仮想通貨の今後や将来性には期待できる?これからの動きはどうなる?

これから仮想通貨取引を始めることを検討している人は、仮想通貨が今度どうなっていくのか気になるでしょう。継続して発展していくかどうかによって、仮想通貨を始めるかどうかの判断が変わってくるかもしれません。

また、将来の動向を把握しておくことは、適切に仮想通貨取引を行うために欠かせないものです。動向を理解したうえで将来の予測をしておけば、賢く仮想通貨を活用できるようになります。

そこで、仮想通貨に関する今後の動向仮想通貨の取引・保管方法などについて解説します。

日本国内での仮想通貨市場の概要

ビットコイン(BTC)

日本は世界に先駆けて仮想通貨の法的な位置づけを明確にした国であり、仮想通貨取引が積極的に行われています

また、ある国の仮想通貨に関する市場規模を知るためには、その国で保有されている仮想通貨の量を把握することが有効です。しかし、仮想通貨の国別保有量に関する公式な統計は存在しておらず、正確な量は不明となっています。

日本国内で保有されている仮想通貨の量も、正確にはわからない状態です。ただし、仮想通貨業界の自主規制団体である日本仮想通貨交換業協会(JVCEA)によると、2018年12月末時点での仮想通貨の預かり資産残高は、2,069億円となっています(改正資金決済法に基づく登録業者16社とみなし業者2社を対象に集計)。

さらに、ビットコイン(BTC)と日本円の取引量は2018年に再び世界1位となりました。このような保有量や取引量などから判断すると、日本国内における仮想通貨取引量は世界的にも大きく、日本国内の多くの人が注目していると言えるでしょう。

仮想通貨の価格は全体的に暴落している?

仮想通貨

仮想通貨には、それぞれの需要と供給に基づく取引価格があり、市場で売買されています。

仮想通貨の価格は、個々の通貨の特徴や環境、将来性などの違いによって異なる動きをするのが一般的です。ただし、仮想通貨全体に影響があるイベントやニュースによって、仮想通貨の価格が一斉に上昇したり下落したりすることもあります。

2018年には、それぞれの仮想通貨価格は軒並み暴落しました。2017年に急激に上昇した仮想通貨のほとんどが、2018年の下落によって元に戻ったような状況です。

しかし、価格が暴落したからといって仮想通貨の将来に希望がなくなり、衰退していくと考えるのは安易かもしれません。これまでも仮想通貨は価格が暴落した局面が何度かありました。

暴落後は、暴騰の局面が訪れたりと、仮想通貨はこのような価格変動を繰り返しています。そのため、2018年の暴落で仮想通貨は終わってしまったと判断するのではなく、今後について注意深く見ていくことが重要です。

ブロックチェーン技術の活用

ブロックチェーン

多くの仮想通貨には、ブロックチェーンと呼ばれる技術が使われています。ブロックチェーンとは、仮想通貨の取引履歴が納められているブロックが、時系列に沿って鎖状に延伸したものです。

ネット上で生成される各ブロックに取引履歴が格納されるときに、不正がないかどうかについて、仮想通貨のシステムに参加している不特定多数が検証し、承認を行う仕組みになっています。

ブロックチェーン技術を仮想通貨システムに採用することによって、中央で管理する者がいなくても、不正を排除しながら低コストで売買や送金などの取引ができるようにもなりました。

ブロックチェーン技術は、仮想通貨の特徴である改ざんできないという価値や、低コストで素早く送金できるという価値などを支えている存在です。

また、ブロックチェーン技術は、仮想通貨システムではもちろん、世界中の決済システムなどで使われていく可能性もあるといわれています。さらに、通貨に関わる仕組みだけでなく、登記簿や契約書などの分野への応用も期待されている状況です。

このようにブロックチェーンは、今後もその応用範囲を広げていくことが期待されています。そしてそのことが、仮想通貨の評価をさらに高め、通貨価値の上昇に役立つ可能性もあると言えるでしょう。

仮想通貨の実用化

仮想通貨

仮想通貨の今後を理解するうえで、実用化がどのように進んでいるかを理解しておくことは重要です。主な事例を3つほどご紹介します。

国際送金への取り組み

1つ目は、安価な手数料でスピーディーな国際送金のシステムの構築を目指すリップル(XRP)が、着実に実用化の取り組みを進めていることです。

リップル(XRP)は、非中央集権型の仮想通貨ではなく、リップル社が中央管理者として存在しています。安価な手数料でスピードが速い国際送金を実現するために、リップル社は世界中の金融機関や大企業との提携を、積極的に進めています。

