ビットコイン(BTC)アカウントの作り方と取引を始める方法

ビットコイン(BTC)の取引を行うためには、仮想通貨 (暗号資産)の取引所でアカウントを作成する必要があります。一時期アカウントが作れない取引所もありましたが、今ではCoincheckなどの金融庁登録済の仮想通貨取引所で、新規アカウントを簡単に作成することができます。

ビットコインのアカウントは、正しい手順を踏めば比較的短い時間で作成することができます。とはいうものの、仮想通貨初心者の場合は、どのような取引所を選べばよいのかわからない人もいるでしょう。

使いやすさなどの利便性に加えて、自分の資産を守るためには、セキュリティ対策が強固な取引所を選択するのも大切です。

そこでこの記事では、

◎ビットコインのアカウント作成に必要な手順
◎ビットコインのアカウントを作成する際の注意点

を初心者にわかりやすく紹介します。

この記事を読めば、ビットコインのアカウントを作成する仮想通貨取引所をどうやって選べばいいか、ビットコイン取引で何を気をつけるべきかの知識を深めることができます。

執筆Coincheck Column編集部

Coincheck Column編集部は仮想通貨の取引経験者やブロックチェーンの知見に深いメンバーで構成されています。これから仮想通貨を始める方々に「仮想通貨について正しく理解していただき安心して取引できる」ことを目的に執筆しています。/ 運営元:コインチェック株式会社

アカウントの作成がビットコイン(Bitcoin/BTC)の取引の第一歩

ビットコインの取引を始めるには、まず仮想通貨の取引所にアカウントを作成する必要があります。Coincheckでは、無料でアカウントを作成することが可能です。

メールアドレスとパスワードを設定することで、新規にアカウントを作成できます。なお、その際のパスワードは複雑なものを設定するようにして、安全に管理するようにしましょう。

アカウント登録を行うと、登録したメールアドレス宛にCoincheckからメールが送られてきます。記載されているURLをクリックすると、トップページに移動します。

ある程度時間が経過してもメールが届かない場合は、迷惑メールフォルダにメールが入っていないか確認するようにしましょう。

電話番号認証

トップページに移動後は「本人確認書類を提出する」をクリックして、電話番号認証の手続きを行います。

電話番号認証をするためには、電話番号を入力したうえで「SMS認証をする」をクリックします。その後、Coincheckから送られてきた6桁の番号をコピーし、電話番号認証の入力欄に貼り付けましょう。

本人確認を行う

本人確認の流れ

Coincheckでの本人確認は『iOS/Androidアプリからでのお申し込み』『Webからのお申し込み』の2種類があり、それぞれ確認方法が少し異なります。

Webからのお申し込みは当社審査後、ハガキの受け取りで完了となりますが、アプリからのお申し込みは「かんたん本人確認」で審査が完了すればすぐにご利用可能になります。

「かんたん本人確認」とは、スマートフォンアプリで本人確認書類と顔の写真・動画を撮影、送信することで、インターネットで口座開設の手続きが完結するサービスです。

※現在お住いの住所が記載されている本人確認書類が必要です。

当社からご登録住所へ本人確認ハガキの郵送は不要で、審査完了後、すぐにご利用が可能となります。

参考:「かんたん本人確認」とは

iOS/Androidアプリからの本人確認

IDセルフィー

アプリからのお申し込みは、SMS認証が完了すると、お客様情報の登録および本人確認書類の提出を行います。名前や性別、生年月日、住所といった基本情報を、間違いがないように注意して入力します。

次に、本人確認書類をアップロードしますが、使用できる書類は以下のいずれかとなります。

場合によってはアプリからでもハガキによる本人確認の手続きをお願いする場合がございます。その際は以下のリンクの内容をご確認ください。

参考:
「かんたん本人確認」でエラーとなってしまう

<登録可能な本人確認書類>

  • 運転免許証(表面と裏面)
  • パスポート(「顔写真ページ」と「住所記載ページ」)
  • 在留カード(表面と裏面)
  • 特別永住者証明書(表面と裏面)
  • 運転経歴証明書(表面と裏面。交付年月日が2012年4月1日以降のもの)
  • 住民基本台帳カード(表面と裏面)
  • 個人番号カード(表面のみ、裏面は提出不要)※「通知カード(写真なし)」は本人確認書類としては利用不可。

