Net Assets
Show in header
Net Assets
¥ {{ balance.net_assets.jpy | number: 1 | cut_decimal_zero }}

Available

In Use

{{cur}} {{ cur.toUpperCase() }}
¥ {{ balance.coincheck.available[cur] | cut_decimal_zero }}
¥ {{ balance.coincheck.in_use[cur] | cut_decimal_zero }}
Net Assets
Show in header
Net Assets
¥ {{ balance.net_assets.jpy | number: 1 | cut_decimal_zero }}

Available

In Use

{{cur}} {{ cur.toUpperCase() }}
¥ {{ balance.coincheck.available[cur] | cut_decimal_zero }}
¥ {{ balance.coincheck.in_use[cur] | cut_decimal_zero }}

Coincheck Column
コインチェックコラム

2020-02-20Coincheck Tipsネム(XEM)

ネム(NEM/XEM)は、独自の思想や技術が反映され、ほかの仮想通貨とは一線を画す存在です。 ネム(NEM)(通貨単位:XEM)の特徴を解説しながら、Coincheckでの口座開設の流れと、購入方法・手数料についてご紹介します。 Coincheckの無料登録はこちら 目次 ネム(XEM)は仮想通貨の販売所ならすぐに買える 販売所とは? 取引所とは? 販売所と取引所の違い ネム(XEM)販売所としてのCoincheckのポイント 初めての人でも簡単に取引ができる 24時間いつでも手軽に購入 貸仮想通貨サービスがある Coincheck(コインチェック)販売所でのネム(XEM)購入方法 Coincheck(コインチェック)に口座開設をする コインチェックアプリから購入する場合 Coincheckのウェブ画面から購入する場合 取引する上でより高度なセキュリティ対策を行うには? 2段階認証設定 コールドウォレットに分散管理 ネム(XEM)の特徴は? 2015年に誕生した仮想通貨 取引の承認が迅速 独自のブロックチェーン Coincheckでネム(XEM)を取引する際にかかる手数料 日本円の入金手数料 仮想通貨の送金手数料 日本円の出金手数料 ネム(NEM)の最低購入額・最低売却額 最低購入額 最低売却額 仮想通貨の取引で得た利益が年間で20万円を超えると税金がかかる ネム(NEM)の取引で年間の利益が20万円以下は原則非課税 ネム(NEM)の取引で年間の利益が20万円以上は確定申告が必要 仮想通貨の税率 Coincheckが選ばれる理由 ネム(XEM)は仮想通貨の販売所ならすぐに買える 販売所とは? 販売所は、仮想通貨取引所が所有しているネム(XEM)をユーザーが購入するところです。 日本円などの法定通貨から、直接希望の量のネム(XEM)を、すぐに簡単に買うことができます。 取引所とは? 取引所は、口座を開設しているユーザー同士のリップルの売買の場を提供するところです。 売り手と買い手がうまくマッチングすれば取引が成立となりますが、成立するまで時間がかかることもあります。最悪の場合、不成立となると売買ができません。 販売所と取引所の違い 初心者の方には、簡単にすぐにネム(XEM)が購入できる販売所での取引が便利です。 取引所での取引は、需要と供給がマッチングすれば、販売所よりも安く購入することも可能です。ただし、取引が成立しなければ購入できないこともあります。 そしてその間にネム(XEM)の価格が高騰してしまうと、結局購入価格が割高になってしまうこともあります。また、大量の売買をしようと思った際にも、相手方がいないと取引が成立しないため、希望の価格で購入できない場合もあります。 一度に大量のネム(XEM)を同じ価格で購入したい時なども、販売所の利用は便利と言えるでしょう。 ネム(XEM)販売所としてのCoincheckのポイント Coincheckはサイトデザインの見やすさや、スマホアプリの使いやすさで、ユーザーから高い評価を得ています。 初めての人でも簡単に取引ができる コインチェックアプリを使えば、スマートフォンからチャートの確認をはじめ多彩な機能を利用することができます。 初めてネム(XEM)を購入される方でも、迷うことなくらくらくと取引することができます。 24時間いつでも手軽に購入 また、仮想通貨は24時間365日、リアルタイムで取引できます。外出している時や、移動中などでも、スマートフォンから簡単にネム(XEM)が購入できます。 貸仮想通貨サービスがある Coincheckは、仮想通貨を一定期間Coincheckに貸し出すことで、利用料がもらえる、貸仮想通貨サービスを提供しています。 ネム(XEM)を購入して長期間保有するつもりの方などは、貸仮想通貨サービスを利用することで、新しい収益を得ることができます。 Coincheck(コインチェック)販売所でのネム(XEM)購入方法 Coincheck販売所でのネム(XEM)を購入する手順を紹介します。 Coincheck(コインチェック)に口座開設をする まず、Coincheckに口座のない方は口座を開設します。 仮想通貨の取引所・販売所で口座開設するまでの流れ Coincheck Coincheckの無料登録はこちら コインチェックアプリから購入する場合 続いて、コインチェックアプリをダウンロードして、アプリを立ち上げます。 タブ画面から「入出金」→「銀行口座から入金」をクリックし、Coincheckの指定口座に日本円を入金します トップ画面から「ネム(XEM)」を選択し、「購入」ボタンをクリックします 購入したい金額を入力します 購入したい仮想通貨か、数量に間違いはないかを確認します 「JPYでXEMを購入」ボタンをタップすれば、購入完了です Coincheckのウェブ画面から購入する場合 「ウォレット」画面のメニューから「日本円を入金する」をクリックし、Coincheckの指定口座に日本円を入金します 「ウォレット」画面のメニューから「コインを買う」をクリックします Coincheckで買える仮想通貨の種類が表示されますので、ネム(XEM)を選んでクリックします 「数量」欄に購入したいネム(XEM)の数量を入力します 合計欄にはその時点での購入レートにもとづいた合計金額が表示されますので、確認します 内容に問題がなければ「購入する」ボタンをタップすれば、購入完了です ネム(NEM/XEM)購入方法・買い方・口座開設・取引方法を解説 Coincheck 取引する上でより高度なセキュリティ対策を行うには? 続いて、ネム(XEM)などの仮想通貨を安全に管理するために、行っておくと良いことをご紹介します。 2段階認証設定 2段階認証とは、Coincheckの口座にログインする場合などに、パソコンとスマートフォンなど2つの端末で認証しなければ操作できない、セキュリティの設定方法です。 2段階認証を設定しておけば、もしアカウントのIDとパスワードが流失しても、スマートフォンでの認証が必要ですので、他者はログインできません。Coincheckに口座を開設したら、この2段階認証を必ず設定しておきましょう。 コールドウォレットに分散管理 ウォレットとは、財布のことです。仮想通貨を管理する場所がウォレットです。 ウォレットには常時ネットに接続しているホットウォレットと、ネットから切り離されたコールドウォレットがあります。ホットウォレットは便利ですが、万一の場合ハッキングされるなどのリスクがあります。 より安全に自分の仮想通貨を保管するには、コールドウォレットなどのウォレットを併用して、様々なウォレットに分散管理することも重要です。 ネム(XEM)の特徴は? そもそもネム(XEM)とは、どのような特徴を持つ仮想通貨なのでしょうか。 2015年に誕生した仮想通貨 ネム(NEM)は、新しい経済圏の創出を目的に2015年に誕生した仮想通貨です。 ネム(NEM)とは、New Economy Movementの略称で、新しい経済プラットホームを目指すプロジェクト名でもあります。ネム(NEM)の仮想通貨の単位は、ゼム(XEM)となっています。 取引の承認が迅速 ネム(NEM)の特徴の一つに、ブロック作成時間が早いということがあります。 ビットコイン(BTC)が約10分かかるのに対して、ネム(NEM)のブロック作成時間は1分となっています。ブロック作成とは取引データを記録することで、ブロック作成に時間がかかれれば、その分、取引の承認も遅くなります。 そのため、ネム(NEM)はスピーディーな取引ができる仮想通貨となっています。 独自のブロックチェーン 他にも、ネム(XEM)は独自のブロックチェーンを用いており、PoI(プルーフ・オブ・インポータンス)による合意形成メカニズムを採用していたりと、他の仮想通貨とは一線を画す特徴を有しています。 仮想通貨ネム(NEM/XEM)とは?特徴を初心者にもわかりやすく解説 Coincheck Coincheckでネム(XEM)を取引する際にかかる手数料 Coincheckでネム(XEM)を取引する際には、取引手数料に加えて下記の手数料などがかかります。 日本円の入金手数料 まず、Coincheckでネム(XEM)を購入する場合、Coincheckの指定口座へ銀行振込などで日本円を入金します。 銀行振込で日本円を入金する場合、手数料は無料です。ただし、振込手数料はユーザー負担となります。 また、コンビニ入金では、30,000円未満の場合は手数料が770円、30,000円以上30万円以下の場合は手数料が1,018円となります。コンビニ入金の1回あたりの入金上限額は30万円となります。 クイック入金では、30,000円未満の場合は手数料が770円。30,000円以上50万円未満の場合、手数料は1,018円となります。さらに日本円の入金額が50万円以上の場合、「入金額×0.11%+486円」が手数料となります。 仮想通貨の送金手数料 ネム(NEM)をCoincheckのユーザー間で送金する場合、送金手数料は無料です。Coincheckユーザー以外に送金する場合には、0.5XEMの送金手数料がかかります。 日本円の出金手数料 Coincheckでネム(NEM)を売却して日本円に換金し、その日本円を出金する場合、出金手数料は金額に関係なく407円です。 ※手数料は、2019年12月1日時点の金額です。 ネム(NEM)の最低購入額・最低売却額 最低購入額 ネム(NEM)を購入する場合、最低購入額は500円(JPY)。ビットコイン(BTC)での最低購入額は0.001ビットコイン(BTC)です。 最低売却額 ネム(NEM)を売却する場合、最低売却額は500円(JPY)。ビットコイン(BTC)での最低売却額は0.001ビットコイン(BTC)です。 Coincheckの無料登録はこちら 仮想通貨の取引で得た利益が年間で20万円を超えると税金がかかる ネム(NEM)の取引で年間の利益が20万円以下は原則非課税 会社員(給与所得者)に関しては、1月1日から12月31日まで得た年間の利益が20万円以下の場合は、原則非課税で、確定申告は不要です。 ネム(NEM)の取引で年間の利益が20万円以上は確定申告が必要 会社員(給与所得者)に関しては、ネム(NEM)など仮想通貨の取引で年間の利益が20万円以上は原則確定申告が必要です。 ネム(NEM)など仮想通貨の取引で得た利益は、雑所得扱いになります。利益は給与所得と合算して課税されます。翌年の2月16日から3月15日の間に確定申告を行い、所得税を納めます。 仮想通貨の税率 課税の対象となる所得金額と税率は下表を参照ください。仮想通貨の利益に対する税額を知ることができます。 <所得税の税率と控除額> 課税対象の所得金額(利益) 税率 控除額 195万円以下 5% 0円 195万円超330万円以下 10% 97,500円 330万円超695万円以下 20% 42万7,500円 695万円超900万円以下 23% 63万6,000円 900万円超1,800万円以下 33% 153万6,000円 1,800万円超4,000万円以下 40% 279万6,000円 4,000万円超 45% 479万6,000円 他に住民税も加算されます。住民税は給与所得がある場合は給与所得×10%+雑所得×10%で算出されます。 ※確定申告等の詳細につきましては管轄の税務署や税理士等にお訊ねいただくか、または国税庁タックスアンサーをご参照ください。 Coincheckが選ばれる理由 Coincheckは、アカウント登録から口座開設までがシンプルでわかりやすいので、仮想通貨の取引をすぐに始めることができます。取扱通貨は、ネム(XEM)だけでなく、イーサリアム(ETH)やリップル(XRP)など、選択肢が豊富です。 さらに、チャートや取引画面が見やすいコインチェックアプリなら、移動中などでも簡単に仮想通貨の取引ができます。仮想通貨の取引には、Coincheckの利用をぜひ検討してみてください。

