Net Assets
Show in header
Net Assets
¥ {{ balance.net_assets.jpy | number: 1 | cut_decimal_zero }}

Available

In Use

{{cur}} {{ cur.toUpperCase() }}
¥ {{ balance.coincheck.available[cur] | cut_decimal_zero }}
¥ {{ balance.coincheck.in_use[cur] | cut_decimal_zero }}
Net Assets
Show in header
Net Assets
¥ {{ balance.net_assets.jpy | number: 1 | cut_decimal_zero }}

Available

In Use

{{cur}} {{ cur.toUpperCase() }}
¥ {{ balance.coincheck.available[cur] | cut_decimal_zero }}
¥ {{ balance.coincheck.in_use[cur] | cut_decimal_zero }}
仮想通貨(暗号資産)の基礎知識に関する記事一覧です。初心者向けの情報が多く掲載されています。

カテゴリー: 仮想通貨の基礎知識

仮想通貨に興味はあるものの、ボラティリティティの高さなどやトラブルに関するニュースを目にすると、本当に利用しても大丈夫なのか、不安に感じている人は多いのではないでしょうか。 この記事では、はじめに仮想通貨とはどのようなものか、仮想通貨を支える技術であるブロックチェーンのとは何かを紹介します。仕組みを理解できれば必要以上に仮想通貨を怖がらなくてもよくなるからです。 その上で、安全に取引をする方法を見ていきます。正しく仮想通貨を学んでみましょう。 Coincheckの無料登録はこちら そもそも仮想通貨とはどういうものなのか? 仮想通貨とは電子的に発行される通貨です。 円やドルなどの法定通貨は、その国の中央政府と中央銀行が発行し、管理する実体のあるものです。 一方、仮想通貨の代表格であるビットコイン(BTC)は、ブロックチェーン技術を活用することで、中央政府や特定の企業の管理なしに流通する、電子的な通貨なのです。 仮想通貨と電子マネーの違い 電子的な通貨という点では電子マネーに似ていますが、いくつかの異なる点があります。 電子マネーは、基本的に法定通貨をチャージすることで利用できるようになります。また、特定の企業の持っているインフラを介して電子的な決済が可能になるという点が、仮想通貨との大きな違いです。 仮想通貨は、ブロックチェーン技術を使うことで、特定の企業のインフラを経由せずに価値の移転ができます。 仮想通貨で最も有名なのはビットコイン(BTC) 数千種類ある仮想通貨の中で最も有名なのは、ビットコイン(BTC)です。 ビットコイン(BTC)は世界で最初の仮想通貨であり、最も流通していることから、仮想通貨=ビットコイン(BTC)というイメージを持っている人もいるほど、メジャーな存在となっています。 仮想通貨は、仮想通貨の取引所で法定通貨と交換をすることができるため、投資対象として見られることが多くなっています。ですが、元々ビットコイン(BTC)は、法定通貨に代わって決済や送金に利用するために開発されました。 実際に街中の買い物やネットショッピングなどで、モノやサービスの対価としてビットコイン(BTC)を支払うことができる場所は、世界中に増えています。 ビットコイン(Bitcoin/BTC)とは?初心者にわかりやすく解説 Coincheck 簡単にできるビットコインの購入方法・買い方と口座開設の流れ Coincheck 仮想通貨は安全に利用できるものなの? 仮想通貨やビットコイン(BTC)の名前が広く知られるようになったのは、2014年に起きたマウントゴックス事件がきっかけでした。そのため、仮想通貨は安全ではないという認識がされるようになってしまいました。 しかし、ハッキングは仮想通貨を保管している取引所やウォレットサイトを対象に行なわれたもので、取引所やウォレットサイトの運営や管理体制に問題があったことが、大きな原因であることが分かっています。 ビットコイン(BTC)などの仮想通貨そのものの安全性と、仮想通貨の流出には関係がありません。 2017年4月1日に施行された改正資金決済法(通称仮想通貨法)で、政府が仮想通貨の取扱いを定めたことからも、現在では仮想通貨は公にも認められる存在となっています。 仮想通貨のブロックチェーンの仕組みは安全性が高い? 仮想通貨の安全性の高さは、ブロックチェーン技術が深く関係しています。 ブロックチェーンを活用して最初に開発された仮想通貨のビットコインを例に、ブロックチェーンのセキュリティを見ていきましょう。 分散型台帳 ブロックチェーン技術は、分散型台帳と呼ばれる巨大な帳簿で管理される仕組みとなっています。ネットワークにつながっている世界中のコンピュータが同じデータを保有しており、分散してデータを管理することからそのように呼ばれています。 ビットコイン(BTC)の取引はすべてブロックチェーン上に記録され、誰でもネット上で確認できるため、改ざんができにくい仕組みになっていることが最大の特徴です。 マイナー ビットコイン(BTC)の取引はマイナーと呼ばれる人たちに承認されることから、分散型の合意システムとなっています。そのため、特定の国や企業の意向を受けることはないと考えられています。 分散してデータを管理する仕組みをとっているため、ハッキングや自然災害、停電などでどこか1カ所のデータが失われても、他のコンピュータが動いていれば、全体としてのシステムは問題なく稼働できます。 ビットコイン(BTC)はこのような分散型の仕組みを持つ通貨のため、1ヶ所に障害があると全体の稼働が止まってしまうシステムよりも、安全性は高いといえるでしょう。 仮想通貨の取引で考えなければならない危険性 仮想通貨それ自体の安全性は高いにもかかわらず、「安全ではない」というイメージができてしまったのはなぜでしょうか。 正確には仮想通貨それ自体が危険なのではなく、取引の方法を間違えると危険であると言えます。 仮想通貨の価格の変動に注意 まず、考えなければならないのは、仮想通貨は値動きが激しいため、大きな利益を出せる可能性がある一方で、大きな損失を出してしまう可能性もあることです。 ビットコイン(BTC)の場合、ユーザーの1%が全体の9割を保有し、送金や決済用の通貨として使っているのは全ユーザーの2%であるというデータもあることから、少数のユーザーの意向によって、大きく価格が変動してしまうリスクは避けられません。 仮想通貨の送金ミスに注意 また、仮想通貨の場合は送金ミスをしてしまうと、取り戻すのに時間がかかったり、取り戻すこと自体ができないおそれがあります。 仮想通貨の送金には送金先のアドレスの入力が必要ですが、間違ったアドレスに送金手続きをしてしまうと、自分のコインが失われてしまうこともあるのです。 銀行の場合は管理体制が整っているため、振込先の間違いに気がつけば、取り消すことができる場合もあります。ですが、管理者のいない仮想通貨では、送金ミスの対応に責任を持って対応してくれる人がいないのです。 仮想通貨の規制に注意 また、仮想通貨に国境はないとはいえ、国の影響を受けることはあります。犯罪目的に利用されることを防ぐために、仮想通貨に対して規制を行っている国もあります。 規制が強化されると取引自体が違法になってしまう可能性もあるため、海外の仮想通貨の取引所に口座を持っている場合は、その国の動向にも注意をしていた方がよいでしょう。 なお、日本では2017年の改正資金決済法により仮想通貨の存在が正式に認められているので、日本で取引することは可能です。 仮想通貨の詐欺や盗難に注意 仮想通貨にはICOという資金調達の方法がありますが、これが詐欺に悪用されることがあります。 さらに、取引所を利用する際には、自分で2段階認証などのセキュリティ対策をしないと、仮想通貨の盗難に遭ってしまう可能性も否定できません。 そのため、自己防衛の手段として、事前に仮想通貨を安全に取引をするための方法を認識しておくことは大切です。 Coincheckの無料登録はこちら 仮想通貨を安全に利用するための方法とは? 仮想通貨を安全に取引するためには、どのようなことを心がければよいのでしょうか。まず、取引所はコールドウォレット管理や分別管理など、セキュリティに配慮した業者を選びましょう。 ユーザーとしては手数料の安さや通貨の取扱い数も気になるところですが、大切な資産を預ける場所としては、使い勝手も大切ですが、セキュリティにも気を配る必要があります。 しかし、せっかくセキュリティ対策がしっかりされている取引所を選んでも、不用心に取引をしていては、リスクを避けられません。 IDやパスワードの使い回しはしないこと、取引所に登録した後は、2段階認証を設定するなどの心がけで、自分でも安全性を高めることはできます。 仮想通貨の取引所・販売所で口座開設するまでの流れ Coincheck 安全性の高い仮想通貨の取引所ってどんなところ? セキュリティ対策をしっかりしている取引所とはどのようなところなのか、見るべきポイントを紹介していきます。 1. 顧客資産の管理方法 まず注目すべきところは、顧客資産の管理方法です。銀行や証券会社の場合、顧客資産と自社の資産は分けて管理しなければならないことになっています。 これまでは仮想通貨取引所の資産管理の方法を定める法律はありませんでしたが、2017年の改正資金決済法により資産管理の方法が明文化されました。 これにより万が一仮想通貨取引所が倒産しても顧客資産は守られるようになりましたが、自衛手段として必ず資産を分けて管理していることを明確にしている取引所を選ぶとよいでしょう。 2. 2段階認証の採用 2つ目のポイントは、二段階認証を採用していることです。 IDやパスワードのほかに、ワンタイムパスワードを使ってログインや取引の承認を行うため、強力なセキュリティ対策となります。 すでに多くの取引所で採用されているセキュリティ対策ですが、自分で設定をする必要があるため、口座開設をしたら忘れずに二段階認証の設定をするようにしてください。 3. コールドウォレットの採用 3つ目のポイントは、コールドウォレットを採用していることです。 コールドウォレットとはオフラインで仮想通貨を保存することです。インターネットから遮断された状況で管理されていることは、安全性の面では非常に効果のある方法といえます。 4. マルチ・シグネチャの導入 4つ目のポイントは、マルチ・シグネチャを導入していることです。 マルチ・シグネチャとは、仮想通貨を送金する際に複数の鍵を必要とするアドレスのことをいいます。秘密鍵を別々に管理してれば、たとえパスワードが盗まれたり、ハッキングされたりしても盗難に遭う可能性を低めることができます。 5. SSL暗号化通信の導入 5つ目のポイントは、SSL暗号化通信を導入していることです。 SSL暗号化通信によってデータが暗号化されるため、データを盗み見られるのを防ぐことができます。 しっかりと対策をすれば仮想通貨は怖くない! 仮想通貨は実体のある通貨ではないため、不安に感じる人が多いのは事実です。 大きなリターンを得られる可能性がある反面、リスクもあるのが仮想通貨ではありますが、事前にリスクを把握し、きちんとした方法で取引をしていれば、必要以上に怖がる必要はありません。 仮想通貨の仕組みや、取引所のセキュリティ対策について正しく理解した上で、仮想通貨を利用しましょう。