本人確認に必要な書類について不明点等ございましたら以下のリンクをご参照ください。

参考:本人確認書類の種類について

お客様情報の入力後は、本人確認の撮影を行います。

STEP①

はじめに、「表面を撮影」「裏面を撮影」ボタンから、それぞれ書類の表と裏の写真を撮影してください。
パスポートを撮影する場合、「表面を撮影」では顔写真ページを撮影してください。「裏面を撮影」では所持人記入欄を撮影してください。

STEP②

次に、顔と本人確認書類表面の撮影を行います。
ご自身の顔と書類表面がイラストの位置に来るように、書類を手に持って撮影してください。
画面の案内に従って、ゆっくりと顔を傾けたり表情を変えたりしてください。

STEP③

最後に、顔と本人確認書類の厚みの撮影を行います。
画面に顔と書類を写し、書類をゆっくりとイラストのように斜めに傾けて撮影してください。

撮影が終わりましたら「現在確認中です」と表示されます。審査完了までしばらくお待ちください。
審査が完了し、承認となればCoincehckのすべての機能をご利用になれます。

参考:本人確認書類の撮影方法

Webからの本人確認

Webからのお申し込みは、SMS認証が完了すると、お客様情報の登録および本人確認書類の提出を行います。名前や性別、生年月日、住所といった基本情報を、間違いがないように注意して入力します。

次に、「IDセルフィー」(提出書類とご本人がいっしょに写っている写真)を用意します。例えば、運転免許証をアップロードする場合、運転免許証を手に持って、自分の顔を自撮りしてアップロードします。

IDセルフィー

次に、本人確認書類をアップロードしますが、使用できる書類は以下のいずれかとなります。

<登録可能な本人確認書類>

  • 運転免許証(表面と裏面)
  • パスポート(「顔写真ページ」と「住所記載ページ」)
  • 在留カード(表面と裏面)
  • 特別永住者証明書(表面と裏面)
  • 運転経歴証明書(表面と裏面。交付年月日が2012年4月1日以降のもの)
  • 住民基本台帳カード(表面と裏面)
  • 個人番号カード(表面のみ、裏面は提出不要) ※「通知カード(写真なし)」は本人確認書類としては利用不可。

本人確認に必要な書類について不明点等ございましたら以下のリンクをご参照ください。

参照:本人確認書類の種類について

書類の提出が終わると画面に、「本人確認書類の確認が完了するまで1~2営業日お待ちください」と表示されます。Coincheck側で書類の確認ができれば、「本人確認完了」のメールと、住所確認用のハガキが住所に届けられます。

ハガキ受け取りを当社が確認した時点で、すべてのCoincheckの機能が利用可能となります。

犯収法の改定に伴い本人確認書類について変更がございましたので以下のURLをご参照ください

参照:犯収法の改正に伴う本人確認書類の変更について

仮想通貨取引所の口座開設を行うときのポイント

ポイント
仮想通貨の取引所が提供するサービスをすべて利用するためには、個人情報の入力や本人確認書類の提出などが必要です。

本人確認書類の提出に不備があった場合は、口座開設までに時間を要してしまうケースもあります。そのため、運転免許証などのあらかじめ必要な書類は準備してから、アカウント作成を行うとよいでしょう。

また、取引の安全性を高めるために、口座開設後に2段階認証などのセキュリティ対策は自分で行うことが大切です。取引所に口座開設をしたあとは、このような設定を行うことで、資産をより安全に管理することができます。

なお、セキュリティ面に加えて、取引のしやすさや、利用しやすいスマホアプリが提供されているかどうかなども、取引所を選ぶときのポイントとなります。

スマホアプリが利用できれば、平日の日中は本業が忙しい人などでも、時間や場所を気にせずのすぐに簡単に取引を行うことができるメリットなどがあるからです。

仮想通貨取引所のセキュリティ対策をよく確認しておく

セキュリティ対策
仮想通貨の取引所のセキュリティ対策を判断するポイントにはいくつかあります。

例えば、コールドウォレット・マルチシグ・SSL・分別管理・二段階認証などが導入されているかどうかなどを確認することも大切です。

コールドウォレット

コールドウォレットとは、インターネットから遮断された環境に、仮想通貨の秘密鍵を保管する管理体制のことを指します。

マルチシグ

マルチシグとはマルチシグネチャ(複数署名)の略称であり、ビットコインなどを送付するときに複数の署名が必要となる機能のことです。

SSL

SSLは取引所が暗号通信を行っていることを表すものであり、サイトのアドレスの先頭に鍵マークと「https」が表示されているのを確認すればわかります。

分別管理

分別管理とは、取引所保有の資産とユーザーの資産が明確に分けて管理されていることを指します。

2段階認証

最後の2段階認証は自分で設定する必要があるもので、IDとパスワードに加えて認証アプリで表示された6ケタの数字で表す認証コードを入力するというセキュリティ機能です。