仮想通貨は、仮想通貨の取引所や販売所で買うことができます。 アルトコインのリップル(XRP)の取引をスタートさせたい方は、確実に早く購入できるCoincheckの販売所を活用すると良いでしょう。 この記事ではCoincheckの販売所の利点、販売所でのリップル(XRP)の購入方法などを解説します。 Coincheckの無料登録はこちら リップル(Ripple/XRP)は販売所ならほしい時に買える 販売所とは? 販売所は、仮想通貨取引所が所有しているリップル(XRP)をユーザーが購入するところです。 日本円などの法定通貨から、直接希望の量のリップル(XRP)を、すぐに簡単に買うことができます。 取引所とは? 取引所は、口座を開設しているユーザー同士のリップルの売買の場を提供するところです。 売り手と買い手がうまくマッチングすれば取引が成立となりますが、成立するまで時間がかかることもあります。最悪の場合、不成立となると売買ができません。 販売所と取引所の違い 初心者の方には、簡単にすぐにリップル(XRP)が購入できる販売所での取引が便利です。 取引所での取引は、需要と供給がマッチングすれば、販売所よりも安く購入することも可能です。ただし、取引が成立しなければ購入できないこともあります。 そしてその間にリップル(XRP)の価格が高騰してしまうと、結局購入価格が割高になってしまうこともあります。また、大量の売買をしようと思った際にも、相手方がいないと取引が成立しないため、希望の価格で購入できない場合もあります。 一度に大量のリップル(XRP)を同じ価格で購入したい時なども、販売所の利用は便利と言えるでしょう。 リップル(Ripple/XRP)販売所としてのCoincheckのポイント Coincheckはサイトデザインの見やすさや、スマホアプリの使いやすさで、ユーザーから高い評価を得ています。 初めての人でも簡単に取引ができる コインチェックアプリを使えば、スマートフォンからチャートの確認をはじめ多彩な機能を利用することができます。 初めてリップル(XRP)を購入される方でも、迷うことなくらくらくと取引することができます。 24時間いつでも手軽に購入 また、仮想通貨は24時間365日、リアルタイムで取引できます。外出している時や、移動中などでも、スマートフォンから簡単にリップル(XRP)が購入できます。 貸仮想通貨サービスがある Coincheckは、仮想通貨を一定期間Coincheckに貸し出すことで、利用料がもらえる、貸仮想通貨サービスを提供しています。 リップル(XRP)を購入して長期間保有するつもりの方などは、貸仮想通貨サービスを利用することで、新しい収益を得ることができます。 Coincheck販売所でのリップル(Ripple/XRP)購入方法 Coincheck販売所でのリップル(XRP)を購入する手順を紹介します。 Coincheckに口座開設をする まず、Coincheckに口座のない方は口座を開設します。 次に、コインチェックアプリから購入する場合と、ウェブ画面から購入する場合を解説します。 仮想通貨の取引所・販売所で口座開設するまでの流れ Coincheck コインチェックアプリから購入する場合 まずはコインチェックアプリをダウンロードして、アプリを立ち上げます。 1:タブ画面から「入出金」→「銀行口座から入金」をクリックし、Coincheckの指定口座に日本円を入金します 2: トップ画面から「リップル(XRP)」を選択し、「購入」ボタンをクリックします 3: 購入したい金額を入力します 4: 購入したい仮想通貨か、数量に間違いはないかを確認します 5:「JPYでXRPを購入」ボタンをタップすれば、購入完了です Coincheckのウェブ画面から購入する場合 1: 「ウォレット」画面のメニューから「日本円を入金する」をクリックし、Coincheckの指定口座に日本円を入金します 2:「ウォレット」画面のメニューから「コインを買う」をクリックします 3: Coincheckで買える仮想通貨の種類が表示されますので、リップル(XRP)を選んでクリックします 4: 「数量」欄に購入したいリップル(XRP)の数量を入力します 5: 合計欄にはその時点での購入レートにもとづいた合計金額が表示されますので、確認します 6: 内容に問題がなければ「購入する」ボタンをタップすれば、購入完了です リップル(Ripple/XRP)購入方法・買い方・口座開設の流れを解説 Coincheck Coincheckの無料登録はこちら 取引する上でより高度なセキュリティ対策を行うには? 続いて、リップル(XRP)などの仮想通貨を安全に管理するために、行っておくと良いことをご紹介します。 2段階認証設定 2段階認証とは、Coincheckの口座にログインする場合などに、パソコンとスマートフォンなど2つの端末で認証しなければ操作できない、セキュリティの設定方法です。 2段階認証を設定しておけば、もしアカウントのIDとパスワードが流失しても、スマートフォンでの認証が必要ですので、他者はログインできません。Coincheckに口座を開設したら、この2段階認証を必ず設定しておきましょう。 コールドウォレットに分散管理 ウォレットとは、財布のことです。仮想通貨を管理する場所がウォレットです。 ウォレットには常時ネットに接続しているホットウォレットと、ネットから切り離されたコールドウォレットがあります。ホットウォレットは便利ですが、万一の場合ハッキングされるなどのリスクがあります。 より安全に自分の仮想通貨を保管するには、コールドウォレットなどのウォレットを併用して、様々なウォレットに分散管理することも重要です。 リップル(Ripple/XRP)の特徴は? そもそもリップル(XRP)とは、どのような特徴を持つ仮想通貨なのでしょうか。 国際送金の高スピード化と低コスト化を目指す決済システム ビットコイン(BTC)が個人同士の決済がメインであるのに対して、リップル(XRP)は企業間取引や国際間取引の決済も目的に開発されました。 国際送金のインフラとして期待されており、世界中の名だたる金融機関や、日本の大手銀行とも提携しています。 ブリッジ通貨の代表 ブリッジ通貨とは、日本円や米ドル、ユーロなどの法定通貨を仲介する仮想通貨のことです。 現在日本円から米ドルを両替すると高額な手数料がかかりますが、リップル(XRP)を経由すれば手数料を安価にすることができます。 時価総額第2位の仮想通貨(2019年1月末時点) リップル(XRP)は時価総額では、ビットコイン(BTC)に次ぐ仮想通貨で、日本でも人気のあるアルトコインの一つです。 仮想通貨取引所が解説するリップル(XRP)の特徴と歴史 Coincheck Coincheckでリップル(Ripple/XRP)を取引する際にかかる手数料 Coincheckでリップル(XRP)を取引する際には、取引手数料に加えて下記の手数料などがかかります。 銀行振込 まず、Coincheckでリップル(XRP)を購入する場合、Coincheckの指定口座へ銀行振込などで日本円を入金します。 銀行振込で日本円を入金する場合、手数料は無料です。ただし、振込手数料はユーザー負担となります。 コンビニ入金・クイック入金 コンビニ入金では、30,000円未満の場合は手数料が770円、30,000円以上30万円以下の場合は手数料が1,018円となります。コンビニ入金の1回あたりの入金上限額は30万円となります。 クイック入金では、30,000円未満の場合は手数料が770円。30,000円以上50万円未満の場合、手数料は1,018円となります。さらに日本円の入金額が50万円以上の場合、「入金額×0.11%+486円」が手数料となります。 送金手数料 リップル(XRP)をCoincheckのユーザー間で送金する場合、送金手数料は無料です。Coincheckユーザー以外に送金する場合には、0.15XRPの送金手数料がかかります。 日本円での出金手数料 Coincheckから日本円を出金する場合、出金手数料は一律407円です。 ※手数料は、2019年12月1日時点の金額です。 Coincheckでのリップル(Ripple/XRP)の最低購入額・最低売却額 最低購入額 リップル(XRP)を購入する場合、最低購入額は500円(JPY)。ビットコイン(BTC)でも購入できますが、最低購入額は0.001ビットコイン(BTC)です。 最低売却額 リップル(XRP)を売却する場合も最低売却額は 500円(JPY)。ビットコイン(BTC)での最低売却額は0.001ビットコイン(BTC)です。 リップル(Ripple/XRP)の売却時には税金がかかる場合も リップル(XRP)の取引で年間の利益が20万円以下は原則非課税 リップル(XRP)など仮想通貨の取引で得た利益は、雑所得扱いになります。 1月1日から12月31日までで年間の利益が20万円以下の場合は非課税となり、原則確定申告は不要です。 リップル(XRP)の取引で年間の利益が20万円以上は確定申告が必要 リップル(XRP)など仮想通貨の取引で年間の利益が20万円以上の場合は、原則確定申告が必要です。翌年の2月16日から3月15日の間に行い、所得税を納めます。 所得税と住民税の税率 雑所得にはどの程度の所得税がかかるかは、以下の表の通りとなります。 <所得税の税率と控除額> 課税対象の所得金額(利益) 税率 控除額 195万円以下 5% 0円 195万円超330万円以下 10% 97,500円 330万円超695万円以下 20% 42万7,500円 695万円超900万円以下 23% 63万6,000円 900万円超1,800万円以下 33% 153万6,000円 1,800万円超4,000万円以下 40% 279万6,000円 4,000万円超 45% 479万6,000円 この他に住民税も付加されます。住民税は給与所得がある場合は、給与所得×10%+雑所得×10%で算出されます。 ※確定申告等の詳細につきましては管轄の税務署や税理士等にお訊ねいただくか、または国税庁タックスアンサーをご参照ください。 Coincheckが選ばれる理由 Coincheckは、アカウント登録から口座開設までがシンプルでわかりやすいので、仮想通貨の取引をすぐに始めることができます。取扱通貨は、リップル(XRP)だけでなく、イーサリアム(ETH)やネム(XEM)など、選択肢が豊富です。 さらに、チャートや取引画面が見やすいコインチェックアプリなら、移動中などでも簡単に仮想通貨の取引ができます。仮想通貨の取引には、Coincheckの利用をぜひ検討してみてください。

イーサリアム(ETH)といえば、数ある仮想通貨の中でも第二のビットコイン(BTC)と呼ばれることもあるほど、人気の高い通貨です。 そんな、人気のイーサリアム(ETH)から分岐して誕生したのが、イーサリアムクラシック(ETC)です。 今回は、イーサリアムクラシック(ETC)の誕生の経緯や特徴、今後の将来性などについて焦点を当てて詳しくご紹介していきたいと思います。 イーサリアムクラシック(EthereumClassic/ETC)誕生の経緯 2016年に、イーサリアム上に作られた「The Dao」というサービスが、ハッキングにより約360万ETH(当時65億円相当)もの資金を盗まれる事件が起きました。 この時の被害額は同サービスがイニシャル・コイン・オファリング(ICO)で調達した総額約150億円の1/3以上に当たります。 この事件発生を受けて、イーサリアム(ETH)の開発チームは「ハードフォークによって不正送金が行われる前の状態に戻す」という手段で解決を図りました。 イーサリアム(ETH)がハードフォーク この解決案は、イーサリアム(ETH)のデータをハッキング前の状態に戻すことによって、ハッキング自体をなかったことにする仕様変更のことで、「ハードフォーク案」と呼ばれています。 最終的にハードフォーク案が実行されたことで、The Dao事件は解決したかのように見えました。しかしながら、イーサリアム(ETH)の開発チームによる介入が非中央集権的な仮想通貨の理念に反するとして、一部のコミュニティが反発を示しました。 これによりイーサリアム(ETH)コミュニティは、ハードフォーク案を主張したイーサリアム(ETH)と、非中央集権性を重視し何もしないことを主張したイーサリアムクラシック(ETC)に分岐しました。 イーサリアムクラシック(ETC)が誕生 このように、The Dao事件をきっかけに、本家イーサリアム(ETH)の性質をそのまま受け継いだ新しい仮想通貨として、イーサリアムクラシック(ETC)が誕生したのです。 イーサリアムクラシック(ETC)は、分裂以降独自の機能がどんどん付け加えられてきており、将来有望な仮想通貨としても注目されています。 イーサリアムクラシック(EthereumClassic/ETC)の主な特徴 それでは、本家イーサリアム(ETH)とイーサリアムクラシック(ETC)はどのような違いがあるのかをご説明したいと思います。 1. 非中央集権が元になっている TheDAO事件の解決案を巡っては、全体のおよそ1割程度が「ハッキングされたデータは残しておくべき」と主張しました。 そして、彼らイーサリアムクラシック(ETC)コミュニティの理念は「code is low」、直訳すると「プログラムコードこそが法律である」となります。 つまり、ブロックチェーン上で最も支配権があるのは「プログラムコードである」という考え方になります。 そのため、イーサリアムクラシック(ETC)のブロックチェーン上には、非中央集権的な前提を壊さないように、現在でもハッキングデータが改善されずに残っています。 2. イーサリアム(ETH)と異なる利用用途 イーサリアム(ETH)はスマートコントラクトという技術を導入した、自律分散型アプリケーション開発プラットフォームの提供を目指して開発を進めています。 一方で、イーサリアムクラシック(ETC)は、イーサリアム(ETH)と同様にスマートコントラクト機能は備えていますが、IoT(Internet of Things)プラットフォームとしての役割として開発を進めています。 現に、自律分散型アプリケーションの開発にはイーサリアム(ETH)を利用することが主流で、イーサリアムクラシック(ETC)は、イーサリアム(ETH)とは別の利用用途を目指すことで差別化を図っています。 3. 発行上限がある イーサリアム(ETH)は、通貨の発行上限を定めていないことが特徴として上げられます。一方、イーサリアムクラシック(ETC)は、約2億1000万ETCから約2億3000万ETCが発行上限として定められていることも特徴です。 一般的に発行上限がない通貨は市場の供給量が増えると価値が下がり、発行上限のある通貨は市場の供給量が減り続けると価値が上がります。 イーサリアムクラシック(EthereumClassic/ETC)を購入するには? イーサリアムクラシック(ETC)を購入するには、まずは仮想通貨の取引所に口座開設が必要です。 国内大手の取引所の1つであるCoincheckでは、イーサリアムクラシック(ETC)を含めて、様々な仮想通貨を取り扱っています。 仮想通貨を初めて購入する場合、簡単な手続きで安心して取引できることが重要になりますが、Coincheckはとにかくシンプルで、初心者であっても使いやすいのが特徴です。 また、見やすいチャートや取引画面があったり、操作性の高いアプリがあったりするため、スマホからでも簡単に仮想通貨の購入が可能です。 Coincheckのアカウント登録はこちら イーサリアムクラシック(EthereumClassic/ETC)取引の口座開設から購入方法を解説はこちら イーサリアムクラシック(EthereumClassic/ETC)の今後の将来性について イーサリアムクラシック(ETC)は、イーサリアム(ETH)のスマートコントラクトを利用しつつ、スケーラビリティ問題に対応することで、IoT(Internet of Things)分野での活用に焦点をあてた開発が進められています。 スマートコントラクトにおける分野では、完全にイーサリアム(ETH)が権力を握っているとも言えます。そのため、イーサリアムクラシック(ETC)が同じ特性でイーサリアム(ETH)と張り合っても勝ち目は薄いと言えるでしょう。 そのようなことから、イーサリアムクラシック(ETC)はIoT(Internet of Things)分野という新しい分野へ、方向転換を行ったようです。 IoT分野について IoT(Internet of Things)分野では多様なセンサーを接続して膨大な量のデータを処理することから、接続するセンサーの数が多くなってもデータの処理能力が悪化しないような性能が必要になります。 また、イーサリアムクラシック(ETC)では、The DAO事件の経験からセキュリティが非常に高くなっています。セキュリティを高くするとIoT(Internet of Things)との相性が良くなると言われています。 このように、イーサリアムクラシック(ETC)では、ブロックチェーン技術とIoT技術とを融合させたシステムの構築が進められています。 サイドチェーン 加えて、イーサリアムクラシック(ETC)では、サイドチェーンの実装を目指しています。サイドチェーンとは、メインチェーンとは別のブロックチェーンを利用することで様々な機能を実現しようとする技術です。 サイドチェーンが実装されれば、これまで以上にスマートコントラクトをスムーズに使用することができます。このようなことから、イーサリアムクラシック(ETC)は将来性の高い仮想通貨と言われています。 2017年12月の仮想通貨ブームがピークに達したときには、イーサリアムクラシック(ETC)は高値を更新し、分裂当初の価格から40倍以上にまで価格が高騰しました。 イーサリアムクラシック(EthereumClassic/ETC)についてのまとめ イーサリアムクラシック(ETC)の特徴をまとめると、主に下記が挙げられます。 イーサリアム(ETH)から分裂した仮想通貨 イーサリアム(ETH)と同じスマートコントラクトに対応 IoT(Internet of Things)分野へ進出することでイーサリアム(ETH)と差別化 今後、サイドチェーンの実装や分散型アプリケーション開発などプラットフォームとしても期待ができる仮想通貨となっています。 一時は、イーサリアム(ETH)と分裂したことで将来性はほとんどないとされていましたが、イーサリアム(ETH)との差別化を図ることで、再び注目される仮想通貨となっていると言えるでしょう。

