ビットコイン(Bitcoin/BTC)は儲かる?売買メリットや購入リスクについて

2017年は仮想通貨元年と呼ばれ、膨大な富を得たトレーダーが多く誕生しましたが、ビットコイン(BTC)は本当に儲かるのかどうか知りたい人もいるでしょう。

あまり仮想通貨についてよく知らない仮想通貨初心者は、取引を始めても利益が発生しないケースもあります。そのため、取引を始める前に、ビットコイン(BTC)を購入する際のポイントなどを理解しておくと良いでしょう。

この記事では、ビットコイン(BTC)の売買のメリットやリスク、ビットコイン(BTC)は儲かるのかどうかなどについてわかりやすく解説します。

「儲かる」の意味を考える

ビットコイン(BTC)
そもそも投資で儲かるといっても、人によって基準はさまざまでしょう。

具体的な目標を持たず、やみくもに投資をすると大きな損失を生み出す可能性があります。2017年に誕生した「億り人」のように、短期間のうちに1億円以上の利益が出せる人は、トレーダーのなかでもごく稀だと考えたほうが良いでしょう。

また、大きな利益を生み出すためには運も大切ですが、敏感に市場を読める観察眼や投資への勉強量なども必要となります。仮想通貨を始めたばかりで大きな利益を生むことを目指しても、目標を達成できない場合がほとんどです。

そのため、まずは自分がどの程度の儲けを得たいのか、どのぐらいの期間でどのぐらいの金額まで元手を増やしたいのかなど、自分なりの儲かる基準を決めることが大切です。

その際、投資に回せる余剰資金を把握しておくことも必要です。なお、仮想通貨初心者は、始めのうちはクリアしやすい目標値を設けると良いでしょう。

ビットコイン(Bitcoin/BTC)のメリット

ビットコイン(BTC)のメリット
ビットコイン(BTC)のメリットには何があるのでしょうか。主なメリットには、例えば下記が挙げられます。

ビットコイン(BTC)のメリット1:取引の不正が起こりにくい

ビットコイン(BTC)は、ブロックチェーンやP2Pという技術を導入していることが特徴だと言えます。ブロックチェーンは分散型台帳とも呼ばれ、世界中の複数のユーザーが分散して情報を管理しています。

P2P(Peer to Peer)は、対等の者同士が直接通信する方式のことで、利用者が相互に取引を管理する仕組みです。ブロックチェーンやP2Pによって利用者同士が監視し合えるため、データ改ざんのような不正が起こりにくい仕組みとなっています。

また、採掘(マイニング)も、ビットコイン(BTC)の安全性を支えている要素のひとつです。世界中に存在する採掘者(マイナー)による採掘によって、ビットコイン(BTC)の取引は承認されます。

採掘に成功するとマイナーはビットコイン(BTC)をもらえますが、あらかじめプログラムによってビットコイン(BTC)の発行上限は約2100万枚と定められていることから、インフレが起こるリスクなども避けられるようになっています。

ビットコイン(BTC)のメリット2:資産のリスク分散になる

ビットコイン(BTC)は、日本円やドルなどと違って、国によって保証されている通貨ではないことが特徴だと言えます。

国が破綻すると、日本円やドルなどの法定通貨の価値はなくなってしまいます。しかし、ビットコイン(BTC)は財政破綻などの影響を受け辛く、国家破綻などの万が一のときのリスクヘッジになると言えるでしょう。

過去にはキプロスなどで財政危機が起こった際に、実際にビットコイン(BTC)は資産の避難先に利用されました。そのようなときにはビットコイン(BTC)の価格が高騰することもあるため、世界各国の財政をチェックしておくことも重要です。

ビットコイン(BTC)のメリット3:大きな利益を出せる可能性がある

ビットコイン(BTC)は、株やFXなどの投資と比較して値動きが大きいことが特徴です。2017年12月にビットコイン(BTC)は200万円以上に価格が暴騰したことは、ニュースでも大きく取り上げられました。

世界各国の仮想通貨に関するニュースなどによって、価格は短期間で大きく変動します。そのため、ビットコイン(BTC)を安く買い、価格が急上昇したときに売却することができれば、大きな利益を生み出せるでしょう。