2段階認証を設定することで、不正ログインやハッキングなどのリスクを最小限に抑えることができます。資産が第三者に盗難されないよう、スマホを紛失したりしないように気をつけましょう。

自分自身でもセキュリティ対策に意識を向けておく

セキュリティ対策

また、セキュリティ対策は仮想通貨の取引所だけに任せるのではなく、自分自身でも行うことが必要です。

例えば、普段使用しているパソコンのセキュリティソフトは最新版にアップデートし、ウイルス対策を万全に行うようにしましょう。仮想通貨の取引所が二段階認証を推奨している際には、仮想通貨の取引を開始する前に設定を済ませておくことが肝心です。

短期トレードではなく長期的に運用したいトレーダーは、専用のウォレットに仮想通貨を分散管理するのも良いでしょう。

ウォレットには、紙に印刷するペーパーウォレットや独立したハードウェアウォレットなど複数の種類がありますので、自分の投資スタイルに合わせて選択することができます。

このようにセキュリティを向上させることで、安心感のある仮想通貨の取引ができるようになるでしょう。

不当な請求には絶対に応じないことが肝心

注意喚起
仮想通貨に関する不当な請求の事例として、「アカウントを乗っ取ったから仮想通貨を払え!」といった、不審なメールが送られてくるケースがあります。

身に覚えのない不当な請求に対しては支払いを断固拒否して、消費生活センターなどに早めに相談するようにしましょう。そのようなリスクを回避するためにも、複数のサービスでパスワードの使い回しをしないことが大切です。

自分や家族の名前・生年月日など、予測されやすいパスワードは避けることが賢明です。パスワードを作成する際は、意味を持たない英数字を複雑に組み合わせるようにしましょう。

不当な請求に対して判断に迷ったときや早急な振込などを要求されたときには、警察へ相談することも必要です。自分の判断だけで振込はせず、まず第三者へ助言を求めるようにしましょう。

なお、パスワードの管理は基本的にユーザー自身が行う必要があるため、自分で定期的にチェックすることが大切です。普段使っているパスワードを使い回さずに、できるだけ複雑な組み合わせで設定するようにしましょう。

また、定期的にパスワードを変更することで、より安全性は高まります。

複数のアカウントを作成しておくのも一つの方法

複数のアカウント作成
相場の急変などに備え、複数の仮想通貨の取引所でビットコインのアカウントを作成しておくのも一つの方法です。

サーバーダウンのリスクヘッジ

仮想通貨の価格が乱降下した場合、仮想通貨の取引所へのアクセスが殺到し、サーバーがダウンしてしまう可能性もあります。

複数の仮想通貨の取引所に口座を開設しておくことで、そのような緊急時にも対応できるようになります。

取引手数料

また、仮想通貨の取引所によっては、取引手数料が異なるケースもあります。

さらに、仮想通貨の種類によっても手数料は異なります。手数料を抑えたいトレーダーは、取引手数料の安い取引所で短期トレードをするなど、賢い使い方を工夫しましょう。

出金上限額

取引所によっては出金上限額が決まっているため、まとまったお金を緊急でおろす必要があるときにおろせない事態も考えられますので、事前に確認するようにしましょう。

以上のように、例えばアクセス過多によって取引所のサーバーが落ちたとき、第三者からのハッキングによる接続障害が起きたとき、ビットコインの価格に変動があったときなどは、取引が行えないおそれもあります。

取引所のメンテナンスなどでサービスが休止中のときにも、相場は常に変動し続けています。機会損失を生み出さないためにも、複数のアカウントがあることはリスクヘッジにつながることもあるでしょう。