ここ数年の仮想通貨の価格上昇をきっかけに、仮想通貨の取引を始めた人も多いのではないでしょうか。 投機的な側面が盛り上がりを見せている一方で、技術面に関して精通している人はそこまで多くないというのが現状です。 こちらの記事ではそんな仮想通貨の便利な側面や、メリット・デメリットなどをお伝えします。 仮想通貨と法定通貨の違い 仮想通貨の成り立ちを考えたとき、仮想通貨は法定通貨の概念を覆す技術革新として注目を集めていました。 法定通貨はその国の信用の上に成り立つ存在であるため、その価値は国の信用に左右されます。例えば、仮に日本政府が不正を働いて通貨の量を勝手に増やしたり減らしたりすると、通貨の価値は暴落してしまいます。 逆に言うと、法定通貨は一部の管理者の都合で、通貨の価値をコントロールできてしまう構図になっているということです。 一方で、仮想通貨の世界では、こういった管理者が存在しない通貨が数多く存在します。固有の管理者を定めず、参加者全員で管理をしていこうという非中央集権的なシステムが成り立っているのです。 仮想通貨の根幹の技術であるブロックチェーン 仮想通貨の特徴は、その根幹の技術であるブロックチェーンの仕組みを紐解いていくと理解しやすいです。ここでは代表的な仮想通貨であるビットコイン(BTC)のブロックチェーンについて、簡単に見ていきます。 ここでいうブロックチェーンとは、簡単にお伝えすると、共有された公開台帳のことです。過去の取引履歴の全てが、このブロックチェーン上に記録されており、誰でもその履歴を見ることができます。 取引履歴や時刻などの情報は一つのブロックという形で保存され、このブロックが時系列順につながって台帳を形成するため、ブロックチェーンと呼ばれています。 誰でも履歴を参照できるということは、その分書き換えられるリスクもありますが、この取引履歴を簡単に書き換えられないようにするプロセスを、マイニングと言います。 詳しくはこちら:ブロックチェーンとは?基礎知識やメリット・デメリットをわかりやすく解説 マイニングとは分散型の合意システム マイニングは分散型の合意システムであり、このプロセスを成立させないと、新たな取引履歴を追加することはできません。 マイニング自体はランダムなくじのようなもので、無数にある数字の中から膨大な計算作業によって答えを導き出します。これにより、ブロックチェーンの一部を置き換えることが実質的に不可能となっています。ブロックチェーンの中身を変え、支払いを無効にする、などといった不正ができないようになっています。 この計算作業を行う人たちをマイナーと呼び、一番に正解を出したマイナーには報酬として定額のビットコイン(BTC)が支払われます。 詳しくはこちら:ビットコインのマイニングとは?仕組みとやり方は? 仮想通貨はこういう時に便利! 仮想通貨は法定通貨に比べ、いくつかの利点があります。 国際送金 その一つは国際送金です。一般的に国際送金を行うとなると、違った国同士の銀行がやりとりを行う必要があります。 そのため、国内送金に比べ手数料が高く、着金するまでにも時間がかかることが課題とされてきました。しかし、仮想通貨を使えば、銀行を介さずに国際送金することが技術的に可能です。 つまり、時間や手数料の面でメリットがあります。 両替の必要がない また、仮想通貨は世界共通となっているため、両替の必要がありません。 法定通貨を送金する場合は、自国通貨と相手国通貨を為替市場で両替する必要があるため、送金手数料に加え、両替手数料も無視できないコストとなります。 為替コストを気にせず、同じ通貨単位でやりとりできるというのは一つの利点と言えるでしょう。 国の政治や経済情勢に影響を受けづらい さらに法定通貨はその通貨が使用されているエリアの政治崩壊や経済破綻の影響を直接的に受けるため、一瞬にして紙屑になる可能性があります。 過去にはジンバブエやベネズエラなどで、実際に法定通貨の価値が暴落するという現象が起きました。一方で、仮想通貨は一国の政治や経済情勢に影響を受けづらいです。 そのため、ハイパーインフレが頻繁に起こるような国では、自国通貨の代わりに金融資産として仮想通貨を所持し続けている人も多いです。 仮想通貨の取引所・販売所で口座開設するまでの流れはこちら 仮想通貨のデメリットとは? 一方で、そんな仮想通貨にもデメリットは存在します。 仮想通貨はハイリスクハイリターンとも言われているため、注意しなければ思わぬ落とし穴にはまってしまう可能性もあります。 価格の変動が激しい 仮想通貨を投資対象と見たときに価格の高騰と下落の幅が非常に大きいため、あっという間に資産を失ってしまう可能性があります。もちろん、逆に考えると一気に自分の資産を増やせる可能性もありますが、賭けの要素が強くなってきます。 もし、仮想通貨で儲けたいのであればしっかりと情報収集を行なって、タイミングを見計らって取引を行う必要があります。 インターネット上のトラブルには注意 また、仮想通貨はインターネット上で管理された通貨となっています。そのため、インターネット上のトラブルに影響されやすいというのもデメリットの一つでしょう。 インターネット上で自分たちの資産を扱っているということは、ハッキングなどの被害にも遭う可能性があるということです。したがって、仮想通貨を運用していく上では自分の資産をいかに守っていくかが重要なポイントとなってきます。 仮想通貨は分散して管理する そのための一つの方法が分散管理です。仮想通貨を保管する場所をウォレットと言いますが、ウォレットは複数所持することができます。 そのため、ウォレットを複数所持して資産を複数に分散しておくことで、ハッキング被害のダメージを軽減することができます。 また、仮想通貨をインターネットから切り離して管理するという方法もあります。ウォレットの中でも「ハードウェアウォレット」を活用することで仮想通貨をオフラインで管理することができ、セキュリティを強化できます。 仮想通貨を使える場所は今のところは限られている 他にも仮想通貨のデメリットとして、実際に活用できる場所がほとんどないということが挙げられます。世界中で徐々に増えてはいるものの、今のところ仮想通貨は大部分が投資対象としてしか活用されていません。 もちろん、投資対象としては魅力的なものではありますが、決済などで仮想通貨を使用できる場所は限られており、そこまで実用性が高いわけではありません。 仮想通貨の普及にはまだまだ時間がかかりそうですが、仮想通貨の実用性が高まってくれば、価格もさらに上がってくることが予想されるため、金融資産としても期待できるようになるかもしれません。 仮想通貨の利便性についてのまとめ 仮想通貨は投機の側面が注目されることが多く、ほとんどの人はその仕組みを知らないまま投資を行っていました。 しかし、2018年になって技術面にも少しずつスポットライトがあたりはじめ、今後どんどんと実用化が進んでくると期待されています。 仮想通貨の技術が発達していけば、送金や決済などの金融分野以外でも様々な分野で活躍してくる可能性もあります。世界共通で扱える通貨でもあるため、世界的な問題の解決にも関わってくる可能性は十分あると言えます。 どのようにして仮想通貨が成長していくのか、今後の仮想通貨業界のニュースにも注目です。