投資というジャンルでは、仮想通貨と株は共通しています。 しかし、仕組みや特徴など、投資方法もそれぞれ異なります。メリットやデメリットなどもそれぞれ違いがあるため、理解したうえで投資をすることが大切だといえるでしょう。 自身が所有している資産や投資経験の有無も、投資を選択するうえで重要なファクターとなります。特に、投資初心者は損失をださないためにも、まず知識を得ることが必要です。 この記事では、仮想通貨投資と株式投資の特徴や違いについて紹介します。 仮想通貨投資をする主なメリットとは? 仮想通貨は、24時間年中無休で利用することが可能です。そのため、土日でも取引可能であることが、仮想通貨投資の魅力の1つだといえます。 また、仮想通貨の取引所には手軽に口座開設できるため、仮想通貨投資は比較的早く始められることもメリットです。写真付きの本人確認書類などを用意しておくことで、比較的短い時間でアカウントを取得できます。 更に、仮想通貨には500円などの少額からでも投資ができるため、投資初心者でも参入しやすいといえるでしょう。 少額の投資でも、リターンが大きいケースもあることが仮想通貨投資の特徴です。1億単位で利益が出たケースもあり、夢のある投資ともいえるでしょう。 仮想通貨は日々の価格の変動が大きく、誕生してからもまだ年数が浅いため、今後の伸びしろの大きさに期待して、長期保有をする人もいます。 三菱UFJ銀行などの大手の銀行も独自の仮想通貨に関するニュースをリリースしたりと、今後もますます仮想通貨の市場は拡大していくという見方もあります。 仮想通貨投資をする主なデメリットとは? 仮想通貨の市場は、いまのところ流入している資金が株などよりも少ないため、価格変動が大きいことはデメリットだと言うこともできます。 少額から投資ができるため、参入しやすい投資ではありますが、仮想通貨投資を始める前にリスクについてはきちんと認識しておく必要があるといえるでしょう。 また、仮想通貨投資の場合は、株式投資よりも税率が高いことが特徴です。これは、仮想通貨投資で得られた利益が雑所得になるためです。 他にも、株式投資とは異なり、仮想通貨投資の場合には、株主優待などの制度はありません。ただし、仮想通貨の種類によっては、配当のような機能がある仮想通貨もあります。 いざ仮想通貨投資を始める際には、仮想通貨の取引所へのログイン時のパスワードや、仮想通貨のウォレットなどの秘密鍵は厳重に保管し、紛失しないよう気を付けましょう。 万一ウォレットの秘密鍵を紛失してしまったり忘れてしまったりすると、せっかく利益が出ていたとしても、仮想通貨を日本円に交換できなくなります。 Coincheckの口座開設はこちら 仮想通貨の取引所・販売所で口座開設するまでの流れはこちら 株式投資をする主なメリットとは? 株式投資は仮想通貨よりも価格変動が小さい場合が多いため、そこまで大きな価格変動を求めていないトレーダーにとっては、適した投資だといえます。 上場企業への株式投資であれば、有価証券報告書などのIR情報を確認することができますので、企業の財務情報などを把握してから投資ができるというメリットもあります。 また、株式投資で得た利益は雑所得扱いにならず、申告分離課税が適応されるため、仮想通貨投資より税制面においては有利だといえます。そのため、株式投資は非常に大きな金額で投資をしたいトレーダーに選ばれる傾向にあります。 更に、株主優待があるため、株式投資をすることでさまざまなサービスを受けられる可能性があります。株主優待を受けたいがために、自分の好きなサービスを提供している企業の株式を購入する人もいるようです。 株式投資をする主なデメリットとは? 株式投資のデメリットは、取引時間が基本的に平日の日中のみなどに限定されていることです。 また、株式投資は初期投資額が比較的高いため、少額から購入することができる「ミニ株」などを利用しないと、購入単位が大きくなりがちです。 こちらは株の最低購入単位というものが決められているためであり、多くの銘柄では10万円以上の投資額を用意するケースがほとんどです。 更に、株式投資は、仮想通貨ほどは短期間で大きく値上がりする可能性は低いといえます。そのため、仮想通貨投資と比べると利益は少額になるケースが多く、短期間で大きく儲けることは難しい投資だとは言えるでしょう。 そもそも日本を含め先進国の成長率は鈍化しているため、今後成長する企業を見極める力なども、株式投資をするトレーダーには求められます。 他には、株価が下がることで損失が出てしまうため、損失を防ぐためには、投資先の企業の業績やニュースなどを定期的に確認しておく必要があります。 株価は政治や業界の動向にも左右されることがあったりしますので、投資初心者にとっては、株式投資はやや難易度の高い投資であるといえます。 株式投資と仮想通貨投資の違いは何がある? 株式投資の場合は、企業によっては配当があったり、株主優待券などの特典があります。仮想通貨投資の場合は、それらの特典は基本的にはありません。 仮想通貨の中には配当のような機能を持つものもありますが、一部の仮想通貨のみとなっています。 最低投資額 最低投資額は、株式投資よりも仮想通貨投資のほうが小さいため、まずは少額から投資をしたい方には、仮想通貨投資の方が向いているでしょう。 取引時間 また、取引時間も株式投資よりも仮想通貨投資のほうが長いため、土日などに投資をしたい方には、仮想通貨投資の方が向いているでしょう。 ストップ高・ストップ安 株式投資にはストップ高やストップ安がありますが、仮想通貨投資にはありません。ストップ高・ストップ安とは、過熱した市場を抑制するためのものであり、下落したときに値幅制限がかかるようになっています。 そのため、仮想通貨は価格が上昇した場合はどこまでも上昇する可能性がある一方で、下落した場合はどこまでも下落し続けてしまうリスクもあります。従って、仮想通貨投資は、大きな利益が得られる可能性がある投資である反面、大きな損失が発生する可能性もある投資とはいえるでしょう。 ただし、株式投資に関しても、企業の経営状態によっても株価は値動きします。そのため、投資した企業が倒産した場合は、株式の価値がほぼなくなってしまうことはあります。 従って、企業の経営状態を見極めることが難しい投資初心者は、株式投資に関しても慎重に投資先を検討する必要はあるでしょう。 仮想通貨投資と株式投資ならどちらが良いのか? 時間に縛られたくないトレーダーは、仮想通貨投資を選択すると良いでしょう。少額から投資をしたい場合にも、仮想通貨投資は向いています。 他にも、ハイリターンを狙いたい場合は、株式投資よりも仮想通貨投資の方が可能性はあるかもしれませんが、その分ハイリスクでもあるということは、念頭に置いておく必要があるでしょう。 一方で、企業の分析をしたいトレーダーには、株式投資が向いています。また、株主優待を得たい場合や、税金面での優遇を得たい場合などは、株式投資を選ぶ方が良いでしょう。 また、数億円単位などの非常に大きな金額を投資したいトレーダーは、配当金だけで利益を得られるケースもあるため、株式投資を選ぶ傾向にあります。 長い歴史がある株式投資に対して、仮想通貨はまだまだ発展途上です。ですがその分、今後大きく市場が拡大する可能性も十分にあるでしょう。 仮想通貨投資と株式投資はスタイルが異なる! 仮想通貨投資と株式投資は、それぞれ特徴が異なります。 ただし、仮想通貨投資の場合は少額から可能であるのに対し、株式投資の場合は初期投資額がやや高いことが特徴的です。このような両者の特徴を踏まえた上で、自身の投資スタイルや資産状況に合わせて、利用する投資を選択すると良いでしょう。 いずれにせよ、投資は余剰資金のなかから行うということは、仮想通貨投資においても株式投資においても大切なことです。また、資産を分散して分散投資することも、リスクを回避するうえで必要なことです。 仮想通貨投資と株式投資のそれぞれの違いをよく理解し、メリットやデメリットなどを知ったうえで投資をしましょう。

投資初心者にとって、仮想通貨とFXは似たようなものであると考えている人もいるかもしれません。仮想通貨への投資とFXは似ているようで、全く異なる種類の投資です。 投資する際の注意点や、利益の得やすさなども異なります。投資を始める前に仕組みや注意点などを理解しておくことは、投資初心者にとって大切なことです。 FXと比較して歴史の浅い仮想通貨は、基礎知識を得ることも投資をする際のポイントとなります。この記事では、仮想通貨とFXの違いについてわかりやすく紹介します。 Coincheckの無料登録はこちら 仮想通貨とは一体?どういう通貨なの? 仮想通貨とは、インターネット上にのみ存在するお金のことです。一番始めに開発されたのは、2009年に誕生したビットコイン(BTC)でした。 紙幣や硬貨などは存在していませんが、通貨と同等の価値があると考えられているため、料金の支払いや買い物などに使用することも可能です。 また、仮想通貨の種類にもよりますが、基本的に仮想通貨は安い手数料で送金などを行えることが魅力の1つです。 仮想通貨にはビットコイン(BTC)を始め、リップル(XRP)やイーサリアム(ETH)などのさまざまな種類があり、現在では合計2,000種類以上にも上るといわれています。 一般的に仮想通貨の投資はハイリスク・ハイリターンと言われているため、投資初心者にとっては、取引に慣れるまで利益をだすことが難しいケースもあるかもしれません。それは、仮想通貨の歴史が浅く、価格変動が激しいためだといえます。 ただし、将来的には法定通貨に代わる決済手段にも成り得る可能性があるため、世界中から注目を集めています。 FXってどんな取引のこと?主な特徴とは? FXとはForeign Exchangeの略語であり、「外国為替証拠金取引」の意味があります。FXは円・ドルなどの法定通貨を使い、為替変動によって利益を得るための取引です。 レバレッジ レバレッジという仕組みがあり、小さな値動きや少ない資金でも大きな取引を行うことができるため、効率よく稼ぐことができる可能性があります。 最大25倍のレバレッジ取引を行いたい場合は、日本のFX業者を利用することで取引できます。FXでは取引によって生じた差額がトレーダーの利益となり、このことをCFD(差金決済取引)といいます。 売りからも取引を始められる FXが他の投資と異なるポイントは、「売り」からも取引を始められるということです。つまり、相場が下がっていく時でも利益を狙うチャンスがある点が特徴的です。 このようにFXにはメリットもありますが、利用する際には注意も必要です。 強制決済(ロスカット) FXでは、損失額が証拠金を超えそうになったタイミングで、強制決済(ロスカット)をされてしまいます。そのため、FXでは多額の損失が出てしまう可能性もあります。 このようにFXはリスクが高い投資でもあるため、FXは事前にしっかりとリスクを認識した上で利用されるのが良いでしょう。 仮想通貨とFXの違いには何がある? 仮想通貨とFXでは、まず投資対象が異なります。 仮想通貨とは異なり、FXの投資対象は法定通貨です。FXは基本的に土日祝日には取引ができませんが、仮想通貨は年中無休で取引できます。 スワップ金利 また、仮想通貨にはスワップ金利がありませんが、FXは所有しているだけでスワップ金利が得られるケースがあります。 一方、PoS(プルーフ・オブ・ステーク)と呼ばれるシステムを採用している仮想通貨の中には、配当のようなものを得られる場合があります。 価格変動 さらに、FXよりも仮想通貨のほうが価格変動が大きいです。こちらは、FXよりも仮想通貨の方が歴史が浅く、参加者もまだまだ少ないためといえるでしょう。 このように価格変動が激しい仮想通貨では、少ない投資額で1億円近い利益を生み出した事例も報告されました。仮想通貨の投資によって財を成した億万長者は、ニュースなどでは「億り人」と呼ばれています。 このような「億り人」が誕生した影響などもあってか、現在では他の金融商品には投資をしたことがない方でも、仮想通貨取引には乗り出す人がでている状況です。 仮想通貨の取引所・販売所で口座開設するまでの流れ Coincheck 仮想通貨とFX(外国為替証拠金取引)の主な共通点って何? 仮想通貨とFXは、投資の手段として利用できます。 しかし、仮想通貨とFXの仕組みや投資方法などを知らないまま投資を始めてしまった場合、大切な資産を失ってしまう可能性もありますので注意が必要です。 例えば、トレードのしやすさに関しては、FXの方が相場は安定しています。しかし、FXにおいても仮想通貨においても、投資にはリスクがつきものです。 仮想通貨もFXも、元本が保証されている金融商品ではないため、取引をすると損失が出てしまうリスクも考えておかなくてはいけません。 どちらの投資をする際にも、余剰資金内で行うことが前提です。無理のない範囲で投資するように心がけ、リスク管理は徹底するようにしましょう。 また、投資をする前にはきちんと両者の仕組みなどを勉強し、理解しておくことも大切です。 Coincheckの無料登録はこちら 混乱しがちな仮想通貨FXってどういうもの? 仮想通貨FXは、仮想通貨の現物取引と同様に365日24時間取引することが可能ですが、現物取引とは異なり、実際に仮想通貨の現物を売買する取引ではありません。 仮想通貨FXは、買い注文または売り注文によってポジションを保有し、反対売買によってポジションを決済することで、価格変動の差額分だけを受け取る証拠金取引です。 また、仮想通貨FXではレバレッジを利用できるため、自己資金の数倍の取引ができます。そのため、少ない資金で大きな利益を得たいトレーダーには向いている投資だといえます。 ただし、仮想通貨FXはレバレッジをかけて取引ができる分、損失が膨らんだ場合は現物取引よりも大きな損失となる可能性もあります。 仮想通貨FXはハイリスク・ハイリターンな投資であり、ややギャンブル要素を含んでいる投資でもあることは、事前に理解しておく必要があります。 なお、FXではさまざまな通貨ペアで取引可能ですが、いまのところ仮想通貨FXでは、ほとんどが「ビットコイン/日本円」という通貨ペアのみでの取り扱いになっています。 仮想通貨とFX(外国為替証拠金取引)ならどちらを利用すべき? 仮想通貨は365日24時間、いつでも取引ができるため、土日に投資をしたい方には仮想通貨は向いています。例えば、平日は仕事で忙しく、なかなか投資ができないというサラリーマンの方などにも仮想通貨は向いています。 一方で、スワップポイント(スワップ金利)を得たいトレーダーは、FXを選択することが多いようです。また、分散投資がしたい場合は、仮想通貨とFXの両方を利用する方法もあります。 仮想通貨とFXの組み合わせだけでなく、仮想通貨と株式投資や、仮想通貨と投資信託など、様々な金融商品に分散投資をするやり方もあります。 なお、資産を預けている業者が万一破綻してしまった場合、FXは預けた資産は返却される仕組み(信託保全)になっています。 一方で、仮想通貨の場合は、仮想通貨の取引所が破綻すると資産が返却されないケースもあります。そのため、仮想通貨の取引所選びは慎重に行う必要があります。 仮想通貨とFX(外国為替証拠金取引)は似ているようで全く違う! 仮想通貨とFXは、投資というジャンルでは共通している部分もあります。 しかし、扱っている通貨が異なるため、仮想通貨とFXは全く違うものであると認識しておくと良いでしょう。 仮想通貨は法定通貨とは異なり、国が価値を保証しているものではないため、価値がなくなる可能性もあり、取引所が閉鎖してしまう可能性もあるということを念頭に置く必要があるでしょう。 しかし、仮想通貨は低コストでスピーディーに国際送金ができたり、買い物などで仮想通貨で支払いができる店舗も世界中で少しずつ増えていたりと、仮想通貨は日常的に現金の代わりに利用できる可能性も秘めています。 仮想通貨もFXも、投資という面で考えると一長一短だといえます。どちらにもリスクはありますが、大きな利益を得られる可能性もあります。 また、長期保有をしたいトレーダーは現物で仮想通貨を保有するなど、投資スタイルに合わせて投資対象を選ぶのが良いでしょう。これから投資をしたいと考えている人は、仮想通貨とFXの違いをよく理解してから行うようにしましょう。