ゲームでの実用化

2つ目は、ゲームでの実用化が進んでいることです。

イーサリアム(ETH)が有するスマートコントラクト機能を使うと、条件を自動判断して通貨発行を行うなどのサブプログラムをシステムに搭載できます。

スマートコントラクトを使って、ゲーム内のポイント発行や履歴管理などを行うブロックチェーンのゲームである、ダップスゲームが広がりを見せています。

仮想通貨決済の普及

3つ目は、ビットコイン(BTC)などによる仮想通貨の決済シスムの導入が進められていることです。

通常のクレジットカード決済よりも手数料が安いことなどから、様々な店舗やネットショップなどで仮想通貨の決済導入が進んでいます。

仮想通貨の市場は今後拡大する?

仮想通貨

仮想通貨は、実際に支払いに対応する店舗などが広がることによって普及していきます。また、仮想通貨を売買する取引市場が拡大することによっても、普及が進むことにつながるでしょう。

仮想通貨の取引市場は、拡大が見込まれています。仮想通貨取引の大部分は、仮想通貨の取引所で行われている状況です。

しかし、2018年には、世界第2位の株式市場として有名な証券取引所であるNASDAC(ナスダック)で、ビットコイン先物の上場計画が進んでいることがニュースになりました。

有名な証券取引所に上場されるためには、取引所の厳格な審査に合格することが必要です。NASDACへの上場を果たせば、ビットコイン(BTC)の信頼性が認められことにも繋がります。

その結果、多くの投資家が新たに参入してくる可能性があります。また、投資家から資金を預かって運用する投資信託の場合、信用度が低い投資対象には投資できないのが一般的です。

上場によって信用が上がれば、世界中の投資信託に預けられた投資家の資金が、ビットコイン(BTC)に流入すると期待されています。ただし、多くの投資家が取引に参入することによって、市場が不安定になるリスクには注意が必要です。

仮想通貨のETFの承認動向は?

ビットコインETF
仮想通貨の上場に関しては、先物だけでなくETF(エクスチェンジトレーデッドファンド)の上場にも注目しておく必要があります。ETFとは、取引所に上場されているタイプの投資信託のことです。

取引所が開いている時間中は常に価格が変動し、通常の投資信託とは異なり、価格を指定して注文できるなどの特徴があります。ビットコイン(BTC)などの仮想通貨を投資対象とするETFが、仮想通貨ETFです。

仮想通貨ETFの上場申請は、2018年には何度か承認の判断が先送りされてきました。もし、最終的に承認されて上場を果たすと、仮想通貨交換業者が運営する取引所以外でも、盛んに仮想通貨取引が行われる可能性があります。

また、上場審査に合格した金融商品として認められることによって、仮想通貨への信用度が上がり、流通量がさらに増加する効果も期待できるでしょう。流通量が増加して需要も増加すれば、仮想通貨の価格を押し上げる要因となります。

ETF承認が実現すれば、価格が上昇する可能性があることを認識しておきましょう。

時価総額が高い仮想通貨

仮想通貨

仮想通貨の今後を予想するにあたっては、時価総額が大きな仮想通貨に注目することも大切です。

時価総額とは、仮想通貨の価格に発行済通貨量を掛けたもので、通貨としての価値の高さを表しています。

1. ビットコイン(BTC)

ビットコイン(BTC)
1つ目は、ビットコイン(BTC)です。

最初に世に登場した元祖仮想通貨で、多くの仮想通貨はビットコイン(BTC)を手本にしたシステムになっています。取引量が多いことが特徴で、仮想通貨同士の売買を行う場合の基軸通貨としての役割も果たしています。

2. イーサリアム(ETH)

イーサリアム(ETH)

2つ目は、イーサリアム(ETH)です。

システム上にサブプログラムを搭載できるスマートコントラクト機能を有している特徴があります。仮想通貨としてだけでなく、多くの分野への応用が期待されています。

3. リップル(XRP)

リップル(XRP)
3つ目は、リップル(XRP)です。

低価格で素早く国際送金できることを目指して開発されました。そのため、送金スピードが速いことが特徴です。

初心者の仮想通貨の始め方

仮想通貨をはじめるには、まずは仮想通貨取引所への登録が必要になります。
ここでは、国内大手の仮想通貨取引所であるCoincheckの口座開設方法をご紹介します。

1. アカウント登録

口座開設
まず、Coincheckの公式サイトへ移動し、新規登録ボタンを押します。そこからメールアドレスと、半角英数字を混在させたパスワードを入力し、「新規登録」を押します。