仮想通貨が売買できるのは販売所と取引所があります。 これからビットコイン(BTC)取引を始めたい人には、ビットコイン(BTC)をすぐに買えるCoincheckの販売所が便利です。 仮想通貨の販売所の選び方や、ビットコイン(BTC)の購入方法、各種手数料や気になる税金などについてご紹介します。 Coincheckの無料登録はこちら ビットコイン(Bitcoin/BTC)は販売所ならすぐ買える 販売所とは? 販売所は仮想通貨取引所が所有しているビットコイン(BTC)を、ユーザーに販売するところです。 ユーザーはいつでも希望の量のビットコイン(BTC)を、日本円などの法定通貨から簡単に購入することができます。ただし、ユーザーは予め決められた価格で購入する形となります。 取引所とは? 一方、ビットコイン(BTC)の売買の場を提供するのが取引所です。売買を行うのはユーザー同士です。ユーザーは希望の価格で注文を出すことができます。 売り手と買い手がうまくマッチングすれば売買が成立します。ただし、不成立の場合は売買ができませんので、買いたいと思った時に買えない場合もあります。 販売所と取引所の違い 初心者の方には、すぐにビットコイン(BTC)が購入できる販売所での取引の方が簡単でしょう。 取引所では需要と供給がうまくマッチングすれば、販売所よりも安く購入することも可能ですが、取引が成立しなければまったく購入できないこともあります。 購入できない間に価格が上がっていってしまうこともありますので、すぐにビットコイン(BTC)を購入したい人には販売所が便利です。 Coincheckは販売所でも取引所でも取引ができます Coincheckはビットコイン(BTC)については、販売所と取引所、いずれの場所でも取引が行えます。 ビットコイン(BTC)販売所のポイントには、例えば下記が挙げられます。 初めての人でも簡単に取引ができる Coincheckは、ウェブサイトやアプリの使いやすさに定評があります。初めてビットコイン(BTC)を購入される方でも、容易に取引することができます。 24時間いつでも手軽に購入 24時間365日、いつでもリアルタイムで取引できます。 仕事が多忙なビジネスマンの方でも、夜間や休日に取引が可能です。空いた時間にスマートフォンから簡単にビットコイン(BTC)が購入できます。 ビットコイン取引所の取引手数料が無料 Coincheckのビットコイン取引所では、今のところ取引手数料が無料でビットコイン(BTC)の取引が行えます。 Coincheck販売所でのビットコイン(Bitcoin/BTC)購入方法 Coincheck販売所でビットコイン(BTC)を購入する手順を紹介します。 Coincheckに口座開設をする まず、Coincheckに口座のない方は口座を開設します。 仮想通貨の取引所・販売所で口座開設するまでの流れ Coincheck 次に、コインチェックアプリから購入する場合と、ウェブ画面から購入する場合を解説します。 コインチェックアプリから購入する場合 まずはコインチェックアプリをダウンロードして、アプリを立ち上げます。 タブ画面から「入出金」→「銀行口座から入金」をクリックし、Coincheckの指定口座に日本円を入金します トップ画面から「ビットコイン(BTC)」を選択し、「購入」ボタンをクリックします 購入したい金額を入力します 購入したい仮想通貨か、数量に間違いはないかを確認します 「JPYでBTCを購入」ボタンをタップすれば、購入完了です Coincheckのウェブ画面から購入する場合 1. 「ウォレット」画面のメニューから「日本円を入金する」をクリックし、Coincheckの指定口座に日本円を入金します 2. 「ウォレット」画面のメニューから「コインを買う」をクリックします 3. Coincheckで買える仮想通貨の種類が表示されますので、ビットコイン(BTC)を選んでクリックします 4. 「数量」欄に購入したいビットコイン(BTC)の数量を入力します 5. 合計欄にはその時点での購入レートにもとづいた合計金額が表示されますので、確認します 6. 内容に問題がなければ「購入する」ボタンをタップすれば、購入完了です 簡単にできるビットコインの購入方法・買い方と口座開設の流れ Coincheck 取引する上でより高度なセキュリティ対策を行うには? 続いて、ビットコイン(BTC)などの仮想通貨を安全に管理するために、行っておくと良いことをご紹介します。 2段階認証設定 2段階認証とは、Coincheckの口座にログインする場合などに、パソコンとスマートフォンなど2つの端末で認証しなければ操作できない、セキュリティの設定方法です。 2段階認証を設定しておけば、もしアカウントのIDとパスワードが流失しても、スマートフォンでの認証が必要ですので、他者はログインできません。Coincheckに口座を開設したら、この2段階認証を必ず設定しておきましょう。 コールドウォレットに分散管理 ウォレットとは、財布のことです。仮想通貨を管理する場所がウォレットです。 ウォレットには常時ネットに接続しているホットウォレットと、ネットから切り離されたコールドウォレットがあります。ホットウォレットは便利ですが、万一の場合ハッキングされるなどのリスクがあります。 より安全に自分の仮想通貨を保管するには、コールドウォレットなどのウォレットを併用して、様々なウォレットに分散管理することも重要です。 Coincheckの無料登録はこちら ビットコイン(Bitcoin/BTC)の特徴は? そもそもビットコイン(BTC)とは、どのような特徴を持つ仮想通貨なのでしょうか。 世界初の仮想通貨 ビットコイン(BTC)は、2008年にサトシ・ナカモトと呼ばれる匿名の人物によって考案された、世界初の仮想通貨です。 ブロックチェーン技術 ビットコイン(BTC)は、ブロックチェーン技術と呼ばれるテクノロジーによって、システムの安全性が担保されています。 ブロックチェーンは、取引データをブロックという塊にして、ブロックをチェーンのようにつなげて記録していきます。 分散してデータを保存することで、一部のコンピューターが外部から攻撃されても、データが守られる高いセキュリティを実現しています。 管理者が存在せず、P2P(ピア・ツー・ピア)ネットワークで管理 従来の金融機関の取引データは、中央サーバや管理者が管理しています。 ところがビットコイン(BTC)には中央に管理者がおらず、P2Pネットワーク(世界中でつながったコンピュータ同士)で取引データを共有しています。このような仕組みを分散型管理システムと呼ぶこともあります。 また、ビットコイン(BTC)の取引はインターネット上で誰でも確認することができ、取引が改ざんされにくいという特徴があります。 ビットコイン(Bitcoin/BTC)とは?初心者にわかりやすく解説 Coincheck ビットコイン(Bitcoin/BTC)など仮想通貨を購入する時に発生する手数料 ビットコイン(BTC)など仮想通貨の取引には、日本円の入出金手数料や取引手数料などの手数料が発生します。 何回も取引するならば、手数料の安いところを選択するのがお得になります。 日本円の入出金手数料 ビットコイン(BTC)を購入する場合、Coincheckに口座を開設します。そして日本円を入金します。 この入金時にかかる手数料が入金手数料です。振込手数料はユーザー負担となりますが、入金手数料自体は無料です。 一方、Coincheckから日本円などの法定通貨の出金時にかかる手数料が、出金手数料です。Coincheckの場合、一律407円となっています。 取引手数料 取引手数料は、ビットコイン(BTC)の売買時にかかる手数料です。金額は販売所や取引所により異なります。 Coincheckのビットコイン取引所の取引手数料は、今のところ無料となっています。 ビットコイン(BTC)を何度も売買する時には、取引手数料などもチェックするようにしましょう。 仮想通貨の入出金手数料 ビットコイン(BTC)をはじめとした仮想通貨の売買や送金には、各種手数料がかかります。 新規の入金もしくは日本円で出金するための「入出金手数料」や、自分のウォレットからほかのユーザーのウォレットに仮想通貨を送る際にかかる「送金手数料」などがあります。 日本円の入金手数料 Coincheckでは、新規の入金を銀行振込で行う場合は、手数料が無料です(ただし、振込手数料はお客様負担となります)。 また、コンビニ入金では、30,000円未満の場合は手数料が770円、30,000円以上30万円以下の場合は手数料が1,018円となります。コンビニ入金の1回あたりの入金上限額は30万円となります。 クイック入金では、30,000円未満の場合は手数料が770円。30,000円以上50万円未満の場合、手数料は1,018円となります。さらに日本円の入金額が50万円以上の場合、「入金額×0.11%+486円」が手数料となります。 日本円の出金手数料 Coincheckの口座から日本円を出金するときの「出金手数料」は、1回につき407円となります。 日本円出金の上限は、1回あたり5,000万円ですが、手数料は出金額にかかわらず一律となっています。 仮想通貨の送金手数料 また、Coincheckの口座から、Coincheck以外の別の仮想通貨口座へ送金する際の「仮想通貨の送金手数料」は、仮想通貨の種類によって額が異なります。 ビットコイン(BTC)は0.001BTCの負担となります。なお、Coincheckユーザー間の送金手数料は無料です。 ※手数料は、2019年12月1日時点の金額です。 ビットコイン(Bitcoin/BTC)を売却時には税金がかかる場合がある ビットコイン(BTC)など仮想通貨は、売買で利益を生じた場合は課税対象となります。その目安は下記のとおりです。 課税対象となる場合 課税対象となる場合…給与所得があって仮想通貨の利益が20万円以上の方 課税対象とならない場合…給与所得があって仮想通貨の利益が20万円以下の方 所得税と住民税の税率について 仮想通貨で得た利益は「雑所得」扱いになります。雑所得にはどの程度の税率がかかるかを表にまとめました。利益に対する税額を知ることができます。 <所得税の税率と控除額> 課税対象の所得金額(利益) 税率 控除額 195万円以下 5% 0円 195万円超330万円以下 10% 9万7500円 330万円超695万円以下 20% 42万7500円 695万円超900万円以下 23% 63万6000円 900万円超1800万円以下 33% 153万6000円 1800万円超4000万円以下 40% 279万6000円 4000万円超 45% 479万6000円 <住民税の算出法> 課税対象の所得金額×10%=住民税 仮想通貨取引の利益への税金の算出例 2018年の給与所得が600万円、仮想通貨の利益が100万円の場合についてご紹介します。 所得税の算出 給与所得600万円+仮想通貨の利益100万円=所得金額700万円 所得税:所得金額700万円×税率23%-控除額63万6000円=97万4000円 給与所得のみの所得税:給与所得600万円×税率20%-控除額42万7500円=77万2500円 確定申告で所得税97万4000円と給与所得のみの所得税77万2500円の差額20万1500円を納税 住民税の算出 給与所得600万円×税率10%=60万円 仮想通貨利益100万円×税率10%=10万円 70万円(60万円+10万円)を納税 仮想通貨の利益への税金 20万1500円(所得税と給与所得のみの所得税の差額)+10万円(仮想通貨利益への住民税) =30万1500円 ビットコイン(BTC)の最低購入・売却単価 Coincheckのビットコイン(BTC)の最低購入単価・売却単価を紹介します。 ビットコイン(BTC)を購入する場合:最低購入単価:500円(JPY) 0.001ビットコイン(BTC) ビットコイン(BTC)を売却する場合:最低売却単価:500円(JPY) 0.001ビットコイン(BTC) Coincheckが選ばれる理由 Coincheckは、アカウント登録から口座開設までがシンプルでわかりやすいので、仮想通貨の取引をすぐに始めることができます。取扱通貨は、ビットコイン(BTC)以外にもイーサリアム(ETH)やリップル(XRP)など、選択肢が豊富です。 さらに、チャートや取引画面が見やすいコインチェックアプリなら、移動中などでも簡単に仮想通貨の取引ができます。仮想通貨の取引には、Coincheckの利用をぜひ検討してみてください。

2019-02-04仮想通貨の決済

日本でも仮想通貨決済できるお店が増えています。 こちらのページでは名古屋(愛知県)周辺エリアで、ビットコイン(BTC)が使えるお店(仮想通貨決済ができるお店)をご紹介します。 ※現在ビットコイン決済を導入できるCoincheck Paymentは一時停止中です。 ケーキ屋「パティスリーアングレーズ」 ※2017年2月時点情報になります。 2017年2月から愛知県名古屋市にあるケーキ屋「パティスリーアングレーズ」にて、新しくビットコイン決済が利用できるようになりました。 パティスリーアングレーズの一番人気は、何と言っても爽やかな甘さが特徴の「レモンパイ」。国産レモンを使用したレモンカードやサワークリーム、イタリアンメレンゲで仕上げられたふわふわのクリームがのったレモンパイはシェフ自慢の一品!一つ食べると思わずもう一つ食べたくなるパティスリーアングレーズの人気商品です。 カフェも店内に併設されており、テラス席では季節の風を感じながらシェフの愛情たっぷりのスィーツを楽しめます。 素材本来の美味しさを追求し、食感や風味の一つ一つにこだわったスイーツの数々はどれを選んでも絶品。ホールケーキは種類も豊富にあり、特別な日を最高の日に変えるとっておきの一品としてオススメ! ひとつひとつ丁寧に焼きあげた焼菓子やシェフこだわりのケーキに合わせて使い分けるという生クリームや、旬を見極めたフルーツなどなど、それだけでも美味しい素材をふんだんに使用したスイーツは大切な人への贈り物や記念日に華をそえること間違いなし! ■「パティスリーアングレーズ」店舗情報 住所:名古屋市千種区自由ヶ丘2-10-17 啓周ビル105号 電話番号:052-763-5833 営業時間:10:00~19:30 定休日:水曜(祝日の場合は木曜) HP:パティスリーアングレーズ ヘアサロン「Hair Grande Seeek」 ※2016年10月時点情報になります。 2016年10月より、栄駅から歩いてすぐ徒歩10秒の好立地!名古屋市栄のヘアサロン「hair grande seek(ヘアーグランデシーク)」さんで、ビットコインが使えます。 お仕事帰りの平日でも休日のお買い物の合間にでも、いつでも立ち寄れる完全半個室TVモニター付きの駅近サロンです。 店内は一瞬リゾートにトリップしたようなオシャレなエントランスと、全国でも珍しい完全半個室のカットスペース。カラーやパーマなど長時間のメニューでも周りの目を気にせずゆったりとした時間を過ごせるのが魅力的! ナチュラルな雰囲気のスタイルから、ハード、カッコいい雰囲気のスタイルまで幅広く対応しているので、ひとりひとり似合う髪型を提案してくれるのでお好みのヘアスタイルに変身!ダメージの少ないカラーリングや薄さ2mmの高品質エクステ、極上のヘッドスパ、特殊系のメニュー、パーティや結婚式のセットなど様々なご要望にお応えします。 メンズスタイルも得意なので、大人スタイルからパーマまで幅広いスタイルを提案しています。 seeekはモデルや芸能人が多く通うハイクラスサロンで、完全半個室のオシャレな空間は、長時間のメニューでも周りを気にせずゆったりとくつろげるサロン。数少ない名古屋でビットコインが使える美容院です。 ■「hair grande seeek」店舗情報 住所:愛知県名古屋市中区錦3-25-12AYA栄ビル5F 電話番号:052-212-7337 営業時間:11:00~20:00 ※最終受付はメニューによって異なりますので、お問い合わせください。 定休日: 毎週火曜日 アクセス:栄駅6番出口出て、ソフトバンクとトップカメラの間のビル。 HP:hair grande seeek