仮想通貨で取引をしているトレーダーにとって、仮想通貨で買い物などの支払いをしたいと考える人もいるのではないでしょうか。 仮想通貨をチャージして買い物などに利用できるのは、プリペイドカードです。仮想通貨を利用したプリペイドカードにはいくつか種類があり、それぞれに特徴や利用するメリットなどは異なります。 この記事では、それぞれどのような特徴があるのかをわかりやすくご紹介します。 仮想通貨のプリペイドカードとは? 一般的なプリペイドカードとは、あらかじめカードに現金をチャージしておくことで、その範囲内でVisaやMastercardなどの加盟店で利用できるカードです。 クレジットカードの場合は、後日利用額が銀行口座から引き落とされますが、プリペイドカードの場合は、前払いでカードに現金をチャージしておく形となります。 ビットコイン(BTC)などの仮想通貨を使ったプリペイドカードにはいくつか種類があり、例えば日本のバンドルカードや海外のTenXカードなどが挙げられます。 それぞれのカードは特徴が異なるため、内容を把握したうえでニーズに合ったカードを選ぶと良いでしょう。 仮想通貨のプリペイドカードを使うメリット 仮想通貨のなかでもビットコイン(BTC)は代表的ですが、ビットコイン決済に対応している店舗は限られています。 しかし、ビットコイン(BTC)のチャージに対応しているプリペイドカードを利用することで、より多くの店舗で決済することができるようになります。 また、仮想通貨のプリペイドカードの中には、利用額に応じて仮想通貨が還元されるカードなども存在しています。 さらに、海外でカードを利用すると、仮想通貨のプリペイドカードのほうが、一般的なクレジットカードやデビットカードよりも、手数料を抑えられる場合もあります。 仮想通貨のプリペイドカードの中には、海外利用でも決済手数料がかからないカードもあるため、海外へ行く機会が多い人が所有すると、便利なカードとなる場合もあるでしょう。 1. バンドルカードとは?(日本のプリペイドカード) 画像出典:https://vandle.jp/ ※現在、Coincheckからバンドルカードへのチャージは一時停止中です。 バンドルカードには、リアルカードとリアルカードプラスの2種類があります。発行手数料は、リアルカードなら300円・リアルカードプラスなら600円です。 年間維持費用は基本的にどちらも無料であり、チャージ手数料・支払い手数料も無料です。以前は未利用日数に応じて口座維持費が発生していましたが、2018年7月23日より無料になりました。 1回あたりのチャージ上限金額はリアルカードなら3万円、バンドルカードリアルプラスなら10万円であるため、高額の買い物などに利用したい人にはバンドルカードリアルプラスが向いています。 月間のチャージ上限額はリアルカードなら12万円、バンドルカードリアルプラスなら200万円となります。バンドルカードは全国のVisa加盟店で利用することが可能であるため、多くの店舗で利用できるといえるでしょう。 Coincheckの口座開設はこちら 2. TenXカードとは?(海外のプリペイドカード) 画像出典:https://tenx.tech/en/ TenXカードは、仮想通貨のウォレットに紐づいたカードです。 発行手数料は15ドルかかり、年間維持費は条件付きで無料です。条件付きというのは、1年で1,000ドル使わない場合は、10ドルかかります。 1回あたりのチャージ上限額はなく、チャージ手数料・支払い手数料は無料です。TenXカードはチャージする必要がなく利用できることが特徴だといえます。 最初は利用上限額が2,500ドルに設定されていますが、本人確認をすることで上限はなくなります。 また、TenXカードでは買い物などで決済をするまで、仮想通貨は法定通貨に変わることなく保管されています。 決済をする瞬間に、初めて仮想通貨は法定通貨となるため、頻繁に取引をしているトレーダーにとってはメリットがあるカードだといえるでしょう。 海外の仮想通貨のデビットカードの特徴や種類は? 仮想通貨を使ったカードとしては、プリペイドカードの他にも、デビットカードもあります。海外の仮想通貨のデビットカードは、2018年8月時点では日本国内で利用できない状況です。 2017年10月15日にデビットカードを発行しているWavecrest社というカード発行会社が、ヨーロッパ居住者以外へのサービスを停止しました。これは、会社の買収が影響しています。 なお、海外の仮想通貨デビットカードで代表的なカードには、例えばwirexカード・xapoカード・shiftカードなどが挙げられます。 wirexカードはイギリスの会社が経営しており、世界的に発行枚数が多いことが特徴です。ドル・ポンド・ユーロで利用することができ、送金コストを抑えられることがメリットです。 xapoカードは、セキュリティ面が強いことがメリットではありますが、購入上限があるなどのデメリットもあるカードです。 shiftカードはアメリカ初のビットコイン(BTC)のデビットカードと言われており、手数料が安いことがメリットです。 ただし、ビットコイン(BTC)を使うには米国大手取引所のCoinbaseのアカウントかが必要であったり、利用がアメリカ国民のみに限られていたりするなどのデメリットもあります。 以上のように、海外の仮想通貨のデビットカードもメリットがあれば、デメリットもあるのが一般的です。 仮想通貨のプリペイドカードを使うには仮想通貨の保有が必要 仮想通貨の取引をしているトレーダーにとって、自身が得た利益をカードで利用できるというのは、日本では税金面の問題はありますが、便利な決済方法だともいえるでしょう。 ただし、現状スマホアプリに対応しているのはバンドルカードのみであったりしますので、カードを利用する前には、それぞれのカードにどのような特徴があるかを理解しておくことも大切です。 それぞれの種類のカードのメリットなどを理解し、使い勝手の良さや利用目的、ライフスタイルなどに合わせて、使用するカードを選択するのが良いでしょう。 なお、クレジットカードは翌月に借金をする仕組みですが、プリペイドカードの場合は、事前に仮想通貨を購入してチャージをしておく必要があります。 そのため、まだ仮想通貨を保有されていない方は、まずは仮想通貨の取引所に口座を開設し、仮想通貨を購入するところから始めてみてはいかがでしょうか。

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の取引を行うにあたっては、現物取引とFX取引があることを認識しておく必要があります。 どちらの取引も、ビットコインを売買するという点では同じです。しかし、現物取引とFX取引とでは、購入したコインを送金できるかどうかや、自己資金よりも大きな取引ができるかどうかなどの違いがあります。 ビットコインでFX取引を行う場合には、FX取引の特徴を理解しておくことが大切です。そこで、ビットコインFX取引の特徴やメリット・デメリットなどについて解説します。 Coincheckの無料登録はこちら ビットコインFXの主な特徴とは? ビットコインFX取引を行う場合は、FXの特徴を理解しておくことが必要です。 FX取引でも、現物取引と同じようにビットコイン(BTC)を売買することになるため、将来の価格を予想して、価格が上昇すると予想する場合は購入、下がると予測する場合は売却を行うことになります。 ただし、現物取引の場合は買いから入る必要がありますが、FX取引の場合は売りからも入れることが特徴です。 また、FX取引を行う際は、必ず同数の売り買いセットで行うことになります。売り買いセットの取引が完了すると差額決済が行われ、損益が確定します。 さらに、FX取引では、自己資金よりも大きな取引ができます。自己資金を証拠金として取引所に拠出し、その何倍もの金額の取引を行うことが可能です。 仮想通貨の取引所によって最大倍率は異なりますが、少ない資金でも大きな取引ができるため、利益が生じた場合は現物取引よりも利益率は大きくなることが特徴です。 ただし、逆に損失が生じた場合は、自己資金を大きく減らすことにつながりますので、FX取引を利用する際には注意が必要です。 ビットコインFXと一般的なFXの違いとは? ビットコインFXなどの仮想通貨FXと為替FXは、投資対象が異なります。 為替FXの投資対象は、ドルやユーロなどの法定通貨が投資対象になります。一方、仮想通貨FXは、ビットコイン(BTC)などの仮想通貨を対象としたFX取引です。 なお、為替FXは証券会社などで口座開設をすることで取引ができるようになりますが、ビットコインFXは仮想通貨の取引所に口座開設をする必要があります。 投資対象以外の為替FXとビットコインFXに関する主な相違点は2つです。ビットコインFX取引を行う場合は、為替FXとの違いを理解しておくことも役に立つでしょう。 1. 取引可能時間帯の違い 1つ目は、取引可能時間帯です。 ビットコインFXでは、メンテナンスなどの時間帯を除き、平日・土日に関わらず売買ができます。一方、一般的な為替FXは、為替市場が休みになる土日や祝日を除く平日のみ取引が可能です。 2. 価格変動の大きさの違い 2つ目は、ビットコインFXのほうが為替FXよりも、投資対象の価格変動が大きいことです。 価格変動が大きいと損益の振れ幅も大きくなります。ビットコインFXは、短期間でも大きな損益の変動が発生することが特徴です。 ビットコインFXを利用するメリットって? ビットコインFX取引を行う主なメリットは、4つあります。 1. 売りから取引を始められる 1つ目は、売りから取引を始められることです。 ビットコイン(BTC)の現物取引で売り注文を入れるためには、ビットコイン(BTC)を保有しておく必要があります。一方、ビットコインFXでは、ビットコイン(BTC)を保有していない状態で売り注文を入れられます。 2. 下げ相場でも利益が出る 2つ目は、下げ相場でも利益が出ることです。 1つ目のメリットに関連しますが、ビットコインFXの場合は、ビットコイン価格が下がると予想する場合は、売りから入ることで利益を出すことが可能になります。 3. 少額の自己資金でも大きな取引ができる 3つ目は、少額の自己資金でも大きな取引ができることです。 小さな力でも大きなものを動かせる「てこの原理」のことを、レバレッジといいます。そのため、FX取引はレバレッジ取引といわれることもあるのです。 このレバレッジ取引ができることも、ビットコインFXのメリットになります。 4. ハイリターンが得られる可能性がある 4つ目は、ハイリターンが得られる可能性があることです。 同じ自己資金であれば、ビットコインFX取引の方が、ビットコイン(BTC)の現物取引よりも大きな取引ができるため、ハイリターンにつながる可能性があります。 ビットコインFXを利用するデメリットって? ビットコインFXを利用する場合は、デメリットについても理解しておくことが重要です。主なデメリットは、2つあります。 1. 大きな損失が生じるリスクがある 1つ目は、大きな損失が生じるリスクがあることです。 レバレッジをかける分、自己資金に対する損益は増幅されます。相場が予想に反する方向に変動すると、損失は大きくなるでしょう。そのため、常にどの程度の損失を被るリスクがあるのかを認識しながら、取引を行うことが大切になります。 2. カウンターパーティーリスクがある 2つ目は、カウンターパーティリスクがあることです。 カウンターパーティとは、取引相手のことをいいます。カウンターパーティリスクは、取引している取引所が倒産などして取引できなくなることです。 そのため、ビットコインFXを利用する際には、倒産リスクが小さいと考えられる取引所を選ぶようにしましょう。 Coincheckの無料登録はこちら ビットコインFXの取引所を選ぶときのポイント ビットコインFX取引を行う場合は、取引所選びも大切です。取引所を選ぶ際の主なポイントは、例えば以下の3つがあります。 1. セキュリティレベルの高さ 1つ目は、セキュリティレベルの高い取引所を選ぶことです。 コールドウォレット管理が施されていたり、2段階認証が設定できるようになっていたりと、セキュリティに気をかけている取引所を選ぶ必要があります。 2. 手数料の安さ 2つ目は、手数料が安い取引所を選ぶことです。 ビットコインFX取引を行う場合、基本的には取引時に手数料がかかります。 取引所によっては取引手数料が無料の場合もありますが、ポジションを保有したまま翌営業日に持ち越すことによって、手数料が発生する場合もあります。 そのため、ビットコインFXにかかる手数料については、事前に把握しておくことが大切です。 3. 取引のしやすさ 3つ目は、サイトの画面が見やすく、取引がしやすい取引所を選ぶことです。 ビットコインFX取引を行う場合、視認性や操作性が重要になります。自分が使いやすい取引所を選びましょう。 Coincheckのレバレッジ取引について紹介 ※Coincheckでは、2020年3月13日をもちまして、レバレッジ取引のサービス提供を終了いたしました。 日本の仮想通貨の取引所の1つであるCoincheckでは、ビットコイン(BTC)のレバレッジ取引が可能です。 Coincheckでレバレッジ取引を行う場合は、いくつかの特徴を認識しておくことが必要です。 まず、レバレッジ倍率です。レバレッジ倍率は最大5倍まで可能になっています。つまり、自己資金の5倍までの取引が可能ということです。 ただし、常に最大のレバレッジで取引する必要はありません。きちんと取引のリスクを考慮しながら、無理のない範囲で取引することが大切です。 次に、手数料です。Coincheckの取引所の手数料は、2018年12月10日現在無料です。 ただし、すぐに反対売買を行わずに、買いポジションまたは売りポジションを保有する場合は、一定のスワップ手数料がかかる仕組みです。 スワップ手数料は、ポジションを決済した際に発生しますので、その点は認識しておくことが必要です。 ビットコインFXの取引に関するまとめ ビットコインFXには、多くのメリットがある反面、デメリットもあります。 ビットコインFX取引を行う場合は、無理に大きなレバレッジをかけて取引することなく、リスクを抑えながら取引することが重要です。 特に、価格が大きく変動する場合には、損失額が大きくならないように、慎重に取引をする必要があります。ビットコインFXの特徴をよく認識したうえで、自分に合った仮想通貨の取引所を選んで利用してみましょう。