なお、ビットコイン(BTC)の取引量がまだ少ないことが、値動き幅を大きくしている原因だと言えます。株やFXのように市場取引量が増えることで、値動きが今後は安定する可能性もあります。

今のところは価格が乱降下しやすいこともビットコイン(BTC)の特徴であるため、仮想通貨初心者は値動きに左右されすぎないよう注意しましょう。

ビットコイン(Bitcoin/BTC)のリスク

ビットコイン(BTC)
メリットもあるビットコイン(BTC)ですが、以下のようなリスクも存在します。

ビットコイン(BTC)のリスク1:価格下落

ビットコイン(BTC)は値動きが大きいため、当然暴落するおそれもある投資だと言えます。

安くビットコイン(BTC)を購入しても、価格が暴落すると損をしてしまいます。過去にビットコイン(BTC)の価格が下落した原因として、中国などの大きな国々が仮想通貨取引に対して規制強化したことなどが挙げられます。

そのような価格が暴落した際に、新規に参入したビットコイン(BTC)のトレーダーがパニックを起こし、ビットコイン(BTC)を売りに出す状況になってしまう場合もあります。売り状況はさらに売り状況を呼ぶこともあるため、仮想通貨市場に関するニュースについては常にチェックしておくことが大切です。

ビットコイン(BTC)のリスク2:仮想通貨の取引所の倒産

また、ビットコイン(BTC)には、売買ができる仮想通貨の取引所が倒産する可能性があるというリスクがあります。

取引所が倒産してしまった場合は、資産であるビットコイン(BTC)が戻ってくる保証はありません。ビットコイン(BTC)は政府や中央銀行が管理されておらず、ビットコイン(BTC)の価値は保証がないものです。

2014年に世界でもビットコイン取り扱いの取引所として有名だったマウントゴックスが破綻しました。債権額は400億円以上にも上り、トレーダーへの補償額はごく少額だったといわれています。

ビットコイン(BTC)のリスク3:ハッキング

他にも、取引所のサーバーなどがハッキングされた場合、ビットコイン(BTC)が流出するおそれがあります。

ビットコイン(BTC)はブロックチェーンのような安全性の高い技術が導入されていますが、ハッキングリスクを伴う投資だとは言えます。

ハッキングには、取引所からビットコイン(BTC)を盗む方法と、トレーダーのウォレットをハッキングする方法の2種類があります。そのなかでも、資金が多く集まっている取引所がハッキングされるケースが多い傾向にあります。

ハッキングに遭うリスクがあるため、自身でも対策を講じることも必要です。取引所を利用する際には2段階認証を設定したり、秘密鍵をハードウォレットを利用して管理したりすることで、セキュリティを高めることができます。

仮想通貨の取引所選びをする際にも、強固なセキュリティ対策が行われている取引所を選択すると良いでしょう。

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の儲け方の例

ビットコイン(BTC)の儲け方
それでは、ビットコイン(BTC)ではどのように儲けることができるのでしょうか。

ビットコイン(BTC)の儲け方1:取引所の利用

個人がビットコイン(BTC)で儲かるためには、仮想通貨の取引所の利用が一般的です。

ビットコイン(BTC)を取り扱っている取引所は日本国内でも多く、自身が取引したいコインなどがある取引所を選択できます。

Coincheckでは、短時間のうちに無料でアカウント登録することができますので、初心者でも簡単に取引を始めることができます。

ビットコイン(BTC)は、販売所での売買と取引所での売買があります。

販売所は初心者でも簡単に使うことができる点が特徴で、あらかじめ決められた値段で購入する形式になります。一方、取引所は希望の価格で注文を出せるものの、初心者には操作が難しく、大量購入にも向いていないことなどが特徴として挙げられます。

なお、ビットコイン(BTC)が暴騰・暴落したときには、取引所ではレートが安定しなくなり、ビットコイン(BTC)の売買がしづらくなる傾向にあります。購入したいときに即時に大量のビットコイン(BTC)を取引したい人には、販売所の利用が向いていると言えるでしょう。