「イーサリアムは将来的に儲かるの?」「イーサリアムは今後どうなるの?」「イーサリアムを購入するのにおすすめの取引所は?」 この記事ではこんな疑問にお答えします。 現在1,000種類以上の仮想通貨が存在していますが、イーサリアム(ETH)は時価総額2位の代表的な仮想通貨です。(2019年10月30日時点、32位はリップル(XRP)) そんな人気の仮想通貨であるイーサリアムの特徴や将来性について、検証してみたいと思います。 イーサリアムの今後と将来性 イーサリアムは将来性が期待されています。 一番の要因として、アメリカの格付け機関Weiss Ratingsの仮想通貨格付けのなかで高い評価を獲得していることが挙げられます。 多くの大企業がイーサリアムの参入に乗り出しているため、将来的に価値が向上していくことが市場から期待されているのです。 また、ETF(上場投資信託)へ上場することが実現すれば多額の資金が流入し、イーサリアムの成長にもつながると考えられています。 世界屈指の投資家達もイーサリアムの価格は高騰すると予想する人が多いことも将来性が高まる要因と言われています。 イーサリアム(Ethereum/ETH)の特徴は?スマートコントラクトについて イーサリアムはヴィタリック・ブテリンによって2013年に設計されました。イーサリアムは「スマートコントラクト」という、ビットコインには無い機能を兼ね備えているのが大きな特徴です。 ビットコインでは、個人情報を除いたコインの取引記録のみをブロックチェーン上に記録しています。 一方、イーサリアムの場合、「契約情報」や「履行条件」などといった複雑な情報もブロックチェーン上に記録することができます。 例えば、AさんがB店でレンタルDVDを借りた場合、ビットコインでは「AさんがB店にレンタル代金として1,000円を支払った」という情報だけがブロックチェーン上に記録されます。 それに対してイーサリアムの場合は、取引記録だけでなく「6日間のレンタル」や「Aさんが返却を遅れたら延滞料金を支払う」などといった履行情報や契約内容なども記録することができます。 イーサリアムの特徴 イーサリアムの特徴として代表的なのが、スマートコントラクトを導入していることです。スマートコントラクトを利用すれば、時間や手数料などを抑えて自動契約を行うことが可能になります。 また、イーサリアムはDapps(分散型アプリケーション)のプラットフォームとなる特徴があります。Dapps(分散型アプリケーション)のメリットは、中央集権を必要とせずに高い安定性を誇ることです。 ERC20トークンは、イーサリアムのブロックチェーンで生成されるトークンプラットフォームのことを指します。ICO(トークンセール)において、ERC20トークンは資金調達をするのを目的として利用されています。 イーサリアムとビットコインの大きな違いには、用途が挙げられるでしょう。ビットコインは決済用の仮想通貨として誕生したことに対し、イーサリアムは開発のために用いられるプラットフォームとして開発されました。 ブロック作成時間がビットコインでは約10分であることに対し、イーサリアムは約12秒であることも大きな違いだといえます。 詳しくはこちら:イーサリアム(ETH)とは何か? イーサリアムのマイニングについて イーサリアムのマイニングには、2019年2月時点でPoW(プルーフオブワーク)を元にしたEthash(イーサ)と呼ばれるアルゴリズムが導入されています。 PoWで新規発行される仮想通貨を得るためには、世界中のマイナー達のなかでも最も早くマイニングする必要があります。パソコンの電力や容量がマイニングのスピードを左右することが特徴であるため、個人よりも大企業などの方が有利です。 マイニングデバイスであるASIC Boostの大規模なマイニングは、個人のマイニングをする人達から苦言を呈されていました。大規模なマイニング対策としてASIC体制を備えたのが、Ethash(イーサ)です。 イーサリアムは、通貨の保有期間などに応じたブロック承認の優先権が与えられるPoS(プルーフオブステーク)への移行も検討されています。 スマートコントラクトが生活に与える影響として考えられるのが、ネット投票が実現したり保険の支払いが自動的に行われたりすることです。 それらは、日常のなかで利用されることを目指し、実証実験が行われています。スマートコントラクトの利用のなかでも注目を集めているのが、オラクルです。 オラクルとはネットワーク内に情報を提供する仕組み オラクルとはブロックチェーンの外部にあるデータや情報などを取得することで、ネットワーク内に情報を提供する仕組みを指します。 イーサリアムは決済スピードが速いため、決済通貨としての利用が拡大していくことが見込まれています。送金手数料の高騰などのリスクが抑えられることで、決済通貨として採用されるでしょう。 DApps(分散型アプリケーション)においては、金融やゲームなどの分野において開発されヒット商品も出ています。DAppsを利用したゲームでは、ゲーム内通貨が仮想通貨であったり資産を得られたりするケースもあります。 生き物育成趣味レーションゲームのくりぷトンでDApps(分散型アプリケーションが利用されたことにより、大きな注目を集めました。 くりぷトンは100円以下の初期費用で始めることができるため、仮想通貨初心者も利用しやすいといえるでしょう。猫を育成できるCryptoKitties(クリプトキティ)もDAppsを利用したゲームのなかでも人気が高いことが特徴です。 猫を交配させて売買することで、希少価値が高い猫を得られるケースもあります。利益を得るためだけではなく、アバターとしての要素もあることが長くヒットしている理由だといえるでしょう。 物流や生態認証などの分野でも、DApps(分散型アプリケーション)は大きな成長を遂げることが予想されています。 イーサリアムが生活に与える影響 スマートコントラクトが生活に与える影響として考えられるのが、ネット投票が実現したり保険の支払いが自動的に行われたりすることです。 それらは、日常のなかで利用されることを目指し、実証実験が行われています。スマートコントラクトの利用のなかでも注目を集めているのが、オラクルです。 オラクルとはブロックチェーンの外部にあるデータや情報などを取得することで、ネットワーク内に情報を提供する仕組みを指します。 イーサリアムは決済スピードが速いため、決済通貨としての利用が拡大していくことが見込まれています。送金手数料の高騰などのリスクが抑えられることで、決済通貨として採用されるでしょう。 DApps(分散型アプリケーション)においては、金融やゲームなどの分野において開発されヒット商品も出ています。DAppsを利用したゲームでは、ゲーム内通貨が仮想通貨であったり資産を得られたりするケースもあります。 生き物育成趣味レーションゲームのくりぷトンでDApps(分散型アプリケーションが利用されたことにより、大きな注目を集めました。 くりぷトンは100円以下の初期費用で始めることができるため、仮想通貨初心者も利用しやすいといえるでしょう。猫を育成できるCryptoKitties(クリプトキティ)もDAppsを利用したゲームのなかでも人気が高いことが特徴です。 猫を交配させて売買することで、希少価値が高い猫を得られるケースもあります。利益を得るためだけではなく、アバターとしての要素もあることが長くヒットしている理由だといえるでしょう。 物流や生態認証などの分野でも、DApps(分散型アプリケーション)は大きな成長を遂げることが予想されています。 イーサリアム(Ethereum/ETH)とビットコイン(BTC)の違い イーサリアムで行われる取引内容は、ビットコイン同様、分散型ネットワークであるブロックチェーンに書き込まれます。つまり、取引記録だけでなく、スマートコントラクトの内容も、不特定多数の人の目に常時さらされています。 そのため、取引のみならず、スマートコントラクトの中身である契約内容も、偽造や改ざんなどが難しく、信用性の高さを確保することが可能です。 ビットコインの場合は「決済」をしやすい作りとなっており、カスタマイズ性はありませんが、イーサリアムよりもシンプルな設計です。 一方で、イーサリアムは、複雑なやり取りを記録することができ、好きな決まり事の上で仮想通貨のやり取りを記録することができます。 独自のルールを追加しやすい作りとなっているため、カスタマイズ性は高いですが、ビットコインよりも設計が難しく、その分ルールも多いです。 詳しくはこちら:イーサリアム(ETH)の特徴は?ビットコイン(BTC)との違い イーサリアムの時価総額 イーサリアムの時価総額はビットコインに次いで第2位(2019年10月時点)であり、世界中のトレーダーからも注目を集める仮想通貨だといえます。 2017年3月頃までのイーサリアムの価格は、1ETHが1000円弱ほどでした。2017年4月から7月頃には大きく価格が上昇し、1ETHあたり4万円前後に高騰しています。 その後、仮想通貨バブルを迎え2017年末から2018年初頭には1ETHあたり18万円前後までの価格上昇を記録しています。 仮想通貨バブル以降は国内の仮想通貨取引所のハッキング事件をきっかけに、イーサリアムの価格は急落しました。2019年は1ETHあたり1万円前後まで価格が下がった時期もありましたが、2019年8月には1万7000円ほどの価格に落ち着いています。 イーサリアムは価格が急落した後も開発途上であり、保有しておくことで投資利益を得られる可能性を秘めた仮想通貨だといえるでしょう。 イーサリアムの4つのアップデートが完了することで、利便性や送金スピードはさらに高まります。アップデートの最終段階であるセレ二ティと呼ばれるPoS(プルーフオブステーク)が実装されることで、価格上昇することが予想されています。 イーサリアムを購入する場合には、アップデートが完了する前に入手しておくのが良いでしょう。大手企業がイーサリアムをバックアップしていることも、イーサリアムの価値を押し上げている要因の1つだといえます。 イーサリアム(Ethereum/ETH)の今後の将来性は? ビットコインに次ぐ通貨として注目されているイーサリアムは、数多くの取引所でも取り扱いされています。 DApps(分散型アプリケーション)のプラットフォーム また、投資対象としてだけでなく、イーサリアムの特徴であるDApps(分散型アプリケーション)のプラットフォームとしても注目が集まっています。 今後、仮想通貨の世界では、イーサリアムを用いたアプリやゲームなど、様々なものが生まれると予測されています。その意味では、ビットコインとは違う機能性や利便性を持つイーサリアムの将来性は十分に期待できると言えるでしょう。 さらに、イーサリアムは技術的なアップデートを繰り返しているのも特徴で、これからセレニティーと呼ばれるアップデートが完了すれば、利便性はさらに向上すると考えられています。 EEA(イーサリアム企業連合) 他にも、イーサリアムの技術を研究・開発している企業連合であるEEA(イーサリアム企業連合)には、日本の大手企業トヨタ自動車の子会社であるTRI(Toyota Research Institute)、Microsoft、インテル、三菱UFJフィナンシャルグループなど、さまざまな世界的な有名企業が参加をしています。 大手企業がイーサリアムに着目しているということは、期待の裏返しと考えることもできます。イーサリアムの技術が様々な場面でいかされるのも、遠い未来の話ではないのかもしれません。 イーサリアム(Ethereum/ETH)が購入できる場所は? イーサリアムをはじめとした仮想通貨を購入する場合、基本的に仮想通貨交換業者を利用する必要があります。 仮想通貨交換業者とは、販売所と取引所の両方、もしくは、販売所・取引所のどちらか一方をもっている会社のことです。販売所と取引所の違いは「購入先」です。 販売所はCoincheckなどの仮想通貨交換業者から直接、仮想通貨を売買します。一方で取引所では、個人間で直接、売買を行う形式になります。 Coincheckでイーサリアム(Ethereum/ETH)を購入するまでの流れ Coincheckでは簡単なステップで、イーサリアムをはじめとした仮想通貨を購入することができます。 今回はCoincheckでイーサリアムを購入するまでの流れをご紹介します。 1. アカウント登録 まず、Coincheckのアカウントを作成します。 Coincheckのアカウント登録はこちら Coincheckの新規登録ページでメールアドレスとパスワードを設定すると、登録したメールアドレスに確認メールが届きます。 届いたメールに記載されているURLにアクセスすれば、アカウントの新規作成完了です。 2. SMS認証 Coincheckでは、本人確認にあたってまずはSMS認証を行っています。 Coincheckのアカウントにログインして「本人確認を提出する」をクリックし、電話番号を入力します。携帯電話に送られてきた6桁の認証コードを入力すれば、SMS認証が完了となります。 3.本人確認を行う Coincheckでの本人確認は『iOS/Androidアプリからでのお申し込み』と『Webからのお申し込み』の2種類があり、それぞれ確認方法が少し異なります。 Webからのお申し込みは当社審査後、ハガキの受け取りで完了となりますが、アプリからのお申し込みは「かんたん本人確認」で審査が完了すればすぐにご利用可能になります。 「かんたん本人確認」とは、スマートフォンアプリで本人確認書類と顔の写真・動画を撮影、送信することで、インターネットで口座開設の手続きが完結するサービスです。 ※現在お住いの住所が記載されている本人確認書類が必要です。 当社からご登録住所へ本人確認ハガキの郵送は不要で、審査完了後、すぐにご利用が可能となります。 参考:「かんたん本人確認」とは iOS/Androidアプリからの本人確認 アプリからのお申し込みは、SMS認証が完了すると、お客様情報の登録および本人確認書類の提出を行います。名前や性別、生年月日、住所といった基本情報を、間違いがないように注意して入力します。 次に、本人確認書類をアップロードしますが、使用できる書類は以下のいずれかとなります。 場合によってはアプリからでもハガキによる本人確認の手続きをお願いする場合がございます。その際は以下のリンクの内容をご確認ください。 参考: 「かんたん本人確認」でエラーとなってしまう <登録可能な本人確認書類> 運転免許証(表面と裏面) パスポート(「顔写真ページ」と「住所記載ページ」) 在留カード(表面と裏面) 特別永住者証明書(表面と裏面) 運転経歴証明書(表面と裏面。交付年月日が2012年4月1日以降のもの) 住民基本台帳カード(表面と裏面) 個人番号カード(表面のみ、裏面は提出不要)※「通知カード(写真なし)」は本人確認書類としては利用不可。 本人確認に必要な書類について不明点等ございましたら以下のリンクをご参照ください。 参考:本人確認書類の種類について お客様情報の入力後は、本人確認の撮影を行います。 STEP① はじめに、「表面を撮影」「裏面を撮影」ボタンから、それぞれ書類の表と裏の写真を撮影してください。 パスポートを撮影する場合、「表面を撮影」では顔写真ページを撮影してください。「裏面を撮影」では所持人記入欄を撮影してください。 STEP② 次に、顔と本人確認書類表面の撮影を行います。 ご自身の顔と書類表面がイラストの位置に来るように、書類を手に持って撮影してください。 画面の案内に従って、ゆっくりと顔を傾けたり表情を変えたりしてください。 STEP③ 最後に、顔と本人確認書類の厚みの撮影を行います。 画面に顔と書類を写し、書類をゆっくりとイラストのように斜めに傾けて撮影してください。 撮影が終わりましたら「現在確認中です」と表示されます。審査完了までしばらくお待ちください。 審査が完了し、承認となればCoincehckのすべての機能をご利用になれます。 参考:本人確認書類の撮影方法 Webからの本人確認 Webからのお申し込みは、SMS認証が完了すると、お客様情報の登録および本人確認書類の提出を行います。名前や性別、生年月日、住所といった基本情報を、間違いがないように注意して入力します。 次に、「IDセルフィー」(提出書類とご本人がいっしょに写っている写真)を用意します。例えば、運転免許証をアップロードする場合、運転免許証を手に持って、自分の顔を自撮りしてアップロードします。 次に、本人確認書類をアップロードしますが、使用できる書類は以下のいずれかとなります。 <登録可能な本人確認書類> 運転免許証(表面と裏面) パスポート(「顔写真ページ」と「住所記載ページ」) 在留カード(表面と裏面) 特別永住者証明書(表面と裏面) 運転経歴証明書(表面と裏面。交付年月日が2012年4月1日以降のもの) 住民基本台帳カード(表面と裏面) 個人番号カード(表面のみ、裏面は提出不要) ※「通知カード(写真なし)」は本人確認書類としては利用不可。 本人確認に必要な書類について不明点等ございましたら以下のリンクをご参照ください。 参照:本人確認書類の種類について 書類の提出が終わると画面に、「本人確認書類の確認が完了するまで1~2営業日お待ちください」と表示されます。Coincheck側で書類の確認ができれば、「本人確認完了」のメールと、住所確認用のハガキが住所に届けられます。 ハガキ受け取りを当社が確認した時点で、すべてのCoincheckの機能が利用可能となります。 犯収法の改定に伴い本人確認書類について変更がございましたので以下のURLをご参照ください 参照:犯収法の改正に伴う本人確認書類の変更について 4. 日本円を入金する イーサリアムを購入するには、Coincheckのアカウントにログインして日本円を入金する必要があります。銀行振込などで日本円の入金を行います。 入金が確認できたら、仮想通貨の購入をすることが可能になります。 イーサリアム(ETH)取引の口座開設から購入方法についてはこちら イーサリアム(Ethereum/ETH)にかかる手数料について イーサリアムをはじめとした仮想通貨の取引を行うには、各種手数料が掛かります。 入金手数料と出金手数料 Coincheckでは、入金を銀行振込で行う場合、入金手数料が無料(振込手数料はお客様負担)です。 また、コンビニ入金では、30,000円未満の場合は手数料が770円、30,000円以上30万円以下の場合は手数料が1,018円となります。コンビニ入金の1回あたりの入金上限額は30万円となります。 クイック入金では、30,000円未満の場合は手数料が770円。30,000円以上50万円未満の場合、手数料は1,018円となります。さらに日本円の入金額が50万円以上の場合、「入金額×0.11%+486円」が手数料となります。 Coincheckの口座から日本円に出金するときの出金手数料は、1回につき400円ほどかかります。 送金手数料 また、Coincheckの口座からCoincheck以外の仮想通貨口座に送金する場合は、仮想通貨の種類によって異なりますが、イーサリアムの場合0.01ETHが掛かります。 なお、Coincheckユーザー同士の送金手数料は無料です。 ※手数料は、2019年12月1日時点の金額です。 イーサリアムの保管ウォレットとは イーサリアムのような仮想通貨は、仮想通貨取引所に保管した場合でも第三者からハッキングされ資産を失う可能性もあります。自身でイーサリアムを保管するためのウォレットをもち、安全に保管することが必要です。 イーサリアムに向いているウォレットには、tokenPocket(トークンポケット)があります。8000種類以上のトークンで利用することが可能であるため、多くの種類の仮想通貨取引を行いたいトレーダーから選ばれています。 他のウォレットとも連携可能なTREZOR(トレザー)も、ハード型ウォレットとしてトレーダーから高い人気があります。 イーサリアムは将来的に儲かるのか? イーサリアムは、スケーラビリティ問題などのイーサリアムプロジェクトが解決した際に、価値の上昇が期待されています。アップデートのセレ二ティが完了することで、スケーラビリティキャパシティ(取引処理能力)は1000倍以上に向上するといわれています。 著名な投資家達もイーサリアムの将来性に期待し、多額の投資をしていることが特徴的です。イーサリアムのプラットフォームを利用した事業が増加することで、将来的にはイーサリアムがより注目を集めるでしょう。 損失リスクを回避するためにも底値でイーサリアムを購入し、価格の乱降下に惑わされないことが大切です。アメリカの調査機関Weiss Ratingsもイーサリアムの価値上昇を予想しており、イーサリアムは世界中から将来性を期待されている仮想通貨だと言われています。 イーサリアムの価格が将来的に上がる理由 イーサリアムの価格が上がる理由として考えられているのが、今後もアップデートが続くことが挙げられます。2019年11月にはIstanbul(イスタンブール)のアップデートが予定されており、後半はBerlin(ベルリン)として実装されます。 イーサリアムの将来性が期待されている理由に、大企業による後押しもあります。トヨタやマイクロソフトなど、国内外から信頼を得ている大企業がイーサリアムアライアンスと呼ばれる組織に参加しています。 この後押しにより、生活の場やビジネスなどでイーサリアムが利用されるようになることが期待されるでしょう。 また、ライデンネットワークがイーサリアムに実装されることで取引スピードが大幅に短縮されることが特徴です。ライデンネットワークは、送金スピードの向上や少額決済(マイクロペイメント)などを実現します。 ライデンネットワークを実装することで、1万件以上の取引を1秒ほどで処理できるとされています。 また、イーサリアムがETF(上場投資信託)として承認されることが示唆されています。 2019年5月の段階では、アメリカの証券取引委員会(SEC)がイーサリアムのETF(上場投資信託)を検討していることが発表されました。 このことからもイーサリアムは多くのトレーダーが注目を集めており、承認された際には価値が上がると予想されています。 イーサリアムに潜む問題点 イーサリアムは取引記録が改ざんされないなどのメリットがありますが、過去にハッキングを受けたこともあります。40億円以上のイーサリアムが不正送金された、The Dao事件がハッキング事件のなかでも有名です。 そのため、この事件ではイーサリアムのセキュリティの脆弱性が指摘されるようになりました。また、ICOが規制される流れは、イーサリアムの価格へ影響を及ぼす可能性があるといわれています。 ICOの法規制が強まった要因として、資金調達後に開発を行わなくなるなどの詐欺事件が多発していることが挙げられます。 スケーラビリティ問題も抱えており、イーサリアムの人気の高さからトランザクションの量が膨大になり取引が間に合わなくなるケースもあります。送金が遅延するなど、イーサリアムの取引時に不便を感じるトレーダーもいるでしょう。 また、イーサリアムが今後証券に分類される可能性が示唆されています。しかし、イーサリアムの共同設立者は有価証券との見方に反論しました。SECがイーサリアムを有価証券だとした場合には、イーサリアムの財団は裁判を起こすことが予想されています。 もし、イーサリアムが有価証券だと判断された場合には、価格が乱降下するといわれています。これらの問題点を踏まえたうえで、イーサリアムの取引を行うことが必要です。仮想通貨市場全体の情報収集や動向なども、常にチェックするようにしましょう。 イーサリアム(Ethereum/ETH)の今後の将来性や特徴のまとめ 今回はイーサリアムの将来性や特徴などをご紹介させて頂きました。イーサリアムは、その時価総額だけではなく技術的にも注目されています。 今後、アップデートが行われればさらに利便性が高くなり、より多くの企業の注目を集めることになるでしょう。これからますます期待されるイーサリアムの将来性を信じられる方は、イーサリアムに投資してみてもよいかもしれません。