投資の一つとして知られるFXですが、仮想通貨の取引にもFXがあるのを知っていますか。 全く別のものと思う人も多いですが、仮想通貨FXはFXの特徴を持った仮想通貨取引で、資金を増やしている人が少なくありません。FXというとハイリスク・ハイリターンなイメージが強く、よく分からないまま取引を始めて損してしまうということもあります。 これから仮想通貨FXを始めようと思っている人は、特徴やメリット・デメリットについて正しく理解しておく必要があるでしょう。そこで今回は、仮想通貨FXとはどのようなものか、初心者向けに詳しく解説していきます。 仮想通貨を使ったFXの取引とはどういうもの? 一般的にFXとは、外国為替証拠金取引といい、アメリカドルやユーロなどの外貨を取引する投資方法の1つです。 その大きな特徴として、「レバレッジ取引を行える」点が挙げられます。証拠金を預けて、資金以上の売買が可能となる方法です。 現物がなくても、売買したと仮定したときの差額が利益となります。こうしたFXのレバレッジ取引という特徴を利用したものが、仮想通貨FXです。取引所によってレバレッジ倍率は異なるものの、保有する資金以上の取引が可能となります。 そもそもレバレッジ取引って何のこと? 簡単に言うと、FXの大きな特徴であるレバレッジ取引とは、取引所に保有する資金を証拠金として預けて、その額以上の取引ができることを言います。 レバレッジとは「てこの原理」を意味しており、保有する金額の何倍も取引できることから、効率の良い取引方法といえます。 たとえば、レバレッジ倍率を10倍に設定すると、証拠金が10万円でも、100万円の取引が可能です。 現物取引に比べてハイリスク・ハイリターンではあるものの、短期間で資金を増やすことができる可能性がある取引方法です。 ※Coincheckでは、2020年3月13日をもちまして、レバレッジ取引のサービス提供を終了いたしました。 取引所によってレバレッジ倍率や取り扱い銘柄は異なりますので、事前にチェックしておきましょう。 仮想通貨FXと現物取引の違いとは? 仮想通貨FXと現物取引の違いは何でしょうか。その違いとして、大きく4つ挙げられます。 1. 取引の性質の違い 1つ目が「取引の性質の違い」です。 仮想通貨FXは証拠品取引に分類され、実際に仮想通貨の現物を保有せずに、売買時の差金で決済する取引方法です。 一方で、仮想通貨の現物取引は、取引所や販売所を介して、法定通貨を使って仮想通貨を売買する方法です。 2. 証拠金の有無の違い 2つ目が「証拠金の有無の違い」です。 FXは証拠金を預ける必要がありますが、現物取引では証拠金を預ける必要がありません。証拠金を預けることで「てこの原理」を利用し、実際の保有以上の取引を実現できます。 ただし、必要証拠金の額が定められているため、それよりも少額な取引をしたい場合には、現物取引の方が無難です。 3. 売買の仕方の違い 3つ目が「売買の仕方の違い」です。 現物取引は基本的に、買い注文しかできません。つまり、仮想通貨の価格が上がる相場でしか利益を得ることができません。一方で、仮想通貨FXは、買い注文だけでなく、売り注文もすることができます。 ショートとも言われる売り注文は、下げ相場でも利益を得られる方法なので、相場にかかわらず取引を楽しめます。 4. リスクの違い 4つ目が「リスクの違い」です。 当然ながら、動かす資金が大きい仮想通貨FXの方が、リスクは高いといえます。思わぬ価格の変動により、強制ロスカットされる可能性もゼロではなく、ハイリスク・ハイリターンな取引方法でもあります。 そのため、仮想通貨の初心者は、まず現物取引から始めて相場の感覚をつかむなどしてから、仮想通貨FXを始める方が良いでしょう。 仮想通貨FXと為替FXの違いって何? 外国為替証拠金取引を意味する為替FXと、仮想通貨FXでは違いがあるのでしょうか。どちらもレバレッジ取引を利用する点で、効率的に利益を得る手段であることには違いがありませんが、大きく4つの違いがあります。 1. 取り扱い商品の違い 1つ目が「取り扱い商品の違い」です。 当然ながら、仮想通貨FXはビットコイン(BTC)などの仮想通貨、為替FXはドルやユーロなどの法定通貨を対象とします。仮想通貨なら技術開発の進度や他の取引所への上場、法定通貨なら社会情勢などによって価格が変動しやすくなります。 2. 値動きの違い 2つ目が「値動きの違い」です。 一般的に値動きは、仮想通貨の方が激しいといえます。これまでも1日に10%以上の変動をしたことは少なくなく、値動きが激しいので注意する必要があります。 3. 取引時間の違い 3つ目が「取引時間の違い」です。 為替FXは平日なら比較的いつでも取引ができますが、仮想通貨はさらに土日を含む24時間365日取引することが可能です。 値動きが激しいため、仮想通貨FXでポジションを持った場合、チャートから目を離さないようにするトレーダーも多いようです。 4. 換金時間の違い 4つ目が「換金時間の違い」です。 一般的に、為替FXよりも、仮想通貨FXの方が換金にかかる時間が短いといえます。 仮想通貨FXで取引をするメリットとは? 仮想通貨を現物取引ではなく、FX取引するメリットとしては以下が挙げられます。 1. レバレッジをかけられる 1つ目が「レバレッジをかけられる」点です。 仮想通貨FXでは保有する資金以上の取引ができるので、効率の良い取引が可能です。なおレバレッジ倍率の上限については、金融庁が統一の基準を検討中です。 2. 下落相場でも利益を狙える 2つ目が「下落相場でも利益を狙える」点です。 仮想通貨FXでは売り注文でも取引が可能です。仮想通貨はこれまでもたびたび大きな下落が発生していますので、そうした下落相場でも利益を狙えるのは利点です。 仮想通貨FXで取引をする際の注意点 仮想通貨FXは大きな利益を狙えるメリットがありますが、利用する際には事前に知っておくべき注意点があります。特に重要なのは以下の3つです。 1. レバレッジの分だけ損失になる可能性がある 1つ目が「レバレッジの分だけ損失になる可能性がある」点です。 レバレッジをきかせるほど、利益を得たときの恩恵が大きいものの、損失も同じように膨らむ危険性があります。まさにハイリスク・ハイリターンの取引方法なので、あらかじめ認識しておく必要があります。 2. 取引所によっては追証システムがある 2つ目が「取引所によっては追証システムがある」点です。 追証とは、追加証拠金のことで、損失が預けている証拠金以上に発生したときに、追加で証拠金を請求されることをいいます。FXは元本が保証されている金融商品ではないため、資金以上の損失があるリスクも考えておかなくてはいけません。 現物取引であれば、購入に要した資金以上の損失は発生しませんが、仮想通貨FXの場合は、利用する取引所によっては追証があるので注意しましょう。 3. ロスカットシステムがある 3つ目が「ロスカットシステムがある」点です。 ロスカットとは、含み損が増えてあらかじめ指定された証拠金の維持率を下回った際に、強制的に決済するシステムです。意図せぬ決済をされて損失となることがあるため、証拠金の維持率には常に注意しておく必要があります。 また、ロスカットは追証が発生しないように設けられているシステムではありますが、急激な価格変動相場ではロスカットがきかないこともあります。 ロスカットはFX特有のシステムですが、初心者が損失を生み出す原因の一つでもありますので、始める前によく理解しておくことをおすすめします。 仮想通貨FXの特徴を理解したうえで利用を 仮想通貨FXには、為替FXと同じようにレバレッジをきかせた効率の良い取引ができるというメリットがあります。 その一方で、追証やロスカットなど、仮想通貨FX特有の注意点も多くあるため、始める前にはあらかじめよくルールを理解しておく必要があります。 ただし、ハイリスク・ハイリターンとはいえ、賢く取引できれば、利益を狙える取引方法でもあります。これから仮想通貨FXやレバレッジ取引を始めようと考えている方は、それぞれの特徴をよく理解したうえで利用するようにしましょう。

仮想通貨の取引を行う場合は、取引所に口座を開設する必要があります。多くの取引所が存在するため、自分に適した取引所を選ぶことが重要です。 取引所の基本的な機能は、仮想通貨の売買ができる環境を提供することですが、細かい点まで含めると取引所ごとに提供しているサービスは異なります。 そのため、取引所選びを行うためにはポイントを理解しておくことが大切です。そこで、仮想通貨取引所選びのポイントについて解説します。 【選び方のポイント1】安全性が高い 仮想通貨取引所選びの1つ目のポイントは、安全性が高いことです。 取引所の安全性にはいくつかの要素がありますが、なかでも重要な要素はセキュリティです。取引所は、投資家の財産や個人情報を守る必要があります。 外部からのハッキングやなりすましによるログインなどに対抗するためのセキュリティ対策を講じることは、取引所として必須です。 そのため、ログイン時に2段階認証を採用する、パスワードが複数揃わないと取引できないシステムにするなどの対策を行っている取引所を選ぶ必要があるでしょう。 また、サーバーの安定性やSSL強度も重要な要素になります。サーバーが安定していれば、取引量が増えても取引成立までの時間がかからず快適な取引が可能です。 暗号化通信であるSSLも、強度が高いほうが安全性は高まります。さらに、ユーザーサポートが充実していることも大切なポイントです。 取引や入出金に関する問い合わせにすぐに対応してくれる取引所であれば、初心者でも安心して仮想通貨取引を行うことができます。 【選び方のポイント2】管理体制がきちんとしている 取引所の選び方の2つ目のポイントは、分別管理態勢や同態勢へのモニタリングなど、取引所内部の管理体制がしっかりしていることです。 法令に則り、きちんと顧客資産と取引所の資産とを分別して管理していることに加えて、日次で過不足が生じていないかを確認する管理態勢があるかどうかなども、重要なポイントとなります。 分別管理が行われていれば、万が一取引所の運営会社が倒産してしまったとしても、原則として顧客が預けた資産は、すべて顧客に返還されることになります。 そのため、顧客資産の分別管理は、安心して取引を行うための重要な基盤であり、証券会社などでも課されているルールです。 このような態勢を構築するためにはそれなりの人員規模や資本も必要となるため、取引所の従業員数や資本金規模なども確認しておくと良いでしょう。 【選び方のポイント3】取り扱い通貨が多い 取引所の選び方の3つ目のポイントは、取り扱っている仮想通貨の種類です。 仮想通貨にはさまざまな種類があります。ビットコイン(BTC)は最初に世に出た仮想通貨の元祖であり、取引量が多いことなどが特徴です。 基本的には、ビットコイン(BTC)はどの取引所であっても取り扱われています。注目するポイントは、ビットコイン(BTC)以外の取り扱い仮想通貨の種類です。 ビットコイン(BTC)以外の仮想通貨を、総称してアルトコインといいます。アルトコインの代表格には、イーサリアム(ETH)やリップル(XRP)が挙げられます。ほかにも数多くの仮想通貨があり、取引所ごとに取り扱い仮想通貨は異なります。 初心者のうちは、取り扱い仮想通貨の種類が少ない取引所を利用しても、自分が取引したい仮想通貨の取り扱いさえあれば問題にならないでしょう。 しかし、取引を重ねていくうちに、さまざまな種類の仮想通貨に興味が出てくる可能性があります。 そうなったときに備えて、取り扱い通貨が多い取引所を選んでおくことは有効です。取引できる仮想通貨の種類が多ければ、より幅広い取引ができるようになります。 Coincheck(コインチェック)の取扱通貨・銘柄は?各仮想通貨の特徴を徹底解説 【選び方のポイント4】機能性が高い 4つ目の取引所選びのポイントは、機能性が高いことです。 取引所によって、売買注文を入力する際の操作や画面デザインなどは異なります。そのため、同じ取引を行う場合であっても、ある取引所では操作がしにくく感じ、別の取引所では操作しやすくストレスを感じないということがありえるのです。 操作性がよい取引所で取引を行えば快適な取引を行うことができ、操作に気を取られることなく取引に集中できるようになるでしょう。 操作性の高さは、ミスを防ぐことにもつながります。たとえば、売りと買いの注文ボタンの大きさが小さく距離も離れていない場合、売りと買いを間違えて操作してしまうかもしれません。 ミスをしてしまうと多額の損失につながる可能性もあります。実際に操作ミスしなかったとしても、常に間違えないように気にしながら操作を行うようでは、ストレスにつながるでしょう。 そのため、操作性が高い取引所を選ぶことで、操作ミスの可能性を抑えて無用なストレスから解放されますので、操作性の高い取引所を選ぶことも大切です。 【選び方のポイント5】手数料が安い 5つ目の取引所選びのポイントは、手数料です。 手数料は、取引に応じていくつかの種類に分かれています。売買を行う場合に対応する手数料は、取引手数料です。 売買金額に対して一定率などの手数料設定になっていることが多く、仮想通貨の種類によっても手数料水準は異なります。仮想通貨取引を始めたあとは、取引手数料コストを考慮した利益計算が必要です。 また、仮想通貨を送金する場合や、日本円を取引所から銀行などに出金する場合も手数料の負担が必要です。 取引所にとって、手数料は利益の増減や顧客の獲得とも関係が深い重要な要素です。そのため、手数料水準は、取引所によって異なります。 取引所選びにおいては、複数の取引所の手数料を比較して判断することも重要です。売買のたびに生じる取引手数料の水準が低ければ、数多くの取引を繰り返していく場合でも、過度な手数料負担で悩まずに済むでしょう。 長期的に数多くの取引を行いたいと考えている場合は、コストを重視して手数料水準が低い取引所を選ぶことがポイントです。 仮想通貨取引所を選ぶ際に気を付けるべきこと 仮想通貨取引所を選ぶ際には、下記の2点には最低限注意しましょう。 1. 同じ仮想通貨でも取引所ごとに価格が異なる 1つ目は、同じ仮想通貨でも取引所ごとに価格が異なることです。 取引参加者の多さなどによって取引所ごとに価格が異なるため、取引したい仮想通貨の価格が有利になりそうな取引所を選ぶことも大切になります。 また、相場が大きく変動しているときなどには、取引所ごとの価格差が開く場合もあるため、注意が必要です。 2. 複数の取引所の利用も検討する 2つ目は、複数の取引所の利用も検討することです。 複数の取引所に口座を開いておけば、トラブルやメンテナンスで1つの取引所が使えない場合でも、継続して取引可能な状態を確保できます。 仮想通貨の取引所・販売所で口座開設するまでの流れはこちら 仮想通貨の取引所の選び方を知っておくことは大切 仮想通貨の取引を始める際には、まずは仮想通貨の取引所を選びます。 その際には、少なくとも2段階認証を取り入れているなど、利用者のセキュリティに配慮している取引所を選ぶことがポイントになります。 また、取引所の操作性や流動性も大切なポイントです。取引所の操作性や流動性などの違いによっても、仮想通貨投資の利回りは影響を受けます。 さらに、自分の取引スタイルに応じて、どの取引所が一番適しているのかを想定することも必要になります。 紹介した取引所選びのポイントは一例ではありますが、選び方のポイントを把握して自分に適した取引所を選び、仮想通貨取引を行ってみてはいかがでしょうか。