直後に、登録したアドレス宛に認証メールが届きます。そのメールに記載されたリンクを押せばアカウント登録は完了です。

再びCoincheckのトップページが表示されますから、右上の「ログイン」ボタンからログインします。なお、Facebookアカウントがある方は、トップページにある「Facebookで10秒登録」から、簡単にアカウントを作成できます。

2. SMS認証(電話番号認証)を行う

SMS認証

メールアドレスとパスワードの登録が完了した後は、本人確認を行います。本人確認ではまず、SMS認証(電話番号認証)を行います。

Coincheckにログインした状態で、サイトに表示される「本人確認書類を提出する」を緑色のボタンを押して、「SMSを送信する」を押すと、携帯電話にメッセージが届きます。

そこで、SMSに送信された「認証コード6桁」の番号を、Coincheckの「送信された認証コード」欄に入力することで、SMS認証が完了となります。

3.本人確認を行う

本人確認

Coincheckでの本人確認は『iOS/Androidアプリからでのお申し込み』『Webからのお申し込み』の2種類があり、それぞれ確認方法が少し異なります。

Webからのお申し込みは当社審査後、ハガキの受け取りで完了となりますが、アプリからのお申し込みは「かんたん本人確認」で審査が完了すればすぐにご利用可能になります。

「かんたん本人確認」とは、スマートフォンアプリで本人確認書類と顔の写真・動画を撮影、送信することで、インターネットで口座開設の手続きが完結するサービスです。

※現在お住いの住所が記載されている本人確認書類が必要です。

当社からご登録住所へ本人確認ハガキの郵送は不要で、審査完了後、すぐにご利用が可能となります。

参考:「かんたん本人確認」とは

iOS/Androidアプリからの本人確認

IDセルフィー

アプリからのお申し込みは、SMS認証が完了すると、お客様情報の登録および本人確認書類の提出を行います。名前や性別、生年月日、住所といった基本情報を、間違いがないように注意して入力します。

次に、本人確認書類をアップロードしますが、使用できる書類は以下のいずれかとなります。

場合によってはアプリからでもハガキによる本人確認の手続きをお願いする場合がございます。その際は以下のリンクの内容をご確認ください。

参考:
「かんたん本人確認」でエラーとなってしまう

<登録可能な本人確認書類>

  • 運転免許証(表面と裏面)
  • パスポート(「顔写真ページ」と「住所記載ページ」)
  • 在留カード(表面と裏面)
  • 特別永住者証明書(表面と裏面)
  • 運転経歴証明書(表面と裏面。交付年月日が2012年4月1日以降のもの)
  • 住民基本台帳カード(表面と裏面)
  • 個人番号カード(表面のみ、裏面は提出不要)※「通知カード(写真なし)」は本人確認書類としては利用不可。

本人確認に必要な書類について不明点等ございましたら以下のリンクをご参照ください。

参考:本人確認書類の種類について

お客様情報の入力後は、本人確認の撮影を行います。

STEP①

はじめに、「表面を撮影」「裏面を撮影」ボタンから、それぞれ書類の表と裏の写真を撮影してください。
パスポートを撮影する場合、「表面を撮影」では顔写真ページを撮影してください。「裏面を撮影」では所持人記入欄を撮影してください。

STEP②

次に、顔と本人確認書類表面の撮影を行います。
ご自身の顔と書類表面がイラストの位置に来るように、書類を手に持って撮影してください。
画面の案内に従って、ゆっくりと顔を傾けたり表情を変えたりしてください。

STEP③

最後に、顔と本人確認書類の厚みの撮影を行います。
画面に顔と書類を写し、書類をゆっくりとイラストのように斜めに傾けて撮影してください。

撮影が終わりましたら「現在確認中です」と表示されます。審査完了までしばらくお待ちください。
審査が完了し、承認となればCoincehckのすべての機能をご利用になれます。

参考:本人確認書類の撮影方法

Webからの本人確認

Webからのお申し込みは、SMS認証が完了すると、お客様情報の登録および本人確認書類の提出を行います。名前や性別、生年月日、住所といった基本情報を、間違いがないように注意して入力します。

次に、「IDセルフィー」(提出書類とご本人がいっしょに写っている写真)を用意します。例えば、運転免許証をアップロードする場合、運転免許証を手に持って、自分の顔を自撮りしてアップロードします。

