Coincheckのアカウント登録はこちら

SMS認証

続いて、SMS認証です。認証を行って電話番号の確認を済ませます。さらに、本人確認書類画像の提出です。

本人確認書類の提出

IDセルフィー
ネットにアップロードする形で運転免許証やパスポートなどの本人確認書類を提出します。本人確認書類と自分の顔写真が一緒に写った「IDセルフィー」も同時に提出しましょう。

二段階認証設定

その次は、二段階認証設定です。二段階認証を設定すると、ログインの際に二段階でコード入力を要求される設定になります。

日本円の入金

銀行振込
そして、取引所への入金です。審査に合格したら、仮想通貨の購入に必要となる日本円の入金を行います。

仮想通貨の購入

コインを買う
ここまで終わると、仮想通貨の購入が可能です。通貨種類と数量を指定して注文します。

ハガキの受け取り

審査後に送られてくる本人確認ハガキの受け取りも必要です。受け取りが終了すると、Coincheckのすべてのサービスの利用が可能になります。

Coincheckで口座を開設するにはどれくらい時間が必要?

ビットコイン(BTC)
Coincheckで口座開設を行う場合、どの程度の時間が必要になるのかを知りたいという人もいるでしょう。口座開設では、必ず審査が行われます。

そのため、申し込み後すぐに開設できるわけではなく、一定の時間がかかると認識しておくことが必要です。早ければ、申し込んでから数日程度でハガキが自宅に届き、審査を含めて口座開設手続きが完了することもあります。

しかし、数日程度というのはあくまで目安です。人によっても審査期間は変わってくることがありますし、口座開設申し込みの混雑状況によっても左右されます。

思い立って手続きすればすぐに利用できるというわけではないため、早めに口座開設の申し込みをしておくことがポイントです。また、本人確認のハガキを確実に受け取れるようにすることも、期間短縮に役立ちます。

申し込みの日から2~3日は、自宅で郵便受け取りできるようにスケジュールを確保しておくことも有効な方法です。受け取りができず再配達になると、その分、取引所側での確認も遅れてしまいます。

ビットコイン(BTC)の口座開設をする際に注意したい点

仮想通貨の認知
口座開設において書類の提出ミスなどがあると、再度申し込みが必要になります。

その分、口座開設手続きに余分な時間がかかってしまうことになり、肝心のビットコイン(BTC)取引をなかなか始めることができません。そうならないためには、以下のような点に注意することが大切です。

本人確認書類の用意

1つ目は、指定された形式の本人確認書類を用意することです。また、提出時には鮮明なデータの提出も欠かせません。

年齢条件

2つ目は、年齢条件を満たしているかどうかの確認です。未成年の利用の可否は取引所によって差があります。Coincheckの場合は、新規登録では20歳以上75歳未満に限られています。

虚偽の記載をしない

3つ目は個人情報に関して虚偽の記載をしないことです。また、現住所と本人確認書類に記載の住所が異なる場合は、あらかじめ本人確認書類の住所変更を済ませておきましょう。

Coincheckでビットコイン(BTC)の取引を始めよう

ビットコイン(BTC)
ビットコイン(BTC)は、Coincheckでアカウント登録後に口座開設をすれば売買が可能です。そのため、事前に必ず口座開設が必要になると認識しておく必要があります。

Coincheckは、24時間いつでも仮想通貨を簡単に売買でき、仮想通貨初心者にも使いやすい取引所です。取り扱い仮想通貨の数も豊富で、セキュリティ面にも力を入れている取引所です。

メールアドレスやFacebookアカウントさえあれば簡単に登録ができますので、Coincheckでの口座開設を検討してみるのも良いでしょう。

日本語で表示しますか?

はい いいえ もう表示しない

Show in English?

Yes No Never