多額の資金を仮想通貨で運用するときの注意点

多額の仮想通貨運用
多額の資金を仮想通貨に投資する場合には、仮想通貨の取引所とは別のウォレットを作成し、資産を分散して管理するのも一つの方法です。

自分のトレードスタイルや投資目的を考えたうえで、資金管理に意識を向けるようにしましょう。また、株やFXなどと比較して、価格の変動が大きいことが仮想通貨の特徴です。

2017年に誕生した「億り人」は、トレーダーのなかのごく一部でしかありません。仮想通貨初心者が大きなリターンを得たいために、はじめから多額の資金を取引することはリスクが高いといえるでしょう。

多額の資金を運用している際に仮想通貨の価格が暴落した場合、焦って売却してしまうと利益を得ることは難しくなります。価格に左右されず、長期的に余裕を持ってホールドすることも、利益を出すためには時には必要となります。

仮想通貨初心者はまずは少額の仮想通貨から、堅実に取引をすることが大切です。

Coincheckなら初心者でも気軽に仮想通貨を始められる

初心者の仮想通貨運用
Coincheckはスマホアプリの操作が容易で、仮想通貨初心者でも気軽に取引を始められる仮想通貨の取引所です。

手続きを完了して口座を開設したあとは、24時間取引を行うことができますし、入出金も手軽に行えます。コールドウォレットでの管理や二段階認証、システム監査などのセキュリティ対策にも、Coincheckは積極的に取り組んでいます。

スマホアプリにはウィジェット機能も搭載されており、アプリを開かずに仮想通貨の価格や変動率などをチェックすることも可能です。Coincheckのウィジェット機能はCoincheckで取引をしていない人でも利用しているケースもあり、見やすさに定評があります。

仮想通貨を購入する手順も簡単なため、相場の変動に合わせてすぐに取引可能です。また、取り扱う仮想通貨の種類も多く、様々な仮想通貨に分散投資をすることもできます。

Coincheckにおけるビットコイン(Bitcoin/BTC)の取引

BTCの取引
Coincheckで口座を開設したあとにビットコインを購入する場合は、まず指定口座に日本円を入金する必要があります。

ビットコインを購入するには、販売所を利用する方法と、取引所を利用する方法とがあります。

販売所

販売所形式ではCoincheckから直接ビットコインを購入できる仕組みなので、タイミングを逃さずに取引することが可能です。

初心者でも操作が容易で、簡単にビットコインの売買が即時に可能です。

取引所

一方、取引所形式ではユーザー同士のやり取りで売買を行うため、取引が約定するまでに時間を要するケースもあります。

しかし、取引所では指値注文も可能なので、希望の価格で注文を出すことができます。また、取引所で約定していない注文は、キャンセルすることもできます。

ただし、取引に慣れていないと注文ミスをしてしまうリスクもありますので、その点は注意して利用しましょう。

貸仮想通貨サービス

貸仮想通貨サービス
なお、Coincheckでは購入したビットコインを、貸仮想通貨サービスを利用して、一定期間貸し出すことも可能です。

貸仮想通貨サービスでは、貸出期間を14日間・30日間・90日間・365日間から選ぶことができ、貸出期間に応じて利用料をもらえます。ビットコインの長期保有を検討している方にとっては、便利なサービスです。

まずは少額から気軽に仮想通貨の取引を始めてみよう

仮想通貨取引を始めよう
仮想通貨取引を行うには、相場の流れとともに、各仮想通貨や取引所の特徴を押さえておく必要があります。

取引前に仮想通貨投資のメリットやデメリットなども理解しておくことで、リスクヘッジしながら取引を始めることができます。また、運用する資産や期間などおおまかなルールを自分で決めたうえで取引を始めると、価格の変動に左右されずに落ち着いて取引ができるでしょう。

他にも、仮想通貨の取引を始める前にスマホアプリの使い方に慣れておくことで、スムーズに取引が開始できます。近年は仮想通貨を現金の代わりに支払いができる店舗も増えており、仮想通貨は徐々に世の中に浸透しつつあるともいえるでしょう。

仮想通貨の価格が高騰しないうちに購入すれば、将来的に大きな利益を得られる可能性もあります。Coincheckでは全ての仮想通貨が500円から購入できるため、まずは少額から取引をスタートして、取引に慣れてきたら徐々に投資額を増やしていくのも良いでしょう。