ビットコインなどの仮想通貨を送金したら、すぐにでも送金取引は有効になると考えている方もいるかもしれません。しかし、実際には取引が有効になるまでにタイムラグがあります。 そこで、タイムラグが生じる理由について解説します。 Coincheckの無料登録はこちら 取引と送金時間にラグがあるのはなぜ? 仮想通貨を別のアカウントに送金した場合、受け取った側ですぐに使える状態にはならないのが一般的です。送金処理と取引が有効になるまでにはタイムラグがあります。 タイムラグが生じる理由は、取引の正当性についてチェックが行われるしくみになっているからです。正当性のチェックがなければタイムラグは生じませんが、チェックしなければ仮想通貨のシステムの信頼性が低下してしまいます。 仮想通貨のシステムは、取引の正当性を確認して承認するという行為によって、不正な取引が排除されるしくみになっているため、信頼性が高いという評価を得ています。 取引の正当性が確認されると取引が承認されますが、仮想通貨の取引量が増加すると、その承認に要する時間も長くなってしまいます。承認までの時間が長くなることで、送金のタイムラグも長くなってしまうのです。 ビットコイン(BTC)は送金に時間がかかりやすい? 仮想通貨の代表格であるビットコインも、送金に一定の時間がかかります。ビットコインは、多くの人が取引を行っている仮想通貨です。そのため、取引量が多くなります。 送金取引はマイニングによって検証 行われた送金取引は、マイニングと呼ばれる行為によって検証されます。さらに、マイニングの結果が正しいかどうかの検証も行われ、正しいことが確認されると承認され、取引が有効になるしくみです。 ビットコインの場合、約10分ごとの取引がブロックに格納され、検証・承認が行われる仕様になっています。承認されたブロックは時系列でつながり、チェーン上に連なります。これがブロックチェーンです。 ビットコイン(BTC)の一般的なタイムラグは約10分 マイニングが遅れなければ約10分で承認まで終了し、送金取引は有効になります。つまり、ビットコインの場合は一般的なタイムラグは約10分です。 しかし、取引量が増加すると、マイニングが遅れて時間がかかり、10分以上になることもありえます。ビットコインでは、過去にもマイニングの遅れは発生しています。そのため、ビットコインの送金時には、10分以上のタイムラグが生じる可能性があることを認識しておきましょう。 簡単にできるビットコインの購入方法・買い方と口座開設の流れ Coincheck ビットコイン(BTC)の送金手数料は以前よりも増加 ビットコインを送金する場合、手数料がかかるのが一般的です。 取引手数料は、ビットコイン誕生当初と比較すると高くなっています。需要増加により取引量が多くなり、マイニングの難易度が上がったことが理由です。 不正取引ではないことを確認するマイニングは誰でも参加できます。 マイニングでは報酬を得ることができる また、マイニングは無報酬ではなく、報酬が得ることが可能です。 ただし、報酬が得られるのは、最初にマイニングを完了した人だけとされています。大量の計算を行って取引の正当性を確認し、誰よりも早く検証できれば報酬を得られるというしくみです。 取引検証行為は、鉱物の採掘にも似た行為であるため、採掘を意味するマイニングという用語が使われています。 マイナーの報酬はビットコインと手数料で構成されている マイニングを行う人は、マイナーと呼ばれます。 マイナーの報酬は、ビットコインシステムから無償で提供されるビットコインと手数料で構成されています。マイニングで付与されることによって、ビットコインが新規発行される仕様です。 ビットコイン誕生当初は、マイニング成功で付与されるビットコインの量が多かったのですが、時の経過とともに付与されるビットコインの量が減少するしくみになっています。 一方で、手数料は、ビットコインの需要増加に応じて高くなる傾向があります。 Coincheckの無料登録はこちら 送金時間が早いのが良いわけではない? タイムラグが短く、送金が素早く完了すればよいと感じる人もいるかもしれません。 短いタイムラグで送金処理が有効となれば、受け取った人はすぐに仮想通貨を使える状態になります。しかし、タイムラグが短ければ短いほどよいというわけでもありません。 送金時間は、各仮想通貨が採用しているマイニングの仕組みだけでなく、利用する取引所によっても変わってくることがあります。短いタイムラグで送金取引が有効になることを強みにしている取引所もありますが、注意が必要です。 タイムラグが短いということは、取引検証や承認が甘くなっている可能性があり、承認の甘さは、不正取引を許すことにもつながりかねません。 他の取引所と比較して突出してタイムラグが短いことをアピールしている取引所を利用する場合は、安全性に問題がないかどうかを慎重に確認することも大切です。 仮想通貨の送金スピードを高めることはできる? 仮想通貨の送金スピードは、取引量の増加などによって左右されてしまうという現実があります。 しかし、利用者側で対策を講じることによって、送金スピードを上げることも可能です。主な方法は3つあります。 1. 送金手数料を高く設定する 1つ目は、送金手数料を高く設定することです。 取引所やウォレットによっては、仮想通貨の送金手数料に幅を持たせ、一定の範囲で自由に手数料を設定できるようにしている取引所もあります。 平均的な手数料では送金に時間がかかりそうな場合には、手数料を高く設定することが有効です。なぜなら、高い手数料はマイナーの報酬増加に直結するため、マイニングの優先順位が上がりやすいからです。 取引量が多い場合でも高い手数料が設定された取引が含まれるブロックは、優先的にマイニングが行われる可能性が高くなります。その結果、取引検証と承認が早く完了し、送金スピードが上がることもあるでしょう。 2. 別の仮想通貨で送金する 2つ目は、送金のタイムラグが短い仮想通貨を選んで送金することです。 ビットコインの場合は、標準的な送金タイムラグは約10分ですが、標準的なタイムラグが10分よりも短い通貨もあります。たとえば、リップル(XRP)の標準的な送金タイムラグは数秒です。 リップルは、ビットコインとは異なるマイニングの方法が採用されています。そのため、短い時間で送金処理を完了されることができるのです。 仮想通貨取引所が解説するリップル(XRP)の特徴と歴史 Coincheck リップル(Ripple/XRP)購入方法・買い方・口座開設の流れを解説 Coincheck 3. 送金時期を選ぶ 3つ目は、送金時期を選ぶことです。 取引量が多くなると、マイニングが遅れる可能性が高くなります。そこで送金スピードを上げたい場合は、取引量が少ない時期を選んで送金処理を行うことも有効です。 取引量が多い状態から通常の状態になるまで待って送金すれば、標準的なタイムラグで送金を完了できる可能性が高くなります。 仮想通貨の送金には時間がかかることもある 仮想通貨の送金は、銀行での海外送金などと比較すると素早く送金できることが魅力です。 ただし、仮想通貨送金といえども、仮想通貨の種類によっては、送金処理が有効になるまでには一定のタイムラグがあることを認識しておく必要があります。 なお、送金処理の検証が完了し、有効になったかどうかを確認することは可能です。具体的には、Blockchain infoなど、インターネット上で確認することができます。送金がなかなか有効にならないからといって不安になる必要はありません。 ただし、仮想通貨ごとの標準的なタイムラグよりも時間がかかることもあります。そういった状態のときは、取引量が減少するタイミングで送金処理を行う、タイムラグが短い通貨を選択するなどの工夫も必要です。