2019-04-11仮想通貨の取引

仮想通貨の価格は様々な要因で動きます。 仮想通貨のボラティリティは他の投資商品と比較しても高くなっており、チャートが大きく上下することも珍しくありません。そのため、仮想通貨投資は一般にハイリスク・ハイリターンであると言われることが多くなっています。 そんな仮想通貨の利回りは、いったいどのぐらいなのでしょうか。今回は過去の価格推移なども含めてご紹介します。 仮想通貨の価格トレンドを捉える 仮想通貨を金融商品として捉えた場合、とにかくその値動きには注意しなければなりません。そのため、価格トレンドをいかに捉えるかが重要になってきます。 価格トレンドを捉えることで、これから価格が高騰するだろう仮想通貨と、逆にこれから下落するだろう仮想通貨を見極めることができます。これらの見極めを適切に行うことができれば、仮想通貨投資で利益が得られる機会も増えるのです。 しかし、仮想通貨の価格トレンドを捉えるためには、仮想通貨に関する情報をしっかりと持っている必要があります。仮想通貨の取引を上手く進めていくためには、情報収集が必要不可欠です。 仮想通貨の価格に影響を与えうる情報は、インターネットサイトやSNSから収集することができます。それらを見逃すことなく逐次確認し、把握しておく事なども重要です。 また、各々の情報には「なぜ仮想通貨の価格に影響を与えうるのか」という背景があります。それらの背景も踏まえた上で投資対象の見極めを行うことができれば、仮想通貨投資も実りあるものになるのではないでしょうか。 2017年の仮想通貨の価格高騰とその利回りについて 2017年は仮想通貨の価格が大きく揺れ動いた年となりました。世界的な投機熱から仮想通貨が高騰を繰り返し、「仮想通貨バブル」という言葉が生まれたほどです。 仮想通貨への先行投資によって大金を儲けた人が次々と現れ、多くの人が後追いの形で仮想通貨投資に注目し始めました。 仮想通貨の代表格とも言えるビットコイン(BTC)は、2017年の最初は10万円にも満たない価格でしたが、2017年末頃には240万円を突破しました。 つまり、2017年の最初にビットコイン(BTC)を購入していた人は、それだけで資産が24倍まで膨れ上がっていたことになります。 2017年には多くの人が仮想通貨市場に参入 ここまで大きな値動きを見せたことによって、「今仮想通貨投資を始めれば儲ける事ができる」という安易な考えが、多くの人の頭の中にすっかり定着しました。 そのため、2017年は仮想通貨をきっかけに投資を始める人も多かったようです。世の中の流行に乗って、アマチュア投資家が次々と仮想通貨市場に流れ込んできました。 価格の高騰を理由に「仮想通貨」という言葉が世間に馴染みのあるものになったことを考えれば、2017年は仮想通貨業界全体が上向きになった年と言えるでしょう。 アルトコインの値動きや利回りはどうだった? また、ビットコイン(BTC)以外の仮想通貨である、アルトコインの値動きはどうだったのでしょうか。 アルトコインの中でもリップル(XRP)は業界でも高騰が期待されていた銘柄の一つであり、今でも多くの仮想通貨ユーザーがリップル(XRP)を保有しています。 同様に振り返ると、リップル(XRP)は2017年の最初にわずか1円以下であった価格が、年末頃には270円前後にまで高騰しており、実質100倍以上にその価格が跳ね上がりました。 年初に1万円をリップル(XRP)に投資しただけで、年末にはその価値が100万円以上になった、という夢のような話が2017年には現実のものとして起きていたのです。 詳しくはこちら:リップル(XRP)の特徴とは? リップル(XRP)の口座開設・購入方法までの流れはこちら その他の仮想通貨も、2017年はほとんどが価格を大きく伸ばしました。どの銘柄に資金を投じても大きく儲かる可能性があったとすら言えるでしょう。 そのような投機ブームの中、世間的な仮想通貨の認知度も高まり、2018年はさらなる業界の盛り上がりが期待されていました。 2018年の仮想通貨市場の価格暴落 投機に沸いた2017年の流れを引き継ぎ、2018年にはさらなる仮想通貨の価格高騰を期待した人も多いでしょう。しかし、2018年は多くの人の期待を全面に裏切る値動きとなってしまいました。 2018年の最初に、仮想通貨の価格は大きく下落することとなります。この下落トレンドは1年を通じて続きました。 勢いのあった仮想通貨市場がなぜこれほど衰退してしまったのか。それにはいくつかの理由がありました。 仮想通貨の盗難事件 まず、取引所のハッキング被害が相次いだことが挙げられます。国内外を問わず2018年には多くの仮想通貨盗難事件が発生しました。 これにより、「仮想通貨=危ない」という悪いイメージが定着し、仮想通貨への世間的な信用が失墜してしまったものと思われます。 仮想通貨の規制強化 次に、仮想通貨の規制強化の動きが各国で見られたことが挙げられます。 中でも、仮想通貨取引が盛んに行われていた中国や韓国、インドにおける規制強化報道は相場に大きな影響を与えました。G20やEUといった世界機関においても仮想通貨に関する規制が議論され、世界統一規制への懸念も広がりました。 リスクオフムードの高まりなど その他、株式市場や為替市場におけるリスクオフムードの高まり、アルトコインへのマイニング攻撃、ビットコインキャッシュ(BCH)の分裂など、2018年は仮想通貨市場における不安材料が次々と発生した年となりました。 2018年前半のビットコイン(BTC)価格の下落幅は大きく、2017年後半に仮想通貨投資を始めた人たちを中心に、多くの人が仮想通貨市場から資金を引き上げたとも言われています。 仮想通貨業界は今なお発展中 仮想通貨市場が大きく衰退した2018年ですが、業界的に悪いニュースばかりではありませんでした。 仮想通貨に関する新しい技術やサービスの開発が各国で行われ、中でも米国ではデリバティブ取引やカストディサービスといった機関投資家向けのサービスが増えました。 2018年は、仮想通貨の価格が大きく下落してしまいましたが、今後の業界発展のために、投機に沸いたある意味では「不健全」な風潮を正す年であった、という見方をする人も多いようです。 2019年は、仮想通貨の価格が再び跳ね上がる年になるかもしれません。あるいは、下落が続いてしまう年になるかもしれません。 その動向はまだわかりませんが、一つ言えることは、仮想通貨業界の発展は価格低迷の裏で着々と進行しているということです。 他の金融商品と仮想通貨との比較 仮想通貨は、ボラティリティの高さなどから一部の投資家からは依然として敬遠されるきらいはありますが、株や投資信託といった従来の金融商品と比べると、優れている部分もあります。 例えば、アクティブ型の投資信託などは、購入時などの手数料が高くなる傾向があり、結果的に利益を出したとしても、手数料で利益がなくなってしまう場合などもあります。 それに比べて仮想通貨は一般的に売買手数料などが低く、積極的な売買によって利益が得られる機会が多いことも確かです。 また、他の金融商品の中には、投資してから利益が出るまでの期間が長いこともあります。そのため、短期的な目線で投資を行なっていると、利益が出にくいため、長期的な目線が必要となってきます。 仮想通貨は短期間で利益を上げられる可能性も? 一方で、仮想通貨は、価格変動が激しい反面、短期的な期間で利益を上げられる可能性もあります。そこで得た利益をさらに運用資金として活用すれば、複利効果でさらに大きな利益をあげることが可能です。 しかし、逆を言えば短期間で損をすることもあります。ちょっと目を離した隙に自分が所有していた仮想通貨が下落するということもあり得ますので、継続的にマーケットを観察することが重要となります。 仮想通貨は数百円などの少額から始められる さらに、仮想通貨は数百円などの少額から始めることができます。少ない金額であっても運用の仕方によっては大きな利益を生むことも可能です。 投資を経験したことのない人からすれば、投資に関する良い学習教材であるとの見方もできるでしょう。一方、他の金融商品はまとまった資金がなければ、利益が得られる機会も少なくなってしまいます。 そのため、投資を始めるにあたってある程度大きな軍資金を準備しなければなりません。取引の仕組みも複雑で、初心者が始めるには少しハードルが高いと言えます。 仮想通貨を始める際には余剰資金で運用を 以上のことを踏まえると、仮想通貨は金融商品として捉えた場合も、特徴的であると言えます。 しかし、仮想通貨は、初心者であっても気楽に始められる一方で、必要以上の資金を投じてしまっては大きな損をしてしまう可能性があることも事実です。 仮想通貨は魅力ある金融商品とも言えますが、その分失敗してしまうと跳ね返りも大きくなってしまうので、取引を行う際は余剰資金で行うように注意しましょう。