IDセルフィー

次に、本人確認書類をアップロードしますが、使用できる書類は以下のいずれかとなります。

<登録可能な本人確認書類>

  • 運転免許証(表面と裏面)
  • パスポート(「顔写真ページ」と「住所記載ページ」)
  • 在留カード(表面と裏面)
  • 特別永住者証明書(表面と裏面)
  • 運転経歴証明書(表面と裏面。交付年月日が2012年4月1日以降のもの)
  • 住民基本台帳カード(表面と裏面)
  • 個人番号カード(表面のみ、裏面は提出不要) ※「通知カード(写真なし)」は本人確認書類としては利用不可。

本人確認に必要な書類について不明点等ございましたら以下のリンクをご参照ください。

参照:本人確認書類の種類について

書類の提出が終わると画面に、「本人確認書類の確認が完了するまで1~2営業日お待ちください」と表示されます。Coincheck側で書類の確認ができれば、「本人確認完了」のメールと、住所確認用のハガキが住所に届けられます。

ハガキ受け取りを当社が確認した時点で、すべてのCoincheckの機能が利用可能となります。

犯収法の改定に伴い本人確認書類について変更がございましたので以下のURLをご参照ください

参照:犯収法の改正に伴う本人確認書類の変更について

Coincheck(コインチェック)での仮想通貨の購入方法について解説

Coincheckで仮想通貨の購入を行う方法は、2つあります。

販売所

1つは、販売所での購入です。

販売所とは、仮想通貨交換業者を相手に仮想通貨の売買を行う場所をいいます。業者が提示する価格で購入可能です。

注文価格の指定はできませんが、すぐ簡単に購入できることが魅力です。初心者には、価格の動向を見極めて売買を行うことが難しいケースもあるでしょう。

そういった場合は、販売所を利用して購入する方法を選択します。

取引所

もう1つの方法は、取引所で購入する方法です。

取引所では、仮想通貨投資家同士が売買を行います。購入したい価格を指定する指値注文ができることが特徴です。ただし、取引価格が指定した注目価格に達しなければ購入注文が成立しない可能性があるため、注意が必要になります。

また、価格の推移を示すチャートを分析して有利な価格で購入できるように、価格動向分析を行うことも重要です。仮想通貨取引に慣れてきたら取引所での売買を行ってみるのも良いでしょう。

購入した仮想通貨の保管場所は?

仮想通貨ウォレット
仮想通貨を購入したら、通貨の安全な保管を考えることも大切です。

仮想通貨は、ウォレットと呼ばれる仮想通貨用の電子財布で保管します。ウォレットには複数のタイプがあり、目的に応じて使い分けると良いでしょう。

ウェブウォレット

ウェブウォレットは、オンライン上で仮想通貨を保管するタイプのウォレットです。

常にインターネットに接続されているためハッキングなどのリスクはありますが、保管している通貨をすぐに取引に使用できるメリットがあります。

デスクトップウォレット

2つ目は、デスクトップウォレットです。

自分のパソコンにインストールして使用するタイプになります。デスクトップウォレットに移して保管すれば、取引所のハッキング被害などから自分の資産を守れることがメリットです。

ただし、パソコンがウイルスに感染したりするリスクもありますので、利用の際には中以外必要です。また、スマホなどにインストールして仮想通貨を持ち歩けるモバイルウォレットもあります。

ハードウェアウォレット

3つ目は、ハードウェアウォレットです。

USB状のデバイスに保管することで、秘密鍵をインターネットから切り離して保管できるメリットがあります。セキュリティ面はウェブウォレットなどよりも高くなりますが、仮想通貨の売買を即座に行えないなどのデメリットもあります。

ペーパーウォレット

4つ目は、ペーパーウォレットです。仮想通貨取引に必要な秘密鍵などの情報を紙に印刷して保管します。

ハッキングリスクをゼロにできますが、焼失・滅失・盗難などのリスクには注意が必要です。これらの特徴を理解して、自分に適したウォレットを選択したうえで保管するようにしましょう。

仮想通貨の将来性に期待が持てた方は…

コインチェックアプリ(iOS)

仮想通貨は、将来的にまだまだ発展する余地があると期待されています。仮想通貨の将来に期待が持てると判断したら、まずは少額から仮想通貨取引を始めてみるとよいでしょう。

仮想通貨取引を始めるには、仮想通貨の取引所に口座開設が必要です。口座開設が完了したら、Coincheckでは取り扱いの全ての仮想通貨が、500円などの少額から取引することが可能です。

スマホアプリからでも簡単に売買できますので、投資の初心者にもなじみやすくなっています。ただし、仮想通貨を取引する際には、仮想通貨に関する最新の情報を収集し、将来の動向に影響を与えるニュースなどを確認することも重要です。

特に、ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)、リップル(XRP)など、主要な仮想通貨の動向には注意する方が良いでしょう。