「仮想通貨って何?仕組みはどうなっているの?」 「仮想通貨って怪しくないの?」 「どうやって儲けるの?」 この記事へ訪れた方はこのような疑問をお持ちの方が多いでしょう。 そこで今回は「仮想通貨の基礎知識とメリット・デメリット」を解説します。 さらに仮想通貨について理解できた方向けに、記事の後半で「初心者でも簡単に始められる仮想通貨の投資方法」についても軽く触れていますので、ぜひ最後まで読んでみてください。 Coincheckの無料登録はこちら 執筆Coicheck Column編集部 Coicheck Column編集部は仮想通貨の取引経験者やブロックチェーンの知見に深いメンバーで構成されています。これから仮想通貨を始める方々に「仮想通貨について正しく理解していただき安心して取引できる」ことを目的に執筆しています。/ 運営元:コインチェック株式会社 目次 仮想通貨とは?漫画で解説 仮想通貨/ビットコインの仕組み 仮想通貨には中央銀行が存在しない 分散型管理の絶大な信頼性 仮想通貨を支えるブロックチェーン技術 法定通貨と仮想通貨の違い 法定通貨 仮想通貨 仮想通貨のメリットとは?5つの利点や今後の将来性 1. 手数料が安い 2. 銀行を通さず、スピード送金ができる 3. 少額から投資できる 4. 24時間いつでも取引できる 5. 市場としての将来性がある 仮想通貨のデメリットとは?4つの欠点やリスクを解説 1. 価格の変動が激しい 2. 即時決済が難しい 3. ハッキングや紛失の可能性がある 4. 法律による規制 近年の仮想通貨に関する動き ビットコイン(BTC)の価格推移と将来性 イーサリアム(ETH)の価格推移と将来性 リップル(XRP)の価格推移と将来性 その他の仮想通貨の将来性 仮想通貨の歴史 仮想通貨の草創期 仮想通貨が現実の世界へ 仮想通貨の周辺で起こった事件 マウントゴックス Bitstamp BITFINEX 仮想通貨のマイニングとは?意味から種類まで解説 マイニングは取引を確定する作業 ハッシュ関数によって暗号化 マイニングでは仮想通貨そのものを採掘できる マイニングのやり方にはいくつかの種類がある 1. ソロマイニング 2. プールマイニング 3. クラウドマイニング 4. アルトコインマイニング 仮想通貨のハードフォークとは?意味から分裂の影響まで解説 「フォーク」とは仮想通貨の「分岐」を表す ハードフォーク ソフトフォーク なぜハードフォークが行われるのか? ハードフォークの注意点 ハードフォークの事例①:ビットコイン(BTC)のハードフォーク ビットコインキャッシュ(BCH)の誕生 スケーラビリティ問題の解決 ハードフォークの事例②:イーサリアムクラシック(ETC)の誕生 The DAO事件とは イーサリアム(ETH)のハードフォーク 仮想通貨のハードフォークによる影響は? バグの可能性 仮想通貨の下落の可能性 仮想通貨のノード(node)とは?意味や4つの種類について解説 データ量によるノードの分類 機能面によるノードの分類 仮想通貨/ビットコインは儲かるの? 仮想通貨投資の種類と方法、損失を最小限に防ぐ方法 現物取引 レバレッジ取引 信用取引 積立投資 貸仮想通貨(レンディング) ステーキング 損失を最小限に防ぐ方法   騙されてない?仮想通貨詐欺にも注意 安心して取引できる仮想通貨取引所の選び方 仮想通貨の選び方 自分が最も重視する目的から選ぶ 将来性が期待されている通貨を選ぶ 草コインは選ばない 仮想通貨に関するQ&A 仮想通貨と法定通貨(日本円など)の違いはなんですか? 仮想通貨のデメリットはなんですか? 仮想通貨は怪しくないのですか? 特徴と特性を知って仮想通貨を活用しよう 仮想通貨とは?漫画で解説 分かりやすい漫画をもっと読みたいからはこちらから 仮想通貨の中で最も有名はビットコインについては動画でも解説しています。 仮想通貨/ビットコインの仕組み 漫画で述べている通り、仮想通貨とは2つの特徴を持っています。 デジタル通貨として存在している 特定の国家が発行していない そしてここからは、改めて仮想通貨とは何なのかをもう少し詳しく考えていきましょう。 ここでポイントとなるのは、仮想通貨が「中央集権型ではない通貨である」、「ブロックチェーン技術を活用したものである」ということです。 仮想通貨には中央銀行が存在しない 世の中に流通している通貨の大部分は、発行元の政府あるいは中央銀行がその価値を保証しています。 例えば、日本円の10,000円であれば、紙にインクで印刷した一万円札に対して、「この紙幣に10,000円の価値があることを日本政府が保証する」というお墨付きを与えています。国家の裏付けがあるからこそ、一万円札は10,000円という経済的価値のある貨幣として流通しているのです。 ところが、仮想通貨にはそうした国や金融機関による保証がありません。にもかかわらず、代表的な仮想通貨であるビットコイン(BTC)は、2018年8月現在、日本円にして1単位あたり約70万円という価値を持っています。 これは、ビットコイン(BTC)の価値を認める人々がそれだけいるということなのですが、その価値にふさわしい信頼性を持っているということの表れでもあります。 では、国や金融機関の保証のない仮想通貨が、なぜそれほどの信頼を得て、多くの人々から価値を認められているのでしょうか? その理由のひとつは、仮想通貨ならではの分散管理の仕組みが関係します。 分散型管理の絶大な信頼性 従来の金融システムは中央集権的です。 例えば、銀行であれば現金は大金庫に収められ、顧客の預金情報はセキュリティをかけたサーバーに保存されます。 もしも天才的な泥棒やハッカーが現れて、大金庫が破られたり、預金情報が改ざんされたりしたら、どうすることもできません。実際にはそこまで単純ではありませんが、現金でも情報でも、それを保管している場所やシステムが破壊されれば、再起不能に陥ることもあります。 ですが仮想通貨の場合、現金は存在しませんので大金庫を設備する必要ありません。売買取引の情報や、誰がどれほどの仮想通貨を持っているかという情報も、ネットワークに接続された不特定多数の端末に分散して記録され、共有されています。 その一部を改ざんしても、ほかの端末に記録された情報と照合すれば、データを書き換えたことがすぐにわかります。 ですので、仮想通貨のデータを不正に改ざんしようとすると、ネットに接続されている膨大な数の端末に侵入し、すべてのデータを書き換えなくてはなりません。 それが現実的ではないことは明らかでしょう。仮想通貨はこうした仕組みの上に構築されているために、非常に高い信頼性を実現しているのです。 仮想通貨を支えるブロックチェーン技術 仮想通貨の分散型管理を実現しているのが、分散型台帳とも呼ばれるブロックチェーンの技術です。仮想通貨の取引情報を暗号化して、いくつかにまとめてブロック化し、それを鎖のようにつなげていくところから、このように呼ばれています。 (ただし、仮想通貨の中にはブロックチェーン技術を利用していないものもあるため、以下の説明もすべての仮想通貨にあてはまるわけではありません) 例えば、AさんがBさんにいくらかの仮想通貨を送金すると、それが間違いなくAさんによって行われたことか、金額はいくらかという取引内容が検証されます。そして、間違いないことが確認されると、その情報はブロックチェーンの末端に暗号化されてつながれていきます。 そのとき、ブロックの中にはチェーンにつながっているひとつ前のブロックの情報も、暗号化されて格納されます。こうしておけば、そのブロックがチェーン上のどの位置にあるかが特定でき、もしも位置情報が改ざんされてもすぐにそれとわかるようになっています。 このように、ブロックチェーンは情報の改ざんに対する強度が非常に高く、それだけに仮想通貨になくてはならない技術です。 仮想通貨の仕組みは?マイニングやブロックチェーンとの関連性も解説します Coincheck 法定通貨と仮想通貨の違い 法定通貨 日本円や米ドルなどの法定通貨は中央銀行によって発行・管理されています。また、紙幣や硬貨など物理的な実体が存在しています。 仮想通貨 発行主体や中心的な管理者は存在せず、世界中の利用者の信用に基づいて価値が担保されています。また、物理的な実体は存在せず、インターネット上の電子データとして存在しています。 仮想通貨の取引所や販売所を介して、別の仮想通貨や法定通貨と交換することも簡単に可能です。 【仮想通貨と電子マネーとの違いは?】 仮想通貨の利便性とは?法定通貨や電子マネーとの違いも解説 Coincheck 仮想通貨のメリットとは?5つの利点や今後の将来性 そして仮想通貨には、従来の円やドルといった現実の法定通貨を使う以上のメリットがあります。 そこで仮想通貨の持つ優れた5つのメリット(送金のスピード・手数料・投資額・取引時間・市場性)について、初心者の方にもわかりやすく解説します。 1. 手数料が安い 仮想通貨の各種手数料は法定通貨より安いです。 現金をベースにした金融システムでは、預金者の引き出しに備えて多額の現金を用意する必要があり、金庫やATM、各支店などの設備が必要です。 そのため各種手数料が割高になってしまいますが、仮想通貨ではそれらの設備が不要であるため、手数料を格安にできます。 また、海外送金の場合、一般の銀行が数千円程度の送金手数料や為替手数料などが必要であるのに対して、仮想通貨なら数百円の手数料のみで済みます。 2. 銀行を通さず、スピード送金ができる スピーディーに送金できるのも、仮想通貨のメリットです。 相手が個人でも企業でも、送金先の情報を送ってもらい、取引所を介して送金額を入力するだけで、相手先に送金ができます。 銀行振込の場合、時間帯によっては翌日の着金になることがありますが、仮想通貨は相手先に直接送金するため、例えばビットコイン(BTC)の場合は、数十分で送ることができます。 3. 少額から投資できる 仮想通貨は数百円から少額投資できます。 仮想通貨は、需要と供給のバランスによって常に市場価値が変動しているため、投資対象にもなっています。 さまざまな仮想通貨がいくつもの取引所で売買されていますが、その多くは最低取引価格が低く、数百円から投資することができます。 まずは少額500円から!仮想通貨/ビットコインを少額で始める方法 Coincheck 4. 24時間いつでも取引できる 仮想通貨の取引は、24時間365日取引ができます。 証券取引所での株式などの取引は、基本的に平日昼間だけしかできません。外国為替証拠金の取引も日曜は休みというのが一般的です。 ところが仮想通貨の取引は、24時間365日、休むことなく取引ができます。平日は仕事に行き、夜だけ取引をしたり、あるいは週末を取引の時間にあてたりという投資の仕方も、仮想通貨なら可能です。 5. 市場としての将来性がある 仮想通貨は将来性に期待されています。 認知度が高まってきたとはいえ、日本で仮想通貨はまだまだ一般に普及しているとはいえません。 その可能性にいち早く気付いた人だけが扱い、投資対象としているのが現状です。しかし、数々のメリットを持つ仮想通貨には、非常に高い将来性があります。 すでに、2016年には仮想通貨に関する法整備がなされ、2017年には資金決済法(資金決済に関する法律)が改正され、仮想通貨法(第三章の二 仮想通貨)が追加されました。 参考:仮想通貨交換業者に関する内閣府令(平成二十九年内閣府令第七号) 一部の仮想通貨が決済手段として認められ、各種電子マネーのように、多くの人がごく当たり前に使う時代が遠からずやって来ると言われています。そうした将来性の高さも、仮想通貨の大きなメリットです。 だからこそ、今のうちに仮想通貨を理解し、送金や決済、投資などの形で使ってみて、仮想通貨がどういうものかを理解しておくことが重要なのです。 ビットコイン(BTC)の今後は明るい?2020年の最新の動向と将来性 Coincheck 仮想通貨のデメリットとは?4つの欠点やリスクを解説 仮想通貨には、これまでの現金取引にはない多くのメリットがある一方で、特有のデメリットもあります。 そこで仮想通貨の持つ4つのデメリット(価格の変動幅・決済時間・ハッキングや喪失のリスク・法規制)について、初心者の方にもわかりやすくご説明します。 1. 価格の変動が激しい 最も大きなデメリットは価格の変動が激しいことです。 仮想通貨を投資対象として見た場合、価格の変動が忙しく、しかも変動幅が大きくなりがちです。これは、特定の仮想通貨に限ったことではなく、全体的な傾向といえます。 株式でも、急激に株価が上下することはあります。画期的な発明を果たした企業の株式が高騰したり、逆に信頼を損なうような事件や事故が起こると急落したり、ということは現実に起こっています。 ところが仮想通貨では、純粋に需要と供給のバランスで価格が決まります。 そのため、投資者の多くが「まだ値上がりする」と思えば、買いが増えて価格は上昇し、「危ないぞ」と思えば、売り局面になって価格は下落します。 このような投資者の気分による価格の上下は、仮想通貨の場合、より顕著かもしれません。 2. 即時決済が難しい 仮想通貨は即時決済が難しいです。 仮想通貨での取引は、その取引内容に間違いがないかどうかを検証し、承認されて、初めて取引として成立・確定します。 そのため、現金やクレジットカードのような「即時決済」がしにくいというデメリットがあります。 しかし、決済システムを実装したウォレットの機能を使うことで、この問題を回避することができます。 また、近年ではクレジットカード会社が仮想通貨と提携することで、海外送金にかかる時間を短縮しようとする動きも見られます。 なので、決済時間の問題はさほど大きな障害ではないといえるでしょう。 3. ハッキングや紛失の可能性がある 仮想通貨は現金と同じように盗難や紛失の危険性があります。 仮想通貨は、PCやスマホにインストールした「ウォレット」と呼ばれるアプリで管理することの多いものですが、インターネットに接続された状態ではハッキングされる可能性があります。それを嫌って、USBなどのオフラインハードウェアにデータを保管する方法もありますが、こちらは紛失する可能性もあります。 いずれも決して頻繁に起こることではありませんが、「財布を落とした」「すられた」というのと同じようなリスクがあるということは理解しておくべきでしょう。 4. 法律による規制 世界中で仮想通貨に対する国家の目はきびしく、2018年3月のG20財務大臣・中央銀行総裁会議において、仮想通貨の動向に対しては「監視を求めること」という結論が出されています。 また、2017年まで仮想通貨の取引量が世界トップだった中国では、2017年9月に政府により仮想通貨の取引が強く制限されるようになりました。 歴史の浅い仮想通貨は、今後も法規制が変更されていくと予想されています。 仮想通貨の規制とは?日本や中国などの海外の状況も解説 Coincheck Coincheckの無料登録はこちら 近年の仮想通貨に関する動きと今後の将来性 仮想通貨は、まだまだ一般に普及しているとはいえませんが、10年前に比べるとかなり人々のあいだに広がり、その取引も活発になっています。 一方、これまでにない通貨の形であるため、各国では仮想通貨を定義付けする法整備を急ぐようになりました。 日本でも2016年、仮想通貨を念頭に置いて資金決済法(資金決済に関する法律)が改正され、2017年に施行されています。これは、近い将来にやって来る仮想通貨の本格的な流通に備えた、その第一段階ともいえる法整備でした。 現在では、まだ投機の対象として見られがちな仮想通貨ですが、本来の特徴である「あらゆる国家や既存の通貨から独立した通貨」というポジションに落ち着けば、従来にはない新たな金融システムとして存分に活用されることになるでしょう。 そして今回は、数ある仮想通貨の中から特に将来性が期待されている人気の高い仮想通貨についてご紹介します。 ビットコイン(BTC)の価格推移と将来性 ビットコインは2008年に誕生し、翌年2009年に初めて法定通貨との取引が行われた際のビットコインの価格は、1BTCあたり約0.07円程度でした。 2012年後半から価格が急に上昇し始め、2012年1月に1BTCあたり400円台だったビットコインは、12月には1,000円以上にまで高騰しました。 その後も上昇を続け、2017年1月時点で1BTC=約10万円だった価格が、2017年末には国内市場最高価格の235万円以上を一時記録します。 翌年2018年1月をピークに、ビットコイン価格はじわじわと下降したものの、2019年に入って再び価格が上昇しました。 2019年1月は30万円台だったビットコイン価格は、半年後の5月末には90万円にまで上昇し、2020年8月時点で120万円を突破。再び市場から投資対象として注目され始めています。 ビットコイン(BTC)の今後は明るい?2020年の最新の動向と将来性 Coincheck イーサリアム(ETH)の価格推移と将来性 イーサリアムは2013年11月に誕生し、2016年2月初旬までは1ETH=500円以下の水準で価格が推移していましたが、2016年2月頃から価格が大きく上昇しました。 2016年3月15日には、イーサリアムの2回目のアップデートである「ホームステッド」の実施があり登場以来最高値の1ETH=1,696円を突破。2016年6月16日には、「The DAO」という大規模なプロジェクトのICOの影響もあり、1ETH=2,148円にまで上昇しました。 