今の時代、銀行に貯金していても金利はほとんどつかないと言っても過言ではありません。そこで、最近はテレビやネットなどで良く耳にする「ビットコイン(BTC)」で資産を運用する人も増えています。 ビットコイン(BTC)、仮想通貨などのワードを聞くと難しそうに思いますが、最近ではサラリーマンやOL、主婦や高齢者など、老若男女が資産運用のツールとして利用していたりします。 そこで今回は、代表的な仮想通貨である「ビットコイン(BTC)」で、資産運用を始める方法をご紹介します。 Coincheckの無料登録はこちら 1. ビットコイン(Bitcoin/BTC)とは何か? そもそもビットコイン(BTC)とはなんでしょうか。資産運用を始める前に概要を理解しておきましょう。 2008年に考案された最初の仮想通貨で、ブロックチェーン技術と呼ばれるテクノロジーに基づいた、インターネット上の通貨です。 特徴としては、価値の保存や移転が可能で、通常の通貨と同じように物やサービスの対価として支払うことが可能です。ビットコイン(BTC)での支払いは、端末に表示されたQRコードにスマートフォンをかざせば、簡単に決済できます。 ただし、日本円などの法定通貨と異なり、ビットコイン(BTC)は財布に入れて持ち運びすることはできず、電子の中でのみ存在するため、実物もありません。 実物を視認できないからこそ、セキュリティに関しては不安に思うこともあるかもしれません。大事な資産がハッカー等の不正アクセスにより、翌朝には根こそぎ持っていかれたらたまったものじゃありません。 ですが、ビットコイン(BTC)がここまで普及したのは、それ自体が便利な点もありますが、信頼できるシステムに基づいているところが大きいでしょう。 ビットコイン(Bitcoin/BTC)とは?初心者にわかりやすく解説 Coincheck 2. ビットコイン(Bitcoin/BTC)は国が管理していない 一般的な貨幣は国が管理していますので、銀行の口座に預ければ、預金残高はデータ化され、中央サーバーに数字として記録されます。そのため、大元の中央サーバーがハックされてしまえばシステム全体に影響を及ぼしてしまいます。 国が管理しているから安心などと胡坐をかいていれば、痛い目にあってしまうこともありえます。しかし、ビットコイン(BTC)は銀行のシステムとは異なり、中央で管理されている訳ではありません。 ビットコイン(BTC)のシステムでかかせない要素は、「P2Pネットワーク」「POW(プルーフ・オブ・ワーク)」「ブロックチェーン」などが挙げられます。 普段聞きなれない言葉ばかりなので、戸惑ってしまいますが、仕組みを理解する上では重要な言葉となりますので今回ご紹介します。 3. P2Pネットワークとは? P2P(Peer to Peer)ネットワークとは、銀行の中央管理システムとは異なり、ビットコイン(BTC)を保有している全員のパソコンで管理し合うような仕組みとなっております。 それぞれのパソコンのネットワーク上で、データを共有して保有しています。データを共有して保有しているため、誰かがデータを改ざんしようとしても、簡単に発見することができます。 また、ビットコイン(BTC)を持っている全員が同じデータを共有して保有しているため、一部のコンピューターが故障したり、ハッキングなどあっても全てのシステムがダウンする訳ではない点が特徴です。 さらに、ビットコイン(BTC)のP2Pネットワークでは、個人同士が直接ビットコイン(BTC)を送受信することが可能です。第三者を仲介する訳ではないため、安く早く送金が可能になっています。 このような特徴を持つのが、P2Pネットワークです。 4. PoW(プルーフ・オブ・ワーク)とは? プルーフ・オブ・ワークとは、ビットコイン(BTC)のコンセンサスアルゴリズムのことで、直訳すると合意の方法のことをさします。 ビットコイン(BTC)のシステムは、ネットワーク上で不正な取引がされていないかを監視し、正当な取引のみを承認するようなシステムとなっています。 プルーフ・オブ・ワークには、「ワーク」という文字が入っている通り、仕事量、つまりパソコン(CPU)の計算量に応じて取引の整合性をチェックする人を決めるような仕組みです。 膨大な量の計算をいち早く解いた人が取引の承認者となり、新たなブロックをブロックチェーンに繋ぐ権利を得られます。 この計算作業のことを「マイニング」と呼び、マイニングの成功者、つまり取引の承認者には報酬としてビットコイン(BTC)が付与されます。なお、このブロックは、次に説明するブロックチェーンの仕組みの1要素になります。 5. ブロックチェーンとは? ブロックチェーンには種類がありますが、一般的には分散型台帳技術と呼ばれているシステムのことをさします。 このブロックチェーンのシステムによって、誰かが勝手にブロックチェーンに記録されたビットコイン(BTC)の取引を削除したり改変したりできないようになっています。このブロックチェーン技術を利用しているため、ビットコイン(BTC)は通貨として価値が守られているとも言えます。 ブロックチェーンのブロックとは取引データのことで、一定の時間で新しいブロックに記録されていきます。そして、これが延々と繰り返されます。 このブロックは直前のハッシュ値(暗号化されたデータ)によって、結ばれています。取引データが改ざんされると新しいハッシュ値が変わるため、データを共有している全員に改ざんがすぐに発見されてしまいます。 このように改ざんが難しく、データの破損もしないというブロックチェーン技術に基づいていることから、ビットコインの信頼性は担保されているとも言えるでしょう。 6. ビットコイン(Bitcoin/BTC)の発行上限に関して また、ビットコイン(BTC)の発行量は2100万枚が上限になっています。これは2009年にビットコイン(BTC)のシステムが稼働し始めたときから、プログラム上に組み込まれています。 ビットコイン(BTC)に発行上限がある理由は、ビットコイン(BTC)の希少性や価値を保つためと考えられています。 国で発行されている通貨は日本銀行が発行し、流通量を調整して急激なデフレやインフレを防ぎ、通貨の価値を保っています。しかし、ビットコイン(BTC)には日本銀行のような中央管理者が存在しないため、こうした調整ができません。 そのため、あらかじめ発行上限を決めておくことによって、ビットコイン(BTC)の価値を守っているのです。ビットコイン(BTC)は有限のため、希少価値が高く、金に似た資産とも言えるでしょう。 なお、ビットコイン(BTC)が発行上限に達するのは、2140年くらいと言われています。 ビットコイン(Bitcoin/BTC)で資産運用を始める手順 ビットコイン(BTC)で資産運用を始めるには、仮想通貨の取引所や販売所を利用して、ビットコイン(BTC)を購入する必要があります。 仮想通貨の取引所での取引を始めるためには、まずは取引所にアカウントを作り、口座の開設を行います。そして、取引所の口座にお金を振り込めば、そこから取引を始めることができます。 それでは、国内の大手取引所のCoincheckがどんな取引所なのかについて、ここから詳しくご紹介します。 簡単にできるビットコインの購入方法・買い方と口座開設の流れ Coincheck 1. 仮想通貨の取引所Coincheck(コインチェック)について Coincheckを運営するコインチェック株式会社は、2014年に仮想通貨の取引所の運営を開始し、2018年4月にマネックスグループにグループ入りしました。 Coincheckで売買できる仮想通貨は合計11種類(2019年12月時点)で、仮想通貨時価評価額の高い仮想通貨を主に取り扱っている取引所です。 仮想通貨は株などと異なり、原則24時間、土日平日関係なく取引が可能です。また、送金先のアドレスがあればすぐに送ることも可能です。 Coincheckは、特にスマートフォンのアプリの使いやすさに定評があり、2段階認証などのセキュリティ面にも配慮されたサービスを提供しています。Coincheckは取引画面などが見やすいことから、仮想通貨の初心者にも適しています。 続いて、Coincheckでのビットコイン(BTC)の購入方法をご案内します。 2. まずはCoincheckに口座開設しよう Coincheckにアカウント登録するためには、スマートフォンまたはパソコンと、メールアドレスが必要になります。 まずはCoincheckの公式サイトからメールアドレスとパスワードを登録し、画面内の「アカウント作成」ボタンを押します。登録したメールアドレスにメールが送られてきますので、メールに記載されたリンクを押すとアカウント登録完了です。 なお、Facebookのアカウントをお持ちでしたら、登録ボタンを押すだけで申請が可能です。Facebookのアカウントをお持ちではない場合でも、メールアドレスを入力すれば簡単にアカウント作成の申請ができます。 次に、本人確認を行います。本人確認を行わなくても仮想通貨の購入・売買はできますが、日本円の出金・送金などができません。 すべての機能を使用するためには本人確認の手続きが必要です。 SMS認証(電話番号認証) まずはSMS認証を行います。ログインすると表示される「本人確認書類を提出する」と書かれた緑色のボタンを押します。 そして携帯電話番号を入力し、「SMSを送信する」のボタンを押します。入力した電話番号宛にSMSが届くので、SMSに記載された「認証コード6桁」の番号をアカウントの「送信された認証コード」欄に入力します。 これでSMS認証は完了です。 本人確認を行う Coincheckでの本人確認は『iOS/Androidアプリからでのお申し込み』と『Webからのお申し込み』の2種類があり、それぞれ確認方法が少し異なります。 Webからのお申し込みは当社審査後、ハガキの受け取りで完了となりますが、アプリからのお申し込みは「かんたん本人確認」で審査が完了すればすぐにご利用可能になります。 「かんたん本人確認」とは、スマートフォンアプリで本人確認書類と顔の写真・動画を撮影、送信することで、インターネットで口座開設の手続きが完結するサービスです。 ※現在お住いの住所が記載されている本人確認書類が必要です。 当社からご登録住所へ本人確認ハガキの郵送は不要で、審査完了後、すぐにご利用が可能となります。 参考:「かんたん本人確認」とは iOS/Androidアプリからの本人確認 アプリからのお申し込みは、SMS認証が完了すると、お客様情報の登録および本人確認書類の提出を行います。名前や性別、生年月日、住所といった基本情報を、間違いがないように注意して入力します。 次に、本人確認書類をアップロードしますが、使用できる書類は以下のいずれかとなります。 場合によってはアプリからでもハガキによる本人確認の手続きをお願いする場合がございます。その際は以下のリンクの内容をご確認ください。 参考: 「かんたん本人確認」でエラーとなってしまう <登録可能な本人確認書類> 運転免許証(表面と裏面) パスポート(「顔写真ページ」と「住所記載ページ」) 在留カード(表面と裏面) 特別永住者証明書(表面と裏面) 運転経歴証明書(表面と裏面。交付年月日が2012年4月1日以降のもの) 住民基本台帳カード(表面と裏面) 個人番号カード(表面のみ、裏面は提出不要)※「通知カード(写真なし)」は本人確認書類としては利用不可。 本人確認に必要な書類について不明点等ございましたら以下のリンクをご参照ください。 参考:本人確認書類の種類について お客様情報の入力後は、本人確認の撮影を行います。 STEP① はじめに、「表面を撮影」「裏面を撮影」ボタンから、それぞれ書類の表と裏の写真を撮影してください。 パスポートを撮影する場合、「表面を撮影」では顔写真ページを撮影してください。「裏面を撮影」では所持人記入欄を撮影してください。 STEP② 次に、顔と本人確認書類表面の撮影を行います。 ご自身の顔と書類表面がイラストの位置に来るように、書類を手に持って撮影してください。 画面の案内に従って、ゆっくりと顔を傾けたり表情を変えたりしてください。 STEP③ 最後に、顔と本人確認書類の厚みの撮影を行います。 画面に顔と書類を写し、書類をゆっくりとイラストのように斜めに傾けて撮影してください。 撮影が終わりましたら「現在確認中です」と表示されます。審査完了までしばらくお待ちください。 審査が完了し、承認となればCoincehckのすべての機能をご利用になれます。 参考:本人確認書類の撮影方法 Webからの本人確認 Webからのお申し込みは、SMS認証が完了すると、お客様情報の登録および本人確認書類の提出を行います。名前や性別、生年月日、住所といった基本情報を、間違いがないように注意して入力します。 次に、「IDセルフィー」(提出書類とご本人がいっしょに写っている写真)を用意します。例えば、運転免許証をアップロードする場合、運転免許証を手に持って、自分の顔を自撮りしてアップロードします。 次に、本人確認書類をアップロードしますが、使用できる書類は以下のいずれかとなります。 <登録可能な本人確認書類> 運転免許証(表面と裏面) パスポート(「顔写真ページ」と「住所記載ページ」) 在留カード(表面と裏面) 特別永住者証明書(表面と裏面) 運転経歴証明書(表面と裏面。交付年月日が2012年4月1日以降のもの) 住民基本台帳カード(表面と裏面) 個人番号カード(表面のみ、裏面は提出不要) ※「通知カード(写真なし)」は本人確認書類としては利用不可。 本人確認に必要な書類について不明点等ございましたら以下のリンクをご参照ください。 参照:本人確認書類の種類について 書類の提出が終わると画面に、「本人確認書類の確認が完了するまで1~2営業日お待ちください」と表示されます。Coincheck側で書類の確認ができれば、「本人確認完了」のメールと、住所確認用のハガキが住所に届けられます。 ハガキ受け取りを当社が確認した時点で、すべてのCoincheckの機能が利用可能となります。 犯収法の改定に伴い本人確認書類について変更がございましたので以下のURLをご参照ください 参照:犯収法の改正に伴う本人確認書類の変更について Coincheckの無料登録はこちら 3. コインチェックアプリをダウンロードしよう 続いて、コインチェックアプリをダウンロードします。 コインチェックアプリが起動できたら、「ウォレット」というタブをクリックすると総資産が表示されます。最初はすべて0(ゼロ)で表示されます。 JPY(日本円)以外の通貨は、現在のレートで産出された資産価値が表示され、全てリアルタイムで変動します。 アカウント登録が完了したら日本円を入金することができ、ビットコイン(BTC)を購入することができるようになります。 ビットコイン(BTC)は500円から購入可能ですので、初めての方でも少額から投資をすることができます。 4. Coincheckへ日本円を入金しよう コインチェックアプリでのビットコイン(BTC)の購入方法ですが、まずは日本円を入金する必要があります。 アプリ画面の一番左上にある表示をタップしてメニュー画面を呼び出します。そこから「日本円の入金」を選択すると、振込先となるCoincheckの口座番号が表示されます。 表示された口座に銀行振込をして、入金が完了します。このとき、住信SBIネット銀行に振込する場合は振込名義人を「ユーザーID+ユーザーネーム」で入力する必要があります。 5. コインチェックアプリでのビットコイン(Bitcoin/BTC)の購入方法 入金が完了したら、いよいよ購入です。アプリを開き、チャート画面からビットコイン(BTC)を選択します。 チャート画面の下部にある「購入」の表示をタップすると、ビットコイン(BTC)を購入する画面に移動します。また、アプリの「メニュー」画面から「コイン購入」を選択して購入画面に移動することもできます。 購入したい数量を入力し、「円で購入」のボタンを押します。再確認画面が出るので、「OK」を押すと購入完了です。 ビットコイン(Bitcoin/BTC)での資産運用方法の種類について ビットコイン(BTC)は、短期でも中長期でも、どちらでも資産運用は可能です。 ビットコイン(BTC)の価格は、為替や株のように、売り手側と買い手側の需要と供給で決まります。買い手側が増えれば、必然的に価値も上がっていきます。 例えば中長期の場合の運用方法は、短期的な値動きには左右されずに長期で保有し、将来的に利益を獲得する方法です。 他にも、毎月決まった額のビットコイン(BTC)を購入する、積立投資の方法もあります。この場合、ビットコイン(BTC)の価格が低い時は多く購入し、価格が高い時は少なく購入することができます。 短期の運用の場合、値動きの激しさを利用してトレードする方法もありますが、こちらは初心者には難しく、仮想通貨のトレーダーなどが採用している方法です。 さらに、長期と短期を組み合わせた運用方法もあります。長期投資、短期投資、それぞれの投資金額を決めて運用する方法です。このようにビットコイン(BTC)の運用方法は様々です。 仮想通貨でコイン積立投資をする!特徴や方法を徹底解説 Coincheck ビットコイン(Bitcoin/BTC)で資産運用を始める方法のまとめ ビットコイン(BTC)は価格変動が激しいと言われています。価格が変動する要因にはいくつかの要素がありますが、例えば国の規制なども挙げられます。 例えば、中国はかつてビットコイン(BTC)最大の取引量を誇る国でしたが、中国政府による規制によって、ビットコイン(BTC)価格が大きく下落しました。ビットコイン(BTC)を資産運用する場合は、日本以外にも中国などの動向もチェックしておいたほうが良いでしょう。 ビットコイン(BTC)は、各国で法整備が進み、安心して取引できる環境が増えれば、利用できる場所も増え、認知度が広がることでしょう。 今の段階では、国内の店舗でビットコイン(BTC)を利用する日本人は少ないかもしれませんが、2020年の東京オリンピックに向けてや、政府のキャッシュレス化推進によって、今後加速度的に普及する可能性もあります。 また、ビットコイン(BTC)投資の対象としてみた場合は、取引の目的を意識して資産全体の中で、無理のない範囲で取り組むことが重要でしょう。