ビットコイン(BTC)の儲け方2:ビットコイン(BTC)の貸出

貸仮想通貨サービス
貸仮想通貨サービスは、ビットコイン(BTC)を儲けるための方法のひとつです。

Coincheckの貸仮想通貨サービスとは、利用者が購入したビットコイン(BTC)を一定の期間Coincheckに貸付することで、利用料を受け取れるサービスです。

仮想通貨初心者のような短期トレードに慣れていない人や、取引する時間がない人などには、貸仮想通貨サービスは向いています。また、ビットコイン(BTC)を長期的に保有するつもりで、持て余してしまっているだけの人も利用してみると良いでしょう。

貸仮想通貨サービスは、Coincheckに口座開設が完了しているユーザーであれば、貸仮想通貨アカウントから簡単に利用することができます。貸出期間は14日間・30日間・90日間・180日間・365日間から選択することができます。

Coincheckでは500円などの少額取引から可能

コインチェックの取り扱い通貨

ビットコイン(BTC)を始めたばかりの人は、少額取引から始めると良いでしょう。投資に関する知識がない人が余剰資金を考えず、高額取引をしてしまったりレバレッジ取引を行ってしまったりするケースがあります。

この場合、取引に失敗して大きな損失を生み出すケースもあると言えるでしょう。1BTCを購入しようとすると多額の資金が必要となる取引所もありますが、Coincheckでは500円から全ての仮想通貨を購入することが可能です。

少額でも取引できることから、仮想通貨初心者でも気軽に参入しやすい投資だと言えるでしょう。少額取引が可能であるため、ビットコイン(BTC)のトレーダーには、若者から高齢者まで幅広い年代の人がいます。

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の取引で損失を防ぐコツや注意点は?

ビットコインの取引
まずビットコイン(BTC)の取引は、余剰資金で行うことが大切です。

ポイント1:余剰資金での取引

生活費の一部をビットコイン(BTC)につぎこんでしまった場合、万が一損失が生じると生活に悪影響が生じてしまいます。投資は、余剰資金で行うのが基本です。

余剰資金とは、一般的には数年以上使う予定のないお金のことを指します。最低でも3カ月~6カ月分の生活防衛資金は残しておくのが、投資をする際の前提だと言えます。

生活防衛資金を残しておくことで、万が一ビットコイン(BTC)の投資で大きな損失を出してしまっても生活に大きなダメージを与えるリスクを低減することができます。

ポイント2:チャート分析

仮想通貨におけるチャートとは、過去の値動きを記した表のことを指します。

損失を出さないためには、過去の値動きからビットコイン(BTC)の変動傾向を読み取ることも重要となります。チャートを分析後に、売買タイミングや金額などは決めていくのも良いでしょう。

例えばチャートにはローソク足などがあり、今後のトレンドを予想するのに利用することもできます。ローソク足を読めるようになることで、価格の上昇傾向や下落傾向などについて、ある程度はわかるようになります。

ローソク足の買いシグナルを理解することで、ビットコイン(BTC)を購入するのにベストなタイミングが掴めるようになることもあります。

チャートには、1分足・5分足・15分足・1時間足・4時間足・日足などの時間足があることが特徴です。デイトレードをしない場合には、週足や日足などの長い時間軸からチェックすると良いでしょう。

ただし、チャートに左右されすぎて、短期的に取引を繰り返すことも損失を生む原因になりかねます。逆にじっくりと長期的にビットコイン(BTC)を保有することで、利益を得られる可能性もあります。

仮想通貨の情報収集をしつつ少しずつ取引経験を積んで実力をつけよう

ビットコイン(BTC)で儲かるためには、投資の実力や仮想通貨の知識も必要となるでしょう。自分の大切な資産を守るためにも、仮想通貨について学んでおくことも必要です。

また、仮想通貨元年と呼ばれた2017年ほどの価格の暴騰が、今後いつ起きるかは予想がつかないため、来たるべき時に備えて今のうちから取引経験を積んでおくのも良いでしょう。

仮想通貨市場の動向やニュースは、仮想通貨の値動き幅に大きく影響を及ぼすため、それらの情報には敏感になっておくことが必要だと言えます。最初から大きく儲けようと思わず、少しずつ着実に経験を積むようにするのが良いでしょう。