その後、2017年6月中旬には1EH=4万円台まで高騰したイーサリアムですが、2017年6月から7月にかけて発生した取引遅延と盗難事件の影響で一時1.7万円台に下落。ただ。その後のビットコインバブルと比例して2018年1月には16万円台にまで暴騰しました。 2020年8月時点では、3万円台と少しづつ回復してきてます。 イーサリアムの価格推移を分析!今後の価格を占う重要イベントとは Coincheck リップル(XRP)の価格推移と将来性 リップルはRyan Fugger氏が2004年にRipplePayを開発したことをきっかけにスタートしました。 2011年にJed McCaleb氏がコンセンサスアルゴリズムを考案し、リップルの基本的な準備が整い、2012年にRyan Fugger氏がChris Larsen氏にプロジェクトを譲る形で、リップルの運営を行うOpenCoin Incが誕生したのです。 リップルの価格推移は、2014年3月の時点では1XRPは1円以下の値でした。 そんな中、2015年にはリップルが世界経済フォーラムでテクノロジーパイオニア賞を受賞し、世界に徐々に認知されるようになりました。 2017年4月上旬には日本国内のメガバンクがリップルを送金技術に採用したことを受け、1円以下であった1XRPが、一気に約8円まで上昇しました。その後、仮想通貨が急速に広まったこともあり、2017年12月上旬には1XRP=20円だった価格が100円台まで高騰しました。 その後、世界でも大手といえるアメリカのサンフランシスコに拠点があるコインベースにリップルが上場するという噂が市場に流れました。これを受けてか、リップルは2017年12月下旬から2018年1月上旬にかけて、1XRP=100円だった価格が400円台へ大高騰しました。 しかし、2018年1月以降は仮想通貨市場全体が下落トレンドに入り、2019年3月初旬には、XRPの価格も約35円台にまで落ち着きました。 2020年8月時点では20〜30円台をキープしています。 リップル(XRP)の今後はどうなる?将来性について紹介 Coincheck その他の仮想通貨の将来性 ビットコインキャッシュ(BCH) ビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCH)は将来的に儲かる?特徴と将来性について Coincheck モナコイン(MONA) モナコイン(MONA)の今後は明るい?将来性に期待が持てる5つの理由 Coincheck ネム(XEM) ネム(NEM)の今後は?将来性を左右するカタパルトも解説 Coincheck イーサリアムクラシック(ETC) イーサリアムクラシック(EthereumClassic/ETC)の今後の将来性は?将来的に儲かる? Coincheck ライトコイン(LTC) ライトコイン(Litecoin/LTC)は儲かる?今後の将来性も解説 Coincheck リスク(LSK) 仮想通貨リスク(Lisk/LSK)の今後の将来性と特徴 Coincheck ファクトム(FCT) ファクトム(Factom/FCT)の今後の将来性や特徴は?儲かる? Coincheck ステラルーメン(XLM) 仮想通貨ステラルーメン(XLM)の今後は?将来性を予想する3つのポイント Coincheck クアンタム(QTUM) クアンタム(QTUM)の今後の将来性は?革新的な部分と懸念点 Coincheck 将来に期待して仮想通貨・ビットコインを試しに購入してみたい方はこちらをご覧ください。 500円から始められるビットコインの購入方法・買い方と口座開設の流れ Coincheck 仮想通貨の歴史 現在の仮想通貨の始まりは2008年に発表されたある論文がきっかけでした。 そして、仮想通貨の誕生から現在まで、「マウントゴックス」事件を代表とした数多くの出来事が起こってきました。そんな仮想通貨の歴史についてまとめています。 仮想通貨の草創期 仮想通貨の発想は20世紀頃からすでに存在していたようですが、現在の仮想通貨の始まりは、2008年に発表されたある論文がきっかけでした。そこから現在までの仮想通貨の歴史を見てみましょう。 2008年10月、Satoshi Nakamoto(サトシ ナカモト)と名乗る人物が、インターネット上に仮想通貨に関する論文を投稿しました。投稿から3ヵ月後には、この論文に基づいたソフトウェアが公開されました。 これが現在、代表的な仮想通貨として知られる「ビットコイン(BTC)」の始まりです。 2010年2月にはビットコイン(BTC)の取引所が開設され、現在の仮想通貨の基礎的な形が整うことになります。ただし、当時はまだあくまでも「仮想のもの」というイメージが強かったらしく、その可能性に注目した一部の人々のあいだでのみ、取引されていたようです。 仮想通貨が現実の世界へ 取引所の開設から数ヵ月後の2010年5月に、あるプログラマーが半ば冗談で「誰か、僕のビットコイン(BTC)10,000枚とピザを交換しないか?」というメッセージを仮想通貨のメーリングリストに投稿しました。 すると、その書き込みをおもしろがった別のプログラマーが、ピザ屋にLサイズピザ2枚(25ドル)を注文して投稿者の家に届けさせ、代わりに10,000ビットコイン(BTC)を手に入れました。これが実社会で仮想通貨が使われた最初の例とされています。 もちろん、実店舗にビットコイン(BTC)が支払われたわけではありません。しかし、ビットコイン(BTC)に信頼性があり、多くの人がそれを認めれば、通貨として立派に通用するということがはっきりした事件でした。 この一件もあって、ビットコイン(BTC)は多くの人々の注目を集めるようになり、コンピュータ系のニュースサイトなどに取り上げられるようになり、価値を持つようになりました。 仮想通貨の周辺で起こった事件 2014年には、日本にも仮想通貨の取引所「エトウィングス」が開設され、サービスを開始しました。 この頃になると、仮想通貨はその将来性から、投機対象として注目されるようになります。それとともに、いくつかの事件も起こっています。 マウントゴックス まず2014年2月、世界最大の取引所に成長していた「マウントゴックス」が、ハッカーによる攻撃によってビットコイン(BTC)を盗まれたとして取引を中止。75万BTCと現金28億円、総額114億円相当が消失したとされ、取引所を閉鎖した上、経営破綻してしまいました。 しかし、この事件はハッキングではなく、取引所内部の人物による横領だった疑いが持たれ、真相を巡って2018年まで裁判が続いています。 マウントゴックス事件の全貌と仮想通貨の安全性を見極める3つのポイント Coincheck Bitstamp また、マウントゴックスの閉鎖後に最大規模を誇っていた取引所「Bitstamp」は、2015年1月、ハッキングによって500万ドル相当のビットコイン(BTC)を奪われてしまいます。 BITFINEX さらに2016年8月には、こちらも世界有数の規模を持つ取引所である「BITFINEX」で、約65億円相当の巨額なビットコイン(BTC)盗難事件が起きています。 その後も2016年のThe DAO事件などがありましたが、取引所の管理体制やシステムの脆弱性が糾弾されることはあっても、仮想通貨そのものに対する信頼性は相変わらず高く、今日でも多くの取引が盛んに行われています。 仮想通貨のマイニングとは?意味から種類まで解説 仮想通貨についての話題でマイニングという言葉をよく耳にします。 日本語に訳すと「採掘」ですが、仮想通貨のマイニングの意味や、ソロマイニングやプールマイニング、クラウドマイニングなどの方法、そのメリットやデメリットについて詳しくご説明します。 マイニングは取引を確定する作業 「マイニング」は日本語に訳すと「採掘」、つまり鉱山から鉱物を掘り当てるという意味になります。なぜこんな意味合いの言葉が使われるのか、そもそもマイニングとは何なのかご説明します。 仮想通貨の取引が行われると、その内容は暗号化され、ネットワークに接続された世界中の端末に分散・共有されます。そして、その内容が間違いないことが確認されたら、いくつかの取引内容がひとまとまりのブロックとして、ブロックチェーンの末端に追加されます。 このブロックチェーンの仕組みについては、これまでにもご説明したとおりです。 ハッシュ関数によって暗号化 しかし、取引の内容は記録された時点で「ハッシュ関数」という特殊な関数によって暗号化されていますから、その内容を検証するのは簡単ではありません。論理的に推測し、答えを出すことができないのです。 ヒントが一切ないクロスワードパズルを解くようなもので、考えられる数値を当てずっぽうに入れていき、正解を導き出すほかないのです。 見事、正解を導き出し、その取引に問題がないことが確認できたら、承認された取引データとしてブロックチェーンに加えます。この作業がマイニングです。 マイニングには膨大なデータを高速で計算する、高度な処理能力が必要です。そのため世界中の「マイナー」と呼ばれる採掘者は、高性能のコンピュータを使ってマイニング作業にあたっています。 マイニングでは仮想通貨そのものを採掘できる マイニングの作業には、当然ながらコストがかかります。高性能のコンピュータを用意するだけでなく、稼働させる電気代も無視できません。 それでも多くのマイナーがコツコツと作業を続ける理由は、マイニングの成功報酬として仮想通貨そのものが手に入るからです。仮想通貨では、マイニングに成功した者に対してのみ、新たに通貨を発行して報酬として支払います。 しかも、ほとんどの仮想通貨は発行枚数が限られているため、マイニングも早い者勝ちです。そのため、世界中のマイナーが競うようにマイニングに取り組んでいるのです。 仮想通貨の入手方法はいくつかあり、取引所で購入するという手段が最も手軽です。 しかし、高い処理能力を持つコンピュータ環境を整えられれば、直接購入することなく、マイニングで仮想通貨を手に入れることができるのです。鉱山の坑道をコツコツと掘り進み、金銀を掘り当てるような、まさに「採掘」という言葉がピッタリの仮想通貨の入手方法です。 マイニングのやり方にはいくつかの種類がある マイニングはその方法によって、いくつかの種類があります。それぞれにメリットとデメリットがありますから、それを確認した上でマイニングを手掛けるようにしましょう。 1. ソロマイニング ソロマイニングは、自分一人で機材をそろえて、マイニングをするやり方です。 必要なコストはすべて自分で負担する一方、マイニングで得られた報酬も自分一人で独占することができます。 ただし、1台のコンピュータでは、採掘はほぼ不可能な状況となっており、いつもマイニングに成功するとは限りませんから、収入を安定させることは難しいでしょう。高性能の機材をそろえ、運用するというのは、個人レベルではかなりハードルが高い方法といえます。 2. プールマイニング プールマイニングは、ソロマイニングを行う人が集まってグループを作り、集団でマイニングを行うスタイルです。 報酬は各自が提供した計算能力に応じて分配されます。 ソロマイニングのような不安定さがなく、自分が持っている計算能力に見合った報酬を得やすいというメリットがあります。つまり、安定性は高いものの、その裏返しとして大きな収入は得にくいというのがデメリットです。機材を自分でそろえる必要があり、わずかながら手数料が取られるという点も注意が必要です。 3. クラウドマイニング マイニングを行う団体や企業に投資をして、その額に応じたマイニング報酬を受け取るのがクラウドマイニングという方法です。 これは、マイニングという商品に対する投資ともいえます。 専門的な知識や自分自身で機材をそろえたり運用したりする必要がなく、手軽にできるのが最大のメリットです。ただし、一時期クラウドマイニングをかたる詐欺が頻繁に起こったことがありました。 資金を集めておいてマイニングを一切せず、そのまま持ち逃げしてしまうという詐欺のリスクは今でもあります。ですから、クラウドマイニングを行う際には、信頼できるグループを選別し、リスクとのバランスをとりながら投資することが重要です。 4. アルトコインマイニング アルトコインマイニングはマイニングの手法ではなく、対象となる通貨を探すという意味の言葉です。 仮想通貨の世界では、その歴史的な経緯もあってビットコイン(BTC)が代表格であり、流通量も群を抜いてトップクラスです。価格も高いため、多くのマイナーが手掛ける通貨で、それだけに採掘競争が激しく、報酬を得るのも簡単ではありません。 そこで、比較的競争の少ない、ビットコイン(BTC)以外の通貨を採掘することをアルトコインマイニングと呼んでいます。アルトコインとは「ビットコイン(BTC)の代替になるコイン」という意味で、ビットコイン(BTC)以外の仮想通貨全般を指します。 ビットコイン(BTC)マイニングの仕組みを分かりやすく解説します Coincheck Coincheckの無料登録はこちら 仮想通貨のハードフォークとは?意味から分裂の影響まで解説 仮想通貨のニュースで「ハードフォーク」「ソフトフォーク」という単語を耳にするかもしれません。 仮想通貨における「フォーク」とは何か、仮想通貨のアップデートやブロックチェーンの分岐による影響や注意点、派生した仮想通貨などについて、詳しくご説明します。 「フォーク」とは仮想通貨の「分岐」を表す 仮想通貨でいう「フォーク」とは、「分岐」を意味します。食事のときに使うフォークと同じで、先端がいくつかに分岐していくというイメージです。 それまでひと連なりの鎖として続いてきたブロックチェーンが、分岐するところから、フォークと呼ばれています。 さまざまな最新技術を使い、綿密に構築された仮想通貨であっても、流通しているうちに欠陥や不便さが表面化することがあります。そうなるとパソコンソフトと同様、その不具合を解消したアップデート版を配布することになります。 ハードフォーク しかし、仮想通貨のアップデートは通貨の価値に大きな影響を与えかねず、場合によっては賛否両論が巻き起こります。 その結果、運営するコミュニティによってブロックチェーンを分岐させ、従来の仮想通貨Aとの互換性を持たない新たな仮想通貨A'が作られます。これが仮想通貨のハードフォークです。 ソフトフォーク アップデートの内容によっては、AとA'の互換性が保たれるケースもあります。 この場合、新たな通貨が生まれることはなく、Aの新旧2つのバージョンが混在した状態になります。ブロックチェーンは一時的に分岐しますが、どちらのバージョンがより多くのユーザーに受け入れられるかによって、どちらか一方に収束していき、結局はブロックチェーンが再び合流するように1つにまとまります。 こうした場合の分岐は、ハードフォークに対して「ソフトフォーク」と呼ばれます。 なぜハードフォークが行われるのか? ハードフォークは、おもにスケーラビリティ問題の解決のために行われます。 仮想通貨での取引が行われると、その情報は素早く検証・承認され、ブロックチェーンにつながれていきます。 しかし、取引量のスケールが大きくなると、この承認作業が追いつかず、取引の遅延が起こります。また、承認手続きを早く済ませるためには、より高い手数料が必要になるというしくみ上、手数料が高騰して利用者が離れていくことも予想されます。 こうした問題を回避するため、新たに「派生仮想通貨」を分岐させるハードフォークが行われるのです。 ハードフォークの注意点 仮想通貨の世界では、過去に何度となくハードフォークが行われてきました。よく知られたところでは、2016年6月のイーサリアムクラシック(ETC)の誕生や、2017年8月に行われたビットコインキャッシュ(BCH)の誕生があります。 ハードフォークが行われる前後は、通貨相場が大きく動くことが予想され、場合によってはハードフォークの直前直後にわたって取引が停止されることもあります。これは、ハードフォークによるバグや不具合を防ぐことが目的で、特に危険な兆候があるわけではありません。 いずれにせよ、手持ちの仮想通貨がハードフォークを行う場合には、その動向を注視しておく必要があります。 初心者でもわかる仮想通貨のハードフォークとは?特徴を徹底解説 Coincheck ハードフォークの事例:ビットコイン(BTC)のハードフォーク ビットコイン(BTC)でのハードフォークやイーサリアムクラシック(ETC)の誕生など、過去に実行されたハードフォークの事例について詳しくご紹介します。 仮想通貨のハードフォークが行われた理由やその影響などについてまとめています。 ビットコインキャッシュ(BCH)の誕生 2017年8月、仮想通貨の最大手であるビットコイン(BTC)でハードフォークが実行され、新たな仮想通貨「ビットコインキャッシュ(BCH)」が誕生しました。 最大の流通量を持つビットコイン(BTC)の分岐は、市場関係者はもちろん仮想通貨に注目する人々に大きな衝撃を与えました。このハードフォークの発端は、先に解説したスケーラビリティ問題の解決がおもな理由です。 ビットコイン(BTC)の取引量が増えていくと、そのマイニング(検証・承認)作業が増え、結果として承認までに時間がかかってしまいます。 スケーラビリティ問題の解決 これを解決する方法として、「情報を書き込むブロックの容量を増やす」というやり方と、「ブロックに書き込む情報を圧縮してデータ量を減らす」という2つの方法が検討されていました。 いずれの方法にもメリットとデメリットがあるために結論が出ず、結果として従来のビットコイン(BTC)はそのまま残し、新たに容量を拡大した「ビットコインキャッシュ(BCH)」という仮想通貨をハードフォークによって生み出すことになったのです。 