自国の法定通貨の価値が下がりモノやサービスの価値が上昇してしまった場合、インフレに陥ります。海外では自国通貨の価値が下がり、物価が急上昇してしまいハイパーインフレに陥ってしまった例もあります。 自国通貨の価値が下がっても、ビットコイン(BTC)をはじめとした仮想通貨の価値は自国通貨に影響されず、世界共通になります。ここでは仮想通貨がインフレ対策に有効な手段になるのかについてご紹介します。 そもそも「インフレ」とは? そもそもインフレ(インフレーション)とは、私たちが利用する物やサービスの価格が上昇することです。 もともと100円で購入することができたジュースが120円になってしまったり、1,000円で購入できた電球が1,200円へと価格上昇することです。 インフレはすぐに起こるわけではなく、じわじわと起こっていく現象となっています。モノやサービスの価格は短期間で動くことはあまりありません。 例えば、1個100円のりんごがあったとして、次の日に1個1万円となってしまうと、一気にお客さんはりんごを購入しなくなってしまいます。 逆に次の日に一気に1個10円になってしまうと、お客さんが殺到してしまい、あっという間にりんごが売り切れてしまうことでしょう。 インフレによって、自分たちが購入したい物やサービスの価格が上がってしまうと、あっという間に貯金がなくなってしまう可能性もあります。 インフレの反対の「デフレ」とは? インフレの反対の言葉として「デフレ」というものがあります。デフレは、物やサービスの価格が下落することを言います。 先ほどのりんごの例を使用するとなると、りんごが1個100円だった状態から1個50円になったという状況です。国はこのようなインフレやデフレに対して、財政政策や金融政策などを行うことで、調整を行なっています。 例えば公共事業を減らしたり、増税を行ったり、実際に物やサービスの値段を下げるという手法などもあります。 インフレが発生する原因は? インフレが起こる原因としては、例えば供給不足などが挙げられます。物やサービスが十分な量だけ供給されないとなると、より多くの人がその物やサービスを欲しがることになります。 そうなると、物やサービスの価格も必然的に上がってくることになります。そのため、戦争や災害が起こると供給がうまくいかなくなってしまい、インフレが起こる確率が高くなります。 また、インフレは流通しているお金の量によっても、変化してきます。お金が世の中にたくさん流通していれば、それだけお金の価値が下がってしまいます。 インフレが起こるのには原因があるので、日本の経済情報を押さえておくことも重要です。 インフレ対策のための代表的な資産運用には何がある? インフレは人ごとのようにも聞こえるかもしれませんが、今後とも日本でインフレがないとは言い切れません。 そこでインフレによって相対的に資産が減っていくことに備えて、今のうちからできる対策としては例えば以下が挙げられます。 株式投資を行う インフレの対策としてはいくつか方法がありますが、オーソドックスな方法としては「株式投資」などが挙げられます。株式投資は資産運用としても一般的な方法の一つですが、インフレにも役立ってきます。 インフレによって物価が上がることは、企業の業績に繋がってきます。もちろん、物価が上昇すれば業績が上がることもありますが、何も全ての企業の業績が上昇するわけではありません。 例えば小売業界の企業の中には、10円単位での競争がある場合もあるため、そのレベルの競争となってくると、インフレの効果は反映されにくいかもしれません。 不動産投資を行う 次に代表的なのが「不動産投資」です。物価が上昇していくと、自ずと家賃も増えていくことになります。 不動産投資は基本的にローンを利用することが多いかと思いますが、ローンの金利が低い状態でインフレが起きれば、それだけで収益が向上します。 しかし、インフレが進んでしまうと金利も上がる可能性があるため、インフレが進んでしまった後にローンをしても、メリットは少なくなってしまいます。 この他にも、例えば「投資信託」や「外貨預金」などもインフレ対策になり得ると言えるでしょう。 仮想通貨はインフレ対策に有効か? ここで気になってくるのが、同様に投資対象となっている「仮想通貨」の存在です。 例えば仮想通貨のビットコイン(BTC)などは、あらかじめプログラムで発行枚数の上限が定められているためインフレしないと言われています。また、仮想通貨はインターネット上の資産であるため、偽札が出回ることも一切ありません。 このような観点から、仮想通貨がインフレ対策として有効との見解を持っている人も多いようです。 仮想通貨でインフレを対策した事例 インフレの可能性があるのは日本だけではなく、世界中の国々であります。 実際にインフレに対して仮想通貨を用いて、インフレ対策がうまくいったという事例もあります。その例がベネズエラです。 ベネズエラ ベネズエラはインフレ率が高まり、100万%に達しようとした際に、仮想通貨のビットコイン(BTC)などでインフレを脱却しようとした人が多かった国です。 ベネズエラはアメリカからの経済制裁によって、物資不足が起こってしまい、物価も急激に高騰しました。これに国民がついていけなくなっていたため、国内の状況もかなり荒れていました。 仮想通貨ペトロ そんな中、ベネズエラでは石油に関連した仮想通貨である「ペトロ」が発行されますが、国外からは厳しい視線が向けられています。 アメリカではペトロの購入が禁止となってしまい、インドでは「ペトロ使用で原油購入の30%が割引される」という提案も拒否されています。 ベネズエラは、今後のインフレ対策として仮想通貨を活用できるのか、世界中から注目が集まっている状況です。 今後の仮想通貨の可能性 今のところは、仮想通貨を「投資対象」としてしか考えていない人も多いかもしれません。しかし、各仮想通貨の種類はたくさんあるため、それぞれが持っている技術や特徴があります。 送金や決済などに特化した仮想通貨もあれば、アプリケーション開発に関連した仮想通貨などもあります。こういった背景にある技術が目立ってくるのはこれからと考えられており、技術的な実用化が進んでくると、今後ますます仮想通貨が普及することもあるでしょう。 そうなってくると仮想通貨の価値も上がってくることになり、仮想通貨の投資としての側面も、再び注目され始めるかもしれません。仮想通貨を購入した際は、そのような技術面にも注目すると、新しい発見があるかもしれません。 仮想通貨の時代は終わったという人も見受けられますが、このような技術の進歩がある以上は、今後に期待できる技術であることは変わりありません。 また、仮想通貨の技術面に関しては、すでに多くの情報が発表されています。多くの情報の中から、今後発展していく可能性がある技術を秘めている仮想通貨を探して、その仮想通貨を購入してみるのも、一つの投資方法と言えるでしょう。 仮想通貨の取引所Coincheckが選ばれる理由 Coincheckは、アカウント登録から口座開設までがシンプルでわかりやすいので、仮想通貨の取引をすぐに始めることができます。取扱通貨は、ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)、リップル(XRP)など、選択肢が豊富です。 さらに、チャートがインジケーター(指標)を含めて見やすいコインチェックアプリなら、移動中などでも簡単に仮想通貨の取引ができます。仮想通貨の取引には、Coincheckの利用をぜひ検討してみてください。

日本語で表示しますか?

はい いいえ もう表示しない

Show in English?

Yes No Never