新たに生まれたビットコインキャッシュ(BCH)とその母体となったビットコイン(BTC)のどちらが優れているかは、簡単に断じることはできません。その答えは今後、それぞれの仮想通貨が成長していく中で明らかになっていくでしょう。 ビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCH)購入方法・買い方・口座開設・取引方法を解説 Coincheck ハードフォークの事例②:イーサリアムクラシック(ETC)の誕生 ビットコイン(BTC)に次ぐ仮想通貨であるイーサリアム(ETH)も、ハードフォークを経験しています。そのきっかけは「The DAO事件」でした。 The DAO事件とは The DAOとは、イーサリアム(ETH)で運用される投資ファンドで、公開から1ヵ月ほどでおよそ150億円もの資金を集めるほど注目されていました。 ところが2016年6月に運用システム上の脆弱性を攻撃され、約65億円のイーサリアム(ETH)が盗まれてしまいました。これはイーサリアム(ETH)自体の問題ではなく、The DAOのシステムの欠陥によって起こったことです。 しかし、イーサリアム(ETH)のコミュニティが提案した対策方法は、ブロックチェーンを巻き戻し、事件が起こる直前の状態に復元することでした。つまり、盗難そのものはもちろん、それ以降のすべての取引記録を「なかったこと」にしようというのです。 イーサリアム(ETH)のハードフォーク この対策は緊急避難的なものでしたが、仮想通貨はあらゆる国家や団体の管理から離れた存在です。 しかも、イーサリアム(ETH)は「非中央集権型」という理念を掲げていたため、この提案に反発し、それまでの取引記録を残すべきとする人々も数多くいました。 意見が異なったことからイーサリアム(ETH)のハードフォークが行われ、盗難事件直前の状態に戻したイーサリアム(ETH)と、盗難事件以後も含めた取引情報を記録したイーサリアムクラシック(ETC)に分岐したのです。 イーサリアムクラシック(EthereumClassic/ETC)購入方法・買い方・口座開設・取引方法を解説 Coincheck 仮想通貨のハードフォークによる影響は? ハードフォークは、重大な課題や問題を解決するために行われるものです。 ビットコイン(BTC)では、増大する情報量をクリアするという課題がありましたし、イーサリアム(ETH)では仮想通貨としての基本理念を守るためにハードフォークが行われました。 しかし、ハードフォークによって起こる悪影響についても、考慮する必要があります。 バグの可能性 新たに生まれた通貨には旧通貨との互換性がなく、しかもバグが潜んでいる可能性があります。 また、ハードフォークの直前にはトラブルの発生をおそれて取引所が停止してしまうのが常ですから、その間は送金も換金もできません。 仮想通貨の下落の可能性 そして何より重要なのは、ハードフォークを繰り返すことで仮想通貨全体の流通量が増えすぎ、価値が下落してしまう可能性があるということです。 例えば、ビットコイン(BTC)では、誕生当時からその発行枚数を2,100万枚と定めています。この上限値の存在がビットコイン(BTC)の価値を高めることに貢献しているのです。 現在、流通している仮想通貨の多くは発行枚数の上限が定められています。その数値はまちまちですが、上限を設けることで通貨価値の下落を防いでいることは確かです。 ハードフォークによって新たな通貨が乱発されてしまうと、仮想通貨全体が信用を落とすことにもなりかねないのです。 仮想通貨のノード(node)とは?意味や4つの種類について解説 仮想通貨の話題の中で「ノード(node)」という言葉が使われます。 「ノード(node)」は「つなぎ目」という意味の言葉ですが、仮想通貨の世界ではネットワークをつなぐ不特定多数の「コンピュータ端末」のことを指します。つまり、仮想通貨ネットワークに接続するスマホやPCを意味しているのです。 ノードは、ブロックチェーンの情報を保管するほかにも、データのダウンロード量や機能面からいくつかの種類に分類されています。 データ量によるノードの分類 ノードを扱うデータ量によって分けると、「フルノード」と「SPVノード」に分類できます。 1. すべてのデータを保管するフルノード フルノードとは、過去から現在までのすべてのブロックチェーンをダウンロードし、取引の検証を行うノードです。 過去の取引情報をすべて持っているため、新たに行われた取引情報が正しいかどうか、ほかのノードのデータに頼ることなく管理や監視ができます。 ただし、これまでに記録されたブロックチェーンすべてをダウンロードすることになるため、大容量をダウンロードするだけの時間が必要になります。 2. 軽量に動作するSPVノード フルノードとは異なり、取引データを除いた一部のデータのみをダウンロードするのが軽量(SPV)ノードです。 SPVは、「Simplified Payment Verification」の略で、「簡単な取引検証」という意味です。その容量は、フルノードの1,000分の1程度といわれ、短時間でダウンロードできます。 その反面、自分自身で取引情報の正誤を確認することができないため、マイニングを行う場合は必要な情報を持つフルノードに照会し、取引情報が正しいかどうかを判断します。 データ容量が小さいスマホやタブレットで、仮想通貨のネットワークに参加したい人に向いているノードです。 機能面によるノードの分類 ノードを機能面によって分けると、「マイナーノード」と「ウォレットノード」に分類できます。 1. マイニングをおもに行うマイナーノード マイニングすることに特化させたノードをマイナーノードといいます。 マイニングでは、計算能力の高さによって得られる仮想通貨の額が変わります。そのため、計算能力の高いグラフィックボードをいくつも使用するなど、コンピュータ環境の整備にかなりコストがかかります。 グラフィックボードとは、本来はPCの高画質な動画やゲームなどをディスプレイやモニターに表示させるために稼働するグラフィックスプロセッシングユニット(GPU)のことですが、その高い計算処理能力が仮想通貨のマイニングにも利用できるため、GPUの価格高騰や品切れが起こることもあります。 2. 財布代わりに使うウォレットノード 仮想通貨での決済や送金、管理のために必要なウォレット機能を備えたものがウォレットノードです。現金を財布に入れておくのと同じ感覚で使うことができます。 投資や決済のための送金機能もあるので、銀行のATMのような感覚でも使えます。 仮想通貨/ビットコインは儲かるの? 結論、人によって儲かるか儲からないかが決まります。 儲かる人は「利益が生まれる仕組み」と「仮想通貨取引のリスクについて」を理解しています。詳しく知りたい方は以下の記事を読んでみてください。 仮想通貨は本当に儲かるの?儲かる仕組みも解説します Coincheck また、ビットコインも同じく正しい投資知識を身に付ける必要があります。 次に「仮想通貨・ビットコインの投資初心者が覚えておくべき投資手法」を解説します。 仮想通貨投資の種類と方法、損失を最小限に防ぐ方法 仮想通貨の取引手法は大きく「現物取引」と「レバレッジ取引」の2種類があります。 現物取引 仮想通貨の現物取引とは、仮想通貨を実際に購入したり売却したりする取引です。 売却を行う場合は、あらかじめ仮想通貨を保有していることが前提になります。そのため、現物取引は先に仮想通貨の購入取引から入ることが必要です。 一般的には、円やドルなどの法定通貨を対価として支払うことで購入取引を行います。現物取引は、手元にある資金以上の仮想通貨を購入できないことが特徴です。 なお、現物取引で仮想通貨を売買する方法は販売所と取引所の2種類あり、Coincheckでは両方をご利用できます。 レバレッジ取引 仮想通貨のレバレッジ取引とは、証拠金を取引所の口座に入れることによって、その数倍の取引を可能にする仕組みのことです。証拠金が、レバレッジ取引の担保となります。 レバレッジは「てこ」という意味です。てこの原理によって、本来は持ち運べないような重たい物でも、一人で動かすことができます。 例えば、手元に20万円の現金がある場合、現物取引であれば20万円分の仮想通貨を買うことしかできません。 しかし、4倍のレバレッジをかければ80万円の取引を行えます。 このレバレッジで生まれた60万円(合計80万円 ー 手元20万円)の資金は取引所が貸してくれるのではなく、存在しないお金をあるように見せているだけなのです。 ですので利益が出たら現物取引より儲かるシステムですが、損をしてしまうと現物取引より損失額が大きくなってしまうのです。 ※Coincheckでは、2020年3月13日をもちまして、レバレッジ取引のサービス提供を終了いたしました。 【現物取引とレバレッジ取引の違いについて詳しく解説】 レバレッジ取引と現物取引の違いとは? Coincheck 信用取引 信用取引とは、ビットコインなどの仮想通貨を借りて取引をし、期間が過ぎた後に返す取引です。貸し借りは取引所内で行われ、外部に送金等することは基本的にはできません。また、信用取引はレバレッジによる高度なリスクを伴います。 仮想通貨における信用取引の種類は「取引所からお金や仮想通貨を借りる​方法」と「取引所が仮想通貨を貸したいユーザーと借りたいユーザーのマッチングを提供する方法」の2種類があります。 積立投資 積立投資とは、定期的に一定金額ずつ投資対象を買い付けて資産を積み立てていく投資方法です。投資信託や株式投資などでも利用されています。 仮想通貨でも積立投資が可能で、あらかじめ設定した金額で定期的に買い付けることができ、好きな時に売却することもできます。 【仮想通貨の積立投資について詳しく解説】 仮想通貨積立を始める前に知っておきたいメリットと注意点 Coincheck 貸仮想通貨(レンディング) 貸仮想通貨(レンディング)とは、仮想通貨取引所が利用者から仮想通貨を借り受け、一定期間預かった上で返却する際、あらかじめ決めておいた利用料を上乗せして支払うというものです。 仮想通貨で利益を上げようとする場合、相場の値動きを見ながらタイミングをとらえた売り買いを繰り返し、利ざやを稼ぐ方法が一般的ですが、貸仮想通貨は金利で利益を得る仕組みです。 貸仮想通貨は取引所に通貨を預けるだけですから、取引スキルに関係なく、仮想通貨の価格が長期的に値下がりしなければ、初心者でも安定した利益を得られます。 【貸仮想通貨について詳しく解説】 仮想通貨レンディングの始め方と知っておくべき3つの注意点 Coincheck ステーキング ステーキングとは、仮想通貨を一定量・一定期間保有しておくことで、報酬が得られるサービスです。 ステーキング対象の仮想通貨を使わずウォレットに入れておき、ブロックチェーンのオペレーションに参加すると報酬を得られる仕組みです。 2020年7月20日時点で、ステーキングサービスを利用できる国内取引所はCoincheckのみとなっています。参考:ステーキング報酬は累計で950万円を突破 【ステーキングで利益を得られる仕組みについて詳しく解説】 ステーキングとは?利益を得られる仕組みとリスク(Lisk)ステーキングサービスについて Coincheck 損失を最小限に防ぐ方法 大損せずに損失を最小限に抑えるために意識すべきことを以下の記事で詳しく解説しているので、仮想通貨を始める前に必ず読んでおきましょう。 ビットコインで大損する5つの原因と失敗しないための取引方法 Coincheck 騙されてない?仮想通貨詐欺にも注意 仮想通貨投資に関する詐欺は増えていると言われています。 なぜなら、詐欺師はトレンドに敏感で、流行っているけれどもまだあまり知られてないものをネタに詐欺を働くことが多いからです。つまり、仮想通貨市場は詐欺師にとって格好のネタとなっているのです。 仮想通貨の大口送金の通知をツイッター上で行うWhale Alertチームの報告によると、「過去4年間に仮想通貨関連詐欺の被害額は3800万ドル(約40億円)に達し、そのうちの2400万ドル(約25億円)は2020年上半期の被害総額となっている。」と発表しました。 引用:Coinpost「巧妙化する仮想通貨詐欺、今年上半期で25億円の被害=Whale Alert調査報告書」 詐欺の内容は「詐欺コインを買わせるためのセミナーでの勧誘」や「ICOを使った詐欺」など様々です。 今この記事を読んでいる方の中で「知人やセミナーで仮想通貨をおすすめされたから仮想通貨のことを調べている」方がいれば、以下の記事を読んで自らが置かれている状況を整理してみましょう。 【詐欺に騙されていないかを判断する方法】 こんな仮想通貨は怪しい?初心者が始める前に知っておくべき注意点 Coincheck 【詐欺コインの見分け方】 仮想通貨詐欺に注意!手を出すと危険な詐欺コインの見分け方 Coincheck 安心して取引できる仮想通貨取引所の選び方 安心して仮想通貨を購入できる取引所の選び方を解説します。仮想通貨取引所の選び方を解説する時は、例えとして以下があがります。 仮想通貨取引所のセキュリティ対策 仮想通貨の取引画面の見やすさ・使いやすさ 運営企業の信頼性 取り扱い通貨数の多さ セキュリティが強化されている取引所ほどハッキングリスクが低いと判断できます。 また、信頼できる取引所の選び方の例として以下3点を確認してみても良いでしょう。 上場企業が運営している 運営企業の株主が大手金融機関 金融庁に「仮想通貨交換業者」として登録されている 仮想通貨の選び方 結論、誰にでもおすすめできる仮想通貨はありません。 仮想通貨の選び方は人それぞれ異なりますが、例えば次の観点から選ぶこともできます。 自分が最も重視する目的から選ぶ 「リスクをとってでも大きなリターンを求めたい」のか「利益は少なくてもいいから堅実にお金を増やしたい」かなど、価値観によって求める通貨が大きく異なります。 まずは自分が最も重視したい目的を決めましょう。 将来性が期待されている通貨を選ぶ →将来性が期待されていない通貨よりかは期待されている通貨を選んだ方が健全な判断だと言えるでしょう。仮想通貨の将来性に関しては先述した「近年の仮想通貨に関する動きと今後の将来性」をご確認ください。 草コインは選ばない ホワイトリスト入りしている仮想通貨であれば、草コインと比べて安全性や信頼性が高いと言われています。ホワイトリストの詳細は仮想通貨のホワイトリストとは?定義と最新ホワイトリスト一覧をご確認ください。 仮想通貨に関するQ&A Q. 仮想通貨と法定通貨(日本円など)の違いはなんですか? A. 法定通貨は、日本円や米ドルなどの法定通貨は中央銀行によって発行・管理されています。また、紙幣や硬貨など物理的な実体が存在しています。 反対に仮想通貨は、発行主体や中心的な管理者は存在せず、世界中の利用者の信用に基づいて価値が担保されています。また、物理的な実体は存在せず、インターネット上の電子データとして存在しています。 詳しくは「仮想通貨の利便性とは?法定通貨や電子マネーとの違いも解説」をご覧ください。 Q. 仮想通貨のデメリットはなんですか? A. デメリットは大きく4つあります。 価格の変動が激しい 即時決済が難しい ハッキングや紛失の可能性がある 法律による規制 詳しくは「仮想通貨のデメリットとは?4つの欠点やリスクを解説」をご覧ください。 Q.仮想通貨は怪しくないのですか? A. 仮想通貨の詐欺は存在します。 ですが、信頼できる仮想通貨取引所を利用すれば詐欺に引っかかることはないでしょう。 仮想通貨の正しい知識を身に付けて、信頼できる取引所で仮想通貨を始めましょう。詐欺を見分ける方法は「騙されてない?仮想通貨詐欺にも注意」をご覧ください。 特徴と特性を知って仮想通貨に興味を持ってみよう ここまでご説明したように、仮想通貨は従来の通貨とはまったく違う性質や機能を持っています。 投資の対象として語られることも多い仮想通貨ですが、シンプルに現金に代わる新しい通貨として捉えれば、従来の通貨にはない可能性が見えてくるでしょう。 将来的には現在の貨幣経済に取って代わる金融システムが、仮想通貨によって構築されるかもしれません。そのときのためにも、今から知識と情報を身に付け、仮想通貨に親しんでみてはいかがでしょうか? 最後に記事のおさらいです。 <仮想通貨の特徴> デジタル通貨として存在している 特定の国家が発行していない また、仮想通貨のメリットとデメリットを把握しておくことで理解が深まります。 <メリット> 手数料が安い 銀行を通さず、スピード送金ができる 少額から投資ができる いつでも投資ができる 市場としての将来性がある <デメリット> 価格の変動が激しい 即時決済が難しい ハッキングや紛失の可能性がある 法律による規制 さらに各仮想通貨の将来性や複数ある仮想通貨の投資方法も覚えておけば、自分に合った投資スタイルを見つけやすくなります。 <仮想通貨投資の方法と種類> 現物取引 レバレッジ取引 信用取引 積立投資 貸仮想通貨(レンディング) ステーキング 仮想通貨に少しでも興味を持てるようになりましたら、少額からでも仮想通貨投資を始めてみてはいかがでしょうか。 Coincheck(コインチェック)の始め方!仮想通貨のビットコイン(BTC)を購入する方法 Coincheck

日本語で表示しますか?

はい いいえ もう表示しない

Show in English?

Yes No Never